メインコンテンツに移動
T T

経済ニュース

  • ソウル市、デザインスタートアップの成長を支援する「WE UPプロジェクト」…専門企業5社を育成

  • ソウル市総合ニュース SMG 185
    ソウル市は、社会的価値を創出するデザインスタートアップを選定して、デザイン専門企業として成長できるよう育成する「2021 WE UPプロジェクト」を通じて、多様な分野のスタートアップとともに全5種類のパブリックデザインを開発した。このプロジェクトは、スタートアップには成長と跳躍の機会を提供し、市民にはQOL(暮らしの質)と利便性を向上させる公共サービスを開発・提供することを目標としている。

    ソウル市の「WE UPプロジェクト」は、潜在力を秘めたデザインスタートアップを発掘・支援する事業で、スタートアップの斬新なアイデアをデザインとして開発し、実際の現場に適用することを最終的な目標としている。2018年から始められ、2021年まで4回目が推進されており、これまで24社が参加して合計26種のデザイン商品を発売してきた。

    2021年4月の公開募集を通じて優秀な企画案を提出したデザインスタートアップ5社を選定し、7か月間にわたりデザイン企画・開発からプロトタイプ製品の製作、流通網への連携、オンライン・オフライン広報に至るまで、各企業のニーズに合った多面的な支援を惜しまず提供した。

    パブリックデザイン専門家とのマンツーマンメンタリングを通じて、事業推進に必要な意思決定を支援し、現場で経験を積めるようにした。また、ユーザーを中心としたデザイン開発がなされるよう、現場調査、アンケート調査、インタビュー、コンサルティングなどの過程で様々なステークホルダーと協力してデザインを完成させた。各スタートアップに対してはデザイン開発費も提供している。

    新しく開発された5つのデザインは、▴設置・保管が容易で利用者の好みに合わせてデザインを選択できる展示家具「スウィッツ(SWIT.X)」、▴審美性・機能性が考慮された「デザイン落石防止ネット」、▴ローカル地域に対するオンライン旅行コンテンツ及びオンラインプラットフォーム「ログインツアー(LOGIN TOUR)」、▴あき空間を活用できる多目的家具「アップボックシング(UPBOXING)」、▴捨てられたヨットの帆、パラグライダー、グランピング資材を活用したマット兼バッグ「ハン:リバースマットバッグ(HAN:REBIRTH matbag)」である。

    2022年にも、「WE UPプロジェクト」を通じてソウル市とともにデザインを開発するスタートアップを選定するための企画案公募が、2月頃に実施される。後ほど、ソウル市「私の手の中にソウル」ホームページ(mediahub.seoul.go.kr)公募展メニューを通じて確認できる。

    スウィッツ(SWIT.X)

    組立前の運搬 設置イメージ

    デザイン落石防止ネット

    モジュールの実写イメージと適用イメージ(CG)

    ログインツアー(LOGIN TOUR)

    ホームページ&モバイル実装イメージ

    アップボックシング(UPBOXING)

    野外での活用イメージ 製品イメージ

    ハン:リバースマットバッグ(HAN:REBIRTH MATBAG)

    マットバッグ