ソウル市の世界金融センター指数(GFCI)が急上昇、28位

    英国のシティー・オブ・ロンドン・コーポレーションが3月12日に発表した世界金融センター指数(GFCI)の第7次報告書で、ソウル市は調査対象に含まれて以来最も高い28位となりました。ソウル市は昨年9月に18ランク上昇した35位となって以来連続で順位を上げており、今回は前回よりもさらに7ランク上昇し、昨年の同じ期間に比べて25ランクも順位を上げています。

    特に、ソウル市はアジアの都市のうち、「近い将来金融ハブとして発展する可能性が大きい都市」で3位となり、アジアの3大金融ハブとしての跳躍の可能性を確認すると共に、今後さらにGFCIの順位を上げていく可能性が十分あるものと期待されます。

    ソウル市は、今回のGFCIの発表でソウル市が2回連続で大幅に順位を上げることができた背景について、ソウル市が積極的に推進している「オーダーメード型海外PRマーケティング」活動によって海外の金融専門家がこれまで低く評価しがちだったソウルの競争力を再認識するようになったためと分析しています。

    ソウル市は、金融競争力世界トップ10入りを目指し、グローバルスタンダードに合ったビジネス環境を整備するため、国際金融センター(SIFC)の早期完成と共に、実質的なインセンティブ方策を準備し、実施する計画だと明らかにしました。

<世界金融センター指数(GFCI)とは>

GFCIは英国のロンドン金融特区(City of London)が主管し、コンサルティング会社のZ/Yenグループが調査・発表する、世界の主要都市の金融競争力を示す指数です。GFCIは、世界の金融関係者を対象に行う「オンライン・アンケート調査」の結果と人的資源、ビジネス環境、市場アクセス、インフラ、一般競争力の分野に対するIMD WEFなど約50の外部機関の評価資料を総合的にまとめて算出されます。GFCIは各都市の国際金融誘致競争力を評価する専門指標で、2007年から毎年3月と9月に発表されます。




ソウルの主な山をつなぐ200キロ徒歩旅行コースを造成

    2012年にはソウルの四つの内山と四つの外山をつなぐコースと北漢山の周りの循環路の総200キロのソウル一周徒歩旅行コースが完成し、森の道を歩きながらソウル一周ができるようになります。

    ソウルの8つの主な山をつなぐ200キロ徒歩旅行コースは、市民や観光客がソウルの文化、歴史、自然景観を観賞しながら歩くことができます。この徒歩旅行コースは、ソウルの中心部と外郭をそれぞれ東西南北から囲んでいる内四山と外四山を円形に結ぶコースと、北漢山国立公園の周りに循環探訪路を造成した「北漢山ドゥレギル」で構成されます。

    徒歩で約13時間かかる内四山循環トレッキング・コースは、北岳山(プガクサン)-洛山(ナクサン)-南山(ナムサン)-仁王山(イナンサン)を結ぶ20キロのコースで、ソウル城郭と連係した文化歴史探訪路として整備されます。また、北漢山(プッカンサン)-龍馬山(ヨンマサン)-冠岳山(クァナクサン)-徳陽山(トギャンサン)を結ぶ117キロの外四山循環トレッキング・コースは、森の道としての特徴を生かし自然生態探訪路として整備され、コースを一周するには約55時間がかかります。

    ソウル一周のトレッキング・コースを効率的に整備するため、3月8日(月)にソウル市と国立公園管理公団は 業務協約(MOU)を締結しました。今回の協約により、ソウル市が推進している137キロの内・外四山循環トレッキング・コースと国立公園管理公団が推進している63キロの北漢山ドゥレギルがお互いに重なる区間が統合されることで、両機関の事業推進に拍車がかかるのはもちろん、予算も削減でき、利用する市民にとっても一層便利になります。

    さらにこの連結路が開通すれば、南山に登る循環路を経由して北漢山ドゥレギルはもちろん、国が推進しているDMZ生態探訪路と白頭山脈までつながるため、今後さらにトレッキング文化が一層広がっていくものと期待されます。




