Go to Main Content

プレスリリース

ソウル市、コロナ19拡散防止に向けバス停留所で防疫消毒実施

コロナ19の拡散防止に向け、ソウル市が管理するバス停留所の待合所4,081か所に週一回防疫消毒実施 1月29日からは車庫および市内バス・コミュニティバスの車内を一日平均4~6回消毒 公共交通機関を利用する市民がよく手で触れるバス停待合所の消毒で感染予防効果を期待 ソウル市は3月3日(火)より、バス停留所の待合所4,081か所に対し、週一回、集中的に防疫消毒を行っていると明らかにした。 ソウル市内のバス停の待合所は、街路沿い3,170か所、中央車路884か所、乗り換え停留所27か所など合わせて4,081か所に設置されている。 多数のソウル市民が利用する市内バスは、運送会社が自主的に消毒を行っているが、バス停はソウル市全域に分布しており、一日に全てのバス停の待合所で消毒を行うことは困難である。 バス停の待合所には、市民が直接手で触れる椅子やデジタル路線図、LED生活情報版、手すり、ポールなどが設置されている。 現在も感染病の警戒レベルが『深刻』の状態が続き確定診断者が増えていることを受け、ソウル市民の感染予防のために、市民が直接触れるバス停の待合所にも防疫が必要と判断し、緊急災難基金を投じて防疫消毒を行うことになった。 防疫消毒は、ソウル市バス運送事業組合とバス停留所維持管理会社が管理区間別に、直接または民間防疫専門会社を通じて実施している。また、利用客の多いバス停に対して優先的に集中消毒を実施し、単発ではなく周期的に消毒することでコロナ19の拡散を防止する効果が期待できる。 また、ソウル市は、バス停の防疫消毒によって市内バスの利用客が不便を感じることのないよう、出勤・退勤時間の直後(午前10時、午後8時)の時間帯を活用して効率的に防疫消毒を行う計画。 これに先立ち、ソウル市は1月29日のコロナ19感染初期段階から、車庫の防疫と市内・コミュニティバス車内のつり革、椅子、手すりなど、乗客が直接手で触れる部分に一日4~6回以上消毒を実施している。 ファン・ボヨン都市交通室長は、「コロナ19の拡散防止に向けて、ソウル市バス運送事業組合とバス停留所維持管理会社と協力し、多数の市民が利用するバス停の待合所などに対する防疫対応に最善を尽くしたい」と話す。 コロナ19拡散防止のためのバス停待合所での防疫消毒の様子(2020年3月4日) 映画『パラサイト』ロケ地探訪コース 登村(トゥンチョン)中学校・ 白石(ペクソク)小学校中央バス停留所 千戶(チョノ)大路中央バス停留所 江南YMCA前街路沿いバス停留 蚕院韓信(チャムウォンハンシン)アパート街路沿いバス停留所
SMG 184

ソウル市-㈱Filt、「コロナ19拡散防止」脆弱階層にマスク20万枚支援

ソウル市、㈱Filtと協力し低所得層にマスク支援…コロナ19の予防に貢献 ㈱Filtが製造したエティカ(ETIQA)マスク20万個…マスクの品薄続くなか温かい支援 コロナ19の感染リスクにさらされた脆弱階層向けの支援・疾病予防のための分かち合いを実践 ソウル市は、3月4日(水)、コロナ19の拡散防止に向け㈱Filtと協力し脆弱階層の市民に保健用マスク20万枚を支援すると明らかにした。 ㈱Filtは、自社で製造した食品医薬品安全処認証済みの保健用マスク(KF94)を、2月末に4万枚寄付したことに続き、3月には16万枚を寄付し、ソウル市に合わせて20万枚のマスクを支援する。マスクは、ソウル広域フードバンクセンターに入庫し、ソウル市の25の自治区のフードバンクやマーケットを通じて、マスクの入手が困難な独り暮らしのお年寄りや低所得世帯、社会福祉施設などに届けられる予定。 コロナ19の感染が全国的に急速に拡大しているなか、今回のソウル市と㈱Filtの協約は、マスクの買い占めや品薄状態により購入することが困難な市民の疾病予防はもちろん、経済的な支援にもつながると考えられる。 2018年11月に設立した㈱Filtは、医薬外品保健用マスクの専門販売企業。2019年4月、朝鮮日報が選定した<消費者おすすめの1位ブランド>で大賞を受賞するなど、マスク専門会社として脚光を浴びている。 ㈱Filtは、今回の寄付をきっかけに、助けを必要としている人々に支援の手を差し伸べる社会貢献活動に積極的に取り組んでいきたいとしている。 ㈱Filtのナ・ユンファン代表は、「昨今のコロナ19の全国的な拡散によって、マスクの入手が困難になっている状況を見ながら、マスク専門会社として寄付の必要性を切実に感じた」とし、「苦しい状況に置かれている市民のために少しでも役に立ちたいと思い寄付を決心した」と話す。 ソウル市のハ・ヨンテ地域ケア福祉課長は、「コロナ19によって感染病の警戒レベルが『深刻』に引き上げらた今、脆弱階層の健康を守るためにマスクを支援してくれた㈱Filtに感謝の意を表したい」とし、「ソウル市はコロナ19が終息するまで脆弱階層の市民の安全のために最善を尽くす」としている。
SMG 177

