メインコンテンツに移動
T T

定期号

  • 2020 12月 (No.190)

  • 定期号 SMG
    I · SEOUL · U 2020, November No.1894年間市民とともに構想したクァンファムン(光化門)広場、最初の一歩を踏み出すソウル市は、4年間で300回以上市民とやり取りしながら用意した青写真である「人が休むにも歩くにも楽しいクァンファムン(光化門)広場」造成に向けた工事を2020年11月16日に開始したと明らかにした。工事は広場の東側道路の拡張・整備を皮切りに、段階的に行われる予定だ。COPYRIGHT 1996~2017 SEOUL METROPOLITAN GOVERNMENT ALL RIGHTS RESERVED.

    홈페이지 이전뉴스레터 아메바 홈페이지 페이스북 아메바

    웹마스터 찾아오는길 ソウル市民なら誰でも新型コロナの検査が可能な臨時選別診療所を追加で設置ソウル市は連日最高記録を更新している新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、疫学的な関連性を問わずソウル市民なら誰でも無料で匿名検査が受けられる臨時選別診療所56か所を設置し運営する。従来運営していた選別診療所は感染者への疫学調査の結果、疫学的な関連性がない場合は検査が難しかった反面、臨時選別診療所は検査を希望する市民なら誰でも症状の有無を問わず検査を受けることができる。また、鼻の中に検査装置を入れて検体を採取し、PCR法で感染を判断する方法以外にも、唾液PCR検査および迅速抗原検査も導入する。 キンポ(金浦)国際空港とノドゥルソム(ノドゥル島)にも「I・SEOUL・U」の造形物を設置ソウル市は2020年12月、ソウルの空の玄関口であるキンポ(金浦)国際空港と複合文化施設として生まれ変わったノドゥルソム(ノドゥル島)に、ソウルブランド「I・SEOUL・U」の造形物を新しく設置した。また、ヨイド・ハンガン(汝矣島・漢江)公園にある「I・SEOUL・U」の造形物には新型コロナウイルス感染症の大流行で疲れ果てた市民の心身を癒すため、温かさを感じる冬のイラストを加えた。 コロナ時代、外国人が選んだソウル市の優秀政策1位は「ドライブスルー、ウォークスルー選別診療所」コロナ時代、外国人が選んだソウル市の優秀政策1位は「ドライブスルー、ウォークスルー選別診療所」が占め、コロナパンデミックの時代においてソウル市のコロナ対応政策のうち、最も印象深い政策に選ばれた。1位を占めた「ドライブスルー、ウォークスルー選別診療所」は、世界で絶賛を受けたもので、外国人からも最も多い投票数を得た政策となった。2位はソウル居住の外国人が新型コロナウイルス感染症の情報から取り残されないように8か国語で支援する「外国人向け新型コロナウイルス感染症支援センター」、3位は徹底した防疫システムによりソウル市民が安心して施設を利用できるよう努めた「新型コロナウイルス感染症のクリーンゾーン認証」が選ばれた。 ソーシャル・ディスタンシング第2.5段階に引き上げ 2020ソウル国際都市レジリエンスフォーラムを開催 夜9時以降、ソウルが一時停止します。 市民が選んだソウルの新型コロナ10大ニュース、1位は「ゼロペイ・ソウル愛商品券」 25か所にスクランブル交差点を新設し、さらに歩きやすくなるソウルへ ヨンドゥンポ(永登浦)タイムスクエア