ソウル市、「E-Visionary Awards」を受賞

    ソウル市は、電気自動車普及への功労が認められ、「世界電気自動車協会」により電気自動車モデル都市賞「E-Visionary Awards」を受賞した。

    「E-Visionary Awards」とは、世界各国の都市と電気自動車関連企業の団体である「世界電気自動車協会(The World Electric Vehicle Association, WEVA)が開催する「世界電気自動車シンポジウム」で授与される栄えある賞であり、電気自動車の普及に寄与している都市や機関が選ばれている。

    今回の「E-Visionary Awards」ではドイツのフランクフルト、スペインのバルセロナなど、世界の9つの都市が応募したが、最終的にはポルトガルのリスボン、アメリカのLA、そしてソウルが受賞都市に選ばれた。今回のソウル市の受賞は、ソウル市が今まで持続的に進めてきた電気自動車の普及事業が国際的にも高い評価を得ていることを示している。

    ソウル市は2010年より、電気自動車及び急速充電施設を試験的に運行している。2010年のG20ソウル・サミットの期間中には、電気自動車、水素燃料電池車など、計53台のグリーンカーを運行し、世界各国に韓国の技術レベルを知ってもらった。とくに、2009年、企業と共同で製作事業に着手し、2010年12月、世界ではじめて常用運行を始めた「電気バス」(南山)は、ロイター、CNNなど、世界有数のマスコミに報道された。これ以来、世界から注目を集め、多くの都市の指導者たちが施設を見学するために訪韓している。

    ソウル市は2011年にも環境部から「電気自動車リード都市」として選ばれた最初の都市であり、電気自動車を代表する都市として国内外における地位は益々高まっている。




アゲハチョウを見にソウルの森・蝶々庭園へ行こう!

     ソウルの森の中にある蝶々庭園が5月1日から体験学習と公演・展示プログラムを行う。

     ソウルの森・蝶々庭園では、様々な蝶が生息している。

     都市ではなかなか見られないソウル市指定保護種のミヤマカラスアゲハ、歌で広く知られているアゲハチョウ、雌の羽の先が黒いということで名づけられたツマグロヒョウモン、イギリスの国蝶であるオオベニシジミ、モンキチョウ、モンシロチョウなどである。

     ソウルの森・蝶々庭園では、蝶だけでなく、餌である植物を夢中になって食べている蝶の幼虫や、美しい蝶に生まれ変わるため脱皮しているさなぎなども観察できる。

     ソウルの森・蝶々庭園への入場料は無料である。毎週土・日の午後2時から一家族1万ウォンで体験プログラムも行っている。

蝶々庭園の全景 , 蝶を見ている市民 , モンシロチョウ

  • 2号線・トゥクソム駅8番出口から徒歩で約15分
  • 中央線(1号線)鷹峰駅2番出口から徒歩で約30分
  • ホームページ: http://parks.seoul.go.kr/jpn/

ミヤマカラスアゲハ , アゲハチョウ , アゲハチョウの幼虫




7月から全てのソウルタクシーでカード決済が可能

    ソウル市(都市交通本部)は、今年の6月末までにソウルタクシー全車にカード精算機を設置することを義務付けると発表した。また、当制度の導入により、タクシー料金のカード決済が定着すれば、タクシー利用時の不便さが解消され、市民のタクシー利用満足度が高まるだろうと付け加えた。

    現在、ソウルタクシーのカード精算機設置率は98.1%。カード精算機を設置していない車両は1,384台と極少数に過ぎない。そのため、当然タクシーにカード清算機があると思って乗車したのに、料金を払うときになってカード決済ができなくて困ったという市民の苦情が相次いだ。同市は、このような問題を解決するため、「旅客運輸事業法」第23条事業改善命令に基づき、6月末までにカード精算機を設置しないタクシーに対して課徴金の支払いを命じるなど行政処分を下す計画だ。

    同市は、タクシーのカード精算機設置を推進するため、去年から始めたカード精算機無料設置サービスに加え、今年1月からは少額料金カード決済手数料の支援を行っている。今後は、新規導入車がタクシーメーターを設置する際、カード精算機を必ず設置するようにして設置漏れがないよう管理していく方針だ。

    また同市は、ソウルタクシーのカード精算機設置の義務化により、今までカード精算機の不設置によって発生していたタクシードライバーと乗客間のトラブルが解消され、タクシー利用におけるサービス満足度が向上するだけでなく、長期的にはタクシー経営の透明性の確保にも繋がるものと期待している。




