ソウル市総合ニュース

A A
  • 1千万人のソウル市民と外国人観光客がともにデザインを通してハッピーに

    SMG 2026
  •    「ソウル・デザイン・ハンマダン2010」の開幕式が9月17日、メインとなる来賓とソウル市民、1500人が参加する中、蚕室(チャムシル)メイン・スタジウムで行われ、21日間の祭典の幕を開けました。

        呉世勲市長は開会式の挨拶で、「今回のデザイン・ハンマダンは、韓国内外の参加企業が昨年に比べ2倍以上に増加し、市民が参加するプログラムも多くなった。21日間、1千万人のソウル市民と外国人観光客はデザインを通してハッピーになるだろう」と述べました。

        市民一人一人が主人公となるソウル・デザイン・ハンマダンの開幕式では、多くの市民が参加して「グリーン・パフォーマンス」が繰り広げられました。グリーン・パフォーマンスは、リサイクル品を楽器として活用したエコ・オーケストラ、ノリダンのピンペンポン・ガラショー、そして子供たちの笑い声や水の音、鳥の鳴き声などが調和した子ども合唱団の公演で構成されました。

        特に開幕式には、オンラインを通じて参加を希望した市民1千人がスマートフォンを利用して開幕を祝うメッセージをその場で発信し、そのメッセージは大型電光掲示板にリアルタイムで映し出されました。

        10月7日まで続く今回のイベントは、蚕室(チャムシル)総合運動場と4大デザイン・クラスター[麻浦(マッポ)弘大(ホンデ)・東大門(トンデムン)DDP・江南(カンナム)新沙(シンサ)地区・九老(クロ)デジタル団地]を中心に繰り広げられ、▴子供たちには「創造力を育むデザイン」を、▴女性には「生活の中のデザイン」を、▴デザイナーや学生には「知識を分かち合い、コミュニケーションするデザイン」を、▴社会から疎外されやすい階層には「お互いに思いやるデザイン」を、見て、感じて、体験してもらうための多彩なプログラムが用意されています。

    関連記事 : http://japanese.seoul.go.kr/cav/ena/sdf2010.php