Go to Main Content Go to Footer Content

プレスリリース

A A
  • 11月6日~8日、ソウル広場は世界の人々が参加する超大型キムチ作り場

  • SMG 977
    image_pdfimage_print

    – ソウル市、「第2回ソウルキムジャン文化祭」をソウル広場・光化門一帯で開催

    – 政府・自治体・NGO・企業・市民など自発的参加が寄付につながる「キムチ仲間」

    – 2,500人の外国人を含め、6000人の様々な国籍の外国人がソウル広場でキムチを作る

    – キムジャン用の白菜5,000株が植えられたソウル広場の大型白菜畑でゲームや寄付も

    – 11月5日(木)夜10時から8日(日)夜12時まで、市庁広場と光化門一帯を一部交通規制


     

    □ 11月6日(金)から8日(日)まで3日間、ソウル広場や太平路、光化門広場一帯(長さ1.1㎞、延べ面積 30,500㎡)が、韓国固有のキムジャンに関するすべてを、一か所で見て、体験して、味わうことのできる韓国最大規模のキムジャンマーケットに変わる。今年2回目を迎える「ソウルキムジャン文化祭」だ。

      ○ 「ソウルキムジャン文化祭」は、ユネスコ無形文化遺産にも登録された韓国固有のキムジャン文化を再現し、世界にその優秀性を発信するため、2014年から開催されている。

    □ 今年ソウルキムジャン文化祭の最も大きな特徴は、様々な政府機関や自治体、NGO団体、企業、市民などがキムジャン仲間となり、自発的参加が分かち合いにつながる文化祭を目指すということ。第1回目が無料参加だとすれば、今年は市民や企業、団体、外国人など参加者全員が参加費を出し事前参加を申し込んだ「自発的寄付者」と言える。

    □ まず、6日(金)から7日(土)まで、2,500あまりの外国人を含め、合わせて6,000人の様々な国籍の人々が、6,000㎡のソウル広場を埋め尽くしキムチを作る「キムジャン祭りの日」が開かれる。作られたキムチの一部は家に持ち帰る一方、一部のキムチはソウル市社会福祉協議会を通じて恵まれない人々に自動的に寄付されるため、韓国の心温まる情を世界に発信できる特別な機会になる思われる。

      ○ ソウル広場を、企業・団体ゾーン(農水産食品公社、ソウルメトロ、SH公社、国際We Love You運動本部、ロータリークラブ、PATなど)、グローバルゾーン(韓国観光公社)、市民ゾーン(ワールドビジョンと共に家族、子ども、大人が自由に参加)に分け、運営する

    □ 文化祭最終日の8日(午前10時から午後3時まで)には、都心の真ん中で5,000株の白菜が植えられた白菜畑で一風変わった風景が演出される。「キムジャン白菜フェスティバル」がそれだ。

    □ ソウル広場の約半分に植えられた白菜を収穫するゲームを通じて、キムジャンの労働、協同、和合の精神を感じられる機会が設けられる。白菜畑から引き抜いた白菜は、持ち帰るか、寄付するか、どちらかを選択することになる。

    □ これは、持ち帰った白菜を、各家庭でキムチ作りが始まるキムジャンの開始を知らせる出発点にするという計画。また、残った白菜は、ワールドビジョンに寄付され、「愛の弁当」の材料として使われる予定。

      ○ キムジャン白菜フェスティバル(8日11時、ソウル広場):超大型白菜畑でチーム分けし、白菜を速く収穫するゲーム

    □ 文化祭の開催期間中、太平路と光化門広場は、本格的なキムジャンシーズンを控え、全国8道のキムジャン材料やキムジャン文化が一か所に集まり、安価で品質も良い材料を購入することのできる「韓国キムジャンマーケット」に大変身する。

      ○ 甘辛キムチ遊び広場(6日~8日、午前10時~午後5時、太平路):ポロロ、ちびっこバス「タヨ(乗りましょう)」、トボットなどキャラクターと一緒に遊ぶ子どもキムチ遊び空間

      ○ エクセレントキムチ(6日~8日、午前10~午後5時、光化門北側広場):国内キムチ会社が入店し、販売より、試食や景品イベントなど市民参加型プログラムを集中的に運営