自由発言台(free speech corner) 「言いたいことがあります」

    ソウル市は、清渓広場(チョンゲ・グァンジャン)に自由発言台を設け、毎週土曜日午後12時から午後4時まで、誰でも自由に発言できる「言いたいことがあります」イベントを実施している。ここではソウル市民あるいはソウル市に滞在中の外国人観光客などが、日頃話したかったこと、ソウルを訪問した感想、エピソード、市政に関する話など様々なテーマで話したいことを自由に発言できる。

    自由発言台を設置してから現在までの3ヶ月間、計12回のイベントが行われ、13歳の小学生から83歳のおばあさんまで計149人の市民が参加した。参加者たちは各自個人的出来事や社会的関心事など様々なテーマで自由に自分の考えや意見を述べた。同市は、これまで自由発言台で述べられた内容のうち、建議、提案、要望、苦情などを市政の運営に活用する予定だ。

  • 日時: 毎週土曜日 午後12時から午後4時まで
  • 場所: 清渓広場(東亜日報社前)
  • 発言テーマ: 自由
  • 参加方法: インターネットまたは会場での申込み
  • 映像: http://tv.seoul.go.kr(ソウル市インターネットTV)



地下鉄で家族の愛を育もう

    家族や人に感謝の気持ちを伝える記念日の多い5月。 韓国ではこの5月を「家庭の月」と呼び、5・6・7・8号線を運営するソウル都市鉄道公社(社長:金基春(キム・ギチュン))では、家族の意味を考える多彩なイベントを5月いっぱい実施する予定だ。

    まず5月の1ヶ月間、毎週月曜日から土曜日まで、該当日の午前10時から午後5時までの間、子ども大公園に面した峨嵯山(アチャサン)駅と子ども大公園駅の待合室で迷子防止用ブレスレットまたはネックレスを無料で配布する。

5月は子供の日をはじめ、家族連れで外出する機会が多いだけに、迷子の未然防止及び失踪児童の早期発見に役立つものと期待している。

社会福祉NGO団体、(社)ハムケハヌンサランバッ(共にある愛の畑)と共同で行われる今回のイベントは、ネックレスとブレスレットのどちらか一つに子供の名前と保護者の連絡先などを刻み、希望者に提供するものだ。

    また「オボイナル(父母の日)」を迎え、5月7日と8日の2日間、地下鉄5~8号線にある130の駅に約15,000本のカーネーションを準備し、中年以上の地下鉄利用客の胸に花を飾りながら尊敬と感謝の気持ちを伝えるイベントも行われる。

 迷子防止ブレスレットあるいはネックレスの配布 , 親孝行写真撮影 , カーネーション進呈

    その他にも、毎週金曜日、蚕室(チャムシル)駅の地下1階にある教養コーナーで、高齢者を対象に孝行写真(遺影写真)の撮影や家族写真の無料撮影などの特別イベントも実施される予定だ。

孝行写真ボランティア団体は、これまで65歳以上の高齢者を対象に「長寿孝行写真(遺影写真)」を撮影するボランティア活動を行ってきた。同団体では、5月「家庭の月」を迎え、孝行写真の他にも家族が揃った家族写真の撮影サービスを行うという。

撮影した写真は現像(A4サイズ)して無料贈呈される。撮影時間は午後12時から午後1時まで。撮影希望者は、地下鉄8号線の全駅(岩寺(アムサ)駅~牡丹(モラン)駅)にあるお客様相談室への事前受付が必要。




朴元淳市長就任後6ヶ月間の成果

    朴元淳(パク・ウォンスン)市長が就任してから早くも6ヶ月が過ぎた。朴市長就任後100日目に発表された「朴元淳が蒔いた100粒の希望の種」の成果を評価してみたい。

数字でみる市長就任後6ヶ月

NO. 数字 意味
1 ZERO ホームレス凍死者ZERO
2 約11,240 km 朴元淳市長が移動した距離(日本出張時を除く)
3 31時間 昨年の冬、無泊2日<希望オンドルプロジェクト>でのリレー民生訪問の時間
4 29万人 リレー民生訪問でお世話した生活苦の人々の数
5 5,000ウォン ソウル市必須予防接種費用の支援金額
6 111万ウォン ソウル市立大学の授業料
7 587,000人 環境にやさしい無料給食を支援している児童数
8 1,152人 非正規社員から正社員に転換した人の数
9 668人 各種案件で個別に面談した人の数
10 22回 聴策ワークショップの開催回数
11 2,769人 聴策ワークショップに参加した専門家・関係者・市民の数
12 149人 市民発言台で意見を発表した市民の数
13 約47万人 「朴元淳のソウルストーリー」という番組で出会った市民の数
14 471,105人 朴元淳市長のツイッターフォロワーの数 (4月26日現在)
15 2億8千万ウォン 眠っていた地方税未還付金を返した金額
16 9億2千5百万ウォン マンツーマン責任徴収を通じて高額滞納者から徴収した納税額

