Go to Main Content

定期号

A A
  • 2019 11月 (No.181)

  • SMG
    I · SEOUL · U 2019, November No.181ソウル市、
新婚夫婦の住居支援政策を発表ソウル市の住居費が高いことから、結婚自体をためらう若者たちが増えています。結婚しても住宅ローンの返済に負担を感じてソウルを離れるという「脱ソウル現象」につながります。そこでソウル市は、新婚夫婦の住居問題を解決する支援策を拡大することにしました。その主な内容は、次の通りです。①金融支援を拡大し、支援条件を緩和 ②公共住宅の供給量を拡大 ③買い入れ型賃貸住宅に住む新婚夫婦に子供が生まれた場合、住居の坪数拡大移住を支援 ④住居支援情報の接近性を強化するなどである。1. 金融支援を拡大し、支援条件を緩和第一、支援対象の条件を大幅に緩和し、より多くの新婚夫婦が金融支援を受け
られるようにする。「新婚夫婦賃借保証金支援事業」とは、賃貸時の高い保証金
が準備できずに結婚を諦めたり、劣悪な住環境の中で生活している新婚夫婦に
保証金を最大2億ウォンまで低金利で融資するという事業。特にソウル市が貸出
金利の一部を補填し、新婚夫婦の返済負担を減らしている。さらに婚姻届はし
ていないが、実際には夫婦として生活している「事実婚」夫婦に対しても、新婚
夫婦と同様に賃借保証金を支援している。2. 賃貸住宅の供給量を拡大第二、追加する賃貸住宅の供給量2,445戸(年平均)の内訳は、新婚夫婦を対象
とした買い入れ型賃貸住宅1,800戸、再建築住宅の買い入れで345戸、若者を対
象とする駅勢圏青年住宅300戸である。3. 子供が生まれた場合、賃貸住宅の坪数を拡大第三、買い入れ型賃貸住宅で生活していた新婚夫婦に子供が生まれ、より広い
住宅への引越しを希望する場合、その差額を支払うことなく、引越しできるように
支援する。韓国の住宅賃貸借の類型
    COPYRIGHT 1996~2017 SEOUL METROPOLITAN GOVERNMENT ALL RIGHTS RESERVED.홈페이지이전뉴스레터

    아메바홈페이지페이스북

    아메바
    웹마스터찾아오는길