メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

文化/観光ニュース

  • ソウル最大規模のマリーナ「ソウル水上レジャースポーツセンター」開館…ハンガン(漢江)初の複合型親水施設

  • ソウル市総合ニュース SMG 564
    • 8月に正式オープン、ヨット・ウィンドサーフィン・カヤックなど個人の設備を利用したウォータースポーツ活動…ハンガン(漢江)の夕日も鑑賞可能

    ハンガン(漢江)初の複合型親水施設であり、ソウル最大規模の公共係留施設(マリーナ)である「ソウル水上レジャースポーツセンター」がナンジ(蘭芝)ハンガン(漢江)公園にオープンする。これにより、市民たちはヨットやウィンドサーフィン、カヤックなど個人のウォータースポーツ設備を利用してハンガン(漢江)の上を駆け抜けることができる上に、ハンガン(漢江) にプライベートボートを停泊し、ハンガン(漢江)の美しい夕日を鑑賞することはもちろん、水上安全教育を受けたり、ウォータースポーツを体験したりもできる。

    ソウル市は、「グレートハンガン(漢江)プロジェクト」と「ハンガン(漢江)水上活性化総合計画」の一環としてナンジ(蘭芝)ハンガン(漢江)公園で進められている「ソウル水上レジャースポーツセンター」を開館し、試験運営を開始すると明らかにした。教育・体験プログラムを編成し、水遊びシーズンの8月に正式オープンする。

    「ソウル水上レジャースポーツセンター」(マポ(麻浦)区ナンジハンガンロ162)は、市民が郊外に出かけることなく近場のハンガン(漢江)でウォータースポーツを楽しめるよう、ソウル市が造成した複合型親水施設。

    「係留施設」は、ヨットやボートなど動力付き船舶が係留できる施設のことをいう。係留施設が完成すると、合計155隻の船舶が係留できるようになるため、これまで不足していたハンガン(漢江)の係留ニーズに応えられると期待される。

    ▲水上レジャースポーツセンターの全景

    ▲係留施設

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に