Go to Main Content Go to Footer Content
1 /

ソウル通信

防弾少年団(BTS)がMAMAで『I•SEOUL•U 感謝杯』授賞•

2018/12/14

防弾少年団(BTS)がMAMAで『I•SEOUL•U 感謝杯』授賞•

グローバルミュージック授賞式『MAMA(Mnet Asian Music Awards) 』のレッドカーペットにて、ソウル市から最高のワールドスター防弾少年団(BTS)に、ソウル市I•SEOUL•U感謝杯が授与されました。 防弾少年団は2017年から現在に至るまでソウル市の観光広報大使を務めています。ソウルソング『with Seoul』を全世界に広めたことにより、ソウルの観光や韓流カルチャーがポジティブで友好的な都市イメージを与える大きな役割を果たしました。 (ソウルソング“with Seoul”は、12月5日時点で64万ビュー、ミュージックビデオ658万ビューを記録。ソウル市観光広報映像を全8本を撮影し、約120ヶ国で配信されています。) 今回のソウル市とCJ ENMの協約は2018年4月にお互いの韓流活動、海外都市マーケティング推進のため業務提携を基に進められています。今年4月に日本で行われたKCONをはじめとして、12月のMAMAは成功的なマーケティング事例となりました。 今年の防弾少年団の『I•SEOUL•U賞』受賞の瞬間は、日本や東南アジア、アメリカなど全世界200ヶ国で視聴可能ということもあり、グローバル韓流ファンが持つ、ソウル都市認知度と好感度がより一段と高くなることを期待しています。 ソウル市は『2018 MAMA in HONG KONG』のレッドカーペットで、防弾少年団への感謝杯を授与した他、MAMA生中継での字幕の協賛、ステージのバックウォールにロゴを掲載するなどの協力を実施。 ソウル市の市民疎通企画官であるユ•ヨンシク局長は、『防弾少年団の音楽的才能以外にも、Love Myselfというグローバルアジェンダにおいて、全世界の若者達のリーダーとしての防弾少年団のイメージが、ソウルのポジティブなイメージを伝えてくれたという点で、とても大きな功を奏したと思います。』と称賛し、感謝の意を伝えるためにI•SEOUL•U感謝杯を授与すると述べました。
ソウル市、年末を迎えて市内バス88路線の終発時間を延長

2018/12/13

ソウル市、年末を迎えて市内バス88路線の終発時間を延長

ソウル市では、2018年12月17日から12月31日の夜(2019年1月1日早朝)まで14日間、ソウル市の主要スポットを通る88のバス路線について、終発時間を延長する。夜12時以降の乗客数を考慮して、日曜日の夜(12月23日、12月30日)には終発時間の延長をせずに現在の終発時間を維持する予定だ。 年末には深夜時間帯における市民の移動ニーズが増加するため、夜12時以降のバス乗降者人数が他の時期より約26.1%増加するという結果が出ている。 ソウル市は、市内バスの終発時間延長により、年末に一時的に増加する深夜利用ニーズを満たすだけでなく、従来のオルペミバス(9路線)および2018年12月1日から運行中の年末カスタマイズ型オルペミバス(4路線)との連携を高め、深夜時間帯でもソウルの隅々に至るまで帰宅するのに困難がないようにする。 市民が深夜時間帯まで活発に移動する11のスポット(ソウル駅、チョンノ(鍾路)2街、ミョンドン(明洞)、クロ(九老)、ヨンドゥンポ(永登浦)、ヨイド(汝矣島)、シンチョン(新村)、ホンデイック駅、カンナム駅、ヨクサム(駅三)、コンデ(建大)入口)を選定した。これらのスポットでは、午前1時まで市内バスに乗ることができるよう運行する予定だ。 対象路線はソウル駅を通る3路線、チョンノ(鍾路)2街の12路線、ミョンドン(明洞)4路線、カンナム駅11路線など計88路線である。終発延長の対象路線には車両内部(フロントガラス)に案内文を貼り付ける。 主要スポット別終発時間延長運行路線(88路線) 主要スポット別終発時間延長運行路線(88路線) 主要スポット 運行路線 チョンノ(鍾路)2街(12路線) 103、501 101、160 260、262、273、370 270、470 721、7212 ソウル駅バス乗換センター(4路線) 401(午前01:45まで延長運行)、708 261、701 ミョンドン(明洞)(4路線) 104、463 105、507 コンデ(建大)入口(6路線) 2222、4212 240、2016、3217 3220 シンチョン駅(4路線) 7011 707(午前2時まで延長運行)、7611、7713 ホンデイック駅(14路線) 271、761、7612 602、603、604、5712、5714、6712、6716 153 7016、7711、7737 クロ駅(3路線) 503、5615 5626 ヨイド(汝矣島)(7路線) 6654 6623 461、5623 753 7613 5713 ヨンドゥンポ(永登浦)(19路線) 641、650、5012、6514、6516、6629 5625 605、661、6628、6631 5616 600、5618、6512、6513、6515 670、6637 カンナム駅(11路線) 440、441、9408 140、144、145、741 640 4412...   Read more
ソウルロ7017のクリスマスプログラム

