Go to Main Content Go to Footer Content

文化/観光ニュース

A A
  • I·SEOUL·U 韓国初のユニークなフラッシュモブ授賞式を開催

  • SMG 616
    image_pdfimage_print

    I·SEOUL·U 韓国初のユニークなフラッシュモブ授賞式を開催

    ソウルブランド「I·SEOUL·U」が慌ただしい日常で疲れ果てながらも希望を失わずに頑張っている市民たちを応援するため、一風変わったフラッシュモブ授賞式を開催する。授賞式は12月8日午後2時、ソウル駅の待合室で行われる予定だ。

    I·SEOUL·U は、12の大学の応援部によって構成された80人余りの大学連合青年応援団とともに「市民が市民に」賞を授与するフラッシュモブ授賞式を演出する。

    I·SEOUL·U 「あなたと私のソウル」ストーリーテリング公募展の受賞作には、外国人・障害者・脱北者・結婚移住女性など多様な人々のソウルに住む話やソウルの姿を個性豊かに表現した作品なども選ばれた。

    大賞には、朝から晩までソウルの慌ただしい日常の中に秘められたエピソードをユニークな想像力で表現した映像「あなたと私の想像の中のソウル物語」が選ばれた。この作品の世界観では、ティラノサウルスが毎朝ソウル市内のエレベーターを動かすために出勤し、暇そうに見えるハンガン(漢江)のスワンボートは自分の位置を確保するため熾烈な戦いをしている。また、毎晩華やかに見えるビルたちは、実は人を利用して互いに信号を送っている。専門家による審査とオンライン市民投票の両方から人気を集め、ストーリーテリングの本質的な要素である作家の奇抜な想像力でソウルの日常を興味深く表現した作品といえる。

    今回の公募展にはメキシコ、エジプト、中国など外国人の参加も目立っている。初めは観光客として、2回目は大学生としてソウルに来た「メキシコ人留学生のソウル物語」には、ソウルに住みながら故郷を思い出させるような人々の親切に触れ、「みんなが住みやすいまち」を作るため、これからもソウルにずっと住みたいという思いが込められている。外国人から見るソウルは、多彩な文化が息づく特別な都市として成長しているようだ。

    大賞:あなたと私の想像の中のソウル物語, 最優秀賞:咸鏡道の女と咸鏡道の男のソウル物語, 奨励賞:メキシコ人留学生のソウル物語

    また、受賞作の中には I·SEOUL·U の広報ソングにしてもいいくらい完成度の高い作品もあった。 実話をもとにした感動的な話や胸が熱くなるようなメッセージをソウルに伝えている作品も多かった。受賞作は今後、I·SEOUL·U「あなたと私のソウル」の価値を市民に知らせるのに広く活用される予定だ。