ソウル市「車両移動選別診療所」4か所運営、「保健所選別診療所」50か所に拡大

ソウルの4つの地域(恩平、瑞草、松坡、江西)で3日から平日・週末に車両移動選別診療所を運営 通行人、患者と接触せず車に乗ったまま受診可能…検体採取時間10分に短縮 広津など5つの区に陰圧テント配備、検体採取が可能な保健所選別診療所を30か所から50カ所に拡大 コロナ19患者を早期発見、院内感染を予防し地域感染拡大を防ぎ被害最小限に ソウル市は、コロナ19患者の早期発見のために、「ドライブスルー(Drive-Thru)」方式の「車両移動選別診療所」の運営を本格的に開始した。検体採取が可能な保健所選別診療所も30か所から50か所に拡大し、地域感染の防止に総力を挙げる。 「ドライブスルー」とは、ファストフード店やフランチャイズカフェなどで、車に乗ったまま注文し商品を受け取るサービスのように、車両に乗った状態で段階別の検査を行うもの。待ち時間の短縮、他人のとの接触防止などを目的に新たに導入された。 「ソウル市車両移動診療所」は合わせて4か所に設置されている。3日から▲ソウル市恩平病院(恩平(ウンピョン))、▲消防学校(瑞草(ソチョ))、▲蚕室メインスタジアム駐車場(松坡(ソンパ))で運営を始め、5日からは▲梨大ソウル病院(江西(ソガン))でも診療を開始する。 車両移動選別診療所は、従来の自治区の選別診療所における診療需要や車でのアクセスなどを踏まえて4つの地域に設置し、平日・週末の午前10時から午後5時まで運営する予定。 今回の車両移動選別診療所の導入により、訪問者は通行人や患者と接触することなく、車に乗ったままで診療を受けることができる。これによって、待機場所での感染を防ぎ、一人当たりの検体採取時間も最大1時間から10分前後に大幅に短縮されるうえ、医療陣の安全も確保することができる。 診療の流れは4段階。①案内→②問診→③診療→④検体採取の順で行われる。診療過程で肺のレントゲン検査など追加検査が必要な場合は、近隣の市立病院および保健所に引き継ぐ。 ソウル市は、車両移動選別診療所を安定的に運営するために、医師などの医療人材を募集している。希望者はソウル市ボランティアセンター、ボランティアポータルを通じて申し込むことができる。 さらにソウル市は、コロナ19の確定診断者が増え続けていることを受け、地域監視体系の強化を目指し、第一線で検体採取が可能な自治区の保健所選別診療所を、今後30か所から50か所に増やす計画。 最近、保健所選別診療所を訪れる市民が増えており、2月の4週目(2/23~2/29)の一週間、ソウル全体の一日の平均診療件数は87.8件、検体採取件数は50件だった。また同期間、一日の平均診療件数が100件以上の自治区は7区、検体採取件数が50件以上の自治区は10区にのぼる。ソウルは、市民の待ち時間を減らし、患者の早期発見に向け機能をさらに強化すると明らかにした。 特に、コロナ19の感染が疑われる市民が保健所選別診療所を訪問した際、医師による相談と診療を経て速やかに検査を受けられるよう、検体採取に「臨床病理士(臨床検査技術師)」を派遣し、待ち時間を短縮させ、一日に対応できる診療人数を大幅に増やす予定。 パク・ウォンスンソウル市長は、「ソウル市は、エリア別の車両移動選別診療所を本格的に運営し、待機場所での感染を予防すると同時に診療のペースを上げ、地域感染を未然に防ぐべく先手を打つ考え」とし、「検体採取が可能な保健所選別診療所も50か所に増やし、地域の保健医療の最前線で患者の早期発見と治療に専念し、被害を最小限にとどめるために最善を尽くしたい」と話す。
SMG 88

