公共交通機関

A A

ソウル市内を運行するバスは幹線バス・支線バス・循環バス・広域バス・オーダーメイド型バス・深夜バスなどに分類されます。その他空港バスも運行しています

バス

バス

  • 循環バス : 最初の数字 (バスの運行地域) / 二番目の数字(一連番号(1~))
  • 幹線バス : 最初の数字 (出発地の地域番号) / 二番目の数字 (到着地の地域番号) / 三番目の数字 (一連番号(0~))
  • 支線バス : 最初の数字 (出発地の地域番号) / 二番目の数字 (到着地の地域番号) / 三番目の数字 (一連番号(11~))
  • 広域バス : 最初の数字 (9) / 二番目の数字 (出発地の地域番号) / 三番目の数字 (一連番号(00~))
  • オーダーメイド型バス : 最初の数字 (8) / 二番目の数字 (出発地の地域番号) / 三番目の数字 (到着地の地域番号) / 四番目の数字 (一連番号(00~))
  • 空港バス : 最初の数字 (6(0~7)) / 三番目の数字 (一連番号(00~))
  • 深夜バス : 最初の数字 (N) / 二番目の数字 (出発地の地域番号) / 三番目の数字 (到着地の地域番号)

バス 圏域

  • 0圏域 (主な地域s : 中区、鍾路区、龍山区 / 延長線 : 無し)
  • 1圏域 (主な地域 : 城北区、江北区、道峰区、蘆原区 / 延長線 : 京畿道 楊州市、議政府市、東豆川市、抱川市)
  • 2圏域 (主な地域 : 城東区、広津区、東大門区、中浪区 / 延長線 : 京畿道 九里市、南楊州市、加平郡、楊平郡)
  • 3圏域 (主な地域 : 松坡区、江東区 / 延長線 : 京畿道 広州市、河南市、利川市、驪州市)
  • 4圏域 (主な地域 :瑞草区、江南区 / 延長線 : 京畿道 城南市、龍仁市、安城市)
  • 5圏域 (主な地域 : 衿川区、銅雀区、冠岳区 / 延長線 : 京畿道 安養市、軍浦市、義王市、安山市、果川市、水原市、華城市、烏山市、平沢市)
  • 6圏域 (主な地域 : 陽川区、江西区、九老区、永登浦区 / 延長線 : 仁川広域市、京畿道 金浦市、富川市、光明市、始興市)
  • 7圏域 (主な地域 : 恩平区、西大門区、麻浦区 / 延長線 : 京畿道 高陽市、坡州市、漣川郡)

料金及び乗り換え制度

  • 料金は現金または交通カードで支払います。乗り換えずに一度だけ乗り降りする場合は、乗車する際に現金または交通カードで定額料金のみ支払います。
  • ソウル市内バス及びマウルバスではTマネー・Uパス・eBカード・キャッシュビー・KORAILメンバーシップカードが利用できます。またTマネーやUパスと交換性のある後払い式交通カードも利用できます。
  • ソウル市内バスは、大韓民国旅客自動車運送事業法に規定された無賃運送対象者の他にも保護者が同伴する満6歳未満の乳幼児3人まで無料で乗車できます。
  • ソウル市内バス、京畿市内バス、仁川市内バス、そして首都圏の電車は首都圏統合料金制の対象ですので10km以内は基本料金を支払います。その他ソウル広域バス、京畿道一般座席バス、直行座席バス、仁川のバス、広域バスを1回以上利用する際、30km以内は基本料金ですが、その範囲を超えた場合、5kmごとに100ウォンの追加料金(成人の場合)を支払います。
  • 乗換え割引サービスを受ける場合は、バスを降りる際に端末機にカードをあてます。単独乗車時(乗換えない場合)は基本料金なので、バスを降りる際に端末機にカードをあてる必要はありませんが、誤用防止のため常時カードをあてて降りることをお勧めします。
  • 多人乗搭乗及び乗換え割引サービスは市内バスでのみ利用できます。また同一人数が同一目的地まで移動する場合にのみサービスを受けることができます。

