ソウル市内190ヵ所に自転車ラック1,853台拡大設置

    ソウル市内の地下鉄駅やバス停などを中心に自転車ラックを大幅に増やす。したがって今後は自転車を街路樹・電柱・ガードパイプなどにつなげて保管する事がなくなり、歩行者の不便も大幅に解消される見込みだ。

    ソウル市(都市交通本部)はこの秋、自転車の利用者数の増加に備え、市内190ヵ所に自転車1,853台が保管できる自転車ラックを拡大設置する。それとともに、自転車ラックの維持管理を強化するため「自転車ラック管理実名制」を導入することにした。
ソウル市内には現在4,237ヵ所121,092台が保管できる自転車ラックが設置されている。しかし最近自転車を利用する市民が増えたことから現場調査を行い、設置場所を大幅に増やすことにした。同市がこのように一度に多くの自転車ラックを設置するのは今回が初めて。

    [市民の意見を収集して設置場所を選定、利用者数の多い場所に位置変更も併行]
    またソウル市は、従来の自転車ラックを効率的に活用するため、自転車の利用需要が多い場所を中心にラックの位置を変更する作業も並行して行う。
また今回設置する自転車ラックは、市民の生活や歩行に不便を与えず、周辺環境ともよく調和するようソウル市公共デザイン認証を受けた自転車ラックを設置するよう積極的に誘導する計画だ。

    今回の自転車ラック設置は、自治区別に9月からスタートし、11月末までに完了する予定。

    [自転車ラックの管理強化・放置自転車の迅速処理のため「管理実名制」導入]
    さらにソウル市は、自転車ラックにつながれたまま長期間放置され、都市の美観を損ない、市民に不便をもたらしている放置自転車の管理を強化するため「自転車ラック管理実名制」を導入する。
これに伴い、地域住民・周辺商人・地域団体などによる「自転車ラック市民サポーター」を構成し、定期的に ・自転車ラックの利用及び管理実態の点検 ・放置自転車処理の届出などの役割を果たす。
同市は9月までに「自転車ラック市民サポーター」を選び、市内の自転車ラック4,280ヵ所に管理担当のネームプレートを付着し、自転車ラックが破損したり、放置自転車がある場合、発見した市民が直接電話で届出ができるよう管理担当部署の連絡先などを明記する予定だ。放置自転車は、関連法令により処分案内した後自転車を回収し、業者で14日間保管する。保管している間に持ち主が現れない場合、売るかリサイクルする。




カカオトークPlusカカとも「誰にでもママが必要」を開設

    ソウル市が行う市民のための癒しのプロジェクト「誰にでもママが必要」をモバイルにおいて実現するコミュニケーションチャンネル「カカオトークPlusカカとも-ママが必要」が開設され、9月1日オープンする。「誰にでもママが必要」ではまず、6週間のプログラムに参加した市民が「自分癒し」を経験した後、癒しの活動家として生まれ変わる。そしてまた他の市民に癒しの経験を伝える「癒しリレー」プログラムである。

    ソウル市は7月30日、癒しの活動家3,300人を養成するという内容の、市民のための癒しのプロジェクト「誰にでもママが必要」の推進計画を発表した。

    開設される「カカオトークPlusカカとも-ママが必要」は誰でもモバイルのコミュニティにおいて癒しの活動家として参加できる。カカオトークで「엄마가 필요해(ママが必要)」を検索し、友達に登録すると、好きなトークルームにおいて相談することも、相談を受けることもできる。

    [27日(火)新庁舎において市民のための癒しのプロジェクト「誰にでもママが必要」運営支援MOU]

    これを受け、ソウル市と㈱カカオは27日(火)11時10分、ソウル市の新庁舎6階の映像会議室において朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長をはじめとするイ・ソグ㈱カカオ共同代表理事が出席した中で、「市民のための癒しのプロジェクト『誰にでもママが必要』の運営支援に関する業務協約」を締結する。

