ソウル広場アイスリンク

ソウル市で2018年12月21日から2019年2月10日まで計52日間運営するソウル広場アイスリンクの中心には、韓半島の姿が描かれています。ソウル広場アイスリンクは、ウィンタースポーツ文化体験と活力あふれる都市のために最上の条件を整えた文化空間で、屋外にはスケートリンクとカーリング体験リンク、室内にはVR文化体験ゾーンと「南北体育交流写真展」などを運営しており、訪れた市民は都心のど真ん中でウィンタースポーツをユニークに楽しむことができます。

住所:ソウル市チュン(中)区テピョンロ1街 54-3
場所:ソウル広場北側
アクセス:地下鉄1・2号線シチョン駅5番出口
運営期間:2018年12月21日~2019年2月10日
運営時間:日~木曜日 10:00-21:30/ 金・土曜日、祝日 10:00-23:00
利用料金:1,000ウォン(1回あたり1時間、スケート靴のレンタル料を含む)
*「ゼロペイ(Zero Pay)」で決済を行う場合、入場料の30%(300ウォン)を割引
ホームページ: http://www.seoulskate.or.kr/
お問い合わせ:82-2-723-4403

ソウル広場アイスリンク

ソウル広場アイスリンク

ソウル広場アイスリンク

ソウル広場アイスリンク

ソウル広場アイスリンク

ソウル広場アイスリンク

ソウル広場アイスリンク

ソウル広場アイスリンク




大韓聖公会・ソウル主教座聖堂

ソウル市有形文化財第35号。敷地面積1,346坪に建坪300坪で建てられた3階建ての建物で、花崗岩と赤いレンガを組み合わせて築かれた建物である。この建物は1890年に韓国に赴任した初代主教のコーフェ(Corfe,C.G.)により1922年に着工され、1926年5月2日に完工した。ロマネスク様式で設計された本格的な建築様式を備えている点で、歴史的意義が大きい建物である。

住所:ソウル市チュン(中)区セジョンデロ21ギル15
アクセス:地下鉄1・2号線シチョン駅3番出口
規模:地下1階~地上3階
利用時間:月~土(11:00-16:00)、日曜日は休業
お問い合わせ:82-2-730-6611
ホームページ:http://www.cathedral.or.kr

大韓聖公会・ソウル主教座聖堂

大韓聖公会・ソウル主教座聖堂

大韓聖公会・ソウル主教座聖堂

大韓聖公会・ソウル主教座聖堂

大韓聖公会・ソウル主教座聖堂

大韓聖公会・ソウル主教座聖堂

大韓聖公会・ソウル主教座聖堂

大韓聖公会・ソウル主教座聖堂




ヨルジョンド(熱情島)

かつて印刷所や出版社、小さな工場が集まっていた地でしたが、若者たちがそこにあった古い建物を改造し、小さなお店を開いたことをきっかけに再び活気を取り戻した場所です。ヨルジョンド(熱情島)は約2年間で40店ほどのレストランやお店などがオープンして賑わっており、多彩なメニューが揃っているため会社員に愛される飲み会スポットになりました。住商複合の高層ビルの間にひっそりと隠れるように存在しているさびれた小路は、まるで都心の中にぽつんと浮かぶ小島のようで、だがこの島には情熱があふれているという意味を込めて「ヨルジョンド(熱情島)」という名がつけられました。キュートなインテリアの店舗が集まり、暖かな雰囲気をつくりあげています。メインストリートの脇にはカフェや工房などもあります。

住所:ソウル市ヨンサン(龍山)区ウォンヒョロ1ガ
アクセス:地下鉄1号線ナミョン駅1番出口

ヨルジョンド(熱情島)

ヨルジョンド(熱情島)

ヨルジョンド(熱情島)

ヨルジョンド(熱情島)

ヨルジョンド(熱情島)

ヨルジョンド(熱情島)

ヨルジョンド(熱情島)




ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘

ポシンガク(普信閣)は1396年に現在のインサドン(仁寺洞)入口に建立され、当時は「チョンガク(鐘閣)」という名であった。1895年にチョンガク(鐘閣)からポシンガク(普信閣)という名に変更された。毎年、12月31日から翌年の1月1日となる午前0時に鐘を33回打って新年を迎えるイベントが開催されている。打鐘イベントの際に鐘を33回打つのは、ポシンガク(普信閣)が早朝4時ごろに4大門の開門を知らせるため33回打ち鳴らされたことに由来している。
アクセス:地下鉄1号線チョンガク駅4番出口

ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘

ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘

ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘

ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘

ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘

ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘




ロッテワールド・クリスマスミラクル

11月10日から12月31日までの計52日間にわたって「クリスマスの奇跡、プレゼント、幸福、サンタクロース」をテーマにしたウィンターシーズンイベント『クリスマスミラクル』が開催されました。このイベントは、クリスマスムード満載の「ミラクルヴィレッジ」へと変身したロッテワールドを背景に繰り広げられます。

[ロッテワールド・クリスマスミラクル]
期間:2018年11月10日~2018年12月31日
住所:ソウル市ソンパ(松坡)区オリンピックロ240
ご利用料金:1dayチケット基準 – 大人54,000ウォン、中人48,000ウォン、小人45,000ウォン、ベビー14,000ウォン
アクセス:2・8号線チャムシル駅4番出口
ホームページ: http://adventure.lotteworld.com
電話番号:1661-2000

ロッテワールド・クリスマスミラクル

ロッテワールド・クリスマスミラクル

ロッテワールド・クリスマスミラクル

ロッテワールド・クリスマスミラクル

ロッテワールド・クリスマスミラクル

ロッテワールド・クリスマスミラクル

ロッテワールド・クリスマスミラクル




ホンジェドン(弘済洞)ケミマウル(村)

ソウル市ソデムン(西大門)区ホンジェドン(弘済洞)に位置するケミマウルは、今やソウルでは数少なくなったタルトンネ(小高い丘にある村)であります。1万5,000坪の面積で約210世帯420人の住民が居住しています。傾斜のきつい上り坂が特徴で、公共美術プロジェクトを通じて壁画が描かれてから、訪問客が一挙に増加しました。

住所:ソウル市ホンジェ3ドン(弘済3洞)9-81
アクセス:3号線ホンジェ駅2番出口前でマウルバス7番に搭乗

ホンジェドン(弘済洞)ケミマウル(村)

ホンジェドン(弘済洞)ケミマウル(村)

ホンジェドン(弘済洞)ケミマウル(村)

ホンジェドン(弘済洞)ケミマウル(村)

ホンジェドン(弘済洞)ケミマウル(村)

ホンジェドン(弘済洞)ケミマウル(村)

ホンジェドン(弘済洞)ケミマウル(村)




COEX

1979年3月に開館して以来、グローバルな展示会と国際会議を開催することで国際交流の場となっており、グローバルビジネスインフラを取り揃えた最高の展示文化スポットかつ観光スポットとして、アジアMICEビジネスの中核的地位を占めています。COEX(コエックス)は地上1階から4階まで、計4つの展示場と50個の会議室、そして最高の利便施設と公演場、オフィス空間を備えています。また、貿易センターの名所化とグローバル化のため、文化とビジネスプラットフォームとして進化・発展しています。

住所:ソウル市カンナム(江南)区ヨンドンデロ613
アクセス:2号線サムソン駅6番出口
ホームページ:http://www.coex.co.kr/
お問い合わせ:82-2-6000-0114

COEX

COEX

COEX

COEX

COEX

COEX

COEX

COEX




トゥクソム・ハンガン(漢江)公園とJ-Bug(チャボルレ)

