第21回朝鮮時代の科挙制度の再現イベント

第21回朝鮮時代の科挙制度の再現イベント

2014年10月5日(日) 10:30~17:00  場所_慶熙宮(キョンヒグン)

2014年 第21回朝鮮時代の科挙制の再現イベントに皆様をご招待します。


朝鮮王朝500年を支えていた朝鮮時代の科挙試験

朝鮮時代の科挙試験の再現イベントは、ソウル遷都(定都)600年の記念文化行事の一つとして、1994年に初めて考証し再現されて以来、今年で第21回目を迎えるソウル市の代表的な文化観光商品です。
科挙試験は、王権を強化するとともに、血統よりも能力を重視する社会へと変貌させるために大きな役割をしており、朝鮮王朝500年を支える根幹ともなっていました。
朝鮮時代の科挙試験は、一定の試験を経て、官吏を任用する制度として、生員試、進仕試、文科、武科、雑科などに分類され、3年に一度行われる定期試と、必要に応じて随時開かれた不定期試がありました。
定期試の文科の最終合格者数は33名(甲科3名、乙科7名、丙科23名)で、1460年(世祖12)に「経国大典」に法制化されました。合格者には放榜礼(パンバンリェ)という儀式を通じて合格証書である紅牌が授与されました。

科挙制(文科試験)の再現
時間 10:30〜17:00 / 場所:崇政殿前

  • 1. 録名及び入門
    •  - 文科試験科試生が録名所で受付後、科場に入場
  • 2. 国王のお出まし
    • – さまざまな儀物と儀仗旗を先に立たせ、国王が科場に入場
  • 3. 鞠躬四拜
    • – 国王が御座につくと文武百官と科試生が4回伏してお辞儀し、君臣の礼をとる
  • 4. 試題の公開及び科挙試験
    • – 国王が決めた試題を試官が提示すると、科試生の科挙試験(漢詩)が行われる
  • 5. 放榜礼(バンバンリェ)
    • – 国王が、科挙に合格した科試生に合格証書である紅牌と御賜花を授与する儀式
  • 6. 恩栄宴(ウニョンヨン)
    • – 科挙に合格した人の栄誉を祝福して国王が催す宴会
  • 7. 遊街行列(ユガヘンリョル)
    • – 科挙合格者が国王が下賜された造花の御賜花を頭に刺して飾り、採点官と先輩及び親族を訪問するお祝い行事

体験イベント

  • 1.挑戦!子供の道袍(トポ)ゴールデンベル
    • – 道袍(トポ:文官の平常時の上着)を着て、子供たちの漢字王を選ぶ漢字クイズ大会
    • • 時間 : 13:30 ~ 14:30 / • 場所 : 崇政殿前
  • 2. 慶熙宮の野でのお茶会(野点)
    • – さまざまな伝統茶を試飲しながら楽しく学ぶことができるイベント
    • • 時間: 10:00 ~ 16:30 / •場所 : 慶熙宮の前の広場
  • 3. 武科体験場
    • – 弓道、剣術など武官を選ぶ武科を体験するイベント
    • • 時間 :10:00 ~ 16:30 / •場所 : 慶熙宮の前の広場
  • 4. 馬牌作り
    • – 韓紙で暗行御史(アムヘンオサ)の象徴的な馬牌作り
    • •時間: 10:00 ~ 16:30 / •場所 : 慶熙宮の前の広場
  • 5. 1日体験、暗行御史(アムヘンオサ)出頭!
    • – 子供向けの暗行御史体験
    • • 時間: 10:00 ~ 16:30 / •場所 : 慶熙宮の前の広場

公演イベント

  • 1. フュージョンコンサート「共感21」
    • – 現代のリズムと感性で改良した楽器と韓国の伝統打楽器の出会い!
    • • 時間 : 13:00 ~ 13:30 / • 場所:: 崇政門の特設ステージ
  • 2.伝統舞踊&韓国の声、韓国のリズム
    • – 宮廷舞踊と民謡、パンソリが一緒に楽しめる公演
    • • 時間 : 14:30 ~ 15:00 / • 場所 : :崇政門の特設ステージ
  • 3. B-boyと一緒に楽しむサムルノリ
    • – 最高の実力を誇るサムルノリ団とB-BOYの饗宴!
    • • 時間 : 15:00 ~ 15:30 /
      場所
      : 崇政門の特設ステージ

* 特別出演(国王):ミュージカル俳優、ナム·ギョンジュ