売上高2倍に、「ソウルフードスタートアップセンター」が スタートアップの海外進出を全力で支援

ソウル市、ソウルフードスタートアップセンターの入店企業の海外進出に向けて注力する…韓食のグローバル化のリードに期待 ソウルフードスタートアップセンター、下半期に拡張移転→入店企業を拡大(50社→70社)して安定的な成長基盤を構築 農食品のR&D Lab’を作り、ビジネス費用の削減と製品開発期間の短縮に向けて支援 2013年、植物由来の肉の味に魅了されたビル・ゲイツが投資した「ビヨンド・ミート(Beyond Meat)」は、今や8兆ウォンを超える規模の巨大企業に成長した。今年1月、米国のラスベガスで開催された「CES2020」では、インポッシブル・フーズ(Impossible Foods)が代替肉入りのインポッシブル・バーガーを披露した。 こうした世界的なフードトレンドに合わせて、韓国唯一の農食品分野における創業保育センターの「ソウルフードスタートアップセンター(Seoul Food Startup Center)」でも韓食のグローバル化をリードする力量と可能性に富んだ企業が現れるのではないかと期待が高まっている。実際に、韓国のスタートアップの「ディボーションフード」は、植物由来の材料でタンパク質・脂肪・血まで代替して本物の肉に酷似したNon-GMOの植物肉を開発した。ここ2年間、50ヵ所以上の投資呼び込みに成功し、食べ物への嗜好に問わず、ベジタリアンだけでなく肉を食べる人々もおいしく食べられる植物肉の市販を進めている。安心できる食べ物に向け、抗菌ソリューションを開発した「エスディーラブコリア」は鳥インフルエンザやサルモネラ菌など食品衛生に致命的な様々な有害微生物の培養を抑制・予防できる抗菌技術の開発及び食品分野に適用できる安全性を確保して、ビジネス化に本腰を入れている。 ソウル市は、ソウルフードスタートアップセンターに入店している競争力の高い企業が海外市場に進出することを今年の目標にしており、国際競争力の強化に集中したいと話した。 ソウルフードスタートアップセンターは、フードテック革新スタートアップ70社が自立できるよう3年にわたって支援した。その結果、2019年には230億ウォンの売上高と44億ウォンの投資呼び込みなど実績を上げている。 「ソウルフードスタートアップセンターの主な実績」 Tentative Closure of 15 Sports Facilities and 58 Cultural Facilities in Seoul 区分 売上高 投資呼び込み 知的財産権 計 435億ウォン 92.8億ウォン 212件 2019年 230億ウォン 44億ウォン 158件 2018年 120億ウォン 30億ウォン 39件 2017年 85億ウォン 18.8億ウォン 15件 またソウル市は、入店企業には事務スペース、創業教育(法律・税務会計・知的財産権の出願など)、メンタリングとコンサルティング(投資呼び込み・マーケティングなど)、様々な創業支援サービス(投資連携など)を無償提供している。 ソウル市は、下半期にソウルフードスタートアップセンターを拡張移転し、潜在力の高い農食品関係のスタートアップが安定的に成長できるよう基盤を固めることに集中する。ソウル市の体系化した支援をより多くのスタートアップが受けられるように、今は50社が入店できるスペースに70社が入店できるよう拡張して運営する計画だ。 移転する「ソウルフードスタートアップセンター」では、自家品質検査(生産する食品を流通・販売する前に基準や規格に合致するか確認する検査)ができるよう農食品製品開発関連の専門装備を備えた「農食品R&D Lab」を作り、入店企業のビジネス費用を削減して製品の開発期間を短縮できるよう支援する計画だ。 ソウル市のキム・ウィスン経済政策室長は、「ソウルフードスタートアップセンター開館以来、3年間にわたって蓄積された農食品分野の創業実績を基に、今年は農食品スタートアップの海外進出とフード産業における競争力強化に集中する。企業のビジネス費用と製品の開発期間を減らして、より多くのソウルフードスタートアップセンターの製品を海外市場に披露することで、フード産業の韓流ブームを起こしたい」と述べた。
SMG 86

ソウル市、移動多い運送・配送業従事者にマスク7,500個提供

17日(月)から移動労働者休憩所、労働者福祉館など12か所の労働者支援機関に配布 野外活動時間が長く不特定多数と接触する代行運転手・バイク便ライダーなどが対象 多くの市民が訪れる全泰壱記念館はじめ労働者相談機関などで防疫措置完了 市、緊急物資の支援後、状況に応じて追加支援も検討予定 ソウル市は17日(月)から、長時間野外で働く労働者をはじめ、運送・配送業従事者に対しマスク7,500個を提供すると発表した。 提供場所は、代行運転手・バイク便ライダー、配達員が頻繁に利用する市内5か所の「休ソウル移動労働者休憩所」(瑞草(ソチョ)、北倉(ブクチャン)、合井(ハプチョン)、上岩(サンアム)、碌磻(ノクポン))と、市立労働者総合支援センター2か所(鍾路(チョンノ)区栗谷(ユルコク)路、松波(ソンパ)区中大(チュンデ)路)、労働者福祉館2か所(恩平(ウンピョン)区統一(トンイル)路、永登浦(ヨンドゥンポ)区国会(クッケ)大路)、ソウル市感情労働従事者権利保護センターなど。このほかにも、清渓川方面に位置する労働複合施設「美しい青年,全泰壱(チョンテイル)記念館」でも、労働者や市民にマスクを配布する。市はこれに先立ち、2月の初旬からこれらの施設を訪れる労働者や市民のために、手指消毒剤約600個を常備し感染症予防に努めている。 また、仕事柄、長時間移動しながら不特定多数の人と接触しなければならない運送・配送業従事者のために、移動労働者休憩所5か所については、特別防疫措置も完了した。さらに、多様な展示や公演が年中開催される「美しい青年,全泰壱(チョンテイル)記念館」でも防疫措置を行い、市民の安全を守る。 ソウル市のパク・ドンソク労働政策担当官は、「代行運転手、配達員、シャトルバス運転手などは仕事柄、日常的に市民と接触する機会が多い」とし、「基本的かつ最も効果的なマスクの着用、手の消毒などをできるように緊急物資を支援し、今後も状況に応じて追加の支援を検討したい」と話す。
SMG 200