2018/12/12

ソウルロ7017のクリスマスプログラム

ソウルロ7017が冬を迎えてクリスマスムードに染まる。ソウルロに植栽された花や木は冬越しの準備に入るが、その場所に12星座とさまざまな彩りの照明が設置され、星降る冬の夜景を演出する計画だ。 「星灯りが降り注ぐソウルロ」という名称で進行される照明演出は、冬を越すために藁を巻かれたソウルロの植物を活用して、みずがめ座からやぎ座までの12星座を演出し、幻想的な夜景とするものである。 特に、ソウルロで最も人気の高い区間である木蓮マダン~ソウル駅広場の上部区間には、星座の照明以外にもボール型ライト、イメージ投影ライト、天の川照明などを集中的に設置する。 645個の円形の樹木鉢ではこれまでディープブルー色だった一般の夜間照明とは異なり、今回の「星灯りが降り注ぐソウルロ」イベント期間にはイェローやホワイトなど暖かな色の光の組み合わせにより華やかな演出がなされる。 また、ソウルロの夜間照明と連携し、天体望遠鏡で星を観測できるプログラムが12月12日、13日、17日、18日、19日の19時から21時まで計5回開かれる。 事前申し込みを行った小学生及び家族を対象に1回あたり15名までが定員で、特に今回のプログラムはソウルロの近辺地域の児童センターと連携して進行されるため、より意義深いものとなる予定だ。 詳細に関しては、ソウルロホームページ(http://seoullo7017.seoul.go.kr)から確認することができ、すべてのプログラムは無料で参加することができる。 「星灯りが降り注ぐソウルロ」概要 [ソウルロ景観照明演出] 日時:2018年12月12日~2019年2月28日 位置:ソウルロ7017高架上部のソウルロ展示館~木蓮マダン区間 設置内容 – LEDボール型ライトを利用した照明設置演出 – LED電球を活用して12のツリーポットに星座を演出 [星座観測プログラム] 日時:2018年12月12日~20日(計5回) 19:00~21:00(12日、13日、17日、18日、19日)※悪天候による予備日 14日、20日 場所:あじさい食パン、バラマダン※観測対象およびその他の都合により場所変更の可能性あり 参加対象:ソウルロ近隣地域の住民(家族単位)2回 内容:天文についての講演(1時間)、手作りプログラム(30分)、観測(30分) 2018ソウルロパレードフェスティバルvol.4 サンタの帽子大行進イベント概要 2017年のクリスマスに開催され、大好評を博したサンタの帽子大行進をさらに発展させた。冬のソウルロの空間構成に似合うコンテンツを用意して、年末年始にソウルロに訪れる訪問客のためのイベントを開催する。 概要 イベント名:2018ソウルロパレードフェスティバルvol.4. サンタの帽子大行進 日時:2018年12月22日(土) 16時~17時30分 場所:ソウルロ7017(バラステージ~木蓮ステージ区間) 内容:ソウルロサンタパレードを中心にクリスマスイベントを展開 2018ソウルロパレードフェスティバルvol.4 日時 木蓮ステージ バラステージ 区分 詳細内容 区分 詳細内容 15:30 ~16:30 イベント フォトタイム イベント フォトゾーン:バラステージで写真撮影 16:10 ~16:30 公演 サーカスジャグリング 16:30 ~17:00 パレード サンタパレード(木蓮ステージ→バラステージ)...   Read more
  • VISIT SEOUL NET
  • MICE SEOUL
  • Seoul Global Center
  • Invest SEOUL
  • Air Quality Information SMS Notification Service

市長からのメッセージ

ソウル市長 朴元淳(パク・ウォンスン)

ソウル市長の、
パク・ウォンスンです

ソウル市外国語ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。

もっと >

プロモーション

1 /
I·SEOUL·U

「I·SEOUL·U(あなたと私のソウル)」は、ソウルに共存する様々なものを分かち合える関係指向型ブランドとして開発されました。

もっと >