ソウル市代表団米国、カナダ訪問




2016ソウルブックフェスティバル開催

 2016年9月2日から3日まで2016ソウルブックフェスティバル(Seoul Book Festival)「図書館!ロボット?」がソウル広場で開催される。

 2016年ソウルブックフェスティバルは<ロボット>をテーマにして、未来社会と技術に対する様々な情報とプログラムを準備した。ソウルブックフェスティバルは毎年テーマを変えながら本と情報を使って市民たちと交流する。今回のフェスティバルは読書共同体の主な構成員である図書館、出版社、書店、市民読書サークルなど四つの領域でプログラムを進行する。

 まず、フェスティバル期間中、広場にはユニークな図書館<フェスティバル図書館>が建てられる。フェスティバル図書館は国家、大学、公共図書館などの様々な16の図書館の司書と4人のディレクター、10人のインターン司書で構成されたロボット専門図書館である。

 出版社は<おいしい出版>というテーマで子供、青少年、成人領域に分かれて出版情報と読書支援プログラムなどで市民と活発に疎通する。

 <動く本屋>は、ソウル地域の様々な書店を紹介して書店ごとの経営戦略を伝え、ロボット関連図書など厳選した1,000冊を販売する。

 <読書サークルの部屋+クエスチョンマーク・ステージ>では、ソウル市の100あまりの読書サークルの市民たちが直接企画して準備した青少年・成人対象の「人、ロボットの未来を語る」討論プログラムと未来社会と技術に対する話を交わす「トークコンサート」を行う。

 <月光読書>は、秋夜の広場で子供から高齢者まで全員一緒に交わって読書をするソウルブックフェスティバルの代表プログラムだ。今年は司書たちのロボット小説の朗読を聞きながらロボット映画や公演などを共に経験することができる。

■ 2016 ソウルブックフェスティバル <図書館!ロボット?> 日程表

9/2(金)
(12:00~22:00)
9/3(土)
(09:00~20:00)
オープニング公演 12:00 (フェスティバル図書館)
フェスティバル図書館 12:00~18:00 10:00~18:00
おいしい出版 12:00~18:00 10:00~18:00
動く本屋 12:00~18:00 10:00~18:00
一坪市民ブックマーケット 12:00~18:00 10:00~18:00
読書サークル共有フェスティバル 12:00~18:00 10:00~18:00
月光読書 18:00~22:00 18:00~20:00

お問い合わせ:ソウル図書館 02-2133-0226




2016 Wakeboard World Series ‘SEOUL PRO’ (by Seo Jong mo)

[ENGLISH]

2016 Wakeboard World Series ‘SEOUL PRO’ (by Seo Jong mo)

World Wakeboard Association

2016 MALIBU SEOUL PRO SUNDAY HIGHLIGHTS

HAN RIVER – SEOUL, SOUTH KOREA

SUNDAY, AUGUST 21, 216

RESULT

1. TONY IACONNI(AUS) – 95.33

2. MIKE DOWDY(USA) – 94.67

3. MASSI PIFFARETTI(ITA) – 94.50

[简体中文]

2016水上滑板国际系列赛(首尔职业选手)(Seo Jeong mo)

世界水上滑板协会

2016雪佛兰Malibu首尔职业Sunday精彩场面

汉江、大韩民国首尔

2016年8月21日 星期日

结果

1. TONY IACONNI(澳大利亚) – 95.33

2. MIKE DOWDY(美国) – 94.67

3. MASSI PIFFARETTI(意大利) – 94.50

[繁體中文]

2016滑板全球系列賽「首爾職業選手」(Seo Jung-mo)

首爾滑板協會

2016Malibu首爾職業Sunday精彩場面

漢江,大韓民國首爾

2016年8月21日週日

結果

1. TONY IACONNI(澳大利亞) – 95.33

2. MIKE DOWDY(美國) – 94.67

3. MASSI PIFFARETTI(義大利) – 94.50

[日本語]

2016ウェイクボード・ワールドシリーズ「ソウルプロ」(ソ・ジョンモ)

世界ウェイクボード協会

2016マリブソウルプロサンデーハイライト

ハンガン(漢江)、韓国ソウル

2016年8月21日Sunday

結果

1. TONY IACONNI(オーストラリア) – 95.33

2. MIKE DOWDY(アメリカ) – 94.67

3. MASSI PIFFARETTI(イタリア) – 94.50




Seoul, My Soul (by Seo Jong mo)