Tマネー交通カード

Tマネー(T-money)は、韓国スマートカード社が発行している交通カードです。韓国で交通カード及び電子マネーとして使用できるスマートカードで、キャッシュビーとともに、主に首都圏で使用できます。

T-money

Tマネー交通カードは、普及型TマネーカードとスマートTマネーカードに分類されます。スマートTマネーカードはキーホルダーや携帯ストラップなどのさまざまなデザインのものが販売されています。

Tマネーはチャージして続けて使用するもので、チャージは地下鉄駅やコンビニなどで手軽にできます。

地下鉄路線

ソウル特別市内を運行する都市鉄道体系の交通施設であり、1974年8月15日に1号線が開通、その後増設を繰り返して、現在は1号線から9号線まで9本の路線があります。

地下鉄路線

地下鉄路線
1号線 1号線 ソウルで最初に開通した路線。ソウル駅を中心に市庁や鍾路などソウル市内の中心部に向かっている。また水原・仁川・天安などの首都圏の主要都市ともつながっている。
2号線 2号線 ソウル市内を循環する路線。弘大入口・新村・梨花女子大・市庁・乙支路入口・東大門歴史文化公園など江北エリアの観光地や蚕室・三成・江南などの江南エリアの要地とも連結。
3号線 3号線 京畿道高陽市一山とソウル市南部を連結する路線。新沙・狎鴎亭・高速バスターミナルなどの江南エリアの中心地を通過。また沿線にはソウル市の観光スポットのひとつである仁寺洞に行けるアングク駅やチョンノサンガ駅などがある。
4号線 4号線 ソウル市内の北と南を連結する路線。大学路・東大門市場・明洞・南大門市場などの観光地を訪ねるのに便利。ソウル駅も経由する。
5号線 5号線 金浦空港とソウル市内を連結する路線。チョンノサンガ駅で1号線と3号線に乗り換えできるが、ホーム間の距離が遠いので重い荷物を持って移動する場合は大変。
6号線 6号線 ワールドカップ競技場・梨泰院などを観光するのに便利な路線。
7号線 7号線 ソウル市の北側に位置する議政府市とソウル市の江南エリアを連結する路線。通勤列車であるためラッシュの時間帯には混雑する。高級商店街の清潭洞を経由。
8号線 8号線 ソウル南部と城南市を連結。沿線にはアウトレットで有名な文井洞とソウル最大の農産物市場である可楽市場などがある。
9号線 9号線 2009年7月に開通した最新路線。急行列車と緩行列車があり、金浦空港から江南エリアまで30分で行ける。最新列車や駅舎など見どころがたくさんある。
盆唐線 盆唐線 江南地域と郊外住宅地区を連結する路線。 ソンルン駅と京畿道龍仁市器興区にあるポジョン駅を連結する路線。
新盆唐線 新盆唐線 韓国初の無人運転システムを取り入れた江南-板橋洞-亭子洞を連結する路線。良才・市民の森や盆唐・亭子洞カフェ通りなどの観光スポットがある。
中央線 中央線 ヨンサン駅と京畿道揚平郡にあるヨンムン駅を連結する路線。
京義線 京義線 ソウル駅と京畿道ムンサン駅を連結する路線。ムンサン駅からトラサン駅行きの列車が出ており、DMZ(非武装地帯)を観光することができる。
京春線 京春線 2010年12月開通。7号線サンボン(上鳳)駅と江原道のチュンチョン駅を連結する路線。清平・加平・春川などが観光できる。
空港鉄道 空港鉄道 仁川国際空港と金浦空港を経由し、ソウル駅まで運行。10駅すべて停車する各駅停車と、ソウル駅と仁川国際空港駅にのみ止まる急行がある。

 


