Go to Main Content Go to Footer Content

[2013] 市長挨拶

A A
  • 韓国最大規模の知識産業集積地「Gバレー」こそソウル経済の希望です

  • SMG 829

    58_G밸리

    Gバレーの企業環境改善と雇用拡大に向けた政策

    月日:2013年5月2日
    会場:Gバレー現場市長室

    皆様、こんにちは。ソウル市長のパク・ウォンスン(朴元淳)です。Gバレーの発展のため、貴重な時間を割いてご出席くださった企業家と従業員の皆様、そしてGバレーの発展のためにご尽力くださる大学教授の先生方と関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

    本日、この構内食堂での従業員の皆様との昼食会の後、懸案説明会と現場訪問でGバレーの主要懸案事項について改めて詳細に聞きました。

    昨年4月17日に開かれた「希望の政策コンサート」で、私たちはGバレーが抱える多くの問題点に共感しました。先日の政策を聞く活動の後、皆様から提示された懸案について関係機関や企業家が共有して優先的に政策化しようと、6つの団体・機関が「Gバレー発展協議会」を立ち上げ、思いをひとつにして提案を一つずつ討論し、現場確認を通じて具体化しました。既に一部では成果が現れており、現在推進中、または長期的に推進しているところです。

    今回の現場市長室の設置を機に、韓国最大規模の知識産業集積地「Gバレー」が、ソウル経済の「希望」となり、誰もが働きたくなる職の宝庫、いつまでもいたくなる憩いの空間に生まれ変わることを願います。

    本日この場で出された皆様の貴重な意見が、Gバレーの発展をさらに押し進める原動力となるでしょう。ありがとうございました。