ソウル市、国連ハビタット特別賞受賞

    ソウル市が国連傘下機構である「国連ハビタット(UN-HABITAT:国際連合人間居住計画)」から特別賞を受賞しました。

    授賞の理由について国連ハビタットは、長期チョンセ(月々の家賃を払わず、契約時にまとまった保証金を払う制度)住宅シフトなど多様な住居福祉政策や、清渓川(チョンゲチョン)復元、蘭芝島(ナンジド)生態公園事業などが国際社会の模範的な政策事例として評価されたためと明らかにしました。

    国連ハビタットは、人間居住の分野で世界最高の権威を誇る賞を1989年から人間の定住・持続可能な開発の分野で優秀な業績を上げた個人または機関に授賞してきました。特別賞は、現地調査を経て最終的に受賞者が選ばれるもので、一般賞のように毎年贈られるものではないだけにその意味はさらに大きく、韓国の受賞は今回が初めてです。

    アンナ・ティバイジュカ(Anna Tibaijuka)事務総長は「安い価格で住宅を供給するソウル市のシフト政策は、発展途上国だけでなく先進国も見習うべきものだ」としてシフト政策を高く評価しました。その上で「過去にも何回もソウルを訪れたことがあるが、以前は決してきれいだといは言えなかった通りが今はすっかりきれいに変わった。ソウルのこうしたところがアフリカやラテンアメリカの発展途上国に良いインスピレーションを与えている」と述べました。

    今回の特別賞の受賞は、ソウル市が初めて導入し他の地方自治体にも広がっている長期チョンセ住宅「シフト」をはじめ、清渓川の復元や蘭芝島の生態公園化など、きれいで美しい都市づくりのためにソウル市が進めてきた3つの公共政策の成果が国連に認められ、国際社会における優秀モデルとして他の都市の模範になると評価されたたためと伝えられました。

    国連ハビタットは、関連資料を通して「ソウル市の業績は効果的な企画とバランスのとれた実行の代表的な事例で、ソウル市の生活環境全般にプラスの影響を与えている。すべての市民のために都市の環境をより良く改善しようとするソウル市の努力は全世界に広がる模範事例だ」と評価しています。

◇ 国連ハビタット賞

現在、人間居住分野では世界で最も権威のある賞です。居住地の提供や持続可能な都市の開発において、個人、機関、事業の注目すべき成果を認めるため、1989年に国連人間居住計画(United Nations Human Settlements Programme)によってつくられた。毎年授賞する一般賞と、卓越した業績が認められた場合に授賞する特別賞があります。受賞者の選定は人間居住と都市開発、2009年世界ハビタットの日のテーマと関連した専門家からなる審査委員団によって行われます。そして各審査委員が選定の理由を添えて国連ハビタット議長に推薦し、それらをもとに議長が最終選定する方式をとっています。




キム・ヨナを通じてソウルを広報する

        バンクーバー冬季オリンピックのフィギュア・スケート女子シングル部門で世界新記録を樹立し、金メダルを獲得したキム・ヨナ選手が出演するドキュメンタリー「Seoul Spirit」が世界的なドキュメンタリー・チャンネルであるディスカバリー・チャンネルを通じて3月19日東南アジア地域で放映される予定です。

        この収録時間60分のドキュメンタリーは、ディスカバリー・チャンネルの特集プログラム「Hip Korea – Seoul」シリーズの一つで、ソウルの魅力をPRするためにソウル市とディスカバリー・チャンネルが共同で制作し、放映するソウルの特集番組です。

        企画に4カ月、制作に8カ月を要したキム・ヨナ編は、新しい姿に生まれ変わった漢江、若者の街である梨花女子大・弘益大学前の通り、光化門広場などを背景に、キム・ヨナ選手のこれまでのダイナミックな生き方や成長過程などが織り込まれ、またソウルからトロントまでのキム・ヨナ選手が次のシーズンに向けて準備していく瞬間瞬間をリアルに記録したものです。

        今回のバンクーバー冬季オリンピックでキム・ヨナ選手がフィギュア・スケートで金メダルを獲得したことで、「Hip Korea-Seoul Spirit(キム・ヨナ編)」は、世界中の注目を集めるものと期待されます。なお「Seoul Spirit(キム・ヨナ編)」は東南アジアで放映された後、中国、オーストラリア、欧米などでも放映される予定です。




