Go to Main Content

市長動静

A A
  • 11月26日、「2032ソウル-ピョンヤン(平壌)夏季オリンピック」共同誘致共感フォーラムを開催

  • SMG 163

    2018年9月19日、「9月平壌共同宣言」によって2人の首脳が署名した「2032ソウル-ピョンヤン(平壌)夏季オリンピック」を市民の支持と共感の中で誘致できるよう、ソウル特別市と関連機関の長、各分野における最高の専門家が初めて集まり、オリンピックの南北共同誘致がもたらす韓半島の平和と未来のビジョンについて話し合った。

    ソウル市は11月26日午後2時から6時まで、統一部、文化体育観光部、大韓体育会と共同で、「ソウル-ピョンヤン(平壌)、オリンピックでともに夢見る平和の未来」をテーマに、「2032ソウル-ピョンヤン(平壌)夏季オリンピック共同誘致共感フォーラム」をソゴンドン(小公洞)にあるソウル・ウェスティン・チョースンホテルのグランドボールルームで開催した。

    本フォーラムではオリンピック共同誘致の意味とビジョンを提示し、オリンピックの準備過程で予想できるソウル-ピョンヤン(平壌)間の活発な都市交流など、オリンピック南北共同開催がもたらす新しい未来像を体育・交通・環境・経済というさまざまな観点から提示した。

    ソウル市は「2032ソウル-ピョンヤン(平壌)夏季オリンピックは、誰も行ったことのない、韓半島の平和と繁栄という新しい道へと案内する道しるべのようなもの」と述べ、さらに「オリンピック誘致までまだまだ多くの過程が残っているが、成功への鍵を握っているのは何と言っても市民の積極的な声援と支持である」と語った。