ソウル市総合ニュース

A A
  • G20開催期間中、漢江公園の噴水稼動を延長

    SMG 1836
  •     ソウル市(漢江事業本部)はG20開催期間中、漢江の美しさをより積極的に世界にアピールするため、漢江公園の噴水稼動期間を11月14日(日)まで2週間延長する事を27日(水)発表した。

        当初10月末まで稼動される予定だった漢江公園の噴水は、月光レインボー噴水(盤浦)、ワールドカップ噴水(仙遊島)、音楽噴水・ウォータースクリーン(纛島)、水色広場の噴水・水上噴水(汝矣島)、鏡噴水(蘭芝)の7箇所が11月1日~14日まで延長して稼動される。

    月光レインボー噴水, フローティングステージ 水上噴水

        特に、10月の間「音楽演出」イベントを行っている月光レインボー噴水は、市民に好評で参加申込者が多いため、11月の延長稼動期間(~11.14)まで続けてイベントを行うと発表した。

        「月光レインボー噴水音楽演出」イベントは、希望する日時にリクエストした曲に合わせて噴水が演出され、噴水公演の前に申込者の便りを紹介するイベントである。

        事前に自分の声を録音して音声ファイルを提出すると、自分の声で直接内容を伝えられるため、現在ほとんどの申込者が録音ファイルを提出している。

        「月光レインボー噴水音楽演出」イベントは、特に恋人たちのプロポーズによく活用され、家族又は友人に感謝やお祝いの言葉を伝える機会となっている。