在留外国人に対する教育

A A


資料基準日:2017年1月2日
図書館

ソウル図書館

ソウル図書館
ソウル図書館
ソウル市行政の中心地だった元庁舍が、市民のための「ソウル図書館」に新しく生まれ変わりました。およそ20万冊に及ぶ蔵書、高さ5メートルの壁面本棚、障害者資料室、ソウル資料室などを取り揃え、ソウル市内320ヶ所図書館の資料を一度に把握する統合図書検索サービスも行われます。1926年庁舍建立当時の外壁とホール、中央階段をそのままの状態で修復し、ソウルの歴史的象徴性も生かしました。今後、ソウル図書館は、「ソウルの情報中心、図書館の中心図書館」、ソウル地域図書館の政策を樹立・施行する「ソウルの代表図書館」としての役割を担っていきます。

国立中央図書館

韓国で出版されたほとんどの書籍を蔵書として保有しています。

文学の本だけでも5,940,000冊の蔵書数を誇る韓国最大の図書館です。


国会図書館

汝矣島国会議事堂の隣に位置しており、国会議員に迅速で正確な情報を提供することが目的で運営されています。アメリカ議会図書館に類似した役割を果たしています。


南山図書館

龍山区南山に位置する公共図書館です。蔵書数が多く、美しい漢江とソウルが眺望でき、とくに春と秋の周辺景色が美しいことで名高いです。