幸せの数字「0」
ソウル市は昨年末から、ホームレスのための「ソウル希望支援センター」及び「応急避難所」を設置し運営している。そのおかげで今年の冬にはホームレスの凍死者が一人も出なかった。

希望の数字「111」
「111」。市立大学の1学期あたりの授業料。2011年のソウル市立大学の1学期あたりの授業料が222万ウォンであったため、半額の金額となる。このような半額授業料の施行により、大学の授業料引下げに対する国民的支持を受けると共に、今年、全国186の大学の年間平均授業料を4.48%引下げるのに大きく貢献したと評価されている。

希望の数字「1152」
5月以降に非正規社員から正社員に転換した職員の数。5月1日、ソウル市は、市傘下の非正規社員3,093人のうち、37.2%にあたる1,152人を正社員に転換させた。今回正社員になった社員は、給料の賃上げ及び福祉ポイント・年次有給休暇補償費・退職金の支給など改善された待遇を受けられるようになる。

希望の数字「587000」
ソウル市は今年から、小学校全学年及び中学校 1年生の学生計58万7,000人を対象に有機野菜を使用した環境にやさしい無料給食を提供している。.

希望の数字「925000000」
税金の滞納額が1,000万ウォン以上の高額滞納者を管理するソウル市「38税金徴収課」が徴収した滞納税金額。ソウル市は、高額滞納者からの徴収を強化するため、今年1月1日に「38税金徴収課」を新しく発足、拡大させた。

朴元淳が蒔いた100粒の希望の種 : リンク




ソウル市、2014年までに LED 照明 200万個を普及

    ソウル市は、2014年までに地下駐車場の照明を全て「賢いLED照明」に交換すると発表した。「賢いLED照明」は、最大50%のエネルギー節減効果がある上、交換設置台数の1%を貧困層のために寄付することが指定されている。  

    ソウル市は、LED照明の購入及び取付費用を市販の価格より40%割引した価格で提供している。しかし、割引価格でも設置できない低所得者に限り、「先に無料で設置し、後で節減電気料金を回収する」という対応策を提供している。では「先に無料で設置し、後で節減電気料金を回収する」方式とは何か。まずLED照明の購入費及び設置費用を回収せずにに無料で設置を行う。そしてその料金を、その後、分割して電気料金に追加する形で回収する。結局数ヶ月間は、LED照明割引料金ではなく、通常電気料金を支払うという方式だ。

    ソウル市は共同住宅120万世帯や大型業務施設80万ヶ所などに設置した後、病院やコンビニなどにも拡大して行く予定だ。2014年までに、地下駐車場の照明200万個をLEDに交換設置すると、年間費用327億ウォン、電力297千Mwhが節約できる見込みだ。 特に水銀などの有害ガス及び有害ゴミを5分の1に減らす効果があり、環境改善にも大きく貢献できるものと期待している。




姉妹友好都市の公務員に対する文化政策カリキュラム

    ソウル市人材開発院では、2012年4月29日〜5月7日の9日間、文化政策カリキュラムの教育を行った。本カリキュラムには、ブタペスト、サンパウロ、上海、モザンビークなど、11の姉妹友好都市の公務員15人が招待された。本カリキュラムは、ソウル市の優れた文化政策を共有し、外国都市の人材開発や教育支援により、世界におけるソウル市に対するイメージを高め、海外都市との交流を深めるために行われている。

    本カリキュラムでは、ソウル市の文化政策、観光政策、デザイン政策などについて、ソウル市の幹部公務員が講義を担当した。授業では、漢陽(ハニャン)都城、新堂創作アーケード、映画創作空間、世宗文化会館、ソウルグローバルセンターなどを訪問した。その他、ナンタ(乱打)公演、サムルノリ体験、景福宮(キョンボックン)、南山(ナムサン)国楽堂における韓服体験、南山タワーなどで韓国の文化を体験している。

    また一方、「ソウル人材開発院5月市場」に外国の研修公務員が参加することにより、節約と環境に配慮する生活、分かち合いの精神を広めるイベントについて考えるきっかけができると期待されている。




希望オンドルは1年365日続く!