    また、㈱カカオは協約により、心の傷を受けた市民が相談できる空間を設けるために、一般のバスを移動相談室に改造した「心の中のバス」も運営することにした。

    「心の中のバス」は移動型の癒しの空間であり、市民の心理的安定のために持続的にカウンセリングサービスを行う。

    朴元淳ソウル市長は「一千万のソウル市民の心の支えになり共感をもってその傷を癒す『市民のための癒しのプロジェクト』は『人の心を動かすのは人』という重要なメカニズムを喚起させるのに大きな意味を持つ」とし、「今回の協約によりできたモバイルにおけるコミュニケーション空間を通じて、この社会に癒しの雰囲気が広まり、 ソウルが癒しの都市になることを期待する」と述べた。

    2013年07月30日 市民のための癒しのプロジェクト「誰にでもママが必要」関連写真(出典:天地日報)




今年の夏、漢江「すべての幸せ」944万人が涼みに訪れた

    連続真夏日の記録を更新した今年の夏、ソウル市が提示した「夏を克服する漢江での涼み」「漢江、幸せいっぱいプロジェクト」が先週でその幕を閉じた。計944万人が漢江(ハンガン)公園で涼みを求めて訪れた。

    とくに多くの人が訪れた場所は、川から涼しい風が吹いてくる漢江の橋の下の休憩空間であり、計200万人以上が利用したことが集計により分かった。その次はプールで、計55万人が暑さで疲れた心身を水遊びで癒した。

    「漢江、幸せいっぱいプロジェクト」は当初、7月20日(土)から8月20日(火)まで一ヶ月間運営される予定であったが、50日間続いた梅雨により一部のプログラムが取り消されるなど、イベントがスムーズに行われなかった。名残惜しいと考えた市民たちの延長要求が続き、ソウル市はキャンプ場・星を見上げる体験など、一部の人気プログラムを24日までに延長運営した。

    今年はじめて試みられた汝矣島(ヨイド)・トゥクソム漢江公園のキャンプ場は、ホームページを通じての予約受付を開始して15分で予約が締め切られるなど、週末は満員状態が続き、平均では83%の予約率を示すなど、市民に愛されてきた。今まで炊事が禁じられた漢江公園の芝生の上でバーベキューが楽しめる点なども今回特に好評を得た。イベント期間中、キャンプ場の利用者数は4万3千人に達した。

    ソウル市は市民の意見を積極的に反映し、来年にはさらに充実したプログラムへ拡大して開催する計画である。

    また、今年は暑い日が続くことを考慮し、「漢江、幸せいっぱいプロジェクト」が終わった後も、9月まで「漢江川辺映画祭」を続ける予定である。
「漢江川辺映画祭」は、汝矣島漢江公園「フローティング・ステージ」では9月13日(金)まで毎週金曜日夜8時30分から、広津橋(クァンジンギョ)8番街では11月29日(金)まで毎週金曜日夜8時から無料で映画を上映する。

  • 汝矣島漢江公園「フローティング・ステージ」へのアクセス:地下鉄5号線・ヨイナル駅2番出口→徒歩で麻浦大橋方向
  • お問い合わせ:http://www.floating-stage.com
  • 広津橋8番街へのアクセス:地下鉄5号線・クァンナル駅2番出口または5号線・チョンホ駅2番出口→広津橋方向
  • お問い合わせ:http://www.riverview8.co.kr、または広津橋 8番街(☏476-0722)

    [映画上映リスト]

    No. 日時 ジャンル 上映映画
    1 8/30, 20:30 汝矣島
    フローティング・ステージ
    ノッティングヒルの恋人
    2 9/6, 20:30 最高の人生の見つけ方
    3 9/13, 20:30 シネマパラダイス
    4 8/30, 20:00 広津橋8番街
    第1・3・5週:ヒット映画
    第2・4週独立映画・芸術映画
    ラブソングができるまで
    5 9/6, 19:30 ハリーポッターと死の秘宝1
    6 9/13, 19:30 [独立・芸術]白夜
    7 9/20, 19:30 ハリーポッターと死の秘宝2
    8 9/27, 19:30 [独立・芸術]フォーレスト・ダンシング



9月1日開かれる光化門希望フリーマーケットで「褓負商」に会おう。

    今では光化門の名物として広く知られている都心の7日市場「光化門希望フリーマーケット」が来月9月1日から毎週日曜日に開かれる。

    「光化門希望フリーマーケット」は、7月と8月の2ヵ月間、猛暑のため開かれなかった。参加を希望する市民は、イベントの2週間前の月曜日から1週間前の日曜日までの間に「ソウル市フリーマーケット」ホームページ(http://fleamarket.seoul.go.kr)で参加を申し込む。参加者は申込者の中から抽選で選ばれる。

