Go to Main Content Go to Footer Content

ソウル市総合ニュース

A A
  • 週末には「風物市場」で韓国の伝統文化を体験して下さい!

  • SMG 3290

        日常生活で使う生活用品、観光商品、特産品などを安く手に入れることができる「ソウル風物市場」に新しい見どころ、楽しみができました。ソウル市は、「2010韓国訪問の年、ソウルと共に」を迎え、4月1日(木)に新設洞(シンソルドン)風物市場に「伝統文化体験館」を開館させました。この「伝統文化体験館」は、11月30日までの8カ月間運営され、伝統仮面のハフェタル(河回仮面)づくり、拓本づくり、扇子づくり、韓紙工芸などを無料で体験することができます。

        新しくオープンした「伝統文化体験館」は、韓国人には幼い頃の思い出を懐かしみながら伝統文化に触れる機会を提供し、外国人には韓国の伝統文化を直接体験しながら韓国を理解するきっかけを提供します。また普段、伝統文化に触れる機会があまりない幼稚園の園児や小学生を対象とした定期見学プログラムも運営する予定です。さらに、今後、旅行会社と連携して外国人向けの観光商品として発展させていく計画です。

        「伝統文化体験館」では、ハフェタルづくり、韓紙を利用したハングルと太極旗の拓本づくり、伝統扇子づくり、手鏡づくり、宝石箱づくりといった韓紙工芸など、多彩なプログラムを無料で体験することができます。また体験プログラムでつくったものは記念に持ち帰ることもできます。6月2日までは韓国人訪問客は、1人2千ウォンの体験費が必要です。

        開館時間は毎日午前10:30~午後6:00で、インターネットによる予約も可能です。
     (電話:02-2231-4037 ブログ: http://blog.naver.com/pmmarket)