地下鉄運賃

地下鉄運賃
距離
比例制
区分 交通カード規準 1回券
大人 10㎞以内:1,050ウォン 交通カードの料金に100ウォン追加
10~40㎞:5㎞ごとに100ウォン
40㎞を超えた時:10㎞ごとに100ウォン
青少年 基本料金:720ウォン 割引なし(大人1回券料金)
小児 基本料金:450ウォン 基本料金:500ウォン


地下鉄の乗り方

地下鉄駅探し

1. 地下鉄駅探し
  • 地下鉄の出入口には電車のマークと駅名が表記されています。
  • 駅名は漢字と英語で表記されているので外国人でもすぐにわかります。
  • また駅番号が各路線を象徴するカラーで表示されているので、その駅が何号線なのかひと目でわかります。

 

乗車券の購入

2. 乗車券の購入
  • 2009年5月から地下鉄の乗車券が「1回用交通カード」に変わり、購入する際に500ウォンの保証金が加算されます。しかしこの保証金は使用後に払い戻しされます。
  • プリペイド式交通カードはチャージ式なのでチャージした金額の分だけ使用できます。
  • 後払い式交通カードの場合、公共交通機関で利用した料金がクレジットカードの請求書に記載されます。

 

改札口の出入

3. 改札口の出入り
  • カードを買ったら改札口に行きます。改札口にあるカードリーダーにカードをあててピッと音がしたら通過します。

 

乗り換え

4. 乗り換え
  • 乗り換えは地下鉄駅内または地下鉄内にある地図で確められます。駅は路線別に指定のカラーで表記されているので探しやすいです。
  • 地下鉄を乗り換える際、ほとんどの場合、改札口まで戻る必要がありません。

 

下車

5. 下車
  • 改札口から入る時と同じようにカードリーダーにカードをあててピッと音がしたら通過します。
  • 改札口を出たら「保証金払い戻し機」があります。払い戻し機のカード投入口にカードを入れると500ウォンが出てきます。

関連HPへ

タクシーは目的地まで行くのに便利な交通手段です。円滑なコミュニケーションのためにソウル市公式指定外国人タクシーの運営及び通訳サービスを提供しています。

インターナショナルタクシー(International TAXI)

  • インターナショナルタクシーは、電話(1644-2255)及びホームページでの事前予約を原則とします。
  • 電話(1644-2255)では、年中無休で24時間いつでも、英語と日本語での相談を受けています。
  • インターナショナルタクシーのホームページでは、オンラインでの事前予約を受け付けています。
  • 事前予約をしなかった場合でも、待機中のタクシーがあればいつでも利用できます。

予約の相談及び申込み

  • Tel :1644-2255(24時間予約・相談)
  • E-mail :reserve@intltaxi.co.kr
  • Fax :+82-2-2043-1578

インターナショナルタクシーの長所

  • タクシードライバーの採用・教育及びコールセンターの運営はソウル市が監督している。タクシードライバーは外国語能力の認証がある。
  • 案内デスク及び国際タクシー利用者専用のタクシー乗り場が仁川国際空港と金浦国際空港にある。
  • 決済方法は、全車両に取り付けられたカード精算器を利用してクレジットカード及びT-moneyで決済できる。

中型タクシー

中型タクシー
  • 中型タクシーは乗客最高5人まで乗れる。
  • タクシーの屋根の上の表示灯に「International TAXI」と表示されている。
  • ドライバーが日本語が話せる場合、運転席に「日本語」と書かれている。

 

模範タクシー

模範タクシー
  • 模範タクシーは最高5人まで乗車できる。
  • 車体の色はブラック、屋根上の表示灯の側面に「International TAXI」と表示されている。

 

大型(ジャンボ)タクシー

大型(ジャンボ)タクシー
  • 最高9人まで乗車できるボンゴタイプのタクシー
  • 車体の色はブラック、屋根上の表示灯の側面に「International TAXI」と表示されている。