[ENGLISH]

Seoul, My SOUL

Seoul, My SOUL / TEASER

LOTTE WORLD TOWER(MORNING IN SEOUL)

AT THE TOP LOTTE WORLD TOWER

N SEOUL TOWER

HANGANG PARK

YEOUIDO

SEOUL SKYLINE AT SUNSET

[简体中文]

首尔,我的灵魂

首尔,我的灵魂/分段

乐天世界塔(首尔的早晨)

在乐天世界塔顶端

N首尔塔

汉江公园

汝矣岛

傍晚时分首尔的地平线

[繁體中文]

首爾,我的靈魂

首爾,我的靈魂/片段

樂天世界塔(首爾的早晨)

在樂天世界塔頂端

N首爾塔

漢江公園

汝矣島

日落時的首爾地平線

[日本語]

ソウル、私の魂

ソウル、私の魂/予告

ロッテワールドタワー(ソウルの朝)

ロッテワールドタワーの頂上で

Nソウルタワー

ハンガン(漢江)公園

ヨイド

夕暮れのソウルのスカイライン




Seoul Tour&Timelapse part1 (by Hwang Yoon Ha)

Seoul Tour&Timelapse

N Seoul Tower

Sungnyemun

Namsangol Hanok Village

Night view of Seoul

Namsan Palgakjeoung

Namsan Seonggwak-gil

Sungnyemun

Culture Station 284

Freedom

[简体中文]

首尔旅游&低速摄影

N首尔塔

崇礼门

南山韩屋村

首尔的夜景

南山八角亭

南山城郭街

崇礼门

文化站首尔284

自由奔放

[繁體中文]

首爾旅遊&低速攝影

N首爾塔

崇禮門

南山韓屋村

首爾的夜景

南山八角亭

南山城郭路

崇禮門

文化站首爾284

自由奔放

[日本語]

ソウルツアー&低速撮影

Nソウルタワー

スンニェムン(崇礼門)

ナムサン・ハノクマウル(南山韓屋村)

ソウルの夜景

ナムサン(南山)八角亭

ナムサン(南山)ソングァクギル

スンニェムン(崇礼門)

文化駅ソウル284

自由奔放




2016 8月(No.143)

홈페이지 이전뉴스레터

홈페이지 야후블로그 유투브 뉴스1 뉴스2 뉴스3 문화달력

웹마스터 찾아오는길



ソウルグローバル創業センターがオープン

 682坪規模の国籍を超えた創業人材が集まる空間の「ソウルグローバル創業センター(Seoul Global Startup Center)」がナジン電子ワールド(ソウル市ヨンサン(龍山)区)にオープンした。

 開所後初のプロジェクトであるセンター入居企業の募集には全世界52か国252チーム607人が参加し、多様なアイテムを持った企業が志願した。入居企業は書類審査と面接を経て、国内の外国人創業生態系の発展とソウルの経済成長に肯定的な効果をもたらすと期待される50社の予備入居企業を選定した。

 2016年9月の一ヶ月間、予備のインキュベーティングを通じて40あまりの最終入居企業を選定し、選定された企業には無償の創業空間とバウチャー形態の創業資金(1千万ウォン以内)を提供する。

○位置:ソウル市ヨンサン(龍山)区ハンガンロ3ガ、ナジン商店街14棟電子ワールド3階

○利用対象:韓国人・外国人問わず、斬新な創業アイテムを持った予備創業者、または創業3年以内の事業者

○運営時間:基本運営09時〜18時、自律利用24時間(入居企業に限る)

■ 運営プログラム

○創業企業の発掘:デモデー(年間2回の予定)やビジネスエクスチェンジなどを開催し、グローバル市場進出のためのアイテムと斬新なアイデアを持った企業を誘致

○特化保育:通・翻訳、特許、マーケティング、資金・投資の誘致、税務/会計、法律、市場への進出などサービス提供

○ビザ取得:外国人が創業するために必要不可欠な創業ビザや貿易ビザなどの取得支援

○海外進出:ビジネスエクスチェンジ(企業の交換プログラム)、海外デモデーへの参加(海外ネットワーク連携)、現地の法律、特許、流通などコンサルティングサービスの提供を通じた国内企業の海外市場進出を支援




