「歩く都市、ソウル」道路ダイエット20ヶ所を造成

ソウル市は「歩く都市、ソウル」事業の一環として、今年初めから生活圏の道路ダイエットを本格的に施行し、合計6,892mの生活道路に快適で安全な歩行路を造成した。

「道路ダイエット」事業は今年初めて施行された事業であり、車が通る道を減らしてそれを歩行路に変えることで、歩行者中心の道路を造成する事業である。

ソウル市は、道路ダイエット事業の積極的な拡大と市民の体感度の向上に向け、今年初めから自治体との協業システムを構築してきた。その結果、19自治区20ヶ所の事業対象地を発掘し、生活圏の道路ダイエットが施行されるに至っている。

ソウル市は自治区の意見や地域住民の意見を元に各支店の事業費とその妥当性を検討し、合計81億3,300万ウォンの事業予算を支援している。車道の縮小、歩道の新設を基本としており、交差路の造成や歩行者安全のための防犯カメラの設置など、歩道がなかったり狭小なために歩行者が車道を利用するなど、安全性が懸念される状況を安心して歩行できる環境に変えることに力を注いでいる。

ヨンサン区ノッサピョンデロ26ギル 改善前 → 改善後

推進過程における地域住民との意見の差が大きかった支店も多少あったが、持続的な住民説明会の開催などにより住民の意見を積極的に反映している。そのお陰で、17ヶ所は予定通り今年中完工される予定であり、まだ工事が終わっていない3ヶ所(チュン区、ウンピョン、ソンブク)も2017年上半期には完工されると見込まれている。

ヨンサン区ノッサピョンデロ26ギルの220m区間では歩道拡張(1.5→3.2~4.0m)と車道縮小(10.8~11.3m→7.0m)が行われた。安全のために制限速度を60→30km/hに大幅下向調整している。特にアンティーク家具街が造成され、イテウォンの観光需要が増えるものと期待されている。

ノウォン区ノウォンロ1ガギル 改善前 → 改善後

ノウォン区コンヌンドン1ガギルにあるテルン小学校周辺の130m区間では歩道の幅が2.5~3.7mほど広くなった。通学生の安全を図るだけでなく、緑地や休憩施設などを造成して歩行者が気楽に利用できるようにしている。

生活圏道路ダイエット事業の初期には駐車場不足と車の渋滞がより深刻になるなどの理由から反対の声が高かったが、施行前に比べて改善された歩行環境に対する住民の満足度が非常に高いことがわかった。

お問い合わせ: 歩行政策課 82-2-2133-2417




都市再生地域シンチョン(新村)にイファ(梨花)ファッション文化通りを造成

ソウル市とソデムン(西大門)区は、イファヨデ5ギルの低迷した路地の経済活性化に向けて2016年10月にファッション特化通りの造成事業に着手し、空室店舗の賃貸契約を通じた青年創業店舗7か所を造成する。問題として指摘された長期空室店舗を活用しようと青年新進デザイナー9チームを選定し、賃貸保証金・賃貸料(1年)・外部インテリアなどを支援することにより事業初期にかかる負荷を減らした。

また、イファヨデ5ギルにある各店舗の特性を把握してテーマに合った看板をデザイン及び設置し、ヨーロッパ都市の地面のように芸術的感性を伝えてくれるデザインで道路を舗装して通りの環境を改善している。

これによってソウル市とソデムン(西大門)区は、イファヨデ5ギルが新たにデザインする路地の景観及び青年創業の店舗出店などを通じてファッション文化通りに生まれ変わることを記念し、2017年1月20日までストリートフェスティバルを開催する。

また、ファッション創業アカデミーを持続的に運営し、2017年には店舗別の特徴及び青年創業者の紹介など商店街の全体的な情報を盛り込んだ共同ブランド基盤ホームページを構築してマーケティングを強化し、イファ(梨花)ファッション文化通りがさらに活性化されるようにする予定である。

デザイン道路舗装工事の現況写真

看板デザイン及び設置(例)




ソウル市、「中浪川中心、東北圏未来ビジョン」を発表

Before/東部幹線道路
After/水辺公園

ソウル市が8つの自治区で320万人が居住している東北圏一帯を一変させる「中浪川中心、東北圏未来ビジョン」を発表した。平均通行速度が24km/hで都市高速道路としての機能を失い、集中豪雨の時には浸水が頻発な「東部幹線道路」を2026年まで2本に増やし、拡張(6→8車線)地下化する。