ソウル市、『パラサイト』半地下住居の居住環境改善へ

ソウル市と韓国エネルギー財団、今年1,500世帯以上の半地下住居を対象に修理工事を支援 一世帯当たり320万ウォン投入、①断熱②ボイラー③エアコン④窓戸⑤床の5か所、必要な工事を支援 湿気などによる室内汚染、喘息、うつ病など精神的・身体的健康を改善 上・下半期に随時申請を受付…洞住民センターなどと連携しケースマネージャーを積極的に発掘 ソウル市が、映画『パラサイト 半地下の家族』の背景にもなった半地下住居の劣悪な環境を改善するために、各世帯に必要な修理工事を支援する。 ソウル市内の半地下住居のうち、平均所得50%以下に当たる世帯は55.3%、70%以下は77.8%で、半地下住居に暮らす大部分が低所得層の市民である。 ソウル市は今年、韓国エネルギー財団と協業し、半地下に居住する低所得層1,500世帯以上に、断熱、冷房など各世帯の要望に合わせた修理工事を支援すると明らかにした。 湿気やカビなどによって発生する室内汚染、それに伴う喘息、アレルギー、うつ病など、精神的・身体的健康に悪影響を及ぼす半地下住居特有の問題を改善するためのもの。 市は、昨年道峰(トボン)区が半地下100世帯を対象に実施したサンプル実態調査の結果をもとに、現場からの要望が多かった項目を追加支援項目として選定した。調査の結果、湿気やカビの除去と換気のための「除湿器」と「換気扇」、プライバシー保護のための「面格子」、火災予防のための「火災警報器」に対する要望が多く見られた。 今回の住宅修理事業は、このような半地下住居の実態調査の結果を反映し、①断熱施工、②ボイラー設置、③エアコン設置、④窓戸設置、⑤床の張り替え工事に加え、半地下住居で需要の多い「面格子」や「除湿器」、「火災警報器」、「換気扇」などの項目を追加で支援する。 ソウル市と韓国エネルギー財団は、これまでも独自に半地下住居環境改善のための工事を施行してきたが、今年は両者が手を携え1,500世帯以上を対象に工事を行い、今後も支援対象を拡大する予定。 修理支援事業の対象となるのは、基準中位所得60%以下の低所得層。ソウル市は、上・下半期の自治区別の公告を通じて3月から随時申請を受け付け、資格有無の審査を経て支援を続けていく計画。 さらに、一人でも多くの居住者が申請し修理を受けられるよう、洞住民センターや住居福祉センターと連携することで、ケースマネージャーを積極的に発掘し申請を促す予定。 修理支援を希望する市民は、社会福祉課など自治区の担当部署に問い合わせるか、洞住民センターに申請すると、資格有無の審査を経て支援を受けられる。 ソウル市は、市の事業趣旨に共感しパートナーとなってくれた韓国エネルギー財団に対し、感謝の意を表した。両者は近日中に「半地下世帯支援対策」推進のための協約を締結する予定。 ソウル市住宅建築本部のリュ・フン本部長は、「韓国エネルギー財団との協業を通して、これまで独自に行われてきた住居の修理事業を有機的に連携し、より多くの半地下居住者のためになる工事を施行し、劣悪な住居環境の改善に実質的に貢献できるようにしたい」と話す。
SMG 343