      ○ 魚食100歳水産物市場(8日、午前10時~午後5時、光化門北側広場):韓国水産物の優秀性をPRするため、海洋水産部主催の「魚食100歳フェスティバル」と連携した水産物展示、販売、試食の場

      ○ 共同体マウル(村)フリーマーケット(8日、午前10時~午後5時、世宗大路):京畿(キョンギ)道楊平(ヤンピョン)郡を流れる北漢江沿いの自生的地域市場、「汶湖里リバーマーケット」で、キムジャンをテーマに作られたハンドメイド品、小物などを販売

    □ キムジャン文化の伝統を引き継ごうとするソウルキムジャン文化祭の趣旨を生かした展示や体験教室もたくさん用意されている。キムジャン文化を通じて、先祖の知恵を垣間見ることができる展示や、キムチ名人の特別なレシピを学べる教室などが光化門広場で行われる。

      ○ キムジャン・チャム(眞)プンギョン(風景)(6日~8日、午前10時~午後5時、光化門広場):キムチ名人のキムチ作りの再現や体験・試食

      ○ 宇宙を盛り込んだキムチ(6日~8日、午前10時~午後5時、光化門広場):「キムチの現在と未来」をテーマに、千年間のキムチの歴史や韓国の伝統的な発酵料理、陶器などを展示

      ○ ミュージアム・キムチ間(6日~8日、午前10時~午後5時、仁寺洞ミュージアム・キムチ間):「第2回ソウルキムジャン文化祭」の来場客に特別割引

      ○ bibigoと学べるキムチ名人の秘密ノート(6日~8日、11時/1時/3時、光化門広場):韓国のキムチ名人のイ・ハヨン名人、カン・スニ名人、ソンジェ僧侶、クォン・ウジュンシェフの特別なレシピの伝授

      ○ 子どもキムチ教室(6日~8日、11時/1時/3時、光化門広場):ミュージアム・キムチ間、ソンジェ僧侶と作る特別な子どもキムチ、キムチ料理

      ○ キムジャンビレッジ(6日~8日、午前10時~午後5時、光化門広場):光州キムチ広報官の「南道キムチの奥深い味」、韓国精進料理(キムチ)広報官の「山寺の澄み切ったキムチ」

    □ 「キムジャンビレッジ」、「キムチ教室」、「キムチアートギャラリー」、「キムチさたーK・フュージョンマダン劇」など、万国共通語である芸術とキムジャン文化を組み合わせ、ここだけで見ることができるパフォーマンスを通じて、韓国のキムジャン文化を楽しく分かりやすいプログラムで発信する。

      ○ キムチアートギャラリー(6日~8日、午前10時~午後5時、光化門広場):文来洞のアートプロジェクトチーム「チョンダバン」の若きアーティスト9人と市民が参加し、キムジャン文化を多様な観点から再解釈した空間芸術プロジェクト。

      ○ キムチさたーK・フュージョンマダン劇(6日~8日、午前10時~午後5時、光化門広場):全国8道の地域色のある音楽で、8道のキムチを表現した創作マダン劇。キムジャン文化をテーマに、「スーパースターK」、「韓食大捷」などサバイバル番組の形式と「鼈主簿伝(ピョルチュブジョン)」、「沈清伝(シムチョンジョン)」の古典を組み合わせた。

    □ 海洋水産部の「魚食100歳フェスティバル」も、ソウルキムジャン文化祭の会場で開かれ、見どころ満載の文化祭になるとみられる。8日(金)には、光化門北側広場で「2015魚食100歳ウォーキング大会」と「2015魚食100歳水産物キムジャン料理大会」が行われる。

      ○ 「2015魚食100歳フェスティバル」は、11月8日(日)午前9時から午後12時まで、光化門広場一帯で開催される。ソウルキムジャン文化際ホームページの事前申し込みおよび現場受付を通じて参加可能で、参加費は無料。

    □ ソウル市は、このような内容を骨子とする「ソウルキムジャン文化祭」を「ソウル、キムジャンしよう!」をテーマのもと、開催すると発表した。文化祭は、 ▲キムジャンする日(キムジャン祭り・パフォーマンス)、 ▲韓国キムチマーケット(販売・教室)、 ▲五色燦爛キムチカルチャー(公演・アート、展示・体験)など合わせて3つの分野の20のプログラムで行われる。

