ソウル-ハノイ姉妹提携20周年記念「ハノイの日」イベントの開催

韓国の首都ソウルとベトナムの首都ハノイが姉妹都市協定締結20周年を迎え、ソウルで盛大なパーティを行った。

代表団の訪問期間中に、チョンゲ(清渓)広場を中心にベトナムとハノイの文化を紹介する伝統公演や写真展が行われた 。

また、代表団と同行するビジネスグループには「ビジネスフォーラム」を開催し、ベトナム・ハノイへの進出を計画したり、ベトナムとの事業を目標とする企業に情報交換などを通じたビジネスチャンスを提供した。

これまでソウル市はハノイ市と持続的に互いの代表団の訪問により道路計画、交通政策、チョンゲチョン(清渓川)の事例などソウル市の優秀政策やノウハウを共有してきており、特に電子政府分野は2005年に都市間のMOUを締結後、ベトナムで開催されたシンポジウムへの参加(2006)、ハノイ市のソウル市主導の都市電子政府協議体であるWeGOの会員加入(2014)などの活動を通じて持続的に活発な交流を続けてきた。

ソウル市は、今回のイベントがハノイ市との交流の基盤を固めて両都市の市民たちの相互文化に対する理解度を向上させる良いきっかけになったが、今後も電子政府、文化、観光、都市計画などの分野でハノイ市や市民に実質的に役に立つことができる交流に力を入れる予定だ。




I·SEOUL·Uと一緒に地下鉄でコミュニケーションと連結の楽しさを感じてみましょう

ソウルブランド地下鉄はしごゲームイメージ写真

ソウル市は2016年8月20日から10月20日までの2か月間、地下鉄で「I(私)とU(君)がソウルを間にはさんで連結される」I·SEOUL·U ソウルブランドの意味を経験することができるイベントを進行する。

6号線の地下鉄1両目の車両内部の床にはしごゲームをラッピングし、乗客たちが座った席からはしごで連結された向かいの人に「目礼」、「微笑むこと」、「ハイファイブ」などの軽いミッションなどをするイベントである。

今回のイベントは、スマートフォンだけを眺める薄情な日常から離れ、他人に対する小さな関心を持ってお互いに疎通して連結されるのを感じることができ、ソウルブランド I·SEOUL·U を通じて市民にコミュニケーションの楽しさを提供することに意義がある。




青年議員139人、ソウル市の政策提案

 ソウル市は「ソウル青年議会」を昨年に続いて今年も開催する。今年の青年議会は、ソウル青年政策ネットワークと市議会青年発展特別委員会が共同主催することになり、民・官・政の協治がさらに拡大された姿を見せている。

 「ソウル青年議会」は、青年たちがソウル市の青年政策形成過程に実質的に参加する政策ガバナンスの一つで、昨年の実験的な導入が成果を成し遂げた中で二回目の青年議会を開催することになった。

 139人の青年議員は、ソウル青年政策ネットワークの会員400人余りのうち3人以上の推薦を受けた青年で、去る6日に委嘱された。ソウル青年政策ネットワーク(青政ネット)は2013年からソウル市が運営している青年政策ガバナンスで、ソウルに居住しているか、またはソウルを基盤として活動している満19〜39歳の青年を参加条件としている。3期の青政ネットは今年の4月に構成された後、オジラプキャンプ(200人余り参加)、地域の青年交流会、ソウル市および市議会との政策懇談会を開催するなど、活発な政策参加活動をしている。

 青年議員たちは雇用、労働、住居、負債、自転車、微細粉塵、文化、保健、青年手当、障がい者、市民教育など11の分科別の集会を通じてソウル市の青年政策について点検した。青年議員たちは分科別活動を通じて協働組合型公共住宅で発生する空室管理策、青年1人世帯政策などが含まれた9大青年政策議題を発掘し、関連した室・本部・局長たちに質疑後に提案課題をソウル市長に直接伝達する予定だ。

