9月25日~10月5日は「外国人観光客歓迎期間」

外国人観光客の訪問がピークに達する秋のシーズンを迎え、9月25日~10月5日の11日間にわたり、ソウル市内の7つの観光特区で「2014年秋の外国人観光客歓迎期間」を実施します。

▶ 7つの観光特区:イテウォン(梨泰院)、ミョンドン(明洞)、ナムデムン(南大門)、プクチャンドン(北村洞)、トンデムン(東大門)ファッションタウン、チョンロ(鐘路)・チョンゲ(清渓)、タドン(茶洞)・ムギョドン(武橋洞)

今年の春に続き2回目の実施となる「外国人観光客歓迎期間」は、観光特区を訪れる外国人観光客がソウル市民の温かい歓迎の雰囲気を肌で感じ、ソウル観光のイメージアップを図ろうと推進される事業です。2014年5月1日~11日の1回目の実施では、1万6139人が臨時観光案内所(7カ所)を訪れ、観光案内ガイドの親切なサービスに高い満足度を示すなど好評でした。この事業は、2014年の訪問客数が最も多かった中国人観光客をターゲットに実施され、2015年からは日本や東南アジアなどにも拡大して実施される予定です。


中国 日本 米国 台湾 フィリピン 香港 タイ ……
1217万人
(100%)
433万人
(35,5%)
275万人
(22,6%)
72万人
(5,9%)
54万人
(4,5%)
40万人
(3,3%)
40万人
(3,3%)
37万人
(3,1%)
……

< 2013年に来韓した外国人観光客の数が多かった上位7カ国の構成比 >

イベントの期間中は、各観光特区にストリート・バナーや横断幕といった歓迎の掲示物が所々に設置され、臨時観光案内所ではソウル・ガイドマップなど各種広報物が配布されるほか、外国語を話せる案内ガイドが常駐するとともに、韓国訪問委員会の親切大使がボランティアとして参加して案内サービスを提供します。

臨時観光案内所では、外国人観光客を対象に自国への記念葉書の発送イベントが実施されます。このイベントは今年の春も実施され、外国人観光客に大好評で、1890枚が海外に発送されました。また、伝統うちわと飲食店割引クーポンの贈呈や韓服フォトウォールの設置といったイベントも実施されるほか、案内所の周辺ではジャズバンド公演やアコースティックギター演奏、Kポップダンスなど小規模のバスキング公演が連日開かれます。

バスキング(busking) : ストリートで演奏や歌、ダンスなど自由に公演すること

一方、イベント期間中の週末は、祭典の雰囲気を盛り上げるために楽しい風物遊びやブラスバンドのパレードなどが観光特区のストリートで巡回公演され、観光客だけでなく市民も楽しめる機会となりそうです。

歓迎週間運営本部 :

  • – ソウル特別市観光協会 ☎ 02-757-7482
  • – ミョンドン(明洞)観光情報センター ☎ 070-4923-9136
  • 臨時観光案内所
  • ストリート・バナー
  • 記念葉書発送イベント
  • フォトウォール
  • ブラスバンド
  • Kポップダンスチーム
  • 風物遊び
  • 伝統うちわ