ソウル市、新型コロナウイルスで大ピンチの観光業界のために 「観光市場早期回復」に向けた総合対策を打ち出す

ソウル市が「ソウル観光活性化対策」を発表…新型コロナウイルスで沈んだソウルの観光業界の早期回復が目標 ①「観光産業の倒産防止」から②「観光需要の創出」を経て③「観光業の競争力強化」まで、段階別に推進 打撃を受けている観光業界のために多角的な支援打ち出す…観光業界に活力を与えるのはもちろん、持続可能性の向上にも貢献 新型コロナウイルスで大きな打撃を受けている観光業界の回復に向け、ソウル市が積極的に乗り出した。旅行会社だけでなく観光業界全般(航空会社・MICE・免税店・ホテルなど)において持続的に被害が広がり、倒産が相次ぐのも無理はないと言われる危機的な状況を踏まえてのことだ。今月14日(金)、ソウル市は「ソウル観光活性化対策」を発表し、行政力を最大限に発揮して観光業界を総合的に支援するために尽力すると明らかにした。観光業界の動向を見ると、中国関連の団体旅行商品のアウトバウンドは95%、インバウンドは74%がキャンセルされた。現在、旅行商品への問い合わせや新規の予約は全くない状態だ。韓国と中国を行き来する路線の運航は約70%減少し、MICE行事はほとんどがキャンセルまたは延期された。それに加えて、免税店を訪れる客数も90%減少するなど、観光産業全般において被害が広がっている。 大ピンチの観光業界を支援するため、ソウル市が打ち出した「ソウル観光活性化対策」の主な柱は次の通りだ。①観光産業の倒産を防ぐため、観光業界に緊急支援体制に入ることで「安全ソウル」をアピールする。②観光需要の積極的な創出を通じて、委縮した観光市場を回復する。③観光市場の多角化などで観光業界の競争力を強化する。この3つの内容が対策の柱となっている。 第一に、観光業界が新型コロナウイルスによって非常経営体制に突入するなど深刻な経営難に陥っているが、業界の被害を最小限に抑えるため多角的な経済的支援策を直ちに実施する。特別融資だけでなく、公共部門の働き口・保険加入など財政支援を通じて、観光業界が現状を乗り越えられるよう対応し、主な海外の観光市場には「ソウルの安全性」について積極的にアピールする。 さらに、ソウル観光を代表するSNSや海外メディアを通じて、「Safe Seoul、安全な観光都市・ソウル」のイメージを全方位でアピールすることで、観光客の需要回復に乗り出す計画だ。これと関連して、朴元淳ソウル市長が中国の政府と国民に「頑張ってください、中国」という激励と応援のメッセージ(動画)を送ったところ、CCTV・新華社・中国新聞社など中国メディアを通じて公開されて大きな反響を呼んだ。 ①対応段階(2~3月):危機的状況の観光業界への緊急支援・「安全ソウル」アピール 第一に、観光業界が新型コロナウイルスによって非常経営体制に突入するなど深刻な経営難に陥っているが、業界の被害を最小限に抑えるため多角的な経済的支援策を直ちに実施する。特別融資だけでなく、公共部門の働き口・保険加入など財政支援を通じて、観光業界が現状を乗り越えられるよう対応し、主な海外の観光市場には「ソウルの安全性」について積極的にアピールする。 さらに、ソウル観光を代表するSNSや海外メディアを通じて、「Safe Seoul、安全な観光都市・ソウル」のイメージを全方位でアピールすることで、観光客の需要回復に乗り出す計画だ。これと関連して、朴元淳ソウル市長が中国の政府と国民に「頑張ってください、中国」という激励と応援のメッセージ(動画)を送ったところ、CCTV・新華社・中国新聞社など中国メディアを通じて公開されて大きな反響を呼んだ。 映画『パラサイト』ロケ地探訪コース 「朴元淳ソウル市長の応援メッセージ」 「中国のCCTVの報道結果」 ②回復段階(3~6月):観光需要の拡大を通じて、観光業界の回復をけん引 第二に、緊急支援で一安心した観光業界の早期回復に向け、韓国国内と国外の観光需要の拡大に本腰を入れる。ソウル市は、映画『パラサイト』のロケ地めぐりプランの開発やソウル国際環境産業博覧会(SITIF)の開催などで観光需要を創出し、従来の非正規労働者を対象に支給される休暇費の支援規模を拡大することで内需の底上げに集中する。また、優秀観光商品・観光スタートアップに対する支援を増やし、観光業界にも活力を与える予定だ。新型コロナウイルスが沈静化に向かうと、朴ソウル市長の中国歴訪を積極的に推進し、中国市場向けの広報マーケティングを続ける計画だ。 ③跳躍段階(6月~):観光市場の多角化など観光競争力を強化 第三に、観光業界の安定と回復を目指し、さまざまな活性化対策に基づいて観光市場のステップアップを図るという内容だ。ソウル市は、韓流を活用したグロバールマーケティングとともにアジア・中東の観光市場の需要を掘り起こして底辺を拡大するなど観光業界の多角化政策を積極的に推進する。観光業界の体質を改善することで、現在のような危機的な状況が生じた時に直ちに対応して、究極的には観光産業の持続可能性を高めるのが主な目的だ。 朴ソウル市長は、「中国だけでなく東南アジアなど他の観光需要も急減し、インバウンド・アウトバウンドを取り扱う旅行会社・航空会社・免税店・宿泊業まで打撃を受けている。観光業界にとっては大ピンチと言わざるを得ない状況となった。業界の経営被害を最小限に抑えられるよう、ソウル市は多角化した支援対策を積極的に推進し、事態が収束すると雪中送炭(雪の降る寒い時に炭を送る)の気持ちで一番先に中国を訪れて観光客誘致に尽力したい」と今後の計画を述べた。また、「昨年、ソウルを訪れた外国人観光客数は1390万人と過去最多だった。今年はもっと大きな目標に向かおうとしていたが、今のような困難な状況になってしまった。しかし、みんなが手を合わせてこの危機を乗り越えれば、危機を機会へと転じることもできるはずだ。ソウルの観光業界が再び活力に溢れる暖かな春を迎えることを願う」と話した。
SMG 423