トゥクソム・ハンガン(漢江)公園は、ソウル市界からチュンナンチョンギョ(中浪川橋)までの11.5kmの長さを持ち、ハンガン(漢江)公園が造成されるよりも前から川辺にある遊園地として有名だったスポットです。水上では爽快な風を感じながら浪漫と若さを満喫できる水上スポーツが活発に繰り広げられています。
J-Bug(チャボルレ)は、トゥクソムの展望文化空間としてハンガン(漢江)を訪問するすべての市民の文化休憩所であり、アマチュアアーティストのためのチャンスの空間でもあります。トゥクソム・ハンガン(漢江)公園について市民の興味をますます惹きつけることができる象徴的なオブジェであり、公園を訪れる訪問客のための休息施設、利便施設、文化施設をより充足させるために造成された空間です。

[トゥクソム・ハンガン(漢江)公園]
住所:ソウル市クァンジン(広津)区カンビョンブクロ139
施設案内:運動施設、釣り場、自転車道、プール、遊覧船船着場
アクセス:7号線トゥクソムユウォンジ駅2・3番出口
お問い合わせ:82-2-3780-0521

[J-Bug(チャボルレ)]
住所:ソウル市クァンジン(広津)区チャヤンドン(紫陽洞)97-5
アクセス:7号線トゥクソムユウォンジ駅3番出口と連結
観覧料:無料
運営時間:1階(3~10月:10時-24時/11~2月:10時-23時)
2、3階(1~12月:10時-18時)

Gongpyeong Historical Sites Museum

Gongpyeong Historical Sites Museum

Gongpyeong Historical Sites Museum

Gongpyeong Historical Sites Museum

Gongpyeong Historical Sites Museum

Gongpyeong Historical Sites Museum

Gongpyeong Historical Sites Museum

Gongpyeong Historical Sites Museum




行き詰まりがなくなる「徳寿宮トルダムキル」12月7日から全区間開放

  • 徳寿宮(トクスグン)トルダムキル(石垣道)の全区間(1,100m)を連結、4年間の努力の成果
  • 昨年8月一部区間(100m)を開放してから、ソウル市と文化財庁が全区間を繋ぐために努力
  • 徳寿宮内の塀沿いに新しい道づくり、大使館の正門前に出入り口の設置、傾斜路の工事を推進
  • 7日10時に公式開放記念式を開き、パク・ウォンスン市長、文化財庁長、在韓英国大使が出席

都心の中のお散歩スポットで知られている徳寿宮トルダムキル。その道を辿っていると、英国大使館の正・後門が途中にあり、行き詰まってしまった。しかし、これからは、徳寿宮トルダムキル全体(1,100m)を行き詰まらず歩けるようになる。

ソウル市は、途切れていた徳寿宮トルダムキルを市民に取り戻すため、2014年初めて英国大使館の門を叩いた。それ以来、4年にかけて、ソウル市・英国大使館・文化財庁が協力し、協議の積み重ねで成し遂げた成果といえる。

昨年8月、徳寿宮トルダムキルの未開放区間の一部(大使館職員寮の前~英国大使館後門の100m)が開放された。それでも開放されていなかった70m区間(英国大使館後門~正門)も、ソウル市と文化財庁が共同で努力し、1年3ヵ月で開放されることになったのだ。ソウル市と文化財庁は、今年1月17日、本プロジェクトの共同推進のためのMOUを締結し、本件が4月に文化財審議を通ることで、12月初めに工事を終えることができた。この道は、12月7日(金)から正式に開放される。

ソウル市と文化財庁、中区庁の緊密な協力の下、歩道づくりが進められた。ソウル市は、英国大使館正門から世宗大路(セジョンデロ)までのトルダムキルを、模様を入れて再包装し、トルダムキルの塀に似合うボラードも設け、歩行スペースを確保した。また、中区庁と協力して、ムードのある照明も塀沿いに設置した。

一方、文化財庁(徳寿宮管理所)が管理する徳寿宮内側の歩行路は、徳寿宮建物の安全問題もあって、徳寿宮の観覧時間である午前9時から午後6時まで開放し、毎週月曜日は、徳寿宮の休みのため、開放しない。




