公共交通機関

A A


資料基準日:2017年1月2日

ソウル外郭に出る場合に便利な交通手段には鉄道があります。ソウル市内の主な駅はソウル駅・チョンニャンニ駅・ヨンドゥンポ駅・ヨンサン駅の4つの駅があります。

ソウル駅

ソウル駅

ソウル駅

京釜線・京義線・仁川国際空港鉄道の基点であるソウル駅は、ソウル地下鉄1号線と4号線と連結されている。

  • 一日平均9万人余りが利用するソウル駅は、韓国の首都ソウルの関門とも言える。
  • 京釜線ではセマウル号・ムグンファ号・KTXを運行。統一号・セマウル号・ムグンファ号は大田・金泉・東大邱・釜山方面、KTXは光明・大田・東大邱・釜山方面を運行。
  • 首都圏広域電車である京義線は、一山・金村・汶山方面を運行。

ヨンサン駅

湖南線・全羅線・長項線・京元線の終始終駅であるとともに地下鉄1号線の駅でナミョン駅とノリャンジン駅の間にあり、首都圏の電車の中央線の終始終駅でもある。

  • 中央線と京春線を通過するITX青春列車の終始終駅として利用されている。
  • 湖南線に行くKTX・セマウル号・ムグンファ号が運行されており、旅客・貨物め乗車券発売などの業務を担当している。

チョンニャンニ駅

京元線にあるチョンニャンニ駅はワンシムニ駅とフェギ駅の間にあり、中央線の終始終駅でもある。

  • ソウル地下鉄1号線・チョンニャンニ駅と中央線の地上にある駅の乗り換え通路が開通。
  • 清凉里(チョンニャンニ)・安東間のセマウル号列車が運行中。
  • 2012年 2月に開通した京春線準高速列車『ITX-青春』の停車駅。

ヨンドゥンポ駅

京釜線にある駅でソウル地下鉄1号線のシンギル駅とシンドリム駅の間にある駅。

  • 1971年特急列車が最初に停車する。
  • セマウル号・ムグンファ号・広域電車が運行中。旅客・貨物・乗車券発売などの業務を担当。2010年11月からKTXの停車駅となる。
  • 民間資本誘致により、駅の背部にロッテデパートがある民自駅舎。