世界の34都市、ソウルで気候変動対応論議

 来る2016年9月1日(木)〜2日(金)の両日間、ソウル、米国のアスペン、日本の東京、ポーランドのワルシャワなど気候変動対応の先頭に立つ世界34都市と世界の 都市・自治体連合(UCLG)、国連ハビタット(UN-HABITAT)など国際機構関係者300人余りが気候変動対応に向けた都市レベルの役割を論議する国際フォーラムがソウル市新庁舎の多目的ホールで開かれる。

 ソウル市とイクルレイ(ICLEI)世界本部が共同主催する今回のフォーラムは、2015年4月にソウルで開催された「2015 ICLEI世界都市気候環境総会」で開かれた「世界都市市長フォーラム」を定例化したものだ。国家間の合意に先立ち、都市・地方政府が自発的に温室ガス削減目標と具体的な実践戦略を提示、共有する場である。昨年の「世界都市市長フォーラム」ではヨハネスブルグ、モントリオール、サンラファエル、ナント、パリなど5都市の市長団が都市事情に合わせて樹立した温室効果ガス削減実践策を公表した。パク・ウォンスン市長は閉会演説で他の都市の参加を促す「ソウル・アクションプラン」を発表した。

 特に今年は「パリ協定を先導する地方政府の気候変動対応の約束」をテーマに、昨年12月のパリ協定の採択後に新気候体制が開幕し、役割がより一層重要になった都市・地方政府が国家単位の温室効果ガス削減の目標達成に向けてどのような役割を果たせるのかについて議論する。フォーラム最終日の2日には全体フォーラムで議論された主なメッセージを採択・発表し、来る11月にモロッコのマラケシュで開かれる「第22回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP22)」に伝える計画だ。

 まず初日の1日(木)には気候の変動に関する政府間協議体(IPCC)のイ・フェソン事務総長とデイビッド・キング英気候変動特使がパリ協約以降の気候変動対応に向けた都市の重要性についての基調演説でフォーラムの扉を開く。

 続いて気候変動対応を実践する優秀都市(ソウル、エチオピアのアディスアベバ市、インドのシムラ市、台湾のニュータイペイなど)の事例(セッションⅠ)、パリ協定履行基盤構築のための都市の役割(セッションⅡ)、100%再生エネルギーによる低炭素回復力のある発電の推進(セッションⅢ)をテーマに市長セッション発表や討論が行われる。

 特に、気候変動対応の優秀事例を発表するセッションⅠではパク・ウォンスン市長が出て、「原発一基削減」などソウルが積極的に推進している気候変動対応政策などを紹介する予定だ。

 2日目の9月2日(金)には持続可能な公共購買のためのグローバル先導都市ネットワーク(Global Learning City Network、GLCN)2次総会と、地方政府気候行動の財政確保をテーマにしたインタビューセッションが行われる。

 最後のセッション3では「成功的なパリ協定の履行に向けたCOP22への道」をテーマとして出席者たちが全員参加した中、「第22回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP22)」に伝達するフォーラムの主なメッセージを発表する計画だ。

 ソウル市は今回のフォーラムを通じて、世界都市の気候変動対応事例の共有、パリ協定後の都市の役割の模索、公共購買拡大や財政支援など気候変動対応に向けた世界都市の交流および協力を強化し、これを今後開催されるCOP22に伝えることによって地方政府や都市の役割増大に寄与できる契機になるものと期待している。

 「2016気候変動対応世界都市市長フォーラム」に参加を希望する個人や団体は、フォーラムのホームページ(http://www.seoulmayorsforum2016.org)を通じて参加登録が可能だ。




ソウル-ハノイ姉妹提携20周年記念「ハノイの日」イベントの開催

韓国の首都ソウルとベトナムの首都ハノイが姉妹都市協定締結20周年を迎え、ソウルで盛大なパーティを行った。

代表団の訪問期間中に、チョンゲ(清渓)広場を中心にベトナムとハノイの文化を紹介する伝統公演や写真展が行われた 。

また、代表団と同行するビジネスグループには「ビジネスフォーラム」を開催し、ベトナム・ハノイへの進出を計画したり、ベトナムとの事業を目標とする企業に情報交換などを通じたビジネスチャンスを提供した。