ソウル市、コロナ19によって不便を強いられる市民に 生活必需品、住居費、生計費を支援

自宅隔離者に10万ウォン前後の生活必需品を購入し各家庭に支給 発症患者が入院中の病院に勤務する従業員に住居費支援 コロナ19の影響で生活苦に陥った世帯に「ソウル型緊急福祉」支援 ソウル市が、「コロナ19(WHOが決定した新型コロナウイルスによる疾患の正式名称『COVID-19』を基に名付けた韓国での公式名称)」に関連し、生活支援策を発表した。感染症予防のために自宅隔離中の市民に対し、隔離期間中に必要な生活必需品を支援し、発症患者が入院中の病院に勤務するために、住居の支援が必要な従業員には住居費を支給する。また、コロナ19の影響で、急な休業・廃業、失職など、生活難に陥った市民には「ソウル型緊急福祉」を通して生計費を支援する。 ソウル市は、2015年のマーズ(MERS)流行当時、5,029世帯に生活必需品、住居費、生計費など5億2千8百万ウォンを支援し、事態の沈静化に努めた。 生活必需品の支援は、疫学調査の結果、自宅隔離となった人が対象で、隔離期間中に日常生活を維持するために必要な生活必需品(一世帯あたり10万ウォン前後)を支援する。支援物資としては、レトルトご飯、ミネラルウォーター、ラーメン、のり、常備菜などの食品類に加え、マスク、手指消毒剤、トイレットペーパーなどの衛生用品が支給される。これらをいち早く届けるために、自治区(洞住民センター)で物品を購入し、各家庭に届ける。 ソウル市は、対策の重要性を鑑み、1月31日から生活必需品の支援を優先的に開始し、2月14日現在、304人に26,509,550ウォンの生活必需品を支援した。 住居費は、発症患者が入院治療を受けている病院(国家指定入院治療病床のある病院)に勤めながら、感染予防のために臨時の居住地での生活を余儀なくされる医師や看護師、看護助務士、医務記録士、請願警察など、病院勤務者が支援対象となる。 コシウォンやモーテル、旅館(中・低価格宿泊施設)、短期賃貸物件など、ソウルにある施設を仮の住まいとする場合に限り、居住期間に相応する住居費(最大100マンウォン)を1回支援する。なお、病院などから別途住居費の支援を受ける場合は対象外となる。 また、コロナ19によって予期せぬ休業、廃業、失職などの経済的困難に陥った低所得世帯は、「ソウル型緊急福祉」を通して生計費の支援が受けられる。 学校や福祉施設といった集団施設が休館となり、臨時休業状態になっているパートタイマーなど、今回の事態によって急に生活難に陥った人が申請できる。生計費の支援額は、1人世帯30万ウォン、2人世帯50万ウォン、3人世帯70万ウォン、4人以上世帯が100万ウォン。 ソウル型緊急福祉の支援基準は、基準中位所得の85%以下(4人世帯を基準に4,036,798ウォン)、一般財産2億5,700万ウォンおよび金融財産1千万ウォン以下であり、居住地の洞住民センターで申請できる。 ソウル市は、支援計計画の発表日からコロナ19が収束するまでを集中申請期間とし、大々的な広報活動を通じて一人でも多くの市民が申請できるように呼びかけている。 国内で初めて調査対象の有症状者が発生した1月7日以降の支援対象に該当すれば、誰でも支援を受けられるが、連絡途絶、モニタリング拒否など隔離措置の規則に違反した場合は支援金を返さなければならない。 ソウル市福祉政策室のカン・ビョンホソウル室長は、「コロナウイルス感染症19によって、急に生活難に陥った市民が増えている」とし、「予期せぬ困難を強いられている市民に寄り添い苦しみを軽減し、市民と共に現状を克服できるよう、ソウル市が積極的に支援したい」と話す。
SMG 845