 パク・ウォンスンソウル市長は「政策の空白と必要はすぐに当事者たちに出る」、「今進められている政策の隙をきめ細かく指摘して新しい政策をたくさん提案してくれることを願い、青年が存分に次の社会を描いていけるようにソウル市が積極的に後押しする」といった。




「パク・ウォンスン法」投資・出資機関まで拡大

 ソウル市は2014年にわずか千ウォンでも受け取ったら処罰する「パク・ウォンスン法」を本庁・傘下機関に導入したのに続き、2016年8月から19の全投資・出資機関にこれを拡大した。

 市は3大戦略(①腐敗Down、②清廉Up、③市民With)の14個の細部推進課題から構成された「反腐敗清廉度向上対策」をこのように推進することにした。

腐敗Down-民間委託および補助金事業など、腐敗脆弱分野に監査の力量集中

 まず、民間委託および補助金事業などの腐敗脆弱分野に対する監査を今年の8月から拡大・強化し、「村共同体」、「都心特化産業」などソウル市が重点を置いて推進する主要事業については、成果監査を実施する。また、監査の事後措置も強化する。定められた期間内に指摘事項を履行しなかった場合は業務責任者を問責して移行時まで別途管理する。

清廉Up-清廉十戒、反腐敗の優秀事例発表大会など清廉文化の拡散

 学界、市民団体、マスコミ関係者など民間の専門家13人(非常任)で行われる「清廉政策諮問委員会」を最初に構成・運営する。彼らはソウル市の清廉政策の樹立〜執行〜評価などすべての過程をモニタリングおよび諮問して、政策を提案する役割を果たすことになる。

市民With-「公益監査団」初運営

 会計士、弁護士、税理士など15人余りの「公益監査団」を最初に構成・運営し、民間委託および補助金事業に対する監査を積極的に投入する。今年の下半期の試験運営を経て、来年から拡大していく計画だ。

お問い合わせ:調査担当官 02-2133-3083/監査担当官 02-2133-1893




I・SEOUL・U、「2016レッド・ドット・デザイン賞」本賞受賞

 ソウルの都市ブランドI・SEOUL・Uが世界3大デザイン賞のうちの一つに数えられる「2016レッド・ドット・デザイン賞(Reddot Design Award)」で「コミュニケーションデザイン(Communication Design)」部門の本賞(Winner)を受賞した。

 ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザイン協会で運営して今年で61周年を迎えるレッド・ドット・デザイン賞(Reddot Design Award)は、ドイツの「iF(International Forum Design Award)」、米国の「IDEA(International Design Excellence Award)」とともに、国際的権威を認められている。

 レッド・ドット・デザイン賞は製品デザイン、コミュニケーションデザイン、コンセプトデザインなど3つの分野で構成されており、毎年50か国から出品される約7千作品を対象にデザイン品質・革新性・機能性・審美性などの要素を総合的に評価して受賞作を選定している。

 ソウルブランドが本賞(Winner)を受賞した「コミュニケーションデザイン分野」には、今年は合計46か国から作品が出品され、26か国の出身の審査団が審査したものと関係者は伝えた。昨年にはこの分野で世界的企業である「アウディ(Audi)」、「ペプシ(Pepsi)」、「カールスバーグ(Carlsberg)」、国内企業としては「LGユープラス」、「キア自動車」などが受賞したことがある。

 ソウルブランドは市民たちが一緒に導き出した「共存・情熱・余裕」という価値をデザイン的な要素として描いた。「SEOUL」両側の赤い点と青い点はそれぞれ熱情と余裕を象徴していて、これらが共存することを示しており、「SEOUL」の‘O’を旧イウン(ㆁ)に代替して東洋と西洋の共存を表現した。

 一方、レッド・ドット・デザイン賞の授賞式は11月にドイツ・ベルリンのコンツェルトハウスで開催される予定だ。受賞作に選定されたI・SEOUL・Uはレッド・ドット・デザインミュージアムに展示されてレッド・ドット・デザイン年鑑に収録されるなど、国際的な広報効果を享受することになる。