グローバル・ソウル・フォーラム、上岩で成功裏に開催

「グローバル大都市ソウルの未来:無限競争から無限協力に」をテーマに開かれる

    新しい10年が始まった2010年、世界の主要都市の事例分析や政策の検証による都市の競争力を向上させるための方策を模索し、都市政策の効率を高めるため、急変する時代の中でソウル市が目指すべきビジョンと方向について議論する「グローバル・ソウル・フォーラム」が、3月10日(水)ソウルの未来のランドマークであり海外資本や人材誘致の象徴的な場所になる上岩(サンアム)DMCヌリクム・スクエアで開催されました。今回のフォーラムは、2007年の創立以来4回目となるもので、韓国内外の政界、経済界、学界、駐韓外交大使など各界の要人約500人が出席する中で開かれ、ロルフ・イェンセン氏(ドリームカンパニー CIO)やリチャード・フロリダ氏(トロント大教授)など、多様な分野の学者が参加し、グローバル大都市ソウルの夢と希望のビジョン2020や戦略などについて議論しました。

    「グローバル大都市ソウルの未来:無限競争から無限協力に」というテーマで開かれた今回のフォーラムでは、今後ソウルを発展させていく為には、先端産業の育成によって成長の原動力を確保するだけでなく、1千万人のソウル市民の夢を実現するための統合を進めていくことの重要性を強調し、近隣の大都市や隣国の広域経済圏と、競争関係と協力関係を同時に築いていくことが全体の発展において不可欠だという認識を新たに確立しました。

    今回のフォーラムには韓国人だけでなく、ソウル駐在の外国人からも多大な関心が寄せられました。シンガポール、フランス、ドイツ、イタリアなど26カ国の在韓外国公館から28人が出席し、アメリカ、スペインなど17カ国の外交団からのソウルの未来に対するメッセージを紹介するメッセージボードがフォーラム会場内に設置されました。

    また、ソウル・グローバル・センター長のアラン・ティムブリックさんやトークバラエティ番組「美女たちのおしゃべり」でおなじみの駅三グローバル・ビレッジ長のクリスチーナ・コンファロニエリさん、漢南グローバルビレッジ長のポール・ハッセーさんも出席しました。

    フォーラムの終了後には一般市民がロルフ・イェンセン氏と直接対話できる「基調演説者との対話」時間も設けられ、イェンセン氏のソウルに対する考えなどを聞くことができました。

    ソウル市は、今回のグローバル・ソウル・フォーラムで発表された韓国内外の学者の提言を総合的に検討した上で、それをさらに発展させ、2020年の未来に向けたソウル市のビジョンと戦略課題の発掘に積極的に反映していく計画です




呉世勲市長、3D技術分野の人材養成による雇用創出に本格的に着手

    呉世勲市長は3月5日(金)映画振興委員会の委員長と会い、市と映画振興委員会との間で3D映像技術分野の人材養成と雇用創出に関する了解覚書(MOU)を締結しました。

    両機関は映像産業の振興とグローバル競争力の強化のため、最近急浮上している3D映像分野における専門技術の人材養成が急務であるという認識で一致し、「3D映像教育センター」を設置、共同で運営し、人材養成と雇用支援事業を共同で推進することで合意しました。




環境配慮型のソウルの建築物

    地球温暖化による被害が至るところで発生している。遠い国の話だと思っていた気候問題が深刻化し、わたしたちも身近なところから炭素の排出を減らさなければならないという声が高まっている。このような気候変化の対策としてソウル市が遂行しているグリーン施策について調査した。その第一歩として、環境配慮型が増えつつあるソウル市の建築物を取り上げる。

建物のエネルギー効率を上げる『建物エネルギー合理化事業』 

    衣類雑貨店舗が2,500軒以上もひしめき合う東大門のショッピングビル《ミリオレ》。年間のエネルギー使用量は2200万kWhにも上る。しかし昨年3月から12月までの10ヶ月間、照明電力を32.6%減らし、電気料金も1億9,506万ウォン節約することができた。発光ダイオード(LED)を用いることにより電球から発生する熱も減り、夏のガス・水道料金も3,874万ウォン節約できた。

