利便施設

A A

銀行

口座開設

韓国内の居住如何に関わらず、外国人が口座を開設する場合は、必ず銀行を訪れなければなりません。

(韓国に住んでいる場合、6ヶ月以上は居住者、6ヶ月未満は非居住者となります。)

 

口座開設
必要書類
  • 身分証明書(外国人登録証、パスポート)を持参し、銀行の窓口にて口座開設を申し込みます。
  • 口座が開設されると、通帳が発行されます。(キャッシュカードも同時に発行可能)

※ キャッシュカードを使うと、銀行が閉まってもATMから現金を引き落とすことができます。

税金と利子
  • 韓国に住んでいる外国人の場合:税金と利子率は韓国の法律に従って適用されます。
  • 韓国に住んでいない外国人の場合:税金は、自国の法に従って、利子率は韓国の法に従って適用されます。
営業時間
  • 営業時間:月~金、午前9時から午後4時まで
  • キャッシュコーナー:22:00~08:00 以外はいつでも利用可能

海外送金

最寄の銀行で送金が可能です。指定の外国為替取引銀行を通じて年間米ドル5万ドル(送金+両替)まで取引が可能、送金資金の取得経緯を立証する書類がある場合は、取得所得範囲内での送金が可能です。なお、手数料および制限事項などは、銀行によって異なります。

 

海外送金
必要書類
  • パスポート、外国人登録証、所得がある場合-所得証明書類
  • 外国の銀行口座に振り込む場合は、電信為替(telegraphic transfer)を使ってスピーディに送金することができます。受取人の名前、住所、銀行口座、銀行名、支店名などを英語表記で記入してください。

両替

パスポートまたは外国人登録証を持参すれば、ほとんどの銀行で両替が可能です。入国時に携帯した外貨を銀行で両替する場合は、明細書を保管しておくようにしましょう。出国時にこれを提示すると両替の際に有利になります。

 

両替
金額限度
  • 現金、トラベラーズチェック
  • 制限なし (年齢および旅行回数に制限されない)

※ 1件当たり米ドル1万ドルを超す場合は、国税庁に申告されます。

必要書類 パスポートまたは外国人登録証

クレジットカード

クレジットカードは、個人の信用照会の結果、信用状態が良好で、支払い能力がある人でありながら、クレジットカード会社が提示する一定の基準を満たしている人に限り発行されるカードです。発行審査の結果によっては承認がおりない場合もあります。

 

クレジットカード
必要書類
  • 会員入会申込書(写真込み)
  • 外国人登録証、場合によっては所得確認書類(在職証明書、税金計算書など)

※ クレジットカード会社や銀行によって、必要書類は異なります。

年会費 クレジットカードの発行およびサービスの提供などのための手数料として、クレジットカード発行月を基準に毎年請求される費用です。
営業時間
  • 営業時間 : 9:00 ~ 16:00
  • キャッシュコーナー : 22:00~08:00 以外はいつでも利用可能

詳細は下記のサイトをご参照ください。

郵便サービス

荷物を外国に送りたいときは、郵便局の窓口で受付を行います。手紙や書類、荷物をスピーディかつ安全に外国に配達してくれる国際郵便サービスの「Express Mail Service」は、情報通信部郵政事業本部が外国の公信力のある郵便当局と締結した特別協定により運営されています。

  • 差出人と受取人の住所、氏名、電話番号、品目、数量、価格などを正確に記入し、送り状を荷物に貼り付けて窓口に持っていきます。
  • 手紙、はがき、エアメール、印刷物、小包など、郵便物の種類や重量によって料金が異なるため、詳細についてはホームページや窓口でお問い合わせください。
  • 国際郵便物(EMS、航空郵便、国際登記郵便)を発送した後、配達状況を照会する際は、郵便局コールセンター内の国際郵便お客様窓口で確認できます。

郵便サービスは、DHL、Federal Express、UPS、韓進海運、EMSなどの海運企業でも行っています。

 

郵便局
DMLコリア
FedEx Express
UPS
韓進海運

インターネット

インターネットが広く普及している韓国では、一般の家庭でも超高速インターネットの利用が可能です。

 