コンピョン(公平)都市遺跡展示館

2015年におけるコンピョン(公平)1・2・4地区の都市環境整備事業を推進する過程で、朝鮮のハニャン(漢陽)から近代のキョンソン(京城)に至る歴史都市・ソウルの路地と建物跡が原形をよくとどめた状態で発掘されました。そこでソウル市は、都市の遺跡と記憶を本来の場所でそのまま保存するため、コンピョン(公平)都市遺跡展示館を造成し、2018年9月12日に開館しました。2014~2015年にかけて実施された発掘調査を通じて、朝鮮初期から日本による植民地時代に至るまで計108棟の建物跡と路地などの遺構や約1,000点を超える生活遺物が確認され、復元されました。各建物跡別に1/10縮小模型、仮想現実VR体験など多彩な展示方法を通じて16~17世紀におけるハニャン(漢陽)の姿を紹介しています。これにより、朝鮮時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わいながら、朝鮮時代から現代に至るまで使われている通りを直接歩くことができます。

住所:ソウル市チョンノ(鍾路)区ウジョングクロ26、地下1階
アクセス:地下鉄1号線チョンガク駅3-1番出口
開館時間:午前9時~午後6時
休館日:1月1日、毎週月曜日
観覧料金:無料
お問い合わせ:82-2-724-0135

コンピョン(公平)都市遺跡展示館

コンピョン(公平)都市遺跡展示館

コンピョン(公平)都市遺跡展示館

コンピョン(公平)都市遺跡展示館

コンピョン(公平)都市遺跡展示館

コンピョン(公平)都市遺跡展示館

コンピョン(公平)都市遺跡展示館




ワールドカップ公園

ワールドカップ公園はソウルの西側に位置し、2002 FIFAワールドカップの開催と新しいミレニアムを記念するため、ナンジド(蘭芝島)廃棄物埋立地を安定化・公園化することによって270万㎡の面積を持つ大規模な環境・生態公園として造成されました。代表的な公園である平和の公園をはじめ、ハヌル公園、ノウル公園、ナンジチョン(蘭芝川)公園、ナンジ(蘭芝)ハンガン(漢江)公園の5つのテーマ公園に分かれています。

開園時間:毎日00:00~24:00
*ただし、夜間には生態系の保護のため、出入りが統制されます。(11月~12月の公園統制時間:19:30)
住所:マポ(麻浦)区ハヌルゴンウォンロ84(ワールドカップ公園)
アクセス:地下鉄6号線ワールドカップ・キョンギジャン駅1番出口
お問い合わせ:82-2-300-5500
ホームページ : http://parks.seoul.go.kr/template/sub/worldcuppark.do

ワールドカップ公園

ワールドカップ公園

ワールドカップ公園

ワールドカップ公園

ワールドカップ公園

ワールドカップ公園

ワールドカップ公園




2018ソウルキムジャン文化祭

韓国では昔からキムジャン(キムチ作り)をする日はお祭りでした。世界的にも認められているキムジャンはユネスコ無形文化遺産に登録され、キムチは世界の人々が愛するウェルビーイングフードの代表となりました。ソウルは2014年の第1回キムジャン文化祭を皮切りに、キムジャンをお祭りとして表現し、韓国の伝統文化を継承してソウルを代表するグローバル文化祭りへと発展させてきました。2018年のソウルキムジャン文化祭は5千人が一丸となり、ともにキムチ作りをするソウルキムジャンガンをはじめ、キムチマーケットやキムチ100選など、体験を通じて味わいながら楽しめる多彩なプログラムを準備しました。

日時:2018年11月2日(金)~4日(日)、計3日間

場所:ソウル広場、ムギョロ

ホームページ: http://seoulkimchifestival.com/2018_temp/

2018ソウルキムジャン文化祭

2018ソウルキムジャン文化祭

2018ソウルキムジャン文化祭

2018ソウルキムジャン文化祭

2018ソウルキムジャン文化祭

2018ソウルキムジャン文化祭

2018ソウルキムジャン文化祭