Go to Main Content Go to Footer Content

文化/観光ニュース

A A
  • 2018年に最も貸し出された本は? ソウル図書館、新年初のテーマ展示「BEST」を開催

  • SMG 163
    image_pdfimage_print

    ソウル図書館は1月15日(火)~1月31日(木)、6つの資料室で2019年が明けてから初のテーマ図書展示「BEST」を開く。己亥の年である2019年を迎え、2012年10月の開館以来、愛され続けている図書と2018年に最も多く貸し出された図書及び映画を展示する予定だ。

    ソウル図書館で常設展示として開かれる「テーマ図書展示」は、司書が毎月別々のテーマを定めて図書館内の6つの資料室に図書を展示するもので、読書に対する市民の興味を高めて図書館の利用をより活発にするため、2012年の開館時よりかかさず開催されている。

    1月のテーマ図書展示のテーマは「BEST」で、6つの資料室でソウル市民が最も多く貸し出した計225巻の図書と12点の映画を展示し、大活字図書や海外児童書、ソウル市の出版物など多彩なテーマ・分野の図書に触れることができる。

    ソウル図書館「テーマ図書展示」は図書館の開館時間(休館日:毎週月曜日および祝日)中に誰でも無料で観覧できる。その他の事項に関するお問い合わせはソウル図書館世界資料室(82-2-2133-0308)にて受け付けている。