Go to Main Content
T T

文化/観光ニュース

  • 第24回ソウル国際漫画アニメーションフェスティバル(SICAF2020)

  • ソウル市総合ニュース SMG 270

    「SICAFオンラインパーク」、11月11日(水)から15日(日)までオンライン公開

    「第24回ソウル国際漫画アニメーションフェスティバル」(以下、SICAF2020)が11月11日(水)から15日(日)までの5日間、「SICAFオンラインパーク」をテーマにオンラインにて開催、そのうちアニメーション映画祭はNAVERの「SERIES ON(シリーズオン)」で公開される。そのほか展示会やオンラインイベントはSICAF公式ホームページ、YouTube、NAVERテレビチャンネルなどで公開される予定。「SICAFオンラインパーク」のオープンに備えて、非対面でも面白く楽しく遊べるようさまざまなコミュニティ・参加プログラムも準備しており、市民の関心も高まっている。

    SICAF国際アニメーション映画祭での上映作品はNAVER「SERIES ON(シリーズオン)」で公開

    2020年のSICAF国際アニメーション映画祭は、最新漫画・WebToon・アニメーション映画が1か所に集まるプラットフォーム「NAVER SERIES ON」と手を取り合った。国際競争部門には計24か国69編の作品が本選進出を決めており、そのうちの63編の作品とウクライナで開催されるLINOLEUMアニメーション映画祭に出展するウクライナアニメーション、1989年にKBSで放映されて人気を集めた、2020年を背景としたアニメ『2020年ワンダー・キディ』の特別映像などフェスティバル期間中には普段なかなか観られないアニメを「SERIES ON(シリーズオン)」のモバイルアプリまたはパソコンのウェブサイトを通じて場所を選ばず気軽に楽しめる。

    『2020年ワンダー・キディ』

    アジア最大級の漫画・アニメーションフェスティバルを輝かせる最高の声優たちも集まった。アニメーションマニアを熱狂させる人気の声優たちと出会える「声優デー」は、SICAF映画祭を代表する人気プログラム。『名探偵コナン』『ONE PIECE』『名探偵ピカチュウ』『美少女戦士セーラームーン』などの人気作に出演してアニメの声優として大活躍しているカン・スジン、ムン・ソンヒ、チョン・ミスク、チェ・ドクヒ、キム・ジャンが聞かせる魔法少女や冒険の物語「声優デー①:夢、希望、勇気」とともに累計閲覧数45億回を達成、さらにNAVER WEBTOON発のコミックを原作とするアニメ『神之塔 -Tower of God-』の主人公を演じた声優のキム・ミョンジュン、シム・ギュヒョク、ヤン・ジョンファ、チェ・ナギュンらが聞かせる「声優デー②:神之塔に上れ」という2つの声優デーライブ放送が観客との出会いを待っている。その他にも韓国アニメの音楽界のベテラン音楽監督であるチェ・ヨンウォン、アニメーションストーリーテリングの魔術師と言われるシナリオ作家のパク・ジヨンとともに行われるワークショップ「あなたを魅了するアニメーションの音楽とストーリー」では、アニメーションに生命力を吹き入れる音楽についての話を進めていく。また、彼らの作業のノウハウや制作秘話についての話が聞ける。

    漫画展示プログラムは公式ホームページ・YouTube・NAVERテレビを通じて開催

    作品を体験し、作品のキャラクターと触れ合い、鑑賞するオンライン展示会も「SICAFオンラインパーク」ならではの特別な楽しさ。毎年その年に注目を集めている漫画を選んで展示プログラムを通じて紹介してきたSICAFは、2020年はNAVERの人気WebToon『チョンニョニ』(文/ソ・イレ、絵/ナモン)や『13歳の夏』(文/絵 イ・ユンヒ)などを企画展で紹介する予定。また、多くの独立作家の作品も紹介する。さらに韓国アニメ映画『テコン童子マルチアラチ』監督の故イム・ジョンギュ氏の回顧展となる展示プログラムも準備している。その他にも最新技術を利用してVR展示館を構築したり、作家のインタビューや作品に関するエピソード・体験などについてオンラインで楽しむ展示イベントも準備するなど、さまざまな見どころや楽しみどころを準備している。展示会やオンラインイベントは、SICAF公式ホームページ、YouTube、NAVERテレビチャンネルなどを通じて11月11日から公開される。

    『チョンニョニ』『13歳の夏』

    SICAF2020の詳細については、SICAFホームページ(sicaf.org)と公式SNSで確認できる。