下半期の月別・テーマ別市場
9月 15日:秋夕(韓国の旧盆、旧暦8月15日)の準備のための直取引市場
9月 29日:ロードフェスティバル
10月 20日:「ウィアジャ」フリーマーケット
10月 6日:Hi ソウルフェスティバル

    フリーマーケットの活性化のために上半期より参加品目を増やした。また雇用創出の一環としてフリーマーケット内に「褓負商(行商人)市場」を試験的に運営し、褓負商にも随時販売できる場所を提供する予定だ。

    リサイクル品の販売だけでなく、エコバック作りや環境にやさしい・リサイクルボタン作りなどの体験プログラムを実施し、ファーマーズマーケット(farmers market)では、市・道の農水産物の直取引市場、都市農業農産物販売、新鮮な食材を使ったグルメ市場などを運営する。
またフュージョンB-Boyグループ「SC Ent」のヒップホップB-Boy公演とともに、「国楽ナル」、「平壌芸術団」の伝統公演、グローバルコンサート、外国人の多文化コミュニティなど盛りだくさんの公演を行う計画だ。

下半期光化門希望フリーマーケットカレンダー

日付 市場の内容 文化公演
9月1日 光化門広場フリーマーケット 開かれた芸術劇場
9月8日 光化門広場フリーマーケット 開かれた芸術劇場
9月15日 秋夕(韓国の旧盆、旧暦8月15日)の準備のための直取引市場 開かれた芸術劇場
グローバルコンサート
外国人多文化コミュニティ
9月29日 光化門広場フリーマーケット
(ロードフェスティバル連携市場)
開かれた芸術劇場
(ロードフェスティバル連携公演)
10月6日 光化門広場フリーマーケット
(歩行者天国連携市場)
開かれた芸術劇場
(歩行者天国連携公演)
10月13日 光化門広場フリーマーケット
(ソウルアリランフェスティバル連携市場))
開かれた芸術劇場
(ソウルアリランフェスティバル連携公演)
10月20日 「ウィアジャ」フリーマーケット 開かれた芸術劇場
グローバルコンサート
外国人多文化コミュニティ
10月27日 光化門広場フリーマーケット 開かれた芸術劇場



ソウル市、2014年までに多衆利用施設の30%を「エコLED店舗」に改装

    ソウル市は、2014年までに、ソウル市内の多衆利用施設(多くの人が利用する施設)11万4,000ヶ所のうち、30%にあたる3万5,000ヶ所を「エコLED店舗」に改装する。7月29日に(社)韓国外食業中央会、(社)韓国沐浴業中央会と業務協約を締結し、「エコLED店舗」への改装の推進力を確保した。主な対象店舗は、24時間営業を行うためにエネルギー使用量が多い、チムジルバン、ジム、レストランなどである。

    ソウル市は、各種インセンティブにより、民間業者の自発的かつ積極的な交換を牽引する計画である。例えば、ほとんどの多衆利用業者は、照明に蛍光灯(25W前後)を使用しているが、電球型LED(7~10W)に交換する場合、既存の照明器具の再利用が可能であるため、交換しやすくコストも安い。また、LEDに交換する場合に照明の電力使用量を70%まで節約できる。照明をLEDに交換する場合、投資額の回収期間は約1年未満と短く、継続的に電気代の削減効果もある、といったことを積極的にPRし、積極的な交換を推進していく計画である。また、市は、既存の照明の90%以上をLED照明に交換しようとする店舗については、LED照明への交換のための初期費用の負担を減らすよう、低利融資(2%)で最高10億ウォンまで支援する。グリーン消費者連帯と共同で推進している「電球型LED照明直取引市場」とも連携し、LED照明を市中に比べ最大35%まで割引いた価格で提供する。

    交換を完了した業者には、「エコLED店舗」認証マークを入口に掲げられるようにするほか、自治区が発行する情報誌に「わが町のエネルギー店舗」(仮称)コーナーを設け、店舗をPRできるようにする。




