メインコンテンツに移動
T T

ソウル市総合ニュース

  • 魅力に溢れるソウル徒歩観光、外国人と友達になっていっしょに楽しもう

  • ソウル市総合ニュース SMG 1417

        ソウル市は6月15日から徒歩観光シナリオの公募を行った結果、計50チームが選抜された。チームとなった国籍の異なる大学生は、それぞれのシナリオに基づき、7月28日、一日徒歩観光体験をした。

        今回の公募の最大の特徴、国籍の異なる人とチームとなって体験する徒歩観光は、7月28日午後1時30分、ソウルグローバル文化観光センターにおいて出発式が行われた。

        また、選抜された50のチームの大学生は「第一期ソウル観光大学生ガイド」として委託を受け、公募により開発された徒歩観光コースを外国人観光客に説明し、その体験談、解説感想などをブログに載せることにより、ソウルの徒歩観光コースを積極的に広報することになる。

        すでにソウル市は2003年から北村(プクチョン)韓屋(ハノク)村などで「解説付き徒歩観光プログラム」を運営しており、現在まで約32万人の観光客が利用した。

        国内外の観光客は誰でもインターネット(dobo.visitseoul.net)、または電話(6925-0777)で申し込むと、ソウル市により毎年選抜・養成されるソウル文化観光解説士といっしょに、シナリオ通りのコースを徒歩で移動し、探訪することができる。

        ソウル市関係者は最近急激に増えている徒歩観光への需要に応え、文化、IT、生態など、外国の若者に人気のある新しい観光名所を、解説付き徒歩観光コースとして開発するため、今回のイベントを企画したと述べた。