ソウル市、第4回ソウル国際エネルギーカンファレンス開催

 2016年11月1日にソウル市庁で開催される第4回ソウル国際エネルギーカンファレンスに、国内外のエネルギー分野の碩学らが一堂に会する。ソウル市は今回のカンファレンスを通じて「エネルギープロシューマーの時代:エネルギー民主主義と市民性」をテーマに、エネルギー生産に能動的主体として浮上している市民の役割を拡大する案について議論する予定だ。

 エネルギープロシューマーとは生産者(producer)と消費者(consumer)の合成語で、エネルギーを単に消費するだけではなく生産、販売もする新たな概念の消費者として、エネルギー政策の新たな意思決定の主体となっている。

 まず、新気候体制から新再生エネルギーの拡散及び市民の能動的な役割を広めるジョン・ボーン教授(米デラウェア教授、碩座教授)の基調演説に続き、持続可能な都市のためのエネルギー効率化、省エネ分野で実質的なソリューションを提案するグレゴリー・カッツ(Capital E代表、米エネルギー政策諮問専門家)の特別セッションが続く。

 続いてセッションⅠを通じてエネルギープロシューマー都市を実現するための挑戦課題と韓中両国のエネルギー生産消費者市場拡大に対するアプローチを議論し、午前のセッションを終了する。

 午後にはREN21(21世紀のための自然エネルギー政策ネットワーク)のクリスティーン・リンス事務総長のグローバル新再生エネルギーの発展の現況と展望に関する二回目の基調演説を始め、セッションⅡとセッションⅢでそれぞれ新しいエネルギーシステム技術及び事業モデルと地域基盤新再生エネルギーの拡大案に関する議論を行う。

 最後にパネル討論でソウル市の代表的なエネルギー政策である「原発一基削減」の成果を取り上げ、エネルギー政策の樹立と実行過程で市民の役割の拡大についてより深い討論の時間を持つ。

 特に今年はパリ協定履行というグローバルイシューから気候変化と猛暑、累進税論議、原発・火力発電所中心の国家エネルギー政策に対する変化の要求など、多様なエネルギー関連の話題があっただけに、今度のカンファレンスを通じて国内エネルギーの懸案解決に向けた多様なアイディアが導き出されるものと期待されている。

 今回のソウル国際エネルギーカンファレンスは市民の誰でも無料で参加することができ、参加方法はホームページ(www.siec2016.co.kr)を通じて事前登録すればいい。




Seoul’s Favorite Seoul Activity

[ENGLISH]

Seoul’s Favorite Seoul Activity

(Get in. Let me show you the real Seoul.)

Night Drive

Night Drive_Culture Station Seoul 284

Night Drive_DPP

Night Drive_Sungnyemun Gate

Night Drive_Seokjojeon at Deoksugung Palace

Work Along the Seoul City Wall_Naksan Park

(The night deepens and so will your love for the city.

Traditional Market Eateries_Gwangjang Market

Late Night Shopping_Dongdaemun

Clubbing_Cheongdam-dong

(This is how you enjoy a night out in Seoul.

Rooftop Party_Myeong-ding

ENJOY! SEOUL’S FAVORITE SEOUL

I • SEOUL • U

(ENJOY! SEOUL’S FAVORITE SEOUL)

(See you in Seoul.)

[日本語]

(今から真のソウルをお見せします)

ナイトドライブ

ナイトドライブ_文化駅ソウル284

ナイトドライブ_DPP

ナイトドライブ_スンニェムン(崇礼門)

ナイトドライブ_(徳寿宮)石造殿

ソウルハニャン(漢陽)都城に沿って歩く_ナクサン(駱山)公園

(夜が深まるほどあなたもソウルがもっと好きになるはずです。)

伝統グルメ通り_クァンジャン(広蔵)市場

遅い夜のショッピング_トンデムン(東大門)

クラブパーティ_チョンダムドン(清潭洞)

(ソウルの夜はこうやって楽しみます。_

屋上パーティ_ミョンドン(明洞)

楽しもう!ソウルが好きなソウル

I • SEOUL • U

(楽しもう。ソウルが愛するソウル)

(ソウルで会いましょう。)




GSEF2016 – FORUM GLOBALE DI MONTREAL: SEI ESEMPI DI INNOVAZIONE A PARTIRE DALL’ECONOMIA SOCIALE




Seoul Mate: A Q&A with Seoul Mayor Park Won-Soon




Honorary citizenship and guest book signing – The Mayor of Montréal welcomes his Seoul counterpart, Park Won Soon