      ○ 事前参加申し込みが必要なプログラムの申し込みや問い合わせは、ホームページ(www.seoulkimchifestival.com)とソウルキムジャン文化祭事務局(02-2133-4751)で受け付け中。

    □ また、文化祭の円滑な進行のため、行事当日の6日(金)夜12時から9日(月)午前4時まで、太平路(大韓門~清渓広場)の下り2車線と市庁広場周辺の下り1車線が規制され、世宗大路の両方向・上り1車路は9日(月)午前6時まで規制される。8日(日)午前6時から午後7時まで、世宗大路(光化門ロータリーから世宗路ロータリーまで)の進行方向の全車線の規制が行われる。

    □ 一方、今回の期間中、6日(金)から22日(日)まで、文化祭会場近くの清渓川で「2015ソウル・ランタンフェスティバル」が開かれ、8日(日)午後2時からソウル広場で「文化が流れるソウル広場」のフィナーレコンサートが続き、一日中ソウルを楽しむことができる。

    □ ソウル文化本部のイ・チャンハク本部長は、「グローバル文化都市のソウルで開かれる今回のキムジャン文化祭は、忘れ去られようとしているキムジャン文化の伝統を復活させるきっかけになる」とし、「世代と国籍を乗り越え、韓国のキムジャン文化を通じて、皆が一つになれる世界的なフェスティバルになるよう、最善を尽くしたい」と話した。

      ○ 「ソウルキムジャン文化祭」は、ユネスコ無形文化遺産にも登録された韓国固有のキムジャン文化を再現し、世界にその優秀性を発信するため、2014年から開催されている。

    □ 今年ソウルキムジャン文化祭の最も大きな特徴は、様々な政府機関や自治体、NGO団体、企業、市民などがキムジャン仲間となり、自発的参加が分かち合いにつながる文化祭を目指すということ。第1回目が無料参加だとすれば、今年は市民や企業、団体、外国人など参加者全員が参加費を出し事前参加を申し込んだ「自発的寄付者」と言える。

    □ まず、6日(金)から7日(土)まで、2,500あまりの外国人を含め、合わせて6,000人の様々な国籍の人々が、6,000㎡のソウル広場を埋め尽くしキムチを作る「キムジャン祭りの日」が開かれる。作られたキムチの一部は家に持ち帰る一方、一部のキムチはソウル市社会福祉協議会を通じて恵まれない人々に自動的に寄付されるため、韓国の心温まる情を世界に発信できる特別な機会になる思われる。

      ○ ソウル広場を、企業・団体ゾーン(農水産食品公社、ソウルメトロ、SH公社、国際We Love You運動本部、ロータリークラブ、PATなど)、グローバルゾーン(韓国観光公社)、市民ゾーン(ワールドビジョンと共に家族、子ども、大人が自由に参加)に分け、運営する

    □ 文化祭最終日の8日(午前10時から午後3時まで)には、都心の真ん中で5,000株の白菜が植えられた白菜畑で一風変わった風景が演出される。「キムジャン白菜フェスティバル」がそれだ。

    □ ソウル広場の約半分に植えられた白菜を収穫するゲームを通じて、キムジャンの労働、協同、和合の精神を感じられる機会が設けられる。白菜畑から引き抜いた白菜は、持ち帰るか、寄付するか、どちらかを選択することになる。

    □ これは、持ち帰った白菜を、各家庭でキムチ作りが始まるキムジャンの開始を知らせる出発点にするという計画。また、残った白菜は、ワールドビジョンに寄付され、「愛の弁当」の材料として使われる予定。

      ○ キムジャン白菜フェスティバル(8日11時、ソウル広場):超大型白菜畑でチーム分けし、白菜を速く収穫するゲーム

    □ 文化祭の開催期間中、太平路と光化門広場は、本格的なキムジャンシーズンを控え、全国8道のキムジャン材料やキムジャン文化が一か所に集まり、安価で品質も良い材料を購入することのできる「韓国キムジャンマーケット」に大変身する。

      ○ 甘辛キムチ遊び広場(6日~8日、午前10時~午後5時、太平路):ポロロ、ちびっこバス「タヨ(乗りましょう)」、トボットなどキャラクターと一緒に遊ぶ子どもキムチ遊び空間

      ○ エクセレントキムチ(6日~8日、午前10~午後5時、光化門北側広場):国内キムチ会社が入店し、販売より、試食や景品イベントなど市民参加型プログラムを集中的に運営

