Go to Main Content Go to Footer Content

公園

A A

Park


観察計画

引率案内体系:観察/採集など
案内施設及び情報のアニメーション化 : 単純で退屈な説明を止揚して、質疑・返事・アニメーションなどを利用して興味をそそることを目指しております。接近統制地域の生物棲息環境は間接説明しま。

自由観察地域
時間・場所に関係なく、利用者の任意観察
対象地域:ビジターセンター地域
開場の初、同時最大入場客を制限、施設の保護及び観察活動の円滑化

制限観察地域
解説者引率方式:時間とルートが決められた観覧
対象地域:湿地・山林・貯水槽地域
観察日時:学生/専門家-週中, 家族/個人-週末
人員制限(1回 15名)/時間制限(1回 所要30分)
観覧回数当人員(平日 6回、土・日曜日・公休日12回)
観覧事前予約制:学生及び団体-最小1週前, 一般観覧-最小1週前
生態観察予報制:季節と時間による生物活動など

観察内容は学校の教科課程を土台に構成
観察空間と生活保護空間に区分して、生物棲息活動に攪乱を与える恐れがある利用客の接近を最小化 制限観察時、チーム間の間を十分にして生物の移動時間と活動時間を確保

区分 観察内容
ビジター ㆍ生態期作室内展示/説明:生態系、食物連鎖、擬態 、保護色など
ㆍチョウ園及び自生魚類展示館
ㆍ生態関連情報提供、持続的なモニターリング
貯水池 ㆍ湖沼関連棲息生物導入(水中島、魚の巣)
ㆍ湖沼辺境界部棲息環境(植生群落、砂礫地、砂場)
ㆍ鳥類観察(鳥類観察台、丸太の杭)
湿 地 ㆍ湿地の水棲植物及び生物(海ガン、planaria、ウキクサなど)
ㆍ水棲昆虫及び両生類
- トンボ(交尾及び卵産み、虫の生活など)
- ホタル(棲息地・ホタルなど)
- カエル(卵、孵化の過程、おたまじゃくし、成長など生活史)
- アメンボウ、ゲンゴロウなど水棲昆虫
草 地 ㆍ自然環境形生物棲息空間
- 草地:菊科植物、いね科植物、タンポポ胞子、トンボ、バッタ、草地棲息齧歯類/鳥類など
- 石墓:齧歯類及び爬虫類の棲息地
- 木の堆積:爬虫類及び草地昆虫の棲息地
- 土壌mulching地域:土壌生物観察場所
- 茂み:爬虫類/鳥類棲息地
ㆍ田園農家形生物棲息空間
- 草家:総合的な生物棲息空間(コウモリ、フクロウ、齧歯類、蜂など)
- 石築・薪の山積み・堆肥場:齧歯類及び草地昆虫
- 菜園:草地棲息生物のための食餌植物提供
- 人工蜜蜂の巣箱:草地植物開花・結実用仲立ち昆虫提供
山 林 ㆍ野生草花類(影地性野生草花類)
ㆍ影地性花木類
ㆍ茸類:腐った丸太、ウードリップなど
ㆍ山林昆虫:ハサミムシ、カミキリムシ、シャクトリ虫など
ㆍ羊歯植物:ワラビの世代交番、ゼンマイなど