居住について

A A


資料基準日:2017年1月2日

韓国の一般的な住居形態には、サービスレジデンス、アパート、オフィステル/ワンルーム、一戸建て、多世帯住宅、伝統家屋などがあります。

サービスレジデンス

長期または短期の居住者のための住まいです。

サービスレジデンス

  • 家具やその他、生活に必要な施設が整っています。
  • 一世帯の居住空間が一般のホテルの2~3倍ほどで、キッチンが完備されています。
  • ホテル風のフロントデスクやビジネスセンター、コミュニティ空間などが完備されており、ホテルより安く利用できるのが特徴です。

アパート

韓国で最もポピュラーな居住形態で、利便施設などが整備されていることから、最も多くの人に好まれています。

アパート

  • 水道、ガス、暖房などの基本的な設備が完備されています。
  • 外国の住居よりも少し狭い感じがします。
  • 団地内に建物が密集しているため、私生活保護などの問題が発生することもあります。
  • ほとんどの場合、世帯別の駐車スペースを指定していないため、駐車に困ることがあります。

オフィステル/ワンルーム

オフィステルは、簡単な住居施設を完備したオフィスを意味し、最近では、住居用としてもよく利用されるようになりました。

オフィステル/ワンルーム

  • 交通の便の良い場所にあります。
  • 生活に必要な家具や利便施設などが揃うほか、私生活保護などにもしっかり対応しています。
  • ワンルームは、世帯数が少ないだけで、オフィステルとほぼ同じタイプの住居形態です。
  • オフィステルに比べて賃貸料が安く、主に大学の周辺に分布しています。

一戸建て

私有地に建てられた一階建てまたは二階建ての建物です。

一戸建て

  • 世帯別の住まいを十分に確保することができ、住む人の好みに合わせて家の間取りや住居計画が可能になります。
  • 家族や個人の好みに合わせて庭やプライベート空間を作ることができます。

多世代住宅

ひとつの建物に2世帯以上が住めるよう、住居空間が分離されている住居形態です。

多世代住宅

  • 主に4階建て以下の建物を意味し、オフィステルやアパートとは異なります。
  • 一つの建物に多数の世帯が共同で住める住居空間が別途に分離されており、各世帯別に区分登記となっているため、所有や分譲が可能です。

韓屋

韓屋は、韓国の伝統的な家屋を指します。

韓屋

  • 暖房のためのオンドルや冷房のためのフローリングがバランスよく配置された造りとなっています。
  • 大陸性気候と海洋性気候が共存する勧告の夏と冬を快適に過ごすための独特な造りが特徴です。
  • ソウル市内では、伝統家屋を改造し、トイレやキッチンを現代風にリフォームした住宅が見かけられます。
  • リフォーム住宅は、伝統的なデザインの美しさと現代住宅の利便性という2つのメリットを兼ね備えています。