ソウル駅高架プログラムを先に体験してください

 2017年4月にオープンするソウル駅高架歩道を先行体験できるイベントが行われる。ソウル市は8月16日から11月まで、ソウル広場の西側にオープンした「ソウル駅7017インフォガーデン」で「ソウル駅高架体験」イベントを開催している。

①今月のインフォガーデン

 8月16日から11月まで、季節によって変化するソウル駅高架の風景をインフォガーデンで鑑賞するとができる。「8月:蒸し暑い夏、冷たいバカンス」、「9月:本を読む高架」、「10月:オータムロマンガーデン」、「11月:アデュー!インフォガーデン、ウェルカム!ソウル駅高架歩道」など毎月異なるテーマで作り上げられる。

②ランチボックス7017

 9月〜10月の毎週木曜日の正午から1時まで、インフォガーデン周辺ではお弁当を食べながらミュージカルやクラシック公演などを観覧できる「ランチボックス7017」プログラムが行われる。ソウル駅7017のホームページ(www.ss7017.org)から申請が可能で、毎回30人が参加することができる。

③インフォガーデン ガーデンフェスティバル

 8月〜10月の最終週の土曜日午前11時から17時まで、「インフォガーデン ガーデンフェスティバル」が開催される。

④高架物語展

 10月15日から29日には、ソウル駅とソウル駅高架の昨日と今日の様子をみることができる「ソウル駅高架歴史展」が開かれる。11月1日から30日には、ソウル駅一帯のドローイング作品を鑑賞することができる。

お問い合わせ:ソウル駅一帯総合発展企画団 02-2133-8688




「グローバル市民の一番関心のあるソウル市の政策TOP3」は?

밤도깨비_01

 ソウル市は7.26(火)〜8.4(木)までの十日間、国内外に居住しているグローバル市民を対象に「外国人が選ぶソウル市政TOP3は?」というオンライン投票イベントを実施したことがある。

 その結果、62ヵ国で計1,173人の外国人がオンライン投票に参加し、1位は「パムトッケビナイトマーケット」、2位は「応答所」、3位は「ソウル駅7017プロジェクト」が選定された。順位別投票数はそれぞれ253件、239件、215件が集計された。

 今回のイベントは、外国人にソウル市の政策を自然に広めて多くの参加者たちが簡単に参加できるよう、ソウル市の外国語ホームページ(japanese.seoul.go.kr)にオンライン投票ページを開設して実施したもので、計1,173人の参加者のうち国内在住の167人と海外在住の1,006人が参加しており、職業別では官公署および言論人が112人、学界および学生347人、一般会社員414人、その他300人と集計された。

 また、参加者は30の政策項目のうち一人あたり3項目を選択して投票し、30項目は外国語ホームページを通じて情報が掲載された資料のうち、経済、福祉、交通、文化観光、都市再生、コミュニケーション、環境、安全、外国人政策など、計9つの分野に分けて選定された。参加者のうち200人を国家別に無作為に抽選し、8月末までにソウルの新しいブランドI・SEOUL・U広報記念品を贈呈する計画だ。

 言語圏別に見ると、英語圏では「パムトッケビナイトマーケット」、中国語の簡体は「応答所」、中国語の繁体は「ソウル駅7017」、日本語圏は「訪問する洞住民センター」が最も高い投票数を得た。

 ソウル市は硬くて遠く感じられる政策をグローバル市民がおもしろくて容易にアクセスできるようにコミュニケーション型、参加型オンライン政策プロモーションを持続的に企画、推進する予定であり、また外国人たちが関心を持つ政策関連のコンテンツをより多く提供・拡散することで、効果的なオンライン都市マーケティングを推進するつもりだ。