    このように最近では、建物のエネルギー効率性に注目する人が増加している。エネルギー効率アップを図るのなら、『建物エネルギー合理化事業(BRP:Building Retrofit Project)』に参加するのもよい方法だ。これは、エネルギー節減を目的としたLED照明の設置や断熱効果の改善などの施設改善事業であり、ソウル市では関連する費用を融資している。すでに2008年と2009年で62件の建物に238億ウォンを支援した。さらに今年はこれまでの画一的な支援ではなく、事業内容と水準に応じた支援を計画しており、より多くの支援が行われると期待されている。

ソウル市新庁舎のエネルギー効率が第1等級に

    公共施設もエネルギー効率化を図っている。今月4日、ソウル市は今後新築予定の公共施設のエネルギー効率を高めることを発表した。 

    ソウル市が新しく建設するすべての公共施設は、エネルギー使用量を従来に比べ40%以上節減するように設計される。この基準は、美術館、病院、博物館、児童施設などあらゆる公共施設に適用される。 

    なかでも、ソウル市新庁舎は1平方メートル当たりの年間エネルギー使用量を300kWh未満と設定し、設計・施工・竣工・使用等の段階に分けて徹底的にチェックする。 

    また現在、市民文化施設としてリモデリング中の本館は、冷暖房を100%地熱で稼動、蛍光灯の代わりにLEDを使用、照明は太陽光発電でまかなう等、内部で必要なエネルギーはすべて新再生エネルギーを用いる計画だ。

必要なエネルギーを自動的に供給する『エネルギー・ゼロ・ハウス』 

    家における生活のすべての場面にはエネルギーが必要だ。エネルギーが適切に供給されないと、不便を感じることだろう。麻浦区(マポグ)上岩洞(サンアムドン)には、このようなエネルギーを自動的に供給する住宅がある。これは『エネルギー・ゼロ・ハウス』と呼ばれ、気候変化に対応するように造られたエネルギー自立型建築物だ。その名のとおり、配置をはじめとして自然採光、自然換気などを活用し、エネルギーを節減する。ソウル市ではまず12月中に『エネルギー・ゼロ・ハウス』のモデル事業を終了し、これを未来型エネルギー自立建築物のモデルとして活用する計画だ。




世界の都市の市長団がデザイン都市ソウルに集まる

    23日、世界の主なデザイン都市の市長団と代表団が参加する「WDC世界デザイン都市サミット」がソウルで初めて開かれた。

    「都市はデザインとともに跳躍できる:21世紀の都市の競争力、デザイン」をテーマに開かれた「WDC世界デザイン都市サミット」は、「世界デザイン首都ソウル2010」の主な公式イベントとして行われる大規模な国際会議で、デザインを通じて都市の発展を成し遂げた都市、またはデザインを未来発展構想に位置づけている都市のトリノ、ヘルシンキ、北京など、世界の主要都市の市長団15人や代表団など17カ国31都市から計131人が会議に参加するためソウルを訪れた。

    主な参加都市は2008年の世界デザイン首都の開催都市だったイタリアのトリノ、次の世界デザイン首都に選ばれたフィンランドのヘルシンキ、2012年世界デザイン首都を選定する過程でヘルシンキと最後まで競合したオランダのアイントホーフェン、そしてユネスコによって「世界創造都市」に認定された6都市のうちのモントリオール、ブエノスアイレス、深圳、名古屋、神戸の5都市などだ。特に、アジアからは2014年世界デザイン首都を目指している北京をはじめ、深圳、香港、広州、延吉、広東省、杭州など中国の8都市が参加し、都市デザインに対する関心の高さを示した。

    ソウル・グランド・ハイアット・ホテルで開かれた今回のサミットでは、世界の主要デザイン都市の市長団と代表団が出席する中、デザインによって発展を遂げた都市の成功事例の発表やデザインと都市発展について掘り下げた討論が行われた。