エコマイレージ会員世帯・企業数が100万超える

    ソウル市は、次世代のためのエネルギー政策として推進している「原発1基削減事業」の代表的な市民参加型エネルギー節約運動である「エコマイレージ」会員が今年急増しており、7月末までの調べでは30万の住居・ビルが新しく登録し、総会員数が100万を超えたと発表した。ソウル市がエコマイレージ制度を導入した2009年9月以来4年目のことだ。

    「エコマイレージ」というのは市民の自発的な省エネ運動のこと。住宅やビルでの電気・水道・都市ガス・地域暖房などの使用量を減らし、温室効果ガスの排出量を削減した分だけインセンティブを受け、マイレージとして積み立てできる制度である。

    エコマイレージを導入した2009年9月から2013年4月まで、エコマイレージ会員により16万TOEのエネルギー(電気・都市ガスなど)が節減できた。これは乗用車20万台余りが1年間運行するエネルギーに相当する。 ※ TOE:Ton of Oil Equivalent(原油1トンを燃焼させたときに得られるエネルギー量)
市民が協力して節約したエネルギーにより、温室効果ガスの排出量を50万トン以上削減した効果が得られた。これは樹齢30年の松の木を7,500本以上植えたのと同じ効果である。
ソウル市は2013年6月、国連から市民参加及び省エネ文化の拡大、さらにエネルギー使用量の削減などの成果が認められ、国連公共サービス賞(政策決定に対する市民参加促進分野)にて優秀賞を受賞した。

    これまで42ヵ月間、6ヵ月ごとに10%以上のエネルギーを節約した個人会員約9万3千人に対し、計14回にわたり50億ウォン余りのインセンティブを支給した。これは評価可能会員669万世帯のうち14%にあたる。
団体会員(学校・高層住宅団地、一般商業用建物など)328ヵ所には、省エネのための施設改善費として23億ウォンを支援した。

    同市は、市民が作るエネルギー文化の代表と言える「エコマイレージ」の100万会員突破を祝うとともに、今後はソウル市民全員が省エネに協力することを願い、「エネルギーの日」である8月22日に記念行事を行う。




ソウル市、保育施設や塾など400ヶ所に対し、無料で室内空気質をコンサルティング

2012年度室内空気質管理優秀施設の写真

    ソウル市は、今夏も無料で室内空気室コンサルティングを実施する。対象となるのは、保育園、産後調理院、老人医療福祉施設などの健康に特に留意が必要な施設のほか、映画館や塾、ネットカフェなどである。室内空気質コンサルティングは、ソウル市指定専門機関に所属する室内空気質管理の専門家が、対象施設を直接訪問して室内の空気を測定し、施設の管理実態を調査した上で施設ごとに適当な管理方法を指示する方式で行われる。

    夏は湿度が高いため、細菌繁殖のリスクが高く、かつ、エアコンを使用することによって換気不足が生じ、室内の空気が悪くなる恐れがある。そこで、昨年は9月~11月に行っていたコンサルティング期間を今年は7月に前倒しし、7月22日から10月末まで実施することとした。

    ソウル市は、「多衆利用施設の室内空気質管理法」を改正し、今年から新たに延べ面積1,000㎡以上の塾を管理対象とした。そのため、昨年よりも150か所多い、400か所を対象とする予定である。

    ソウル市は、2014年から、室内空気質管理がなされにくい施設が自発的に管理可能となるように指導も行っている。これは、半地下住宅や小規模の保育施設・塾・ネットカフェなどを対象に、無料で室内空気質を測定した上で、管理の要領などを案内するものである。




ソウル市、ソウル在住外国人対象のオーダーメイド型・週末韓国語講座を開始

    
ソウルグローバルセンターは、8月24日(土)午前10時から25日(日)までの2日間、ソウル市に住む外国人を対象にオーダーメイド型・週末韓国語教室の受講生を先着順受付で募集した。

    ソウル市オーダーメイド型・週末韓国語教室の概要

  • 対象:韓国語を習いたいと思うソウルに住む外国人なら誰でも (韓国国籍取得者も申込可)
  • 日時:2013年8月31日(土)~12月15日(日) 毎週土・日曜日 午前10時~午後4時 (15週間)
  • 授業時間:週1回 90分間 午前クラス(10:00~11:30)/午後クラス(12:30~14:00)
  • 授業料:無料(教材は受講生が自分で購入する)
  • レベル:基礎クラス、初級クラス、中級クラス(各クラス20名)

