Go to Main Content Go to Footer Content

教育/女性/児童ニュース

A A
  • 第11回ソウル市結婚移民者就職博覧会を開催

  • SMG 157
    ソウル市は2019年4月5日午後1時、「第11回ソウル市結婚移民者就職博覧会」をソウル市庁本館の地下にある市民聴で開催する。

    結婚移民者に特化した就職博覧会である「ソウル市結婚移民者就職博覧会」では、通訳者や翻訳者、外国語講師、CSカウンセラー、国際結婚家庭を対象とした講師など結婚移民者を採用したいと希望する企業が、その場で個別の面接をしたり求人情報を掲示する。結婚移民者はその求人企業に履歴書を提出して面接を受けられる。そらに韓国語が上手に話せないため面接が困難な結婚移民者には中国語・ベトナム語・モンゴル語・日本語などが話せる結婚移民者が通訳ガイドとして会場でサポートする。

    今回の就職博覧会では、一般企業9社と結婚移民者が運営する4か所の採用館において個別の面接を行うとともに、35社からの求人情報が追加して提供される予定だ。採用館の他にも、就職支援館、コンサルティング館、イベント館、運営館など計5館にて行われる。

    特に、就職支援館の就職メンタリング相談ブースは、2018年に大変好評を得たブースで、通訳・翻訳や講師など専門性を活かして活躍中の結婚移民者10人を招待し、各分野の就職戦略やノウハウなどを伝授する。就職メンタリングブースは、 ▴法律・医療通訳&翻訳、▴ビジネス通訳・翻訳、▴外国語講師、▴国際結婚家庭を対象とした講師、▴外国語翻訳・出版分野などで活動中の先輩結婚移民者が直接作成した資料を活用し、就職活動している後輩に職業の紹介や就職に必要な準備事項などを共有する予定だ。

    「コンサルティング館」は、労働法律相談、パーソナルカラー診断コンサルティング、履歴書作成・面接スキル、職業カード検査などから構成されており、様々な就職支援サービスを提供する。会場での面接や自己紹介ができない結婚移民者の場合、面接コンサルティングブースで発声や模擬面接など専門家の個別のコーチが受けられる。短所をカバーして長所を高めるため、ドレープ(色布)を使って本人に似合うパーソナルカラーを見つける「パーソナルカラー診断コンサルティング」も行われる。

    「イベント館」では就職の意気込みを香りで表現する香水作り、高級印鑑の製作、証明写真の撮影・現像を行い、様々な体験を通じて参加する結婚移民者の就職に対するモチベーションや意欲を高める。

    今回の就職博覧会には就職を希望する結婚移民者なら誰でも参加できる。詳細事項については、ヨンドゥンポ(永登浦)区多文化家族支援センター(☎ 02-845-5433)に電話で問い合わせることができる。

    2018年就職博覧会の様子

    2018年就職博覧会の様子