これまでソウル市はハノイ市と持続的に互いの代表団の訪問により道路計画、交通政策、チョンゲチョン(清渓川)の事例などソウル市の優秀政策やノウハウを共有してきており、特に電子政府分野は2005年に都市間のMOUを締結後、ベトナムで開催されたシンポジウムへの参加(2006)、ハノイ市のソウル市主導の都市電子政府協議体であるWeGOの会員加入(2014)などの活動を通じて持続的に活発な交流を続けてきた。

ソウル市は、今回のイベントがハノイ市との交流の基盤を固めて両都市の市民たちの相互文化に対する理解度を向上させる良いきっかけになったが、今後も電子政府、文化、観光、都市計画などの分野でハノイ市や市民に実質的に役に立つことができる交流に力を入れる予定だ。




I·SEOUL·Uと一緒に地下鉄でコミュニケーションと連結の楽しさを感じてみましょう

ソウルブランド地下鉄はしごゲームイメージ写真

ソウル市は2016年8月20日から10月20日までの2か月間、地下鉄で「I(私)とU(君)がソウルを間にはさんで連結される」I·SEOUL·U ソウルブランドの意味を経験することができるイベントを進行する。

6号線の地下鉄1両目の車両内部の床にはしごゲームをラッピングし、乗客たちが座った席からはしごで連結された向かいの人に「目礼」、「微笑むこと」、「ハイファイブ」などの軽いミッションなどをするイベントである。

今回のイベントは、スマートフォンだけを眺める薄情な日常から離れ、他人に対する小さな関心を持ってお互いに疎通して連結されるのを感じることができ、ソウルブランド I·SEOUL·U を通じて市民にコミュニケーションの楽しさを提供することに意義がある。




ポンウンサ(奉恩寺)

794年に創建したポンウンサ(奉恩寺)は、混み合った都市ソウルの中で心の平安と静けさを見つけることができるいい所だ。リッチタウンのカンナム(江南)に所在するこの寺は、コエックス展示場/ショッピングセンターから少し歩いたら着く距離にあり、地下鉄の駅もすぐ近くにある。数千個の灯の装飾で有名なこの寺は、多くの人々が訪れて時間を過ごそうとするところだ。この寺ではテンプルステイプログラムを運営しており、多くの人たちが忙しい日常の中で時間を割いてここで黙想し、仏教の教えを学ぶ。今年は6月27日から8月24日までこの寺の散策路に沿って植えた蓮の花で「蓮の花祭り」を開いている。

交通アクセス :

地下鉄2号線 サムソン駅6番出口

地下鉄9号線 ポウンサ駅1番出口














青年議員139人、ソウル市の政策提案

 ソウル市は「ソウル青年議会」を昨年に続いて今年も開催する。今年の青年議会は、ソウル青年政策ネットワークと市議会青年発展特別委員会が共同主催することになり、民・官・政の協治がさらに拡大された姿を見せている。

 「ソウル青年議会」は、青年たちがソウル市の青年政策形成過程に実質的に参加する政策ガバナンスの一つで、昨年の実験的な導入が成果を成し遂げた中で二回目の青年議会を開催することになった。

 139人の青年議員は、ソウル青年政策ネットワークの会員400人余りのうち3人以上の推薦を受けた青年で、去る6日に委嘱された。ソウル青年政策ネットワーク(青政ネット)は2013年からソウル市が運営している青年政策ガバナンスで、ソウルに居住しているか、またはソウルを基盤として活動している満19〜39歳の青年を参加条件としている。3期の青政ネットは今年の4月に構成された後、オジラプキャンプ(200人余り参加)、地域の青年交流会、ソウル市および市議会との政策懇談会を開催するなど、活発な政策参加活動をしている。

 青年議員たちは雇用、労働、住居、負債、自転車、微細粉塵、文化、保健、青年手当、障がい者、市民教育など11の分科別の集会を通じてソウル市の青年政策について点検した。青年議員たちは分科別活動を通じて協働組合型公共住宅で発生する空室管理策、青年1人世帯政策などが含まれた9大青年政策議題を発掘し、関連した室・本部・局長たちに質疑後に提案課題をソウル市長に直接伝達する予定だ。

 パク・ウォンスンソウル市長は「政策の空白と必要はすぐに当事者たちに出る」、「今進められている政策の隙をきめ細かく指摘して新しい政策をたくさん提案してくれることを願い、青年が存分に次の社会を描いていけるようにソウル市が積極的に後押しする」といった。