Montreal, Cittalia Partecipa Al Forum Mondiale Sull’economia Sociale




2017年、「共有都市」をテーマにソウル都市建築ビエンナーレ初開催


– 第一回「ソウル都市建築国際ビエンナーレ」、来年9月1日~11月5日DDPなどソウル全域で開催

– ソウル市立大学ペ・ヒョンミン教授、 米プリンストン大学アレハンドロ・ザエラ=ポロ教授を招待共同総監督に任命

– 4つの共有資源+6つの共有の形「共有都市論」を提案…都市建築のパラダイム探索

– テーマ別‧都市別の展示、研究‧コンテンツ開発ソウルレップ(Seoul Lab)の2つで構成


 

□ ソウル市が、「都市建築」分野におけるグローバル学術‧展示の祭典、第一回「ソウル都市建築ビエンナーレ」の開幕を1年後に控え、ソウル市立大学のペ・ヒョンミン教授と、米プリンストン大学のアレハンドロ・ザエラ=ポロ(Alejandro Zaera-Polo)教授を招待共同総監督に任命し、同祭のテーマと主なプログラム発表した。

□ ソウル市とソウルデザイン財団(代表理事:イ・グン)は、「2017ソウル都市建築ビエンナーレ(Seoul Biennale of Architecture and Urbanism)」(以下、「ソウルビエンナーレ)」を、来年9月1日~11月5日(計66日間) 、トニムン(敦義門)博物館マウルとトンデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)など、ソウルの都心各所で開催すると明らかにした。

□ 第一回「ソウルビエンナーレ」を貫くテーマはまさに「共有都市(Imminent Commons)」である。

□ ▲空気、▲水、▲火、▲地の4つの共有資源と、▲感知する、▲つなぐ、▲動かす、 ▲分け合う、▲つくる、▲再利用するの6つの共有の形から成る「共有都市論」を提案し、これら10の共有(Ten Commons)に基づいた、新たな都市建築のパラダイムを探索する計画である。

○ ソウル市は、2012年の開発主義政策を改め、「共有都市ソウル」というビジョンを掲げ、コミュニティーを基盤とした水平的なガバナンス、持続可能性、ソウル型経済民主化などを実践してきた。

□ ソウル市は、「世界の各都市は、20世紀に都市建築を支えてきた経済、社会、技術体系の変化とともに、大量生産、大量雇用、大量消費のサイクルが崩れ、自然と人口、公共と私有の境界が曖昧になりゆく過程にある」とし、「2017 ソウルビエンナーレで、都市文明の未来を共有都市から見出したい」と話す。

○ さらにソウル市は同祭で、政治、経済、社会、文化の総体的な現象ともいえる都市建築を通じて、世界の都市の懸案を議論し未来都市について談論風発する場にするとともに、ソウルが直面している問題につき、市や専門家、市民らの疎通と協力を通じて創造的な代案を自由に提案できるようにする予定である。

□ 「ソウルビエンナーレ」 のプログラムは大きく、テーマ別‧都市別展示と、研究・コンテンツ開発の持続的な活動が年中行わていれる「ソウルラボ(Seoul Lab)」で構成される。

○ 展示 : 10の共有要素を取り上げる「テーマ展」と各都市のプロジェクトを  紹介する「都市展」がビエンナーレ期間に開かれる。

○ ソウルラボ(Seoul Lab) : ソウルビエンナーレのシンクタンクとして、現場プロジェクト、国内外における大学の研究の連携を図る国際設計スタジオ、市民参加ワークショップ、共有都市指導プロジェクト、情報プラットフォーム、映画映像プログラムなど、様々な産官学協業プログラムを通じて、今回のビエンナーレのテーマが、ソウルまたは他の世界や都市にどのように適用できるかを実験し、その結果を都市テーマ展と連携し展示する予定。

□ 共同総監督に任命されたペ・ヒョンミン教授(国内)とアレハンドロ・ザエラ=ポロ教授(国外)は、総括企画、プログラム詳細の運営計画、国内外ネットワークの構築などを担当する。

○ ペ・ヒョンミン教授は、世界最大規模の建築展であるベネチア建築ビエンナーレで、過去に二度(第12回、第14回)キュレーターを務め、クァンジュ(光州)デザインビエンナーレでは首席キュレーターを歴任した。

○ アレハンドロ・ザエラ=ポロ教授は、スペイン出身の国際的な建築家で、英ロンドン五輪のメインスタジアム、日本の横浜港大さん橋国際客船ターミナルなどを設計した。 現在、建築設計事務所「AZPML」の代表である。