* 申込み当日に韓国語のレベルテストを実施 / 先着順受付により、第2期受講生を選定

    ソウルグローバルセンターの韓国語講座は、2008年のセンターオープンの時から今まで続けてきた教育であり、申込み受付初日に定員に達して受付を終了するほど大変人気が高い。

    今まで世界各国から来た外国人受講生が講座に参加し、韓国語及び韓国文化、さらに出身国の様々な文化に触れて理解する貴重な機会を得ている。今年の上半期では計28ヵ国120名の受講生が参加した。また授業以外にも学期ごとに1回、文化体験イベントが行われる。

    韓国語講座についてのお問い合わせ
:ソウル女性家族政策室 外国人多文化担当官(☎2075-4107)
ソウルグローバルセンター(☎2075-4148)

    またソウル市は、今回の韓国語講座以外にも9月1日から「移動式韓国語教室」を実施する予定。
移動式韓国語教室の概要

  • 日時:毎週日曜日(9月1日以降)
  • 場所:漢城大学 漢城エデュセンター(鍾路区 明倫2街)
  • レベル:基礎・初級(2クラス)
  • 受付期間及び場所:8月25日(日)午前10時~午後12時まで、漢城大学漢城漢城エデュセンターにて受付

2013年オーダーメイド型・週末韓国語教室第2期 講座時間表

クラス名 曜日 時間 レベル 場所
入門クラス 10:00~11:30 韓国語の子音・母音からスタート ソウルグローバルセンター教育場
基礎クラス 10:00~11:30 ハングルを書く・読む。簡単なあいさつ及び自己紹介ができる。
初級クラス 12:30~14:00 「(名詞)です。」、「(名詞)ではありません。」
数字、日にち、時間が話せる。
初中級クラス 12:30~14:00 動詞・ 時制(過去·現在·未来)がわかる。

中級クス 10:00~11:30 否定文・疑問文が話せる。
中上級クラス 12:30~14:00 会話(討論)及び発音の矯正を中心に学習する。
基礎クラス 10:00~11:30 韓国語の子音・母音からスタート 漢城大学
漢城エデュセンター
初級クラス 10:00~11:30 動詞・時制(過去·現在·未来)がわかる。




ソウル市、首都圏最大級の「岩寺太陽光発電所」 30日稼動開始

    サッカー場を10ヵ所合わせたのと同じ規模の計7万6,800㎡の広さ。ここに設置された太陽光モジュールは1万9,700枚。工事に携わった人数は5,500人。これは今年の末までに拡張工事が終われば、公共敷地を活用した太陽光発電所としては韓国最大となる「岩寺(アムサ)太陽光発電所」を数値で表したものだ。特にソウル市は遊休空間を活用した民間資本のみ(137億ウォン)を利用し、環境にやさしいエネルギーを生産し、毎年賃貸料として1億2,500万ウォンの収入を得て、20年間では25億ウォンにいたる追加収入が得られることになる。

    岩寺アリス(阿利水)浄水センターにある首都圏最大級の太陽光発電施設「岩寺太陽光発電所」が30日から稼動を開始した。
「岩寺太陽光発電所」は、岩寺アリス浄水センターの浄水場沈殿池、ろ過池など使われていない既存施設の上端部を活用し、OCI株式会社と社団法人「エネルギーナヌムと平和」の計137億ウォンの民間資本を誘致して建設された。現在竣工を完了した太陽光発電施設の設置用量は5MWで、これは首都圏最大の規模だ。

    これは南部地方と比較したとき、日照時間が短い、建設費や維持費が高いなど悪条件の多い首都圏で初めて設置される大規模太陽光発電施設であり、ソウル市のエネルギー政策『原発1基削減事業』の推進結果が目に見えるように現われ始めたという点で大きな意味を持つ。

    さらに今年末までに高度処理施設など残りの敷地の設置工事が終われば、設置容量が計6.2MWに増え、単一公共敷地に設置される太陽光発電所としては韓国最大の規模になる。

