希望日記

A A
  • 第34代ソウル特別市長就任の挨拶

    SMG 2052
  • 尊敬するソウル市民の皆様。

    ありがとうございます。
    ソウル市史上初めての再選市長に私を選択してくださったことを限りない光栄と存じております。

    感謝しております。
    市民の皆様は、票を通じて私に多くのことを語りかけてくださいました。
    おかげで、より謙虚な気持ちで、今後に向けて、気を引き締め直すことができました。

    私は忘れません。
    至らない私を選択してくださった市民の皆様のご声援、私を選択されなかった市民の皆様の深い意志、どちらも私の胸に深く刻み込まれております。
    一千万人の市民の皆様の意志を理解する市長を目指します。

    私は今、重い責任感を感じています。
    ニューヨーク、ロンドン、パリなど、先進国の大都市がそうであったように、ソウルも、長期的なビジョンのもとで都市を変えていくことができる時代が始まりました。
    私は市民の皆様から、その先頭に立ってソウルを率いる使命を与えられました。
    ソウルのためにもう一度、一身を捧げて奔走する心積もりです。

    過去4年間、熱心に土台を築いたソウルの変化が私にとって最も大きな資産です。
    4年前、私たちは週末になっても行く場所がなく、郊外に出かけました。
    今では、漢江(ハンガン)と20の支流の川に遊びに行くことができます。
    もちろん、このような変化は続いていきます。
    今後も漢江の河岸に生態公園を造成し、ソウルを快適な水辺都市にしていきます。

    4年前は、近くに公園がひとつもない町がほとんどでした。
    公園が100万坪も増えた現在、ほとんどの市民の家の近くに公園があります。
    これで終わりではありません。
    今後4年間、裏山公園化事業などによってソウルの公園と緑地を持続的に増やしていきます。

    4年前は、ワイシャツを1日着ただけで、衿が真っ黒になりました。
    今では、2、3日着ていても問題がないほど、空気がきれいになりました。
    今後2、3年以内にはソウルの空気の清浄度を済州島(チェジュド)や白翎島(ペクリョンド)に劣らないほどのレベルに上昇させます。

    4年前は江南(カンナム)とそれ以外の地域の財政格差が17倍も違いましたが、画期的な制度改善によって4.5倍にまで縮小しました。
    これからは、西南圏、東北圏、西北圏ルネサンスなどの地域別特化開発を実施し、江南と江北の均衡発展により積極的に取り組んでいきます。

    過去4年間、地方自治体のうち最下位だったソウル市公務員の清廉度は1位に上昇し、全予算の18%だった福祉費は25%にまで増えました。
    創意市政、シフト、女幸プロジェクトなど、この4年間、他の地方自治体や中央政府、外国の都市、そして民間企業がベンチマーキングしたソウル市の政策は、30件を超えています。
    今後4年間、こうした成果を挙げ続けられるよう、最善を尽くします。

    これまで成し遂げてきた多くの変化は、今、大切な自信となっています。

    中国社会科学院の調査によると、4年前のソウルの都市競争力は27位でした。
    ところが2年後の2008年には、12位と一気に上昇しました。
    そして2010年、ソウルの都市競争力はついに世界9位になりました。

    大韓民国の首都ソウルがワシントン、シアトル、ジュネーブなどの都市を追い抜き、史上初めて世界トップ10の都市になったのです。
    ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京と肩を並べるソウル。
    夢に描いてきた記録を私たちが作り出したのです。

    この偉大な変化は今後も続いていきます。
    さらに速度を増していきます。
    この4年間の貴重な経験を活かし、これまで生み出してきたソウルの変化をより質的に向上させるため、渾身の力を振り絞って取り組みます。

    第34代ソウル特別市長として、ソウル市初の再選市長として、市民の皆様の幸せを、ソウルの明るい未来を、責任を持って実現します。
    歴史上、最も偉大なソウルを必ず実現します。

    このため、私は3つのことを約束します。
    すなわち、コミュニケーションの市長、統合の市長、未来の市長になることです。

    まず、コミュニケーションの市長になります。

    私が率先して変わります。
    政策の初期段階から市民の皆様の意見を聞き、積極的に反映させていきます。
    市民との共感を、市政の第一原則にします。

    そのため、各界、各層の市民の皆様と現場で直接会い、コミュニケーションする市長になります。
    私とソウル市庁がつくっていくソウルではなく、市民の皆様が直接参加し、つくっていくソウルにしていきます。
    これによって本格的なコミュニケーションの市政、双方向市政の時代を開きます。

    特に市議会や自治区、各地域の代表、さまざまな市民団体の意見に耳を傾け、市政に反映させることで、対話と互譲の市政を行っていきます。

    第二に、統合の市長になります。

    社会的弱者に対する配慮を優先します。
    懸案の優先順位を決めるときには市民の皆様の声を最も重要視し、特に、最近浮上している学校の安全問題など、すべての市民が共感できる、緊急を要する懸案を中心に仕事の緩急を調節していきます。

    特に今、最も必要とされていることは市政の方向性に対するそれぞれの異なる立場を一つにまとめていくことです。
    私が率先して模範を示していきます。
    すべての市政の中心に「人」を置き、温かいソウルをつくっていきます。
    このような私の構想に市民の皆様が共感してくださるよう、細部にまで配慮しながら推進していきます。