    希望オンドル事業を一年中推進、希望オンドル市民企画委員会を常時運営

    今まで冬季間に限り行っていた脆弱階層保護対策の一環である「希望オンドル事業」を一年中推進することにした。福祉死角地帯を発掘・支援するため地域ネットワークを拡大・強化するとともに「希望オンドル市民企画委員会」を常時運営する。

    「ネットワーク福祉センター」を 「福祉NPO支援センター」に

    ソウル市福祉財団である「ネットワーク福祉センター」を「福祉NPO支援センター」に改称するとともに再確立し、今後はプルプリ(草の根)市民団体を育成しながら官民協力の中枢的役割を果たすよう機能転換する。

    今年6月中に「ソウル福祉法律センター」オープン

    実行段階で提起された問題事例は12分野264件。これらの事例を基に、ソウル地方弁護士会、民主社会のための弁護士会、参与連帯などが協力し、今年6月中に「ソウル福祉法律センター」をオープンする。専門家による福祉法律サービスを提供しながら制度的な基盤を整備していく計画だ。

    また、従来の「オンライン希望オンドルコミュニティマップ」(http://ondol.welfare.seoul.kr)を再設計して、希望オンドル公募事業を実施する。模範事例などを紹介しながら一般市民や民間団体の参加を呼びかけていく予定だ。

    今年は希望オンドル事業を通じてより多くの人々に愛を伝え、ソウル市民の心も体も温かく満たされることを期待しています。.^^




ソウルでの思い出をはがきに乗せて

    ソウル市は「2010〜2012韓国訪問の年」キャンペーンの最後の年を迎え、ソウルを訪れた外国人観光客の心を引きつける様々な広報プロモーションを行う。

    外国人に非常に人気の高い「ウェルカムはがき無料発送サービス」をソウル市内の10ヶ所に配備

    中でも、外国人観光客がソウルの旅を記念してはがきを故国に送る、「ウェルカムはがき無料発送サービス」(年中実施)が非常に好評を得ている。

昨年始められたこのサービスは、6月から11月まで計26,370枚のはがきが各国に送られたが、とくに中国や東南アジアの観光客の利用率が高いという。

今年は4月から明洞に位置する△グローバル文化観光センター、△青瓦台(チョンワデ)サランチェ、△観光案内所など、ソウル市内の10ヶ所に「ウェルカムはがき」が配備されている。また6月29日から7月29日までの「2012ソウルサマーセール」期間中には、明洞(ミョンドン)に特設ブースが設けられる計画である。

方法は、配備先において7種のはがきから一枚を選び、メッセージを書いて現場に設置された赤いポストに投函するのみ。

    毎月オンラインイベント開催、航空券などソウル関連の豪華賞品が当たる!

    また、「韓国訪問の年・ソウル市ホームページ(http://welcome.visitseoul.net/jap/index.jsp)」では、毎月、ソウルの観光名所を紹介する様々なオンラインイベントを開催している。

今月のイベントのテーマは、「世宗(セジョン)ベルト」公演である。ホームページに入って、世宗ベルト関連クイズに答えると、ソウル往復航空券や世宗ベルト公演チケットなど、ソウルの旅に関連した様々な賞品が当たる。

    ソウル市はホームページを通じて、外国人観光客にソウルの公演や宿泊などの観光コンテンツを広めるなど、世宗ベルト、(財)韓国訪問の年委員会と共同で年間キャンペーンを行っている。

また、昨年に続き、「1+1公演割引キャンペーン」を「世宗ベルト」と共同で行う予定である。毎月、先着順で50人の外国人観光客を対象に、世宗ベルト公演チケットを一枚購入された方にもう一枚提供するキャンペーンである。

また、(財)韓国訪問の年委員会が推進する「One More Night」(3泊以上同じホテルで宿泊する外国人観光客には、1泊を無料提供)キャンペーンも共同広報している。

    SNSを利用した「韓国料理グローバルオーディション」を開催。海外に向けて韓国料理の魅力を広める

YouTubeにアップロードした韓国料理づくりの映像を提出してオーディションに合格したチームが、ソウルにおいて最終決戦を繰り広げるイベントである。昨年は3大地上波テレビニュースが取り上げるなど、韓国国内でも熱い注目を集めた。

今年は、7〜8月にオンラインによって受付を行い、1次合格チームを選ぶ。9月の秋夕(チュソク、韓国のお盆。旧暦8月15日)シーズンに合わせ、海外の5〜6チームをソウル美食ツアーに招待し、最終オーディションを開催することになる。