      ○ 魚食100歳水産物市場(8日、午前10時~午後5時、光化門北側広場):韓国水産物の優秀性をPRするため、海洋水産部主催の「魚食100歳フェスティバル」と連携した水産物展示、販売、試食の場

      ○ 共同体マウル(村)フリーマーケット(8日、午前10時~午後5時、世宗大路):京畿(キョンギ)道楊平(ヤンピョン)郡を流れる北漢江沿いの自生的地域市場、「汶湖里リバーマーケット」で、キムジャンをテーマに作られたハンドメイド品、小物などを販売

    □ キムジャン文化の伝統を引き継ごうとするソウルキムジャン文化祭の趣旨を生かした展示や体験教室もたくさん用意されている。キムジャン文化を通じて、先祖の知恵を垣間見ることができる展示や、キムチ名人の特別なレシピを学べる教室などが光化門広場で行われる。

      ○ キムジャン・チャム(眞)プンギョン(風景)(6日~8日、午前10時~午後5時、光化門広場):キムチ名人のキムチ作りの再現や体験・試食

      ○ 宇宙を盛り込んだキムチ(6日~8日、午前10時~午後5時、光化門広場):「キムチの現在と未来」をテーマに、千年間のキムチの歴史や韓国の伝統的な発酵料理、陶器などを展示

      ○ ミュージアム・キムチ間(6日~8日、午前10時~午後5時、仁寺洞ミュージアム・キムチ間):「第2回ソウルキムジャン文化祭」の来場客に特別割引

      ○ bibigoと学べるキムチ名人の秘密ノート(6日~8日、11時/1時/3時、光化門広場):韓国のキムチ名人のイ・ハヨン名人、カン・スニ名人、ソンジェ僧侶、クォン・ウジュンシェフの特別なレシピの伝授

      ○ 子どもキムチ教室(6日~8日、11時/1時/3時、光化門広場):ミュージアム・キムチ間、ソンジェ僧侶と作る特別な子どもキムチ、キムチ料理

      ○ キムジャンビレッジ(6日~8日、午前10時~午後5時、光化門広場):光州キムチ広報官の「南道キムチの奥深い味」、韓国精進料理(キムチ)広報官の「山寺の澄み切ったキムチ」

    □ 「キムジャンビレッジ」、「キムチ教室」、「キムチアートギャラリー」、「キムチさたーK・フュージョンマダン劇」など、万国共通語である芸術とキムジャン文化を組み合わせ、ここだけで見ることができるパフォーマンスを通じて、韓国のキムジャン文化を楽しく分かりやすいプログラムで発信する。

      ○ キムチアートギャラリー(6日~8日、午前10時~午後5時、光化門広場):文来洞のアートプロジェクトチーム「チョンダバン」の若きアーティスト9人と市民が参加し、キムジャン文化を多様な観点から再解釈した空間芸術プロジェクト。

      ○ キムチさたーK・フュージョンマダン劇(6日~8日、午前10時~午後5時、光化門広場):全国8道の地域色のある音楽で、8道のキムチを表現した創作マダン劇。キムジャン文化をテーマに、「スーパースターK」、「韓食大捷」などサバイバル番組の形式と「鼈主簿伝(ピョルチュブジョン)」、「沈清伝(シムチョンジョン)」の古典を組み合わせた。

    □ 海洋水産部の「魚食100歳フェスティバル」も、ソウルキムジャン文化祭の会場で開かれ、見どころ満載の文化祭になるとみられる。8日(金)には、光化門北側広場で「2015魚食100歳ウォーキング大会」と「2015魚食100歳水産物キムジャン料理大会」が行われる。

      ○ 「2015魚食100歳フェスティバル」は、11月8日(日)午前9時から午後12時まで、光化門広場一帯で開催される。ソウルキムジャン文化際ホームページの事前申し込みおよび現場受付を通じて参加可能で、参加費は無料。

    □ ソウル市は、このような内容を骨子とする「ソウルキムジャン文化祭」を「ソウル、キムジャンしよう!」をテーマのもと、開催すると発表した。文化祭は、 ▲キムジャンする日(キムジャン祭り・パフォーマンス)、 ▲韓国キムチマーケット(販売・教室)、 ▲五色燦爛キムチカルチャー(公演・アート、展示・体験)など合わせて3つの分野の20のプログラムで行われる。


