Go to Main Content Go to Footer Content

公園

A A

Park


観察プログラム

利用客活動計画
一般利用客:生態公園の事前知識なく、近隣公園及びテーマ公園の利用目的による利用客
特別利用客:生態観察及び学習目的の利用客

利用地域の区分
自由観察地域:生物棲息に影響を与えず、同時に多数の人員の利用できる空間
制限観察地域:人間の活動が生物の棲息環境に影響を与える地域、引率者だけによって利用できる地域

利用客数制限
観察プログラムによる探訪客の観察態度によって、収容力を勘案して計画
1回利用客数と探訪路の長さ及び場所の反復、交差などを考慮して計画。

区分 対 象 目 的 活 動 備 考
一般利用客 家族単位の訪問客
個別利用客
レクレーション 観察・学習 自由観察地域
特別利用客
(事前予約)
学生団体(小・中)
家族単位の訪問客
個別利用客
環境専門家
観察・学習 講義・観察,
学習・写真
制限観察地域

学校教育課程
学校教育課程の中で野外学習に必要な要所は草地/池/山林/小川/菜園/展示施設などが中心

区分 単 元 観 察 学 習 導入要所
小学校 1 周りの生物 果と種、動物の餌、山と野
穀物と野菜、いろいろの植物、池
草地、池、菜園
自然環境 山と野 草地、山林
2 いろいろの
昆虫
茂みで生きる動物探し、アリの生活する姿
バッタ・アリ・トンボの観察、水で生きる昆虫
昆虫の特徴、動く姿、餌を食べる姿
草地, 小川, 池
3 動物の一生 カエルの産卵、カエル・モンシロチョウの一生の過程
池の生物 水に浮かんでいる植物、水に沈んでいる植物
池の動物、ミジンコ、フナの見かけと動き、澱粉
石と土 砂と土の観察、土の中に生きている生物 草地、山林
4 小さい生物 海ガン、planaria、カゲロウ、黴、すぎごけ、ぜにごけ、ミミズ、ショウジョウバエ 山林地域、
草地
環境と生物 ウキクサ、鳥の適応、光に対する動物の反応、シャクトリ虫の保護色
5 植物の構造と作用 花の見かけと機能、花と蜂、水の蒸発と生物の関係
葉の光合成との関係、果(種)の観0察
展示施設
生態系 動物たちの食物連鎖(生産者、消費者、分解者との関係)
生態系の平衡(大根の種、コオロギ、蛇、ハゲワシと係)
展示施設
6 環境汚染と自然保存 生物の繁殖と地表変化、自然のいろいろのエネルギー源
天敵(クモ、テントウムシ、ウンカ、アブラムシ)、消費者、生産者
池、川の周りの植物、生態系の保存
展示施設, 池
中学校 1 回りの生物 陸地生物:花・雪・果・種・葉・根の見かけ、松・ワラビ・ぜにごけ・黴の
かけ、ウサギの模様・構造、カエリの模様/構造を観察、トノサマバッタやバッタ
水中生物:フサモの見かけ、青のりの見かけ、フナの見かけと外見、ザリガニの見
かけ、ヒドラ・イソギンチャクの見かけ、淡水の中の簡単な生物
山林、
草地、
2 生物と環境 生物の群集:群集の調査、植物の競争
生態系:池、水槽の中の生態系
山林
草地
高校
学校
人の影響 薬用植物の観察 草地、
山林
生食と発生 カエリの受精と発生、ゾウリムシの生食、ワラビの世代交番(ゾウリムシ、ゼンマイ、すぎごけ、ぜにごけ、ワカメ、青のり) 山林, 池