    第三に、未来の市長になります。

    世界トップ10都市になった威勢にのって、ソウルを世界5大都市に発展させます。

    ソウルの未来のために最も重要なのは雇用の創出です。このため、観光、デザイン、デジタル・コンテンツ、コンベンション、R&D、金融など、経済発展の原動力となる新しい成長動力産業を集中的に育成していきます。
    何よりも若者が安心して情熱を捧げることができる働き口をたくさん創り出し、ソウルの10年後、20年後の経済基盤を固めていきます。

    ソウル市民の皆様、そして職員のみなさん、

    私は今、新しい夢を描いています。
    民選4期は、きれいで魅力あるグローバル都市、ソウルを創ることに集中しました。
    民選5期も、やはりその夢は続きます。
    そしてさらに一歩進み、「ソウル市民が幸せなソウル、世界が愛するソウル」を実現してみせます。

    過去4年間、「きれいで魅力あるソウル」を可能にしたのはデザインと文化でした。
    デザインは、ソウルが持っている灰色の都市のイメージを魅力的な先進都市に変えていくための市政運営の原則です。
    都市を快適かつ便利に、そして安全に変えていく、人間中心の都市として改善していくための効果的な政策手段です。

    文化も同様です。
    文化は、ゆとりのない都会人の生活に潤いを与えてくれます。
    また、世界の先進都市を見ても分かるように、文化は経済であり、雇用を生み出す投資でもあります。

    今後4年間、ソウル市民の生活の質をより豊かにしてくれる文化とデザインは中断することなく、推進されます。
    これによって、ソウルの魅力を高め、経済の活力を引き出していきます。
    これに加え、民選5期は創造性と人本主義に基づいて、市民が幸せなソウルを創っていきます。

    公教育を発展させることで子育ての負担を軽減し、家族の幸福指数を上昇させます。
    起業空間の提供、また中小企業への集中支援によって雇用の創出に尽力します。
    きめ細かな福祉政策を展開し、国公立の保育園、図書館、体育施設など住民のための便宜施設を画期的に拡充していきます。
    長期賃貸住宅などの公共賃貸住宅を供給し、住居の安定のためにより一層努力します。

    これとともに、民選5期には、持続可能なソウルを実現し、ソウル市民だけでなく、世界の人々から愛されるソウルを創っていきます。

    すでに指定され、進行中のニュータウン再開発・再建築については問題点を補完し、持続的に推進していきます。
    また、アパート一辺倒の開発から疎外された一戸建て住宅地を集中的に支援し、住みよい街づくりに力を注いでいきます。
    これによって、アパート共和国と呼ばれるソウルの風景を変えていきます。
    公園、緑地、水辺空間を画期的に拡充し、誰もが家の近くでレジャーを楽しむことができる環境を造成し、市民の皆様の暮らしの質を高めていきます。
    江南と江北の均衡発展政策を持続的に推進し、新再生エネルギーなどのグリーン成長産業を育成することで、未来の変化をリードするソウルを目指します。

    こうした努力を通じて、温かく幸せで、バランスの取れた、活気に満ちたソウルを実現していきます。
    市民の暮らしの質を向上し、ソウルの競争力をさらに強化するという都市経営の一石二鳥を実現する民選5期にしていきます。

    愛するソウル市庁の職員のみなさま。

    私たちは過去4年間、行政サービス満足度、清廉度、グローバル競争力、そして国連公共サービス賞を3年連続受賞するなど、これまでにない記録を達成してきました。
    過去4年間、一生懸命に育ててきた創造性の遺伝子が、今や私たちのからだの一部になったことを実感しています。
    どんな組織よりも有能で、清廉で、温かい、偉大な組織に成長できるだろうという希望が見えます。

    軌道に乗った創意市政に対する信頼を土台に、職員の皆さんの業務環境にもさまざまな変化をもたらすことができると思います。
    情熱の深さとともに楽しさもやりがいも大きな職場環境を一緒につくっていきましょう。

    そのために、市民とのコミュニケーションに止まらず、市庁の職員の皆さんとの持続的なコミュニケーションにも力を入れていきます。
    私が皆さんを率いる市政ではなく、皆さんが私のパートナーとして市庁の主役になることができる環境を創っていきます。
    より良い市民サービスの提供という原則のもと、偉大なソウル市庁を目指して一緒に力を尽くしましょう。

    ただし、このことだけは、より強力に推進していく考えです。
    それは、ほかならぬ反腐敗施策です。
    これによって清廉遺伝子を組織内に根をおろすことを可能にし、“清廉”をソウル市を代表する要素にしていきます。
    私たちが去年譲ってしまった清廉度1位の座を今年は必ず取り戻したいと思っています。

    尊敬する市民の皆様、そして市庁の職員のみなさん!

    ソウルは偉大な都市です。
    漢江や南山、外四山、内四山など、天恵の自然環境に囲まれた都市です。24時間灯りが消えることのないダイナミックな都市で、最先端IT技術が600年の伝統と調和する都市です。

    ソウルの偉大な潜在力を最大限に引き出す民選5期を実現します。
    生活の質の満足度が高いソウル、世界トップ5に入る、誇りのあるソウルを創ります。
    これによって、ソウル市民が幸せなソウル、世界から愛されるソウルを必ず実現していきます。

    ありがとうございました。