      ○ 事前参加申し込みが必要なプログラムの申し込みや問い合わせは、ホームページ(www.seoulkimchifestival.com)とソウルキムジャン文化祭事務局(02-2133-4751)で受け付け中。

    □ また、文化祭の円滑な進行のため、行事当日の6日(金)夜12時から9日(月)午前4時まで、太平路(大韓門~清渓広場)の下り2車線と市庁広場周辺の下り1車線が規制され、世宗大路の両方向・上り1車路は9日(月)午前6時まで規制される。8日(日)午前6時から午後7時まで、世宗大路(光化門ロータリーから世宗路ロータリーまで)の進行方向の全車線の規制が行われる。

    □ 一方、今回の期間中、6日(金)から22日(日)まで、文化祭会場近くの清渓川で「2015ソウル・ランタンフェスティバル」が開かれ、8日(日)午後2時からソウル広場で「文化が流れるソウル広場」のフィナーレコンサートが続き、一日中ソウルを楽しむことができる。

    □ ソウル文化本部のイ・チャンハク本部長は、「グローバル文化都市のソウルで開かれる今回のキムジャン文化祭は、忘れ去られようとしているキムジャン文化の伝統を復活させるきっかけになる」とし、「世代と国籍を乗り越え、韓国のキムジャン文化を通じて、皆が一つになれる世界的なフェスティバルになるよう、最善を尽くしたい」と話した。

    「第2回ソウルキムジャン文化祭(The 2nd Kimchi festival)概要」

    ○ スローガン:ソウル、キムジャンしよう!

      ○ 期   間:2015年11月6日(月)~11月8日(日) (3日間)

      ○ 場   所:ソウル広場、光化門広場、太平路など

      ○ 主   催:ソウル特別市

      ○ 主   管:ソウル特別市社会福祉協議会、海洋水産部、ソウルキムジャン文化祭推進委員会

      ○ 後   援:カラク市場、ソウル市農水産食品公社、ソウルメトロ、SH公社、    韓国観光公社、PAT、 YTN 、(株)コメックス産業、(株)ミョンジン

    <添付1>「第2回ソウル・キムジャン文化祭」主要プログラムの紹介

    □ キムジャンする日(ソウル広場)

    (1)キムジャン文化祭の開会式 「キムジャンする日」(Day 1)

      キムジャンの材料でキムチを作りながら、韓国のキムジャンの開始を知らせる開会パフォーマンス。

      ‐日時:11月6日(金) 14:00~14:30

      ‐場所:ソウル広場

    (2)キムジャンする日、キムジャン祭り(Day1,2)

      全世界人が集まり、キムジャンを体験し、作ったキムチで寄付できるキムジャン祭り。

      ‐日時:11月6日(金) 14:30~17:00 / 7日(土) 11:00~17:00

      ‐場所:ソウル広場

    (3)キムジャン白菜フェスティバル (Day 3)

      ソウル広場のキムジャン白菜畑から参加者が一斉に引き抜いた白菜を家に持ち帰り、キムチを漬けることで、キムジャンの開始を知らせるゲーム

      ‐日時:11月8日(日) 11:00

      ‐場所:ソウル広場

    (4)フィナーレコンサート(文化が流れるソウル広場)

      ソウル・キムジャン文化祭のフィナーレコンサート

      ‐日時:11月8日(日) 15:00

      ‐場所:ソウル広場

    □ 大韓民国キムジャンマーケット(太平路、光化門広場、世宗大路)

