居住について

A A


資料基準日:2017年1月2日

ウォルセ(月極めの一般賃貸、月賃貸料+保証金)

一定額の保証金を払い、毎月決まった日に家賃を払う方法
  • チョンセよりも保証金が安く、賃貸契約の際に家主さんに交渉すれば、保証金や家賃の値段を調整することができます。
  • 保証金を上げると、月々の家賃が下がり、保証金を下げると、月々の家賃がその分上がります。
  • チョンセまたはウォルセの契約には、光熱費(電気料金、水道料金、ガス料金、電話料金、インターネット使用料、テレビ受信料など)は含まれていないため、借家人が支払わなければなりません。

チョンセ(保証金)

チョンセは、外国では見られない不動産賃貸制度で、韓国で唯一発達した慣習上の不動産賃貸システムです。
  • 家主さんに毎月家賃を支払う代わりに、契約期間中、保証金を家主さんに預かってもらう方法です。
  • 基本契約は2年で、契約期間満了時に保証金が返金されます。
  • 家主は高い保証金を銀行に預けて利子をもらったり、投資費用に使うことで利益を得ます。
  • 借家人は、一度に高額の保証金を支払わなければなりませんが、契約満了時には全額が返金されるため、非常に有利だといえるでしょう。チョンセで賃貸契約を行う際は、不動産を通じて物件が抵当に入っていないかどうかを事前に確認することが大切です。

居住について