    江東区(カンドング)岩寺洞(アムサドン)所在の「岩寺アリス浄水センター」でソウル市長、市議会議長、江東区庁長、地方区国会議員、 施工会社関係者など約200人余りが参加する中、岩寺太陽光発電所の竣工祝賀行事を行い、岩寺太陽光発電所の稼動を開始した。




国際環境機構「イクレイ東アジア本部」がソウルグローバルセンターに拡張移転

    世界最大級の国際環境機構である「イクレイ(ICLEI)東アジア本部」が7月30日(火)、ソウルグローバルセンター(鍾路区 鍾路38(瑞麟洞))に拡張移転した。

    イクレイは1990年、環境問題に関する地方自治体間の国際協力を図ろうと設立された。公式名称は『イクレイ-持続可能性を目指す自治体協議会』で、世界事務局(本部)と東アジア(ソウル)・南アジア(ニューデリー)・アフリカ(ケープタウン)など8つの地域事務局及び韓国(水原)・アメリカ(オークランド)など4つの国家事務所から構成されている。そして、イクレイには現在、84ヵ国にある1,000を超える自治団体及び自治団体連合機構が登録している。

    ソウル市は出入国管理事務所、国際仲裁センター、シティネット、外国公館などの公共機関及び国際機関が同じ建物内にあるため、相互の協力が円滑に行われ、業務の効率化が実現できると期待している。

    イクレイ東アジア本部は、今年の下半期に東アジア地域の環境に大きな影響を与えている中国各都市を対象に、気候・エネルギーなどイクレイ・ビジョンと連携したプログラムを実施し、中国各都市との国際的協力関係を強化するとともに、環境に対する関心を高めていく予定だ。

 




ソウル市35ヶ所のリサイクルセンター統合。「クリック」1回で価格比較!

    ソウル市は、25の自治区が運営する、35ヶ所のリサイクルセンターの情報を統合するウェブサイトをオープンし、本格的な運用を開始した。

    自治区が運営するリサイクルセンター(委託・指定)は、家電製品や家具類など、リサイクルが可能な大型廃棄物の再利用を促進するために設置された施設である。中古製品の中でも主に、冷蔵庫や洗濯機・TV・エアコンなどの家電製品や、家具類がお得な値段で購入できる。本年上半期(2013年1~6月)のリサイクルセンターの総運営実績は、収集量103,884点、販売量が93,991点、売上高は39億6千900万ウォンに達した。

    これまでリサイクルセンターは、個別に様々な業態で運営されてきた。自治区ごとに実情は異なるが、オンラインショッピングが可能なセンターもあれば、店舗での買い取り販売のみのセンターもあった。これら個々に運営されてきたリサイクルセンターをオンラインで統合し、一度にアクセス可能なウェブサイトを構築することにより、これまでにない便利なリサイクルショッピングが可能になると期待されている。統合アクセスが可能となることによって、複数のリサイクルセンターの製品情報を比較した上で購入できるようになり、市民の関心もこれまで以上に集まり、アクセスの増加も予想される。

    リサイクルセンターの統合ウェブサイトの URL は、(http://fleamarket.seoul.go.kr/rcmarket/index.do)である。

 




私が思うソウルが世界的映画監督の作品になるとしたら・・・『私たちの映画、ソウル/Seoul, Our Movie』

世界的に有名なパク・チャヌク&パク・チャンギョン監督(PARKing CHANce)は、ソウルを愛するグローバル市民の参加によって完成する『私たちの映画、ソウル/Seoul, Our Movie』を制作すると8月20日発表した。

『私たちの映画、ソウル/Seoul, Our Movie』は、グローバル市民が考えるソウルの姿を映像で撮影して応募したものをPARKing CHANceが選抜・編集し、ソウルをテーマにした映画を生み出すプロジェクトで、ソウル市が企画したグローバル・ブランド・マーケティング・プロジェクトの一環である。

ソウルを愛し、映像撮影が可能なグローバル市民であれば誰でも参加でき、今回の映画制作のために設けられた「YouTube公式カスタムチャンネル(www.youtube.com/seoulourmovie)」に映像を応募すればOK。