    (1)YTNキムジャンマーケット

      全国を代表するキムチとキムジャンの材料をソウルに集める キムジャンマーケット

      ‐日時:11月6日(金)~8日(日) 10:00~17:00

      ‐場所:太平路

    (2)CJオリーブ・マーケット

      CJ第一製糖のキムチホットドッグなど販売

      ‐日時:11月6日(金)~8日(日) 10:00~17:00

      ‐場所:太平路

    (3)エクセレント・キムチ

      韓国内企業および団体が出店し、試食や無料体験イベントなど実施

      ‐日時:11月6日(金)~8日(日) 10:00~17:00

      ‐場所: 光化門北側の広場

    (4) 魚食100歳水産物広場

      海洋水産部主催の水産物の展示・販売・試食広場

      ‐日時:11月6日(金)~8日(日) 10:00~17:00

      ‐場所: 光化門北側の広場

    (5) 共同体マウル(村) フリーマーケット

      ○ 汶湖里(ムンホリ)・リバーマーケットのソウル・キムジャン文化祭商品・ハンドメード小物などを販売

      ‐日時:11月8日(日) 10:00~17:00

      ‐場所: 世宗大路

       ○ 国際青年センターの国際青年交流マーケット、外国人留学生の世界の料理の販売

      ‐日時:11月6日(金)~8日(日) 10:00~17:00

      ‐場所: ソウル広場

    □ 五色燦爛キムチカルチャー:展示

    (1)キムジャン・チャム(眞)プンギョン(風景)

      キムチ名人の昔ながらのキムジャンレシピをそのまま再現、展示、試食

      ‐日時:11月6日(金)~8日(日) 10:00~17:00

      ‐場所:光化門広場

    (2) 宇宙を盛り込んだキムチ

      「キムチの現在と未来」をテーマにキムチの千年の歴史及び韓国の伝統醗酵料理とつぼ展示

      ‐日時:11月6日(金)~8日(日) 10:00~17:00

      ‐場所:光化門広場

    (3) ミュージアム・キムチ間

      「第2回ソウル・キムジャン文化祭」観覧客に特別割引(体験費50%割引)提供

      ‐日時:11月6日(金)~8日(日) 10:00~17:00

      ‐場所: 仁寺洞ミュージアム・キムチ間

    □ 五色燦爛キムチカルチャー:体験

    (1) 甘辛キムチの遊び広場

      子どもが好きなキャラクターと一緒にキムチを理解し、キムチを身近に感じることができる多様なプログラムを楽しめる空間

      ○ ちびっ子バス「タヨ」のテーマバス体験

      ○ ポロロ&トボットと一緒に写真撮影

      ○ ポロロ子どもキムチとCJウェルキッズ飲料の試飲食会

      ○ 走るクッキングスクール料理体験

      – 日時:11月6日(金)~8日(日)

      – 場所:太平路

    (2) bibigoと作る大韓民国キムチ教室

      キムチ名人の特別なキムチレシピを学び名人と一緒にキムチ作りを体験するプログラム

      ‐日時:11月6日(金)~8日(日) 11:00 / 13:00 / 15:00

      ‐場所:光化門広場

      ‐体験費:25,000ウォン

    (3) 子どもキムチ教室

      ミュージアム・キムチ間と共にする子供のためのキムチ・キムチ料理体験

      ‐日時:11月6日(金)~8日(日) 11:00 / 13:00 / 15:00

      ‐場所:光化門広場

      ‐体験費:10,000ウォン

    (4)キムジャン・ビレッジ

      ○ 光州キムチ広報館「南道キムチの深い味」

      ○ 韓国のお寺の精進料理(キムチ)広報館

      ‐日時:11月6日(金)~8日(日) 10:00~17:00

      ‐場所:光化門広場

    (5)魚食100歳ウォーキング大会

      海洋水産部の市民参加ウォーキング大会

      – 日時:11月8日(日) 9:00~12:00

      – 場所: 光化門北側の広場

    (6)魚食100歳水産物料理大会

      海洋水産部の魚食100歳の水産物キムジャン料理大会

      – 日時:11月8日(日) 9:00~12:00

      – 場所: 光化門北側の広場

    □ 五色燦爛キムチカルチャー:文化

    (1)キムチアートギャラリー

      文來洞アートプロジェット「ジョン喫茶店」のキムジャンギャラリー

      – 日時:11月6日(金)~11月8日(日) 10:00~17:00

      – 場所: 光化門広場

    (2)キムチスターK・フュージョンマダン劇

      ソウル・キムジャン文化祭の特別フュージョンマダン劇

      – 日時:11月6日(金) 12:00 / 14:30

           11月7日(土) 12:00 / 14:00 / 16:00

           11月8日(日) 12:00 / 14:30

       – 場所: 光化門広場

    〈添付2〉「第2回ソウルキムジャン文化祭」ポスター

    kimchi

    〈添付3〉「2014ソウルキムジャン文化祭」イメージ

    김장1

    「2014ソウルキムジャン文化祭」の開会式

    김장2

    「2014ソウルキムジャン文化祭」:1千万人のキムジャン