Go to Main Content Go to Footer Content

文化/観光ニュース

A A
  • グッドモーニングMr.ロボット

  • SMG 1872
    image_pdfimage_print

    E0428mr_robot

    ソウル市立北ソウル美術館は、2014年3月25日(火)~8月24日(日)に子どもギャラリーで展示「グッドモーニングMr.ロボット」を開催する。同展示は、子どもたちが好きな「ロボット」を表現した多様な現代美術作品を鑑賞すると同時に、子どもたちが直接参加できる体験型展示会だ。

    ビデオアートの巨匠、故ペク・ナムジュン(白南準)のロボット彫刻作品をはじめ、コ・グノさん、キム・ゲヒョンさん、キム・ドンヒョンさん、キム・ドンホさん、ソン・テジンさん、ペク・チョンギさん、イ・ギイルさん、イ・ドンギさんら韓国の若手作家の豊かな想像力によってアレンジされたロボット作品は、版画や彫刻、インスタレーション、映像など様々な現代美術のジャンルを網羅しており、特に子どもたちの直接の参加を要するインターラクティブ(interactive)作品を展示して共感覚的鑑賞を誘導する。

    展示スペースは、「Mr.ロボットとの遊び」という演出コンセプトを基に、「探求(exploring)」「想像(imaginative)」「冒険(adventure)」「創作(creative)」で構成されている。子どもたちは、感覚を研ぎ澄まして新しいロボットを観察し、現実と空想の世界を行き来しながら滑稽に表現されたロボットの世界を想像することができ、時には英雄に変身したロボットにも出会う。また、展示場内には自分の手でロボットを描いたり、ブロックで組み立てたりすることができる体験スペースがあり、鑑賞と参加が同時にできる。

    展示期間中は展示と連携した多様なプログラムが実施される予定だ。満4歳~6歳の幼児グループ向けの体験プログラム「夢見る美術館」が、4月~6月に子どもギャラリーと北ソウル美術館内のスタジオで実施される。中高生と成人を対象にした「作家との交流」や講演「故・白南準の作品の世界に対する理解」なども企画されている。

    ロボットと現代美術の多様な結合を通じ、子どもだけでなく幅広い年齢層の観覧客に現代美術を幅広く理解してもらい、ロボットに対する新たな視点と童心、そして想像が調和したコミュニケーションの機会を提供することが目的だ。

    ※ 体験用ブロックの利用案内

    「グッドモーニングMr.ロボット」の子ども向けブロック組み立て体験に参加するには予約が必要です。

    ● 展示案内: http://sema.seoul.go.kr

    ● 予約申込:ソウル特別市公共サービス予約 http://yeyak.seoul.go.kr(KOR/ENG)

    ● 実施時間及び定員:火・水・木・金曜日午後1時~8時(1回1時間/計7回/1回の定員5人)(KOR)

    ● お問い合わせ:ソウル市立北ソウル美術館学芸課 02) 2124-5274(KOR)