Go to Main Content Go to Footer Content

公園

A A

Park


生態公園の概念
生態的要所を主題とした観察、学習の側面から
自然観察および学習のために公園緑地を生態的に復元・保全して、利用者たちに植物・動物・昆虫たちが自然環境の中で成長・活動する姿を観察することができるように提供された場所、つまり小さい生物たちの生きて行く姿をより易しく接近・観察することができるように造成された公園を言う。

生態の原理に立脚して造成の側から
都市の中に野生生物の棲息地を導入したが、生態系の秩序(種の多様性、生態的健全性、持続可能性など)によって自ら維持できるように造成された公園だ。健康な野生景観を導入して最小エネルギーを投入することで維持管理ができるように造成された公園として環境的に他の公園に比べて比較優位性に存在価値を置いて造成された公園を言う。

生態公園の機能
生態公園内の導入機能
多様な小生物圏(Micro Bio-tope)形成
生物有機体(Bio-coenosis)が割りに安定な状態で生きていく場所(tope)へ局地的環境(Micro environment)変化による多様な小生物の生息を誘導する。
棲息地(Habitat)保護
多様な小生物圏(Micro-bio-tope)たちが Networkを形成して生態的に安定できるように一定地域を保護・管理して、棲息生物種の繁殖および生活環境を保護することで、生態的に健康な空間を造成するためである。
自然観察活動空間提供
多様な生物たちが棲息している空間なので、生態的に安定された場所で自然環境期作(Eco-system)を観察・学習することのできる空間を提供して生態的な撹乱を起こさないように制限された観察活動空間を提供する。
情報提供および解説
モニターリングによる観察結果・生態公園に対する正確な内容伝達などのための資料を蓄積して学習・理解増進のための自然生態系解説の機能を持つ。
自然復元研究及び伝播
毀損された生態系の復元方法・技術・研究などの学術的作業で、生態公園造成の時、所在の公給地としての役割をする。

生態公園の造成理論
生物学的の多様性(Biological Diversity)
遺伝子・種・小生物圏などの多様性を意味し、生物学的多様性と生態的安定性は比例する。
生態的健全性(Ecological Soundness)
生態系内の自体生産性を維持することで健全性が確保され、持続的に生物資源の利用ができる。
持続可能性(Sustainability)
生物資源を持続的に保存・再生して生態的に永続性を維持する。
最小のエネルギー投入
然循環系を形成して人為的なエネルギーの投入を最小化

発生背景

都市の膨脹と開発による環境問題の台頭・物理的人工環境に対する価値構造の変化で、自然環境に関する選好度の増加と欲求充足・経済的側面での費用節減などの理由で、公園の新しい有形である生態公園が台頭された。
生態公園の始めはBloemendaalse Bosで、1952年オランダでJae, P.Thijsseと言う教師がhaarlemで学生たちに自然を理解させようとする教育目的をもって造成された。
1977年イギリスで都市民と子供が自然みより易しく接触することができるように[ウィルリアムコティス]生態公園(the William Curtis Ecological Park)を造成して8年間持続された。1985年に閉鎖された後、生態公園財団が発足されてイギリスを中心として公園造成の時、生態公園の概念が導入された。以後、ドイツ・カナダなどでも同じ概念で生態公園が造成された。
生態公園(Ecological Park)と言う用語は1980年Schwarzが"Natural Garden(Der Natur Garten)"と言う本を出刊することで、使われてその以前に1973年Le Royの著書"Switch off nature-switch on nature"でEcological gardenの概念から発達された。

類似な概念の整理
生態観光(Eco-tour)
自然景観、野生動・植物など生態的な価値が優秀な自然環境地を対象に専門案内人が一定なプログラムによって、適正な人員を参加させるtourの形式として参加者が自然環境の重要性を認識してそれに関する倫理観を正立する教育的な観光商品。

自然学習園
自然環境の接触・理解/教育などの機会のない青少年たちを大自然また人為的に造成された自然の中に引っ張り込んで、集団化された生活と訓練を通じて自然に対する正しい知識を伝達して心身を訓練して自然の中で秩序・協働・奉仕の精神を体得させるなど、学校や家庭では期待できない難しい体験を得ることができるようにする施設。

自然観察園
自然を易しく接するこるができない人工環境の中で、自然所在を展示して市民が易しく接近・観察できるように造成された施設

動・植物
動・植物の分類学的記録によって展示・観覧ができるように造成された主題公園として、単純な配列式の展示を捨てて展示対象である生物の棲息環境の模写を通じて展示効果の極大化を追求