ソウル市、『パラサイト』ロケ地ツアーで新韓流ブームを

ソウル市とソウル観光財団が企画した話題の「パラサイト」ロケ地探訪コース 映画専門家と巡るグローバルファムツアーなどのイベントでさらなる盛り上げ狙う K-pop、K-dramaの次はK-movie…落ち込んだ観光市場に新たな活力を 映画『パラサイト 半地下の家族』が世界中で旋風を巻き起こしている。昨年、韓国の映画としては初めてカンヌ国際映画祭でパルム・ドール賞を受賞し、アメリカ映画の象徴ともいえる第92回アカデミー授賞式で最も名誉ある作品賞をはじめ、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4部門を制覇する快挙を遂げるなど、世界中が今「パラサイト」に熱狂している。 これを受け、ソウル市とソウル観光財団(代表理事:イ・ジェソン)は、映画に登場する代表的なソウルのロケ地を背景に「映画専門家と巡るファムツアー」を企画し、映画の中に隠された物語を紹介する計画。イベントとしてファムツアーを行った後、その一帯を観光コースとして開発することも考案中。 麻浦区の「豚(テジ)米スーパー」や「キテクの町の階段」、鍾路(チョンノ)区の「紫霞門(チャハムン)トンネル階段、 銅雀(トンジャク)区のスカイピザなど、映画『パラサイト』の主なロケ地をめぐるコースは、昨年12月にソウル観光ホームページ(http://www.visitseoul.net/)に紹介され、再生回数6万回を突破した。 映画『パラサイト』ロケ地探訪コース 「ソウル観光ホームページ」掲載内容 紫霞門トンネル階段 さらに、ソウル市はポン・ジュノ韓国の代表作品『グエムル-漢江の怪物-』、『殺人の追憶』、『オクジャ』、『ほえる犬は噛まない』(邦題)のソウルロケ地一帯を観光コースとして開発し、国内外の映画ファンや映画専門レビュアー(インフルエンサー)などと巡るファムツアーも企画している。 ソウル市とソウル観光財団は、映画『パラサイト』のロケ地探訪コース」を通じて、韓国映画のステータスを押し上げると同時に、韓流都市ソウルの魅力と品格を積極的にアピールしたい考え。また、第二の『パラサイト』といった韓流コンテンツを継続的に発掘、企画し、さらなる観光客の誘致に乗り出したいとしている。 ソウル市とソウル観光財団は、韓流観光活性化事業を通じて、K-pop、K-drama、K-beauty、K-foodなどのカテゴリ別に、毎月韓流観光情報を開発している。詳しくは、ソウル市公式観光情報ウェブサイト(http://www.visitseoul.net/)で、多言語で掲載された韓流コースを確認できる。 ソウル市観光体育局のチュ・ヨンテ局長は、「新たな歴史を刻んだ映画『パラサイト』に登場するソウルの主なロケ地は、国内はもとより海外のァンの聖地巡礼コースになるほどの人気ぶりで、まさに韓流観光そのもの」とし、「K-pop、K-dramaに続き、次はK-movieと、韓流コンテンツに対する世界的な関心の高まりが、厳しい局面が続く韓国の観光産業にとって新たな活力となるよう、積極的に取り組んでいきたい」と話す。 【参考】映画『パラサイト』ロケ地探訪コース 映画『パラサイト』ロケ地探訪コース 映画『パラサイト』の始まりの場所 豚米スーパー(劇中ではウリスーパー) (ソウル麻浦区孫基禎路32) パク社長宅に向かう階段 キテクの町の階段 (ソウル麻浦区孫基禎路6ギル) 豪雨のなか家に戻る道 紫霞門トンネル階段 (ソウル鍾路区紫霞門路219) キテク一家のバイト先 スカイピザ(劇中ではピザ時代) (ソウル銅雀区鷺梁津路6ギル)
SMG 209

ソウル市、中国の姉妹友好・同胞居住都市に総額6億ウォンの物品支援

コロナウイルスの被害予防、拡散防止に向け中国12の姉妹友好・同胞居住都市への支援決定 国内の防疫物品の需給状況を踏まえながら、一次は医療用防疫物品、二・三次は市民中心の物品支援 苦境の中で助け合う「相濡以沫」の精神実践、中国韓国人会連合会からの僑民支援の要請に応え パク・ウォンスン市長「中国国民が困難を乗り越え一日も早く元の生活に戻れるよう応援したい」 ソウル市が、新型コロナウイルス感染症の被害予防と拡散防止のために、中国12か所の都市に総額6億ウォン相当の物品を支援する。支援が決まったのは、ソウル市の姉妹都市(北京市)、8個の友好都市(重慶市など)、朝鮮族が多く暮らす東北3省など12か所。 市は、中東呼吸器症候群(MERS)の影響で観光客が大幅に減少し大きな打撃を受けた2015年、北京市がソウル市へ多大な支援をしてくれたように、ソウル市も今回の支援を通じて困難な状況下で助け合う「相濡以沫」の精神を実践することで、相互間の厚い信頼と友情を築きたいとしている。 MERSの影響でソウル市が観光客激減などの危機に直面した2015年、北京市は様々な支援の手を差し伸べた。5月にはソウル市に特使を派遣、8月にはパク市長をはじめとするソウル市の観光広報代表団が北京市を訪問した際、野外観光マーケティングイベントを大々的に開催できるように支援した。 また、最近ソウル市を訪問した「中国韓国人協会連合会」からの支援要請に応え、困難を強いられている中国内の僑民たちにも防疫物品が行き届くようにする計画。具体的な支援品目や規模は、中国各都市との協議を経て決定した。 ソウル市は、中国の都市が必要とし、ソウル市民の必要量の需給に及ぼす影響が少ない医療用物品から優先的に支援すると説明した。 一次的には、医療用保護服(1,000着)、医療用ゴーグル(500個)、医療用フェイスシールド(90個)、携帯用赤外線サーマルカメラ(30台)を寄贈する。その後、国内外における物品の需給状況を踏まえながら、一般市民向けの防護服、ゴーグル、マスクなどの物品を順次届け、中小企業中央会も物品支援に参加する予定。 支援物資は11日(火)仁川空港を出発し、12日(水)中国の各都市に到着する。中国国民が困難を乗り越え、一日も早く元の生活に戻れるようにとの願いを込めて、「守望相助、共克时艰」(共に助け合い苦難を克服しましょう)という応援メッセージを同封した。 パク・ウォンスンソウル市長は、「2015年、ソウルの観光産業がMERSによって大打撃を受けたとき、北京市は特使を派遣し、ソウル市代表団が北京市を訪問した際も大きな力になってくれた。困難は誰にでも訪れるもの。辛いときに助けてもらった恩は一生忘れられない」とし、「中国国民が困難を乗り越え、一日も早く元の生活に戻れるよう心から応援したい」と話す。
SMG 116

