応援コメントを残して、景品をお受け取り下さい。
インチョン(仁川)国際空港の第2ターミナルがオープン
ナムサン・ハノクマウル(南山韓屋村)立春イベント
Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

ソウル通信

  • 3D立体写真で見る約120年前のソウルの風景

    3D立体写真で見る約120年前のソウルの風景

    ソウル歴史博物館では『1904立体写真で見るソウルの風景』展を開催する。アメリカやオーストラリア、日本などで製作されたこれら立体写真は主に1904年前後に撮影・製作されたものである。この時代のソウルには、遠くからはハニャン(漢陽)都城が見え、瓦屋根の家屋など伝統的な風景がそのまま残っている。それとともに大韓帝国の宣布後、コジョン(高宗)皇帝が推進した様々な改革や近代化政策の産物も同時に見られ、相反するものたちが共存している。 今回の展示会では、写真を撮った場所が確認できる場合、1902年当時の地図の上に写真を置いてその位置がわかるようにした。また、その写真に立体鏡の原理を適用したレンズケースをかぶせ、当時の人々が立体写真を見た方法で観察できるようにした。 とくに、1904年のソウルの姿を大型3Dで見られるよう立体写真をアナグリフ(Anagliph)に変換し、3D赤青メガネを使って立体的に見えるようにした。さらに1912年に撮影されたソウルに関する動画も大型画面で上映する予定だ。 < 展示の概要 > 展示期間:2018年2月23日~4月8日 展示会場:ソウル歴史博物館、企画展示室(1階) 観覧料金:無料 観覧時間 平日:午前9時~午後8時 土曜日・日曜日・祝日:午前9時~午後6時(3月からは午後7時まで) ※休館日:毎週月曜日(祝日を除く) ホームページ : www.museum.seoul.kr お問い合わせ:82-2-724-0274 3D立体写真で見る約120年前のソウルの風景 電車が走っているスンニェムン(崇礼門)の外の風景 クァンファムン(光化門)の前にあるヘテ像

    2018/02/22

  • ソルラル連休中も診療する病院、120・119から予め確認しておきましょう

    ソルラル連休中も診療する病院、120・119から予め確認しておきましょう

    ソウル市は、ソルラル名節の連休期間である2月15日から2月18日まで市民の安全に万全を期すべく、応急診療状況室を設置し、救急および当直を行う医療機関・休日薬局を指定し運営する。 ソウル市内にある67か所の救急医療機関と総合病院の救急室は普段通り24時間運営され、当直医療機関は診療時間を確認して利用する必要がある。救急医療機関としては、ソウル医療院など地域の救急センター31か所、ソウル市東部病院など地域救急医療機関20か所、ソウル市西南病院など救急室を持つ病院16か所などの合計67か所が診療を行う。 当直医療機関では、連休の間に患者の1次診療を行うため、救急医療機関でない病院・医院1,091か所にて救急診療サービスを提供する予定である。休日薬局は、市民の便益のため当直医療機関の近くにある薬局が指定されており、ソルラル連休の間に3,269か所が運営される予定である。 近所にある連休期間中も診療可能な病院・医院や薬局については、電話・インターネット・スマートフォンアプリを通じて簡単に探すことができる。119救急状況管理センター、ソウル市及び自治区、中央応急医療センターのホームページからも確認できる。局番なしで119や120の茶山(ダサン)・コールセンターに電話し、案内を受けることもできる。胃腸薬、解熱剤、風邪薬、湿布などの4種類(13品目)は、コンビニなど安全常備医薬品販売店舗7,088か所で簡単に購入することができる。

    2018/02/14

もっと +

情報コミュニケーションプラザ
follow us on twitter
韓国語無料講座
pyeongchang2018
Arrow
Arrow
Slider
dasan call icon

お問い合わせ: (02)120 + 93
お問い合わせ時間:月~金(平日) 09:00~19:00

  • facebook
  • flicker