インターネット 主な通信事業者, サービスの利用
主な通信事業者
サービスの利用
  • 有線LAN:有線LAN機器が必要
  • 無線LAN:有線および無線LAN機器が必要

インターネットカフェ(PCバン)

ソウル市内の随所で「PCバン」または「インターネットカフェ」という名前の看板を見かけることができます。ここは、自由にインターネットが利用できる場所で、メールのやり取りやネットサーフィン、文書作成、プリントアウトなどをすることができます。

比較的安くインターネットを利用できるのが特徴です。利用料金は、1時間当たり1,000ウォンから1,500ウォンで、会員券などを購入したり、夜間に利用すると割引特典がもらえます。

携帯電話

韓国における携帯電話の普及率はここ数年、急激な伸びを記録しています。このため、通信事業者は、通話やSMS、カメラ、動画、ビデオ電話など、様々なサービスを展開しながら顧客取得に力を入れています。最近では、スマートフォンが広く普及するようになりました。

 

携帯電話 主な通信事業者, 必要書類
主な通信事業者
必要書類
  • パスポートまたは外国人登録証
  • 代理人の場合は、申込者の必要書類と代理人の身元証明書を持参し、代理店でお申込みください。

固定電話

自宅や会社に有線電話を設置する場合は、市外局番なしの100番に電話をかけると、該当地域の電話局から工事担当者が設置に来てくれます。外国人の場合は、パスポートや外国人登録証が必要で、1ヶ月の利用料金は5,200ウォン以外に入会費(設置費込)として60,000ウォンが加算されます。

国際電話

韓国の国際電話サービス業者は、全部で4社あり、電話料金は、業者別に異なるため、ホームページなどで確認することが大切です。電話料金を節約するには、平日の早朝(午前8時以前)、深夜(午後9時以降)または休日(30~50%割引)を利用するといいでしょう。

 

国際電話 主な通信事業者
SKテルリンク 00700国際電話サービス www.sktelink.co.kr
KT国際電話 001国際電話サービス www.kt001.co.kr
オンセ通信国際電話 00365国際電話サービス www.00365.net
LG Uplus 002国際電話サービス www.002v.com

ケーブルTV

様々な専門分野に分かれた番組が放送されるマルチチャンネルです。

 

ケーブルTV tv ジャンル, 必要書類
ジャンル
  • 映画、ドラマ、スポーツ、ゲーム、ニュース、情報、芸能、バラエティ、地域、ガイド、テレビショッピング、子ども、音楽、趣味、生活、教養、ドキュメンタリー、女性、家庭、教育、公共、宗教など
  • 地デジ放送やアメリカ、日本、中国、ヨーロッパなどの海外の衛生放送
必要書類
  • 申込者の氏名、連絡先、住所、外国人登録証、自動引き落としが可能な本人の通帳(現金払いの場合はパスポートのコピーが必要)

*  必要な書類は放送局によって多少異なるため、各ケーブル放送局にお問い合わせください。

 

 

韓国ケーブルテレビ放送協会HPへ(外部リンク)
HCN hcn.co.kr 070-8100-0300
Tブロード www.tbroad.com 070-8177-0009
CJハロービジョン www.cjhellovision.com +82-51-1544-1003

衛星放送

衛星放送とは、放送衛星(BS:broadcasting satellite)を使ってテレビ放送やPCM(pulse code modulation)放送を提供するもので、地デジ放送では見られない世界中の放送を視聴することができ、録画などを通して再度視聴が可能な放送を意味します。

  • 韓国で利用可能な衛生放送:スカイライフ

 

衛星放送
スカイライフ http://www.skylife.co.kr/eng 82-1588-3002
helpdesk@skylife.co.kr
特徴
  • デジタル技術を基盤にした高画質、高音質サービス、数百のチャンネル、衛生の特徴である同時性と広域性を使って同様の品質で全国にサービスを提供しています。
  • 双方向コミュニケーションを通じたデータ放送サービス、専門オーディオチャンネルサービスなどを実施するチャンネルデジタル衛生放送
必要書類
  • 毎月の受信料は、業者および約定契約年数によって異なります。
  • 毎月の受信料以外にも、受信機費用、アンテナ、設置費用が別途にかかります。