Go to Main Content Go to Footer Content

プレスリリース

A A
  • 30日(金)、ソウルの夜を明るく彩るパムトッケビがやってくる

  • SMG 118
    image_pdfimage_print
    • – 3月30日~10月29日、ソウルホットスポット6か所で運営、規模も開催地も拡大
    • – フードトラック190台、一般商人360チーム、商品購入・体験のチャンスも
    • – ワールドミュージック(汝矣島)、パムトッケビ(盤浦)、美味しいコンサート(DDP)、タイムスリッププロジェクト(清渓川)などで開催
    • – 市、青年創業者には販売機会に、小商工人には自立の土台になるよう運営を継続していきたい

    2017年の1年間、494万人を惹きつけたパムトッケビが再びやってくる。昨年、ソウル・パムトッケビナイトマーケットは2017年ソウル10大ニュースに選ばれるほど大きな反響を呼んだ。

    ソウル市は「ソウル・パムトッケビナイトマーケット」に対する市民の高い関心や応援に応えるべく、今年からナイトマーケットを前年の5か所から6か所に拡大し運営する。汝矣島、盤浦、DDPのナイトマーケットは3月30日(金)に、清渓川、文化備蓄基地のナイトマーケットは3月31日(土)にオープンする。清渓広場はシーズンマーケットとして運営され5月にオープンする。

    ソウル・パムトッケビナイトマーケットは、昨年人気だった①汝矣島漢江公園(水色広場) ②盤浦漢江公園(月光広場) ③東大門デザインプラザ(パルゴリ広場) ④清渓川(毛廛橋~広橋)と、昨年のテスト運営を経て新たに注目を浴びている⑤文化備蓄基地(文化マダン)が会場に加わり、 ⑥清渓広場シーズンマーケット(5月オープン予定)と合わせて6か所で開催される。

    世界中から集まった商人が参加するグローバルナイトマーケット、美しい夜景と噴水をバックに、ロマンチックでアーティスティックなムードを演出する夜店、韓国情緒たっぷりのトラベラーズマーケットなど、今年のソウル・パムトッケビナイトマーケットは、地域の特徴を生かした伝統公演、マジックショー、アコースティックライブなど様々な文化プログラムが常時開催され、来場客は多彩なイベントを楽しめる。

    場所

    コンセプト

    内容

    運営時間

    汝矣島漢江公園

    汝矣島漢江公園(水色広場)

    ワールドナイト
    マーケット

    漢江の夜景を眺めながら楽しむ一晩の世界旅行

    毎週金、土
    18:00~23:00

    汝矣島漢江公園

    盤浦漢江公園
    (月光広場)

    ロマンチック
    月光マーケット

    夜景と噴水、光と音楽が
    共演する
    ロマンチック月光マーケット

    汝矣島漢江公園

    東大門
    デザインプラザ
    (パルゴリ広場)

    青春ランウェイ
    マーケット

    青春の情熱が生み出す
    新しい文化
    トレンディマーケット

    汝矣島漢江公園

    清渓川
    (毛廛橋~広橋)

    タイムスリップ
    マーケット

    韓国情緒たっぷり
    清渓川沿いの
    ナイトマーケット

    毎週
    土:17:00~22:00
    日:16:00~21:00

    汝矣島漢江公園

    文化備蓄基地
    (文化マダン)
    *新規開催地
    17年テスト運営

    森のピクニック
    マーケット

    ゆったりと楽しむ
    森のピクニック

    毎週土、日
    16:00~21:00

    汝矣島漢江公園

    清渓広場
    シーズン
    マーケット

    シーズン
    マーケット

    5、8、9、10月に開かれる
    期間限定
    パムトッケビマーケット

    シーズン別
    金、土、日
    18:00~23:00

    フードトラックは、従来の人気トラックから消費者との初めての出会いを待ち構えている新規トラックまで、様々な参加者で構成されており、世界各国の多彩なメニューが用意されている。手作りハンバーガー、ステーキ、パスタなどの洋食をはじめ、寿司、たこ焼きなどの和食、ビビンパ、プルゴギなどの韓国料理、串料理、デザート、ユニークなドリンクまで実に色々なメニューがある。

    ナイトマーケットには、ハンドメイド商品を販売する商人と体験型プログラムを販売する商人が売り手として参加する。ハンドメイド商品は、アクセサリーから鉢植えのようなインテリアアイテム、陶器、ポーチなど生活用品まで品ぞろえも豊富。体験型プログラムには、自分だけのオリジナルアイテムが作れるワンデークラス、その場でヘナ(一定時間が経つと自然に色が消える色素)タトゥーシール体験、肖像画体験などがある。

    現在、ソウル・パムトッケビナイトマーケットは、市民が手軽に利用できるようすべての店舗でクレジットカード決済を導入しており、現金領収書も発行している。今年からはさらに体制を強化し、「透明な夜市場」を目指す考え。

    雨天、PM2.5の悪化などにより、行事の日程が変動する可能性があるため、訪問前に日程に関する情報は、ソウル・パムトッケビナイトマーケットのホームページ(www.bamdokkaebi.org)またはFacebookページ(www.facebook.com/bamdokkaebi)のお知らせで確認を。

    <添付1>イベントポスター

    イベントポスター

    <添付2>イベント写真

    ソウル・パムトッケビナイトマーケット汝矣島会場(金曜、土曜)
    ソウル・パムトッケビナイトマーケット汝矣島会場(金曜、土曜)

    ソウル・パムトッケビナイトマーケット盤浦会場(金曜、土曜)
    ソウル・パムトッケビナイトマーケット盤浦会場(金曜、土曜)

    ソウル・パムトッケビナイトマーケットDDP会場(金曜、土曜)
    ソウル・パムトッケビナイトマーケットDDP会場(金曜、土曜)

    ソウル・パムトッケビナイトマーケット清渓川会場(土曜、日曜)
    ソウル・パムトッケビナイトマーケット清渓川会場(土曜、日曜)

    ソウル・パムトッケビナイトマーケット文化備蓄基地会場(土曜、日曜)
    ソウル・パムトッケビナイトマーケット文化備蓄基地会場(土曜、日曜)

    ソウル・パムトッケビナイトマーケット清渓広場会場(5、6、9、10月の金曜、土曜、日曜)
    ソウル・パムトッケビナイトマーケット清渓広場会場
    (5、6、9、10月の金曜、土曜、日曜)