地上道路を取り壊した中浪川一帯は汝矣島公園面積の10倍規模(約221万㎡)の「環境に優しい水辺公園」として生まれ変わる。また、集中豪雨の時には常習浸水地域であった中浪川の治水性能を現在の100年頻度(1時間に最大降水量110mmまで処理)から安養川と同様な200年(1時間に最大降水量121 mmまで処理)に高める方案を関係機関と協議し、洪水から安全な河川に造成する。

ソウル市は「中浪川中心、東北圏未来ビジョン」の3大計画を次のように決定した。東北圏未来ビジョンの3大実践計画は、①東部幹線道路の地下化 ②治水性能の向上 ③親水空間の造成及び生態河川の復元である。2026年まで総約2兆3,971億ウォン(▲公共財政50% ▲民間資本29% ▲公共寄与21% 目標)が投入される。

① 東部幹線道路の地下化 : 都市高速化道路(2023年)、地域幹線道路(2026年) 二元化

河川内に築造された一部の空間が河川法上の臨時(不法)道路で長距離・短距離の車両が殺到して常習渋滞が発生する東部幹線道路は ▲長距離通行に有利な「都市高速化道路」(三成〜月渓1橋、4〜6車線、総延長13.9 km)▲短距離通行に適する「地域幹線道路」(城東〜月陵橋、4車線、総延長8km)に二元化し、地下化を推進する。

② 中浪川の治水性能の向上:1時間に最大降水量110㎜→122㎜まで処理可能な水準に

ソウル市は中浪川の治水性能を現在の100年設計頻度から200年設計頻度に高める方案を関係機関と協議し、具体化する予定である。それと同時に、東部幹線道路の地下化事業と並行して道路新設の時に防水路を共に設置して排出処理機能を高め、撤去以降には中浪川の水辺を整備し、流水断面積を拡大する方案なども今年から検討する予定である。

③ 親水空間の造成及び生態河川の復元:汝矣島公園面積の10倍規模「環境に優しい水辺公園」に

東部幹線道路の地下化区間を中心に8つの自治区にわたって中浪川の水辺空間20.8kmを3つの圏域に分け、圏域別に整備方案を用意してロンドンのドックランズ(Dockland)、マドリードのM30のような河川を中心とする環境に優しい市民のための休息空間に造成する。

ソウル市は中浪川の全区間を「水遊びができる河川」に作るという目的で中浪水再生センターの高度化、小規模分散水処理場の導入などを通じて水質管理を一層強化する。また、生物生息地を造成し、様々な生物が生息する生態環境を作って行く。

ソウル市は<中浪川中心、東北圏未来ビジョン」を通じて▲交通便意(江南〜議政府40分短縮)▲5万人の雇用効果 ▲5兆255億ウォンの生産誘発効果 ▲7兆ウォンの経済効果(年間2,030億ウォン)を上げると見ている。

お問い合わせ: 道路計画課(東部幹線道路の地下化関連) 82-2-2133-3860,
河川管理課(中浪川親水空間・生態復元関連) 82-2-2133-3885




チャムシル運動場一帯の民間投資事業が本格化

チャムシル運動場及びコエックス一帯をグローバルマイス(MICE)の拠点として推進する「国際交流複合地区」開発事業が本格化する。

ソウル市は、東南圏(コエックス〜チャムシル運動場)一帯を2025年までに展示・コンベンション、スポーツ、エンターテイメント、水辺文化の余暇が調和したグローバルマイス(MICE)の拠点として造成する。

ソウル市は「チャムシル運動場一帯マスタープランと各施設別ガイドライン」を発表し、メインスタジアム、道路・河川などの基盤施設は公共の主導で、展示・コンベンション、ホテル、野球場など必要施設は民間投資事業として推進するという基本方向を示している。

ソウル市は「国際交流複合地区推進委員会」の検討及び住民と関連機関の議論を経て、妥当性調査などの法的手続きを履行する計画だ。ソウル市は2019年から段階別に着工に入り、2025年の竣工を目標にしている。




2017年に断絶された徳寿宮石垣道 100m 開放

開放前 開放後

 

1959年、イギリス大使館が占有した以後から断絶された徳寿宮石垣道170mの内、ソウル市所有の100m区間が60年ぶりに市民が歩ける道として開放される。ソウル市は、イギリス大使館との了解覚書締結以後、数カ月にわたる協議を通して大使館境内の石垣道100mの開放に合意した。2017年8月の解放が目標だ。

ソウル市は、2014年10月、徳寿宮石垣道の回復プロジェクトを共同で推進することをイギリス大使館に提案し、両側が開放の必要性と歴史的重要性に対する理解を共にした結果、了解覚書を2015年5月に締結した。