    一方、美食ツアーに招待された外国人の参加者たちは、ソウルの美味しいレストランなどを訪れ、韓国料理の魅力を体感する。秋夕の時期に開催される点を考慮し、ソンピョン(秋夕に食べる餅)づくりなど、様々な文化体験を行う。

    「ウェルカムはがき」無料発送サービスの主な内容

    「ウェルカムはがき」の関連写真

    「ウェルカムはがき」の主な配備先

区分 住所
ソウルグローバル文化観光センター ソウル市 明洞2街 31-1 Mプラザ5階
三一橋 観光案内所 ソウル市 鐘路区 貫鉄洞 10-2 (三一ビル前の歩道)
梨泰院 観光案内所 ソウル市 龍山区 梨泰院洞 127 (地下鉄6号線・梨泰院駅舎内)
弘益大入り口観光案内所 ソウル市 麻浦区 西橋洞 349-1 (弘益大入り口・歩きたくなる街)
青瓦台サランチェ ソウル市 鐘路区 孝子洞150番地
チョンガチブ・キムチワールド ソウル市 鐘路区 仁寺洞 雲峴宮SK Hub Plazaビル1階
ロッテデパート本店 ソウル市 中区 小公洞 1 ロッテデパート 1階 Tax Refundラウンジ
ロッテデパート金浦空港店 ソウル市 江西区 傍花洞 886 ロッテデパート MF階インフォメーションカウンター
仁川空港・ソウル観光案内センター 仁川国際空港旅客ターミナル到着ロビー5番、10番ゲート前
その他のソウル市祭り ソウルサマーセールなど、ソウル市祭りの開催中、現場のブース



事件‧事故のニュース、「120 SNS」により通知

120茶山(タサン)コールセンターのSNS相談サービスが一段と進化した。120茶山(タサン)コールセンターはSNS(ツイッター:@120seoulcall、me2day:http://me2day.net/120seoulcall)により、24時間相談を受け付け、市民の間で話題となっている内容について、リアルタイムで情報提供を行っている。

120茶山(タサン)コールセンター SNS 相談運営 , 120茶山(タサン)コールセンター 4,000万本通話突破記念

120茶山(タサン)コールセンターがSNSを通じて提供している情報は、地下鉄の故障、停電、断水、大雪・大雨などによる交通規制などの事件・事故をはじめ、ソウル市関連イベント、公共交通機関の延長運航など、人々の関心の高いニュースがメインである。

SNSによるリアルタイムの情報提供について、市民の反応も上々である。120茶山(タサン)コールセンターからはニュースが素早く入手でき、速報より情報提供が早いという点も高い評価を受けている。

一方、4月18日、120茶山(タサン)コールセンターの電話相談の累積件数は、2007年1月、試験的に運営され始めてから5年3ヶ月で4,000万件を突破した。

    – 4,000万番目の相談は、4月16日15時30分頃、水道費滞納に関する通知書について確認を要請する問い合わせであった。問い合わせをしたA氏は、「120相談員は素早く正確な情報を提供し、親切に案内してくれたので、非常に満足している」と答えた。

    – 120茶山(タサン)コールセンターは3月現在、524人の相談員が約2万5千件のデータベースに基づき、365日24時間、休まずサービスを提供している。運営初期では一日平均1,184件の相談だったのが、現在では約3万8千件となり、32倍以上増加している。さらに、41.6点だった相談満足度も、コールセンター運営後95点以上までに上昇し、認知度も84.8%を示している。




「原発一基削減」市民シンポジウム

    ソウル市は、市民団体、企業、宗教界、学界、エネルギー関連協会など、計22のグループが参加する「原発一基削減」市民シンポジウムを開き、各界のアイディアと具体的な実行案及びそれに対する意見を収集した。

    ソウル市は、16日(月)に開かれた市民シンポジウムにおいて、生活の中でエネルギー消費を減らし、再生可能なエネルギーを生産するという内容の22のテーマについて集中論議した。

    シンポジウムの22のテーマの内、主なものは次の通りである。▴エネルギー生産 ▴建物エネルギーの効率化 ▴家庭・商業を中心とするエネルギーの節約 ▴市民教育 ▴グリーン雇用 ▴市民が共感する文化的接近方法などだ。

    エネルギーの節約及び生産に関する意見や提案事項などに対する市民の意見をSNSなどを利用してリアルタイムで受付・収集した。