▶ 告知ページ : リンク




視覚障害者のための「エンジェルアイズアプリ」全国拡大

 ソウル市はソウル市在住の視覚障害者の「目」の役割を果たしていたエンジェルアイズアプリサービスを全国に拡大する。

 エンジェルアイズアプリとは視覚障害者の遠隔生活安全サービスで、視覚障害者に対する助けが必要な時はスマートフォンを通じてリアルタイム映像を保護者やボランティアにスマートフォンで伝送し、助けを要請して保護者やボランティアが案内するサービスである。

 リアルタイム映像伝送、双方向音声通話、郵便物内容の確認、医薬品服薬案内、公共交通機関の利用案内などの日常生活全般に役立ち、危険発生時に自分の位置をサポーターなどに伝えて安全を図ることができる。

 アプリのダウンロードと会員加入だけで、誰でもエンジェルアイズサービスを利用することができる。アンドロイドフォンはギャラクシーS2級以上、IOSはiPhone4S以上に対応している。

お問い合わせ:障害者政策課 02-2133-7445




ソウル市、今年50+世代社会 社会貢献職1,500件を創出

50+コンサルタント 敬老堂コーディネーター

 

 ソウル市は2016年に50+世代(満50〜64歳)のための 社会貢献職1,500件を創出する計画である。ソウル市はこのため2016年4月に雇用事業を専担推進する「ソウル市50プラス財団」を設立し、2016年の予算で27億5千万ウォンを投入して雇用創出に乗り出す。

 社会貢献職は50+世代(満50〜64歳)がこれまでの経験と専門性を活かして学校や村、福祉などで社会発展のための活動をして活動費支援を受ける事業で、ソウル地域に居住する満50歳以上64歳未満の市民なら誰でも参加することができる。

 詳細内容は、▴新たな福祉需要を支援する<福祉連携型>、▴学校・村に対する問題を解決する<地域問題解決型>、▴50+世代の当事者の人生設計を支援する<50+当事者型>、▴雇用労働部の国費支援を受けている<社会貢献活動支援事業>などで構成される。

 ソウル市は上半期の推進の結果、642件の雇用を提供しており、残りの400件余りの雇用は下半期内に追加募集する予定だ。

お問い合わせ:ソブク(西北)50+キャンパス雇用支援室(☎070-7712-8377)




ソウル市、青年活動支援事業開始

 ソウル市が社会参加への意志がある未就業の青年たちに最小限の社会参加活動費として毎月50万ウォンずつ、最高6ヵ月まで支援する「青年活動支援事業(青年活動手当て)」を本格的にスタートする。ソウル市は7月4日(月)から7月15日(金)までに青年活動支援事業の申請者を受けて提出書類確認および定性評価、定量評価などを経て、8月3日に最終対象者を3,000人選定した。その中で約定書に同意した2,831人に優先的に活動支援金50万ウォンが8月3日(水)に支給された。また、青年たちの社会への仲間入りを助けるため、力量強化および進路模索に必要な連携プログラムやコミュニティ活動支援も推進される。

 ソウル市は定性評価として先月7月27日に選定審査委員会を開催して活動計画書の支援動機、活動目標、活動計画などを評価し、活動計画書未提出者および不備者(事業目標と合致しない申請者*など)を除外した。

*資産蓄積目的など就創業・力量強化・進路模索との関連性がない活動計画書を提出した申請者

 最終的には定量評価を行うことで、①世帯所得(健康保険料)50%、②未就職期間(最終学歴卒業日付または雇用保険履歴)50%、③扶養家族数(住民登録謄本)を加点付与方式基準として最終対象者を選抜した。

 チョン・ヒョグヮンソウル市ソウル革新企画官は「今回の申請者のうち、支援の必要が認められる事例があまりにも多く、追加選考を悩んだのが事実だ。しかし、政府の反対が存在する状況により、人員を3000人に制限するしかなかった。今後ソウル市はこの事業を補完して拡大していきながら、青年の困難を解決する安全網を構築することに最善を尽くしていく」と明らかにした。




ソウル市、国際標準よりも厳しい水質検査基準を適用

 ソウル市の水道水「アリ水」の水質検査項目が世界保健機関(WHO)の勧奨項目より増加して放射性物質に対する検査項目が追加されるなど、アリ水の水質管理がより徹底的になる。

