プレスリリース

A A
  • 2014年ソウル市の電力使用量3.9%減少

    SMG 776
    • - ソウル市の電力使用量が3.9%減少、全国の電力使用量は0.5%増加(集計期間2014年1月∼10月)
    • - 全国の電力使用量のうちソウル市が占める割合も全国比で9.9%から9.5%に減少
    • - ソウル市各世帯の月平均の電力使用量は2013年比3.9%減の302kWh
    • - ソウル市、企業、家庭、学校など各界が共にエネルギーの節約•生産•効率化に努め使用量を削減

    ソウルの電力使用量が2年連続で減少した。2013年比でソウル市の電力使用の現況(1月∼10月)を分析した結果、全国の電力使用量は0.5%増加した一方、ソウル市の電力使用量は3.9%減少した。

    < 電力使用状況 >

    (単位:GWh)

    区分 2013.1∼2013.10 2014.1∼2014.10 増•減
    ソウル市 39,201 37,673 ↓3.9%
    全国 394,422 396,209 ↑0.5%
    (%) 9.9% 9.5%  

    全国の電力使用量のうち、ソウル市が占める割合も全国比で9.9%から9.5%に減少した。ソウル市における前年比の電力使用量を分析した結果、2013年度は1.4%減、2014年は3.9%減となった。他の広域市•道全体の電力使用量は、ソウル3.9%、釜山2.3%、大邱1.9%それぞれ減少し、特に住宅用、一般用、教育用は全国的に使用量が減少した。

    < 他広域市における電力削減状況 >

    区分 ソウル市 釜山 大邱 仁川 広州 蔚山 大田
    2014.1∼10 37,673 16,557 12,346 18,174 6,814 25,066 7,568
    2013.1∼10 39,201 17,040 12,586 18,855 6,904 24,875 7,717
    減少率 -3.9% -2.3% -1.9% -0.8% -1.3% 0.8% -1.9%

    前年度に比べ電力使用量が減少したのは、暖冬の影響による暖房使用の減少と、省エネ、エネルギーの効率化、新再生可能エネルギーの生産など政策的な効果が要因と分析される。

    •自家太陽光発電:公共施設2,102KW、学校施設820KW、民間施設1,987KW

    •LED普及:地下鉄駅舎243ヵ所、福祉施設260ヵ所、住宅•商業施設350ヵ所

    •エコマイレージ:2014年会員49万人増加(142万→191万人)

    ソウル市の用途別電力消費減少率は教育用8.5%、住宅用•一般用3.9%、産業用2.5%、その他(街灯、農用、深夜)4.0%と分析された。

    < ソウル市の電力使用状況(1∼10月) >

    (単位:GWh)

    区分 合計 住宅用 一般用 教育用 産業用 その他
    2014年 電力使用量 34,276 11,000 20,500 1,287 4,161 724
    2013年 電力使用量 35,812 11,444 21,325 1,407 4,269 754
    減少率 -3.9% -3.9% -3.9% -8.5% -2.5% -4.0%

    特に同じ期間(1月~10月)中、ソウル市内約359万世帯の月平均電力消費量は312kWh(2013年基準)から302kWhへと、3.9%減少した。これはエコマイレージ制度やLED照明への切り替え、建物エネルギー効率改善事業など、「原発一基分削減事業第2段階:ソウル市の持続可能なエネルギーアクションプラン」の推進による日常的なエネルギーの生産•節約•効率化に、市民が積極的に参加した結果と分析される。ソウル市グリーンエネルギー課のクォン•ミン課長は「ソウル市は、電力不足に備えるとともに、安全で持続可能なエネルギーの生産および節約システムを構築するために『エネルギー需要の削減、新再生エネルギーの生産拡大』を柱としたエネルギー政策である『原発一基分削減事業』を引き続き推進している」とし、「このような事業に企業•家庭•学校など各界が積極的に参加したことが、電力消費の減少につながった」と述べた。