ソウル市、「新型コロナウイルス」対応に向けて 外国人住民に8か国語で相談・案内

ソウル市、西南圏グローバルセンターを臨時の通報・受付センターに指定…ベトナム語など8か国語で相談可能 感染が疑わしい患者の通報・受付・選別診療所への連携を実施、患者からの要望がある場合は同行して通訳を支援 外国人住民が感染された場合も治療費は無償提供、不法滞在者は通報されずに治療可能 ソウル市、言語問題・情報不足などで感染病の予防や支援から疎外されることがないよう尽力 ソウル市は「新型コロナウイルス感染症」の予防について、情報弱者になりがちなベトナムやモンゴルなど外国人居住者の実情に合わせた支援を推進している。現在、ソウルには約45万人の外国人が住んでいる。国籍別に見ると、中国(韓国系中国人と中国人)が最も多く67.3%を占め、米国(29,751人)、ベトナム(23,577人)、モンゴル(8,945人)、台湾(7,968人)、日本(7,865人)、フィリピン(6,062人)、その他(62,911人)の順で、ソウルに居住している。 (単位:人、%) 区分 合計 韓国系 中国 中国 米国 ベトナム モンゴル 台湾 日本 フィリピン その他 計 割合(%) 449,395 (100) 219,130 (48.8) 83,186 (18.5) 29,751 (6.6) 23,577 (5.2) 8,945 (2.0) 7,968 (1.8) 7,865 (1.8) 6,062 (1.3) 62,911 (14.0) 国籍未取得者 374,425 183,148 68,386 26,940 15,597 8,199 6,157 6,205 3,540 56,253 国籍取得者 42,040 27,398 8,179...   Read more
SMG 378

ソウル市、PM2.5の削減法案として家庭用の低ノックスボイラー(環境にやさしいコンデンシングボイラー)補助金を大幅に拡大…25万代交換目指す

5万台から25万台へと普及目標を上方修正、生活保護受給者宛の補助金は20万ウォンから50万ウォンへと引き上げ(一般市民宛の補助金は20万ウォン) 一般家庭のボイラーに限られていた補助金の支援対象を営業用ボイラーにまで拡大して支援基準を緩和、ボイラーを設置する前に補助金の申請ができるようにして申請手続きを改善 設置から10年以上が経過し老朽化した90万台のボイラーを2022年まで交換し、暖房によって発生するPM2.5の削減が目標 ソウル市が老朽化したボイラーをPM2.5の削減に有効な低ノックスボイラー(コンデンシングボイラー)に交換する場合、補助金を大幅に拡大する方針を示した。これまで生活保護受給者には20万ウォンの補助金が支援されたが、50万ウォンへと引き上げることにした(一般市民は20万ウォン)。当初5万台だった支援対象も10万台に上方修正して、大幅に拡大するという。ソウル市は10万台分の補助金を使い切らした場合、追加予算を確保して支援を続ける予定だ。 ソウル市は家庭用ボイラーに限って補助金を支援してきたが、2020年からは営業施設(保育園・老人亭(高齢者が集まる憩いの場)・オフィステル(事務所兼住居)・学生寮・読書室(商業学習施設)など)のボイラーも追加することで支援対象を拡大する。 また、補助金の支給対象を購入者(個人)から供給者(事業者)に、ボイラーの設置後に申請するようになっていた手続きも設置前に申請できるように変更して、より簡単に補助金を申請できる。 ソウル地域の暖房によって発生するPM2.5問題をめぐって、ソウル市は早期解決に向けて積極的に取り組むため、予算を確保して設置や支援対象の拡大に乗り出した。 家庭用の一般ボイラーを使うと、173ppmの窒素酸化物(微小粒子状物質(PM2.5)が発生する主な原因物質)が排出されるが、家庭用の低ノックスボイラー(コンデンシングボイラー)を使うと20ppmの窒素酸化物が排出される。家庭用の一般ボイラーに比べると、1/8に過ぎない。また、一般ボイラーの熱効率は80%だが、低ノックスボイラーは92%以上と高い。そのため、年間約13万ウォンの暖房費を節約することができる。 なお、家庭用の環境にやさしいボイラーの製造・販売・使用が義務付けられ、2020年4月3日から施行される。そのため、原則として環境相の認証を受けた1等級のボイラーのみ設置できる。 ソウル市は、家庭用のボイラー363万台のうち、設置から10年以上が経過し老朽化した90万台のボイラーを2022年まで家庭用の低ノックスボイラー(コンデンシングボイラー)に全面交換し、暖房によって発生するPM2.5を画期的に削減できると話した。 ソウル市のジョン・スヨン気候環境本部長は、「PM2.5によって市民の命が脅かされている分、この機会にPM2.5の削減に役立つ低ノックスボイラーに交換して、暖房費の節約と家族の健康という一石二鳥になることを願う」と述べた。
SMG 114