 

一般タクシー(Regular Taxi)

一般タクシー(Regular Taxi)
  • タクシーのキャップを見ると個人所有か会社所有か区別できる。側面のドアを見ても会社と番号がすぐにわかる。
  • 初乗り運賃は最初の2kmまでが3,000ウォン。その後142mごとに100ウォンずつ追加

 

模範タクシー(Luxury Taxi)

模範タクシー(Luxury Taxi)
  • 車体の色はブラック。屋根上の表示灯は黄色。安心できて便利だが、一般のタクシーに比べて料金がやや高い。
  • 基本料金は5,000ウォン。その後は3kmごとに料金が200ウォンずつ上がる。

 

無料通訳サービス

無料通訳サービス
  • 「FREE INTERPRETATION(無料通訳)」のマークがついたタクシー
  • 乗客は携帯電話を利用して日本語・英語・中国語の無料通訳サービスが利用できる。
  • 通訳が必要な場合は、タクシードライバーに「Free interpretation」と言ってお願いする。

ソウルから近い国際空港には金浦国際空港仁川国際空港の2ヵ所があります。空港まではリムジンバスや地下鉄、空港鉄道を利用して気楽に便利に移動できます。

仁川国際空港

金浦国際空港

仁川国際空港

  • 21世紀の首都圏空運の需要を分担し、東北アジアのハブ(Hub)空港としての役割を果たしている。
  • 永宗島と龍遊島の間を埋め立て、1992年に着工、2001年3月29日に開港。
  • 旅客ターミナルはチェックインカウンターが270ヵ所、パスポート審査台が120ヵ所、保安検索台が28ヵ所あり、出発旅客処理人数は1時間あたり6,400人。
  • 貨物ターミナルは航空機24台を同時に係留できる施設を完備。年間貨物処理能力は450万トン。
  • 係留場の広さは33万坪、飛行機60台を同時に係留できる。

金浦国際空港

  • 1958年1月国際空港に指定。
  • 現在国内線金海(釜山)・済州・大邱・光州・蔚山・麗水・浦項・泗川(晋州)路線を運航。
  • 国際線はソウル⇔東京、ソウル⇔上海路線が運航されている。

ソウル外郭に出る場合に便利な交通手段には鉄道があります。ソウル市内の主な駅はソウル駅・チョンニャンニ駅・ヨンドゥンポ駅・ヨンサン駅の4つの駅があります。

ソウル駅

ソウル駅

ソウル駅

京釜線・京義線・仁川国際空港鉄道の基点であるソウル駅は、ソウル地下鉄1号線と4号線と連結されている。

  • 一日平均9万人余りが利用するソウル駅は、韓国の首都ソウルの関門とも言える。
  • 京釜線ではセマウル号・ムグンファ号・KTXを運行。統一号・セマウル号・ムグンファ号は大田・金泉・東大邱・釜山方面、KTXは光明・大田・東大邱・釜山方面を運行。
  • 首都圏広域電車である京義線は、一山・金村・汶山方面を運行。

ヨンサン駅

湖南線・全羅線・長項線・京元線の終始終駅であるとともに地下鉄1号線の駅でナミョン駅とノリャンジン駅の間にあり、首都圏の電車の中央線の終始終駅でもある。

  • 中央線と京春線を通過するITX青春列車の終始終駅として利用されている。
  • 湖南線に行くKTX・セマウル号・ムグンファ号が運行されており、旅客・貨物め乗車券発売などの業務を担当している。

チョンニャンニ駅

京元線にあるチョンニャンニ駅はワンシムニ駅とフェギ駅の間にあり、中央線の終始終駅でもある。

  • ソウル地下鉄1号線・チョンニャンニ駅と中央線の地上にある駅の乗り換え通路が開通。
  • 清凉里(チョンニャンニ)・安東間のセマウル号列車が運行中。
  • 2012年 2月に開通した京春線準高速列車『ITX-青春』の停車駅。

