Go to Main Content Go to Footer Content

食文化

A A

一年中愛される健康料理「ソルロンタン(牛肉の煮込みスープ)」

ソルロンタンは、韓国料理の中でも大衆的な料理として一年中、多くの人に親しまれるスープ料理です。牛の頭や内臓、膝骨、骨などをじっくり煮込んだ料理で、別名「ソンノンタン」とも呼ばれています。

ソルロンタン
  • 牛肉をじっくり煮込んだスープダシにご飯を入れて食べる料理で、茹でた牛肉が一緒に提供されます。ソルロンタンを注文すると、アツアツの土鍋に入れられたスープが出されますが、これにご飯を入れて食べるのがおいしい食べ方です。
  • その次に、スープの中に素麺を入れ、茹でた肉と一緒にいただきます。塩、コショウ、ニンニクなどでお好みの味付けをし、カクトゥギ(大根キムチ)やキムチと一緒に食べるのもお勧めです。

安くて栄養たっぷりの大衆料理「スンデクッパ(豚の煮込みスープ)」

スンデクッパは、栄養を補充したくても食べ物が不足していた時代、大きな鍋にスープを入れて少量のお肉を一緒に分け合ったことから由来するとされています。

スンデクッパ
  • スンデは、韓国の代表的な伝統料理で、家畜の血液が含まれていることから、鉄分の供給源として完全食品に近いとされています。
  • きれいに下ごしらえしたスンデや豚の頭、内臓などを土鍋に入れ、骨でダシをとったスープを注ぎ込み、特製ソースと一緒に煮込みます。
  • 味付けは、海老の塩辛や塩などで行い、お好みに合わせて薬味やこしょうを入れます。ニラキムチとの相性もばっちりです。

寒い日に食べたくなる辛味スープ「カムジャタン(ジャガイモスープ)」

カムジャタンは、高句麗、百済、新羅の三国が建立していた三国時代に、当時、豚の飼育で有名だった現在の全羅道(チョルラド)地域で始まり、全国に広がった韓国の伝統的な料理です。

カムジャタン
  • 安い豚の骨、ジャガイモ、白菜、ゴマ、ネギ、ニンニクなどを入れて辛く煮込んだお鍋で、ジャガイモの中に骨の味がしっかり染みこむことで、奥深い味が味わえます。
  • 豚の骨には、たんぱく質、カルシウム、ビタミンB1などの栄養素が豊富に含まれており、子どもたちの発育にも欠かせません。男性にはスタミナ料理として、女性には低カロリーダイエット食品として、高齢者には老化や骨粗しょう症の予防食品として親しまれています。

一杯の茶碗に入った最高の栄養料理「ユッケジャン(辛味スープ)」

ユッケジャンは、韓国を代表する健康料理で、昔からスタミナ料理として夏の土用の日に食べる習慣がありました。

ユッケジャン
  • ユッケジャンは、濃厚な辛味が特徴で、おかずがなくてもご飯一杯は軽く平らげることができます。
  • 地域や家庭によって作る方法は様々ですが、ソウル式のユッケジャンは、牛の頭の肉をじっくり煮込み、繊維に沿ってちぎった肉とネギを入れて煮込む方法が定番です。
  • 肉の入ったスープに野菜や旬のものを入れ、辛く煮込んだ料理で、比較的簡単に栄養が摂取できる食べ物です。先祖の知恵の詰まった食べ物だといえますね。

韓国の薬膳料理「サムゲタン(チキンスープ)」

夏の蒸し暑さで食欲を失い、栄養が不足している時、胃腸を保護し、高タンパク質食品として消化や吸収を助け、元気を取り戻してくれるのが、サムゲタンです。

サムゲタン
  • 韓国を訪れた外国人が選ぶ韓国料理の一種
  • 若鶏のお腹にもち米、ニンニク、なつめ、高麗人参を入れ、スープと一緒にじっくり煮込んだ料理です。
  • 熱いサムゲタンを食べると、体がほてり、汗が流れますが、実際は、お肉の柔らかい食感とアツアツのスープが体の中を冷やしてくれるのです。

韓国の食卓には欠かせない料理「キムチチゲ(キムチ鍋)」

キムチチゲは、キムチを浅漬けのまま食べたくない時や、しょっぱくなってしまったキムチを処理する際の料理として昔から発展してきました。キムチチゲは、トンチミ(白大根キムチ)やカットゥギ(辛大根キムチ)、食べ残しのキムチに、味噌とコチュジャンを入れて煮込む料理です。ダシを出す際に、イワシの代わりに豚肉やカルビなどを入れて煮込むと、冬場のあったか栄養食にもなります。

キムチチゲ
  • 簡単な食材と作り方が特徴で、韓国では非常にポピュラーな家庭料理です。
  • 豚肉やツナを一緒に入れて煮込みます。
  • キムチの浅漬けなどを使うと、キムチチゲ特有の味が出ないため、ある程度発酵したキムチを使うことをおすすめします。

食卓の人気メニュー「テンジャンチゲ(味噌鍋)」

テンジャンチゲは、韓国で広く親しまれている地域色の濃い料理です。豆腐、野菜、魚介類、お肉などの様々な食材を一緒に煮込む味噌料理で、季節によって具材を変えるのもいいでしょう。夏は青とうがらし、秋はきのこ類、冬は白菜などを入れたものが人気です。

テンジャンチゲ
  • すぐに煮込め、すぐに冷えない土鍋で煮込むのが一般的です。
  • カンテンジャンチゲ(通常の味噌鍋よりも濃い料理)は、農耕な味噌の味を味わうための汁気のない料理で、小さな土鍋に入れた味噌鍋をお釜で蒸かした後、弱火で再度煮込みます。