区分 内容
応募

スケジュール

受付期間(予定):2013.8.20.(火)~2013.11.9(土)、12週間

結果発表(予定):2013.11.22.(金)

試写会:2014.1.18(土)

参加資格

ソウルを愛し、映像撮影が可能なグローバル市民なら誰でも(制限なし)

提出形式 YouTubeにアップロードが可能なすべての形式のビデオファイル(スマートフォン映像も可能)

※ 動画のタイトルには、必ず「Seoul」を入れること

長さ

5分以内

ジャンル ドキュメンタリー、フィクション、再現ドラマ、セルフカメラ、写真を映像に編集(スライド)など

※ ただし、パロディは不可

テーマ

Working in Seoul, Made in Seoul, and Seoul

応募方法 1. www.youtube.com/seoulourmovieにアクセスし、購読をクリックして追加する。
2. 参加方法や注意事項をよく読む。
3. 参加映像テーマから1つを選択して映像を制作する。
4. 「ソウル」映画公募展サイトに(www.youtube.com/seoulourmovie)映像を掲載する。
※コメント投稿機能を利用してyoutube.comに掲載
5. 掲載した映像を個人のSNSを通じて広報し、「いいね!」と「ページビュー」を増やす。
6. 応募者は、必ず自分のYouTubeアカウントを使用して映像を登録する。

また、映像制作だけでなく、YouTubeのカスタムチャンネルにアップロードされた映像を見て好みのビデオを推薦し、映画制作にも参加できる。

公募された作品は、ヒット数や推薦数などYouTubeチャンネルにアップロードされた映像の人気度に基づいて月刊作に選ばれ、パク・チャヌク&パク・チャンギョン監督の審査を経て選定された最終作品は、映画の最終編集本に使用される。

パク・チャヌク&パク・チャンギョン監督は、応募作の中から厳選した映像をもとにストーリーを構成し、専門的な後半作業を経て一本の映画を完成することになる。

このようにして制作された『私たちの映画、ソウル/Seoul, Our Movie』は、来年1月に完成予定で、試写会やオンラインを通じて公開される予定だ。

最終受賞作に選ばれた応募者には、2泊3日ソウルを訪問して試写会に参加できる機会や、自動車、ノートパソコンなど豪華景品が贈られる。

詳細については、『私たちの映画、ソウル/Seoul, Our Movie』公式YouTubeチャンネル(www.youtube.com/seoulourmovie)と映画関連公式ブログ(www.seoulourmovie.net)を参照のこと。

映画制作の全般を陣頭指揮する予定のパク・チャヌク&パク・チャンギョン監督は、「多くの市民がソウルを愛する気持ちで参加する映画なだけに、グローバル市民の積極的な参加を待っている」という願いとともに、「今回の作品を通じてソウルそのものの姿を飾らないで込めたい」と、今回の映画制作の抱負を語った。

一方、独特のカラーと興味深いストーリーで作品性を認められているPARKing CHANceは、韓国人映画監督パク・チャヌク監督と、弟で韓国を代表するメディアアーティストのパク・チャンギョン監督の名前にちなんで作られた共同演出ブランドで、『波乱万丈』、『青出於藍』、『オダルスロー』、『V』合計4編の映像を制作している。

1.

監督/脚本PARKing CHANce(パク・チャヌク、パク・チャンギョン)


   

PARKing CHANceは、韓国映画界の巨匠パク・チャヌク監督と、韓国を代表するメディアアーティストのパク・チャンギョン監督の名前から作られたブランド

2.

PARKing CHANce(パク・チャヌク、パク・チャンギョン) Filmography


   

『V』(2013)、『青出於藍』(2012)、『オダルスロー』(2011)、『波乱万丈』(2010)

3.

パク・チャヌク Filmography


   

『イノセント・ガーデン』(2013)、『渇き』(2009)、『サイボーグでも大丈夫』(2006)、『親切なクムジャさん』(2005)、『美しい夜、残酷な朝』(2004)、『オールド・ボーイ』(2003)、『復讐者に憐れみを』(2002)、『JSA』(2000)他

4.

パク・チャンギョン Filmography


   

『万神』(2013公開準備中)、『生まれ変わりたい、安養で』(2010)、『シンドアン』(2008)、『飛行』(2006)、『パワー通路』(2004)他