これにより、2016年10月6日、石垣道170mの内、境内のソウル市所有区間100mを返還することに最終的に合意し、現在イギリス大使館は100mの返還のための設計、工事を行っている。

ソウル市も開放予定である100m区間に対する詳細設計を進行中だ。イギリス大使館の土地返還、後門等の設置と同時に歩行路造成に入る予定であり、年内に設計を完了し、2017年8月の開放を目標として工事を推進する。




ソウル市、公共空間の運営革新に向けた国際シンポジウム開催

 ソウル市とニューヨーク市の様々なリーダーらが膝を突き合わせて公共空間の運営革新について話をする場が設けられる。

 ソウル市は『公共空間の運営革新に向けた国際シンポジウム2016』(International Symposium for Public Space Innovation in Seoul & New York 2016)を「ソウルとニューヨーク、公共空間革新を話す」というテーマで2016年10月27(木)〜28日(金)の二日間開催する。

 広場、公園、緑地など、様々な形と機能及び空間の重要性が増大されながら、都市の公共空間は絶えず進化している。作る過程と運営管理する方式が柔軟になっており、多くの分野が協業して公共と民間が協力している。未来を見通す公共空間を作るために、新たな模索が必要な時だ。

 今回のシンポジウムには、ニューヨーク市を中心として活躍する専門家たちやハイライン、ブルックリンブリッジパーク、ガバナーズアイランドなどを運営する民間団体の代表たち、ニューヨーク市担当チーム長などが参加する。

 専門家、学生、一般人も参加できるメインイベントは、10月28日(金)13時30分からミョンドン(明洞)ポストタワー(中央郵便局)10階の大会議室で開催される。参加するにはホームページ(http://ispsi2016.com/)にて10月21日(金)までに事前登録を申請しなければならない。

 シンポジウム1日目は国内外の発表者やシンポジウム組織委員会、地域活動家、ソウル市関係者たちが一緒にソウル所在の代表公共空間を見学し、ソウルの公共空間に対する現況と今後の課題について現場別に深く議論する。二日目はソウル市長の祝辞から始まり、基調講演とソウルとニューヨークの公共空間マッチングセッションの発表(本セッション)、総合発表(セッションコメンタリー)、オーディエンス討論(Floor Discussion)の順で進められる。

 以後、4つのセッションの発表では、ニューヨークを代表する公共空間であるThe High Line、Brooklyn Bridge Park、Central Park、Governors Islandとソウルを代表する公共空間であるソウル駅高架道路、マポ(麻浦)文化備蓄基地、ソウル子供大公園、ノドゥル島をそれぞれの空間の特性を生かしたテーマでマッチングし、共同発表や討論を進行する。

 シンポジウムのホームページ(http://ispsi2016.com)では、プログラムの紹介とイベント内容などの基本情報とともに、シンポジウムに参加するソウルとニューヨーク公共空間の紹介及び講演者たちの情報を提供している。(関連お問い合わせ:運営事務局070-4610-3724)




チャンドックン(昌徳宮)前の4つの道、歴史性を生かして再生する

 ソウル市は2016年9月26日、「チャンドックン(昌徳宮)前の歴史人文再生計画」を発表してチャンドックン(昌徳宮)前の一帯を総合再生する。この地域は政治・歴史・文化・空間的にハニャン(漢陽)都城の真ん中という重要な地位を持っていて、4大門内全体まで都心の活力を拡散できる空間だが、現在は遅れてアイデンティティが弱体化している。

 特に、市はここが朝鮮時代から現代に至る400年以上のソウルの様々な歴史が圧縮されている地域であるだけに、「歴史人文再生」という概念のアプローチを新たに導入する。これまで歴史的アイデンティティの強化のために多数の計画が樹立されたが、大半が実現されなかった。

 ソウル市は歴史人文再生を実現するため、時代別にこの一帯を4つの道①トンファムンロ(朝鮮時代)、②サムイルデロ(近代転換期)、③イクソン〜ナグォン(近・現代)、④ソスンラギル(現代)に区分する。

①トンファムンロ:宮殿の前面道路、街路整備、伝統文化体験通り

第一に、朝鮮時代に全国の道路網の起点だったトンファムンロは「市民が一緒に宮殿に行く道」に変身する。

このため、まず車中心の道路を歩きたい歩行中心の道路に段階別に造成する。

②サムイルデロ:3・1運動100周年記念空間、ツアープログラム

第二に、サムイルデロは大韓民国誕生の基礎となった3・1運動の精神を受け継ぎ、3・1運動を記念する代表空間として造成する。まだよく知られていない歴史空間を発掘して体験できるようにし、3・1運動の価値を見直す。

