Go to Main Content Go to Footer Content

公園

A A

Seoul forest



軍馬像

ソウルの森の広場に入ると真っ先に目に入ってくる軍馬像は、ここが競馬場の跡地であったことを記念して造られた造形物です。勢いよく走る馬が象徴的に表現されている。


噴水広場

ソウルの森で一番楽しい歓声が上がるところ。夏の暑さを吹っ飛ばしてくれる噴水広場。床から上がったり下がったり、高さを変えながらリズミカルに噴出する水、楽しい子供たちの歓声、その子供たちをカメラに収めようと忙しいお父さんたち、童心に戻り子供と一緒に噴水広場の周りを走り回りながらはしゃぐお母さんたち、噴水広場の周りではこのようにほのぼのとした楽しさが演出される。ここでは誰もがドラマの主人公になれるだろう。 噴水広場は、100本のノズルからスピードによって最高5mの高さまで噴き上がる。 床から上がったり下がったり、高さを変えながら空高く噴き上がる噴水広場は、私たちに楽しさを与えるだけでなく、雨水貯留槽に貯められ家族マダンの芝生の撒き水としても使われる。


トゥクソム家族の広場

広々と敷かれた緑の絨毯!その芝生でのんびり日差しを楽しむ恋人たち、走り回る子供たち、ピクニックを楽しむ家族連れ! そして音楽会や映画上映などの大型公演や様々な文化プログラム満載の大型野外舞台が凛々と立っている家族マダン(庭のこと)は誰でも楽しめる公園です。


野外舞台

週末、野外舞台で行われる様々な野外公演を楽しもう。ソウルの森にピッタリのいろんなジャンルの舞台公演や文化プログラムが待っている。クラシックって退屈で面白くないと思う人には是非お勧め。野外で聴くクラシックは一味違うだろう。


森の広場

白い枝を空高く伸ばし陰を作る円形マダン(白樺の木陰)は、少人数の団体にピッタリ。ウッドデッキに座り込み、ゲームや楽しい会話をしながらお弁当でも食べたら最高!


森の中遊び場

親環境素材の木材で作られた森の中遊び場は、子供たちに最も人気があります。洞窟抜けゲーム、網梯子登り、ログハウス遊びなどを通じて自然と親密感が覚えられる。高く、時には低くなる傾斜台ゲームは、子供たちが遊び方を自ら工夫し、森の中でただ遊ぶだけではなく、創意的な発想が出来るようになっている有意義なスポットだ。


水遊び場

飛び石渡り、ゆらゆらと揺れ流れる船乗り、砂遊びなど、小川の楽しさいっぱいの水遊び場は、子供と大人みんなに人気抜群だ。


水辺の休憩室

ソウルの森の中で最高に美しい景観を誇り人気が高いところで、空高く噴き上がる噴水と広々した芝生、公園池の淵にカフェテリアが設けられた野外テラスでのんびりくつろぎながら食事が楽しめる。


森の小路

空に枝を伸ばしてぎっしりと植えられた樹木が窮屈に見えるが、枝の間からの日差しが暖かい。夏は爽やかな緑色の森が涼しい陰を作り、秋には黄色い銀杏で覆われ美しい景色を演出する。プロムナードに備えられたベンチに腰掛け、美しい自然の変化を感じてみよう。


思索の道(メタセコイア路)

休憩と思索にぴったりの思索の道は、背高いメタセコイアの木が涼しい陰を作り、道の至るところには思索のベンチが置かれ、考えに耽けることができ、みんなに人気が高いです。


森の中のミニ図書館

管理事務所建物の1階にある森の中のミニ図書館は、子供たちに自然に触れさせることが出来る生態体験の機会を与え、また大人たちにはリラックスできるスポットだ。子供のための環境、生態関連図書を含め、大人のための小説なども備えられている。 晴天の日、図書館の中で本を読むのがもったいないと思ったら、本を借り出して広々とし緑いっぱいのソウル森に出かけて見よう。森はそれ自体が巨大な野外図書館なのだ。


車図書館(移動図書館)の利用案内

ソウルの森の車図書館(移動図書館)では無人図書貸出しサービスを行っている。読みたい本を選んで、借手の基本情報を貸出し台帳に記録、ソウル森の中で読んでから帰りに返せばOK。


ユニバーサル遊び場

ユニバーサル遊び場は、従来の乗り物が備えられた子供公園とは違い、子供たちが夢を膨らませることの出来る公園となっている。巨人の国をテーマに造られた巨人像は、まるで立ち上がるような形になって、障害のある子供たちに希望と夢を伝える。また、車椅子で洞窟を抜け出ることもできる。さらに巨人像の中に入ることもできる。そして色鮮やかな蛇形の洞窟では様々な迷路になって、いろんな遊びができる。好奇心旺盛な子供たちが夢を膨らませるアミューズメントスペースだ。


鏡の池

鏡の池は深さ3cm(長さ53m)の浅い池で、水の流れが穏やかで、向かい側の應峰山が鏡のように池にしっかりと映るために付けられた名前。鏡のように池に映る色々なもの、そして喉が乾いて飛んでくる小鳥たちを見ているだけでも心が和む。特に季節毎に変化する大自然が池に映る。春には新しく芽生えるうぐいす色の木の芽、そして列を成して散歩するヒヨコたち、夏には空高く枝を伸ばしたメタセコイアの緑が鏡に映る。


訪問者センター

ソウルの森の総合案内、広報映像、刊行物などが備えられている。またトゥクソムの歴史が分かる展示室などがある。センターには、身体障害者のための車椅子や乳児のための授乳室と乳母車などが用意されている。