    初日の会議は、ヨーロッパの著名な未来学者マティアス・ホルクス氏による「デザイン、そして未来」というテーマの基調演説で始まった。そして午前と午後に開かれた総会では、今年の世界デザイン首都であるソウル市をはじめ、2008年世界デザイン首都だったイタリアのトリノ、そして2012年世界デザイン首都に選ばれたフィンランドのヘルシンキの市長が「世界デザイン首都のビジョン」というテーマでデザインによる都市発展について議論し、アイントホーフェンや北京など5都市の市長が「市民に配慮したデザイン都市」をテーマに各都市の事例を発表した。総会の後には「デザインと都市発展」、「デザイン産業の育成」、「デザインと暮らしの質」をそれぞれテーマにした3つのセッションが開かれた。

    24日の午前には参加都市の市長団と代表団がすべて出席する「市長ラウンドテーブル」が開かれ、世界デザイン都市サミットでの成果をまとめ、デザインによる都市発展の方向を示す「ソウル・デザイン都市宣言」が採択された。

    続いて世界デザイン首都ソウル市とトリノ市、ヘルシンキ市の市長、基調演説者のマティアス・ホルクス氏、そしてロンドン芸術大学の学長クリス・ウェインライト氏による共同記者会見が開かれ、午後には会議の出席者が東大門(トンデムン)歴史文化公園や光化門(クァンファムン)広場など、ソウルの主なデザインの現場を見学するデザイン・ソウル・ツアーが行われた。

    「2010年世界デザイン首都」であるソウル市は、今回の「WDC世界デザイン都市サミット」をきっかけに、世界デザイン中心都市としてのソウルを世界にアピールするとともに、2010年の一年間、多彩なデザイン・イベントや展示会を通してデザイン都市としてのブランドを高めて行く計画だ。

ソウル・デザイン都市宣言文




光化門広場「チアチア・ハングル物語館」がオープン

    光化門(クァンファムン)広場に、公式文字としてハングルを採択したチアチア族の人々の物語に触れることができる場が設けられた。ソウル市は、光化門広場「世宗(セジョン)物語」展示館内に「チアチア・ハングル物語館」を造り、2月 12日(金)に開館した。インドネシアのブトン島に住んでいる6万人余りのチアチア族に関する基本的な情報が展示される。

    チアチア・ハングル物語館では、チアチア族の人々がハングルを公式文字として採択することになった背景や、ハングルを習う過程などを説明する写真資料などが展示される。また、多様なコンピュータ・プログラムを使って、チアチア語がハングルの子音や母音と結合し、言語体系になるまでの過程を見ることができるほか、彼らの日常生活での言語や簡単な挨拶などに触れることができる。さらに、訓民正音学会が開発し、現在チアチア族が使っているハングル教材も展示されている。

    ソウル市は、今後もハングルで一つになったチアチア族との多様な交流を通じて、一日も早くチアチア族がハングルを公式文字として定着させられるように支援し、さらに、こうした活動によってハングルの優秀さを世界に広く知らせていきたいとしている。




ソウル市、2014年までに「生涯学習都市インフラ」を構築

    ソウル市が希望すれば誰でも一生涯、教育を受けることができる「生涯学習都市インフラ」を2014年までに構築することを決めた。

    生まれた子供が何歳まで生きるかを予測する期待寿命が伸び、一生の間必要とされる知識の量が急増する生涯学習時代が到来したにもかかわらず、生涯教育は正規教育に押され、政府による各種支援の対象から外されてきた。このため、ソウル市は生涯教育関連問題を解決するために、生涯学習院の設立や市民大学の拡大再編など、9大課題21事業で構成された「生涯教育総合発展5カ年計画」をまとめ、今年から5年間にわたって計630億ウォンを投入し、体系的な生涯教育ネットワークを構築すると明らかにした。

    まず、市民のニーズを反映した政策の開発やオン・オフライン統合プログラムの運営を担うことになる「ソウル市民生涯学習院(仮称)」を公共機関の跡地3~4カ所に建設する計画だ。また、ソウル市立大学校付設市民大学は、「ソウル市民生涯学習大学」に拡大・再編、ソウル市民生涯学習院に移転し、教養講座だけでなく、市民の主な関心事と関連した講座を開設する。

    さらに、オンライン教育を希望する市民のために「サイバー学習センター」を運営し、個人学習コンサルティングや案内サービスを電話一本で支援する「学習コールセンター」、生涯学習機関の位置や住所などの情報が蓄積されているオンライン生涯学習地図である「生涯教育情報網」も構築される。