③イクソン〜ナグォン地域:イクソンドン(益善洞)韓屋、ナグォン(楽園)商店街を基盤にした新興文化の再創造

第三に、イクソン〜ナグォン地域はナグォン商店街〜トンファムンロ〜ソスンラギルをつなぐ区間として、宮中文化が市民生活の中でつながるように衣食住楽新興文化を再創造することがコンセプトだ。

④ソスンラギル:既存の貴金属特化産業+工芸創作通り

第四に、ソスンラギルは現在、ジョンミョ(宗廟)を囲んで形成されている貴金属タウンの潜在力と青年工芸人たちの創意的な成長動力を結合し、工芸と文化、人間が共存する工芸創作通りとして造成する。




市庁-セジョンデロに3.1万㎡の「地下都市」誕生

ソウル市庁の周辺からセジョンデロまで約3万1千㎡規模の地下都市が生まれる。ソウル市は今まで断絶されていたシチョン駅〜クァンファムン駅区間に地下歩行路を新たに作って連結し、市庁、旧国税庁別館、プレスセンターなど5つの大型建物の地上までつなげるようにする計画だ。そうなればこの一帯の地下・地上の商業・文化・休憩スペースが統合的に連携された立体的な歩行環境が作られる。さらに、チョンガク駅〜クァンファムン駅〜シチョン駅〜トンデムン・ヨッサムンファゴンウォン駅の4.5kmが途切れることなくつながった地下歩行道が広がれる。

ソウル市はこのような地下都市を造成するのに民間との協力を中核動力とする計画だ。これまで地下歩行路と建物が個別的に連結されるケースはあったが、多くの大型建物と公共インフラが都市計画的に民間協力を通じてつながるのは初めてだ。

地下空間には歩行路と連携して様々な商業施設が設けられる。ムギョ(武橋)公園の地下にはブックカフェなどの公共施設を設置し、旧国税庁ナムデムン(南大門)別館の地下には2018年6月に完工予定の歴史文化特化空間と連携して学びと休息が共存する文化空間を作る計画だ。

また、この地域には「ソウル型タウンマネージメント」を試験的に推進する。これは周辺地域と共同商圏を形成できるように文化行事やプロモーションなど、ソフトウェア、コンテンツを通じて地域の商圏に活力を吹き込む方式だ。

地上部空間別造成例示図

セジョンデロの周辺建物の前面空間 チョンゲチョン(清渓川)と連携した文化休憩空間

地下部空間別造成例示図

地下と地上を連結するソンクン(sunken) ブックカフェなど公共施設造成



交差点で迷った時は「ピンクの線」に従ってください

 ソウル市は9月から非定型交差点を対象としてピンク色の走行誘導線(Color Lane)を試験的に設置・運営する。非定型交差点や支障物がある交差点は、運転者が通行経路を混同して間違って進入したり、走行車両間のすれ違い現象が発生して事故につながる危険がある。

 実際、ソウル市内の全体交通事故件数は2015年基準で最近5年間ほとんど変化が見られなかったが、交差点の交通事故は約9%も増加した。それに対してソウル市は、非定型交差点のうちテスト設置の3地点[ヨンドゥンポ(永登浦)ロータリー、イス(梨水)交差点、ノクサピョン駅交差点]を選定して運転者の走行軌跡を案内するピンク色の走行誘導線を設置した。

 今後市は試験的に設置した地点の3か所のモニタリングを実施し、定量的効果分析を経て2017年から拡大する計画だ。また、正確な走行誘導線の利用方法を積極的に広報し、運転者の意見を集めるためのアンケート調査を実施してより効率的な運営体系を構築する予定だ。




ソウル市、ニューヨーク「ローライン」で地下スペース再生案を模索

 ソウル市が「ソウル駅7017プロジェクト」、「タシ・セウンプロジェクト」など過去の産業化時代の遺産を市民と観光客のための休息、文化スペースとして総合再生する事業を活発に進めている中、パク・ウォンスン市長が地下遊休スペースを活用したアメリカ・ニューヨークの都市再生現場を訪れた。

 2016年9月5日、最初の訪問先のニューヨークで2021年に全体開放される「ローライン(Lowline)」を事前に見ることができる「ローライン・ラボ(Lowline lab)」を視察した。「ローライン」プロジェクト(2012〜2021)は、1948年以降放置された昔の電車ターミナル地下空間(4,046㎡)を改造して世界初の地下公園を造成するプロジェクトである。それは、ソウル市の都市再生の中心キーワードである都心インフラの活用、ガバナンスやエコ、地域発展などと同じ脈絡だ。