□ 一方ソウル市は、昨年10月、ソウルこそ現代の都市に見られる急速な都市化、巨大化、混成化、圧縮化、緊張、全てを呈する都市変化の代表的な都市として、新たな現代的都市建築ビエンナーレを開催するにあたって、理想的な場所だとし、ビエンナーレの開催計画を発表した。同祭は奇数年の9月~11月に開催され、2017年が初開催となる。

□ とりわけ、ソウルビエンナーレは「都市」に注目し、都市館を設置し、都市学と都市デザインなどを扱うという点で、各国や作家の作品展を中心とした他のビエンナーレとは一味違った祭典である。

□ ソウル都市建築ビエンナーレ運営委員長の建築家スン・ヒョサン氏は、「都市の空間と組織、開発と再生、建築と技術、都市環境、都市経営とのつながりなどは、我々が生きるこの時代が問い直すべき重要な議題」とし、「歴史と伝統、経済と文化、政治と理念など、都市を構成するあらゆる要素が入り混じった都市、今再び新たな姿を模索する都市ソウルで開かれる都市建築ビエンナーレは、このような議論の場となるだろう」と話した。

2017ソウル都市建築ビエンナーレ共同総監督

□ アレハンドロ・ザエラ=ポロ(海外総監督、プリンストン大学教授)

学歴 ・スペインマドリードE.T.S建築大学

・米ハーバード大学建築大学院修士
主な経歴 ・2015プレビエンナーレ総監督

・デルフト工科大学ベルラーヘ碩座敎授

・イェール大学建築大学院ノーマン・フォスター研究教授

 

□ ペ・ヒョンミン(国内総監督、ソウル市立大教授)

学歴 ・ソウル大学建築学学士、造景学修士

・アメリカMIT建築学博士
主な経歴 ・第14回ベネチア・ビエンナーレ金獅子賞受賞

・光州デザインビエンナーレ首席キュレーター

・アジア文化殿堂協力監督



Forget Gangnam style: K-pop could make hangdong Seoul’s next big thing




How Japan’s Nuclear Disaster Still Haunts South Korea’s Biggest City




A new Sunshine Policy? Seoul mayor calls for Kaesong reopening




Korean Mayor Crusades Against Samsung, Hyundai In Bid To Boost Country’s SME




2016 ソウル世界花火祭り開催

□今年で14回目、100万人に贈る秋のプレゼント

□合計10万発以上の花火が彩るヨイド(汝矣島)の夜空

 今年で14回目を迎えた韓国を代表する祭り「2016ソウル世界花火祭り」が2016年10月8日の夕方7時20分から8時30分まで、10万発以上の花火とともにヨイド(汝矣島)ハンガン(漢江)公園で開催される。今回の花火祭りには日本とスペイン、韓国の計3か国の代表花火チームが参加し、合計10万発以上の多彩で幻想的な花火が秋の夜空を彩る。地上で最も大きなキャンバスに80分間多彩に描かれる今回の花火祭りを通じて、国民に「魔法」のような思い出と喜びをプレゼントする計画だ。

 オープニングは日本のTamaya Kitahara Fireworksで「Turn Your Magic On」をテーマに、変色やグラデーションなど眩しい色の饗宴を表す日本特有の花火ショーを繰り広げる。二番目のチームのスペインPirotecnia Igualは、韓国に初めて招待されて「Magic Light Dreams」をテーマに音楽のリズムに乗って律動的な花火を披露する予定だ。花火祭りのフィナーレを飾る韓国代表ハンファは、「魔法のような花火」をテーマに魔法村で起きる様々なストーリーを映像、花火、特殊効果音などをもとにストーリーテリング技法を加味して感動をプレゼントする。

 花火祭りのオンライン生放送及びお問い合わせ:www.hanwhafireworks.com

 

ソウル世界花火祭りのおすすめの観覧スポット

1.恋人と一緒に見るのに良いロマンチックなおすすめのスポット

-63ビルワーキング・オン・ザ・クラウド

-Nソウルタワー

-ハンガン(漢江)大橋の展望台休憩所

2.ソロ観覧におすすめのスポット

-ノリャンジン(鷺梁津)学院街の一帯

-大学キャンパス:チュンアン大学、スクミョン女子大学坂道

-ノリャンジン水産市場の駐車タワーの屋上

3.家族と一緒に自然の中で安らかに鑑賞するのにおすすめのスポット

-サユクシン(死六臣)公園

-ソニュド(仙遊島)公園