    このほか、ソウル市は大学を卒業したばかりの社会人、子育て中の働く女性、高齢者など向けのオーダーメード型プログラムを提供するため、「1大学-1自治区」協力事業を行い、25の自治区でそれぞれ1つの大学を「ソウル型大学生涯教育院」に指定し、地域住民や会社勤めの市民を対象にした生涯教育プログラムを運営するとしている。これと同時に高校卒業生などの就職を支援する「社会新人スタート・プログラム」、幼い子どもを持つ主婦に職業訓練と保育サービスを一緒に提供する「ワーキングママ保育-職業連係プログラム」など、それぞれの対象に合わせたオーダーメード型プログラムも運営する予定だ。

    ソウル市は今回の事業によって、市民の生涯教育参加率を2014年までに経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均より高い40%まで引き上げる計画だと説明している。




『ソウルデザイン資産展』展示期間を3月28日まで延長

    平日でも一日1,500人、週末となると2,500人以上が行列を成す。1月8日に開幕した『ソウルデザイン資産展』の話だ。時間が経つほど口コミによって観客が増えたことにより、当初3月7日までだった展示期間を3週間延長して3月28日まで開催されることになった。

    『ソウルデザイン資産展』の成功要因は何だろうか?それは、従来のオブジェ中心の展示方式ではなく、IT技術をはじめとする先端展示技法を用いて、600年に渡るソウルのデザイン史とその源流を具現化したことである。「ソウルデザイン資産の過去・現在・未来の価値を躍動的に体験できるように」という企画意図どおり、景福宮(キョンボックン)や崇礼門(スンネムン)などの伝統文化財から、仁寺洞(インサドン)や弘大(ホンデ)前の通りなど現代的なスポットまで、まさにソウルを代表する51点のデザイン資産を選抜・展示している。特にインタラクティブ・メディアアートによる『訓民正音』、および3Dメガネの要らない立体映像の『崇礼門』、メディアアート『大礼服』、デジタル屏風『漢陽民話』、インタラクティブ100インチスクリーン『600年の流れ』などの展示コンテンツは体験するだけでもおもしろく、「これは必見だ」と観客からも好評を得ている。

    ■ソウルデザイン資産展

  • 期間:3月28日まで
  • 会場:ソウル歴史博物館1階 企画展示室
  • 観覧時間:火~金10:00~21:00, 土日10:00~19:00, 月曜日休館
  • 観覧料:一般 700ウォン, 19才以下および65才以上無料,
    ソウル市立美術館の観覧券をお持ちの方 400ウォン
  • お問合せ:ダサンコールセンター 局番なしの120番, http://www.museum.seoul.kr/



呉世勲市長、「デザインは全て」

    呉世勲市長は2月23日(火)9時、ハイアットホテルで行われた「WDC世界デザイン都市サミット」の開会式で、2日間に渡るイベントの幕開けを告げた。

    歓迎の挨拶で、呉世勲市長は、「デザインは、都市を安全かつ快適、便利にし、さらに都市の問題点を見つけ出してはそれを克服し、感動を与える。また、優れたデザインを通じて、市の行政と市民の間のコミュニケーションを促進することができ、そして何よりもデザインの価値は高い経済的付加価値を創り出し、結果的に暮らしの質を向上させることにある」と語り、「デザインが全てだ」と強調した。

    サミット2日目の24日(水)、同じくハイアットホテルで開かれた、全ての参加都市の市長団と代表団が出席した市長ラウンドテーブルでは、デザインを通じた都市の発展方向を示す「ソウル・デザイン都市宣言文」が採択され、開催都市の市長である呉世勲市長によって読み上げられた。

    「WDC世界デザイン都市サミット」は、「都市はデザインとともに跳躍できる:21世紀の都市の競争力、デザイン(Design and Cities:Designing a competitive City for the 21st Century)」をテーマにソウルで初めて開かれ、「デザインと都市発展」、「デザイン産業の育成」、「デザインと暮らしの質」という3つのセッションを中心に各都市の多様な発展事例が紹介された。