ヨンドゥンポ駅

京釜線にある駅でソウル地下鉄1号線のシンギル駅とシンドリム駅の間にある駅。

  • 1971年特急列車が最初に停車する。
  • セマウル号・ムグンファ号・広域電車が運行中。旅客・貨物・乗車券発売などの業務を担当。2010年11月からKTXの停車駅となる。
  • 民間資本誘致により、駅の背部にロッテデパートがある民自駅舎。

ソウル外郭に出る他の方法は高速バスを利用することです。ソウル市内高速バスが利用できる所はソウル高速バスターミナル、セントラルシティターミナル、南部高速バスターミナル、東ソウル高速バスターミナル、上鳳市外バスターミナルなどがあります。

高速バス

高速バス

ソウル高速バスターミナル

ソウル高速ターミナルは江南高速ターミナルとも呼ばれる。地下鉄3号線・コソクターミナル駅と連携しているソウル市を代表する高速バスターミナル。

  • 営業路線:京釜線・邱馬線・嶺東線があり、盤浦洞から江陵・慶州・公州・亀尾・錦山・金泉・金海・大邱・大田・大田庁舎・東海・馬山・釜山・釜山沙上・三陟・尚州・善山・束草・安城・安城孔道・安城中大・安城豊林・安城韓京・襄陽・驪州・永川・温陽(牙山)・龍仁・蔚山・原州・利川・店村・提川・鳥致院・晋州・昌原・天安・清州・統営・平沢・浦項・黄澗・横城などの区間を運行中
  • 格安な衣類のショッピングが楽しめる地下商店街があり、ショッピングを楽しむ人々でいつもにぎわっている。

セントラルシティターミナル

以前ソウル高速ターミナルで運行していた湖南路線を移転して運行している。

  • セントラルシティターミナルは、建物内にデパート・映画館・総合ターミナル・ホテルなどがある。ソウル高速バスターミナルのすぐそばにあり、地下鉄3号線のコソクターミナル駅と連携している。
  • ターミナル内にデパートと映画館があり、ショッピングと映画を同時に楽しめる複合レジャータウン。

南部高速バスターミナル

南部高速ターミナルは、ソウル高速ターミナルで運行していた市外バス路線を移転運行するために建てられた所で、地下鉄3号線・ナンブターミナル駅にある。

  • 首都圏・忠清道・全羅道・慶尚道地域を運行していたが、2013年5月27日に初めて注文津方面に行く江原道路線が新設され運行中。
  • 周りに芸術の殿堂や国際電子商店街などがあり、多彩な見どころとショッピングが楽しめる所。


東ソウル高速バスターミナル

ソウル特別市広津区にある高速・市外バスターミナル。ソウル東部・北部エリアに住む住民の足であり、また中部高速道路の活性化に貢献している。

  • 高速バス15路線(大邱・大田・馬山・釜山・晋州・昌原・清州・江陵・光陽・束草・東海・三陟・襄陽・全州・井邑)と市外バス約110路線が取り揃っており、計35の運輸業者バスが運行中
  • 市外バスは京畿道と江原道が主な路線で、さらに慶尚道・全羅道・忠清道などの全国各地で運行中。1日の運行台数は約1,200台、1日利用客数は平均約3万人、最大輸送人数は約7万人。

上鳳市外バスターミナル

1985年9月2日にオープンした市外バスターミナル。

  • 首都圏一帯、介軍、広灘、橋門里、九里、菊秀里、大新、新院里、アジア連合神学大学、楊平、驪州、龍頭、龍門、川西里と江原圏である江陵、駱山、丹月、屯内、文幕、沕淄里、ポクジゴル、セマル、束草、新南、陽徳院、襄陽、五色、原州、元通、楡峴、麟蹄、将師台、長坪、珍富、豊水院、寒渓嶺、洪川、横渓、横城市外バスが運行されている。