Go to Main Content Go to Footer Content

プレスリリース

A A
  • 7月1日から史上最大級の「ソウルサマーセール」開催…個人観光客取り込みへ

  • SMG 40
    image_pdfimage_print
    • – 7月1日から1か月間、ソウル最大のショッピング観光祭典「2018ソウルサマーセール」開催
    • – 中国、東南アジアの個人観光客(FIT)をターゲットに体験、グルメ、宿泊業種の参加企業を拡大
    • – グローバルキャラクターLINE FRIENDSがソウルサマーセールをPR、空港鉄道などと共同マーケティング展開

    ソウル市とソウル観光財団は7月1日から7月31日までの1か月間 、ソウル最大のショッピング観光祭典「2018ソウルサマーセール(Seoul Summer Sale)」を開催すると発表した。この催しは、ソウル全域で外国人観光客を対象に行われ、百貨店、免税店、大型マート、運航、ホテルなど、多くの外国人観光客が利用する様々な業種の企業が参加し、外国人向けの多様なセールイベントを行う。

    参加企業も史上最多で、昨年より70社多い203社(1,537店舗)が31日間の今回のセールイベントに参加する。とりわけ今年は、増え続けている東南アジアと中国の個人観光客(FIT:Free Independent Tourist)を取り込むために、優れたプラットフォームとの提携を通じて「体験」、「グルメ」、「宿泊」部門の参加企業を大幅に拡大した。

    ソウル市は、外国人観光客にサマーセールの実施を広く知らせるために、ミニスタンドやウィンドウフラッグなどを使った広報マーケティングも幅広く展開する計画である。

    ショッピング客の主流を占める中国、日本、東南アジア圏の20~30代の若い女性個人観光客(FIT)をターゲットに、グローバルキャラクターとして大きな人気を集めている「ラインフレンズ(LINE FRIENDS)」のキャラクターを起用し、オンラインイベント、バイラル動画制作、グローバルメッセンジャー「ライン(LINE)」との共同オンラインマーケティングなど、海外へのPR効果を最大限に発揮すべく準備を進めている。セールイベントの認知度を高めるために、すでに台北、上海、ベトナムでのロードショー、シンガポールでのABM(アカウントベースドマーケティング)など、海外での説明会や展示会を通じて現地の外国人を対象としたプロモーションを展開した。

    今後、公式ホームページ、Visit Seoulの公式SNSチャンネル、Weiboなどでの広報活動や、オンラインでの事前ブームアップイベントも実施する計画。

    ※ オンライン事前ブームアップイベント:「暑さからの脱出」をコンセプトにしたオンライン迷路探索イベント

    外国人が韓国に到着後、初めて降り立つ仁川国際空港では、電光掲示板でウェルカムメッセージを流すとともに、参加企業情報を載せた公式リーフレットと割引クーポンなどが入った「ウェルカムキット」を5万部配布する予定。なお、空港鉄道の運営事業者であるKORAILと協力し、外国人が主に利用する空港鉄道(AREX)の車両にサマーセールのラッピングを施す共同プロモーションをイベント中に展開する計画。

    また今年は初めて、外国人観光客が割引に関する情報を手軽に得られるようモバイルクーポンを制作した。モバイルクーポンは、サマーセール公式ホームページからダウンロードできる。イベント参加店舗を訪問しクーポン画面を提示すれば割引が適用される。

    さらに、外国人観光客の満足度向上のために、全ての参加企業を対象に事業説明会と店頭販売員のサービス教育も実施した。イベント中も引き続きセールへの参加状況や外国人観光客の応対などについてモニタリングを行う。

    ソウル市観光政策課のキム・ジェヨン課長は、「ソウルサマーセールでショッピングの割引特典を提供することで外国人観光客のソウル訪問を促し、ソウル旅行の満足度が高まることを期待したい」、「中国、日本、東南アジアなどの個人観光客(FIT)が一人でも多くサマーセール参加店舗を訪れるようにし、売上増大にも貢献できるようにソウル市が積極的にサポートしていく」と話す。

    【2018ソウルサマーセールメインビジュアルイメージ】

    2018ソウルサマーセールメインビジュアルイメージ

    【2018ソウルサマーセール公式リーフレットイメージ(8×21㎝)】

    2018ソウルサマーセールメインビジュアルイメージ