 ソウル市は市民たちに対してより安全な水道水を供給するため、アリ水の定期的な水質検査項目を2015年の164項目から2016年には170項目に拡大する。これはWHO推奨水質検査項目の163項目より7項目多く、国際基準よりさらに厳しい基準である。

 2016年7月28日にソウル特別市首都条例施行規則の一部改正案が公布されたことにより、飲み水の法定水質検査の59項目とともにソウル市が追加で監視する項目を105項目から111項目に増やし、合計170項目に対して水質検査が行われる。ソウル市は、気候変化などによる原水の水質変化や新種の物質に対する監視を強化するために監視項目を増やした。

 ソウル市はこれまで水道水のアリ水の安全性をさらに強化して厳格な水質管理のため毎年水質検査項目を拡大し、国際基準に合わせて水質検査を進めてきた。その結果、1995年に53項目に過ぎなかった水質検査項目が、2016年には170項目まで増加してきている。

 今回追加された水質検査項目は計6項目で、種類別に見ると気候変化によって発生する鳥類毒素、産業の高度化による産業用化学物質、消毒副産物、放射性物質などだ。

 特に、ソウル市は放射性物質である「ヨード-131」項目を追加するなど、変化した環境に先制的に対応して水質管理に万全を期する計画だ。追加された項目を反映し、1月にハンガン(漢江)の原水と浄水された水道水について人工放射性物質精密検査を実施した結果、放射性物質が検出されなかった。




ソウル市、スマートLED道路照明制御システムを運営

 ソウル市が2016年下半期からモノのインターネット(IoT)を利用した「スマートLED道路照明制御システム」を拡大設置して運営する。

 モノのインターネットを利用した道路照明システムとは、街灯ごとに取り付けた道路利用者感知センサーを通じて街灯とサーバを通信ネットワークに接続し、道路利用者がいるかいないかによって全体の街灯の明るさを自動的に調整するシステムである。

 ソウル市は2014年からソウルのムギョロ(武橋路)、セジョンロ(世宗路)、ナムデムンロ(南大門路)10ギルなどにモノのインターネット基盤の道路照明制御システムをテスト運営してきた結果、夜間道路の利用に特別な不便さをもたらさずに30%以上の節電効果を達成した。

 システムの機能を詳しく見ると、車道の場合は街灯の明るさを下げた状態で車両の接近が感知されれば車両の進行速度を考慮して前方100mまで明るく調節し、車両が通過して後続車両がなければ再び明るさがゆっくりと抑えられるように設計された。歩道の場合は歩行者を基準として前後同時に明るくして不便なく道路を利用することができる。

 今回拡大設置される地域は「トンデムン(東大門)区ジャンアンポッコッロ」。ここは住宅街の小さな道路であり、深夜に人影がない状態でついている街灯が住宅街の窓を照らして住民たちが光害に露出されるところで、自治区の申請を受けて拡大設置地区に指定した。

 ソウル市は2016年11月末までにこの地域の3.4Km区間の街灯260個に道路照明制御システムを設置する計画で、設置されれば既存の道路照明の電力使用量を30%以上、最大50%まで削減できるものと見ている。ソウル市の街灯の2015年の電力使用量は145GWh、電力料金については226億ウォンで、スマートLED道路照明制御システム使用時の電力使用量を30%以上減らすことができる。

 また、住宅街の光害問題の解消にも役立つものと見ている。今年の6月に国際学術誌「サイエンスアドバンシーズ誌」が発表した全世界の光害を巡る実態と題した資料によると韓国の光害指数は89.4%で、イタリア(90.3%)に続き世界で二番目に光害指数が高いことが分かった。これから住宅街に道路照明制御システムが設置されれば、街灯の明るさが自動的に調整されて光害被害も減らすことができると期待している。

 ソウル市は来年から道路照明制御システムを徐々に拡大していく計画だ。