 特に、初期構想段階で青年たちと地域の高校生たちを参加させ、民間ガバナンスを通じて事業が推進されているということから、青年の雇用創出の可能性にも注目している。ソウル市は、ローラインのような外国の創意的都市再生事例をソウルの事情に合わせてベンチマーキングする案を検討し、都心内の遊休インフラ施設活用方案などに対する研究も推進する。




ソウル市「駅勢圏2030青年住宅」年内2万5千戸事業着手

ソウル市は2016年に青年たちに賃貸住宅を提供する「駅勢圏2030青年住宅」事業を推進する。 この事業は、ソウル市が3年間一時的に駅勢圏の民間土地の用途地域の向上、手続きの簡素化、税制特典などを破格的に支援する代わりに、民間事業者が住居面積の100%を賃貸住宅として建設して青年に入居優先権を与える事業である。

 まず▲ハンガンロ2ガ[ヨンサン(龍山)区ベクボムロ99ガギル22一帯、1,088世帯]、▲チョンジョンロ3ガ[ソデムン(西大門)区キョンギデロ18一帯、499世代]の2か所がモデル事業地として計1,587世帯(公共420世帯、民間1,167世帯)が供給される。

 特に市は住居スペースの提供だけではなく、さらに同じ建物の中に創業支援センター、教育施設、公演・展示場のような様々な青年向けコミュニティ施設を設置して「2020ソウル型青年保障」の4大分野(生活の場・雇用・居場所・遊び場)が共存する、いわゆる「青年村」を造成するという計画である。また、公共寄与分を活用して青年コミュニティ施設も拡充する。

お問い合わせ:賃貸住宅課 02-2133-4934




アートマーケットとして新たに造成されるヘバンチョン(解放村)シンフン市場

해방촌

 1970年代、国内ニット(編織)産業の中心地だったソウル市ヨンサン(龍山)区ヘバンチョン(解放村)の「シンフン市場」が織工と若い商人たちが集まった芸術の町へと生まれ変わる。青年の流入によって活発になっているヘバンチョン(解放村)芸術工房を活用して特性化を推進し、シンフン市場の全体的な環境を改善して住民生活と芸術が共存する「アートマーケット」が造成される。

 ヘバンチョン(解放村)[ヨンサン(龍山)区ヨンサン(龍山)2街洞一帯、面積33万2千㎡]はソウル市の都市再生活性化地域の一つで、「シンフン市場の活性化」は2015年12月に開催された住民ヒアリングを通じて選定された事業である。ソウル市の都市再生活性化地域は4〜5年にわたって最大100億ウォン以上の規模で地域力量強化事業、総合支援施設の拡充などに対する公共支援を受ける。

 ソウル市は10億ウォンの予算を投入し、来年初めまでにシンフン市場の環境を改善する予定だ。地味で暗い市場の雰囲気の主犯だった古いスレート屋根を取り払って空が見える市場を作り、道路舗装や排水施設の整備、イベント・休憩スペースの造成、デザイン看板や照明とCCTVを設置する。

 環境改善と共に地域住民組織である「ヘバンチョン(解放村)都市再生の住民協議会」を中心にシンフン市場を活性化するための様々なアイデアも議論中だ。ヘバンチョン(解放村)地域内の若い芸術家やデザイナー、ニット産業従事者などに市場のスペースを安く貸し、彼らの才能寄付などを通じて市場の活性化プログラム企画と運営に参加する。ソウル市が建物主に最大3千万ウォンのリモデリング費を支援する代わりに5年以上賃貸料の引き上げを自制する「ソウル型長期安心商店街」の導入を検討し、彼らが商圏を活性化させて追放されることがないようにする予定だ。

 2016年7月25日(月)にはパク・ウォンスン市長がヘバンチョン(解放村)で「都市再生の現場市長室」を開き、今年の年末に樹立される予定のヘバンチョン(解放村)都市再生活性化計画について、住民の意見を収集して地域懸案の解決に向けた具体的な支援策が議論された。

 パク・ウォンスン市長は「シンフン市場は60年代初め、パンジャチョン(都市貧困層の村)が密集したヘバンチョン(解放村)に作られ、50年余りの思い出を保管した庶民の生活の場だった」、「最近、若年層の間で人気が出ている町になったヘバンチョン(解放村)だが、依然として老後低層住居地とシンフン市場は解決しなければならない課題」といい、「今回の現場市長室を通じてヘバンチョン(解放村)の主人である住民のみなさんの意見を多様に聞き、住民が望む都市再生を作っていく」と話した。