資料基準日:2017年1月2日

誰もが好む大衆的な韓国料理「ビビンバ」

ビビンバは、大きめの深皿に各種野菜や肉、ご飯、コチュジャン(韓国風唐辛子味噌)を入れ、混ぜて食べる韓国の大衆料理です。プルコギやキムチと共に、韓国を代表する人気料理の一つとして親しまれています。

その昔、韓国では、新年が明けてからは残った食べ物を長い間保管しておかないという伝統がありました。これにより、残った食べ物をお皿に盛り、ご飯と混ぜて食べる習慣がつくようになったといいます。

ビビンバ

  • お米、牛肉、ワラビ、キュウリ、もやし、コチュジャン、目玉焼き、ごま油などの食材を準備し、大きめの深皿に盛ります。
  • お好みに合わせてコチュジャンをのせますが、食材の味との相性を考えてうまく混ぜることが重要なポイントです。

遠足お弁当の定番「キムパプ」

キムパプは、塩とごま油で味付けをしたご飯の上に、ほうれん草、たくわん、にんじん、卵焼き、ハムなどの食材をのせた後、焼き海苔で巻き、一口サイズに切った巻寿司のような料理のことを言います。

キムパプ

  • 最近では、巻き方の違いにより、典型的なキムパプ以外にも、忠武(チュンム)キンパプ、おにぎり、ミニキンパプ、ヌードキンパプ(巻き海苔がご飯の内側にあるキンパプ)など、様々なキンパプが登場するようになりました。
  • おかずなしで、簡単に食べられるのが特徴です。
  • 旅行時の簡単なお弁当として親しまれています。
  • 広蔵市場のマヤクキンパプは外国人の間でも有名です。

釜飯一杯の栄養たっぷりご飯「釜飯ご飯」

もち米、お米、栗、ナツメ、高麗人参を釜飯に入れ、ご飯と一緒に炊き上げたものを特製のタレと一緒に食べる料理です。釜飯ご飯は、朝鮮時代、宮廷から法住寺に御仏供を捧げにいった時手に入れやすい食材をお釜に入れて炊き上げたことから由来しました。

釜飯ご飯

  • 栄養たっぷりのバランスの取れた料理で、ご飯を食べた後は、お釜に熱いお湯を注ぎ、おこげを食べるのもお勧めです。
  • 最近になって、ご飯を炊く方法が多様化し、釜飯ご飯の種類がどんどん増えています。

韓国では人気メニュー「サムギョプサル(豚のばら肉) 」

サムギョプサルは「豚の赤身と脂身が3層になっていることから付けられた名前」で、カルビを除いた部分から腹部までの広く平たい形の部位を指します。赤身と脂身が3層になっており、独特の風味で人気を集めています。

サムギョプサル

  • 脂身が良質であればあるほど風味が良く、あまり長く焼いてしまうと脂が落ち、お肉がカリカリになってしまうため、適度な焼き加減で脂がのった状態が柔らかくておいしいでしょう。
  • 脂身を控えたい場合は、茹でて冷やした後、表面についた脂身を取り除いて食べます。
  • コチュジャンまたは味噌、玉ねぎ、ニンニク、きのこ、ゴマの葉、塩辛、キムチなどと一緒に食べると、たんぱく質と脂肪が分解され、殺菌作用や脂肪酸化作用、消臭などの効果を得ることができます。

外国人に大人気の韓国料理「プルコギ」

プルコギは、韓国で最もポピュラーな牛肉料理で、外国人の間でも広く知られる韓国料理の一つです。 高麗時代、「雪の積もった夜に食べる焼肉料理」という意味の「雪夜覓炙」と呼ばれ、朝鮮時代に入ってからは、「ノビアニ」または「王室料理」と呼ばれるようになりました。

プルコギ

  • 牛肉をタレに漬け、野菜と一緒にぐつぐつ煮る料理です。
  • プルコギ用の鍋を火で温めた後、ダシを入れ、お肉にしっかり火が通るように煮込んでから食べます。

韓国で親しまれている夜食メニュー「チョッパル(豚足)&ポッサム(茹で肉)」

韓国の夜食の定番メニュー、「チョッパル」と[ポッサム」は、豚肉を使った料理です。

チョクパル&ポッサム

  • チョッパルは豚足に特製のタレをつけ、じっくり蒸した後、煮込み、食べやすい大きさに切ったものを塩辛や野菜と一緒に食べる料理で、ゼラチン成分が豊富なことから、お肌の美容や老化防止に効果的だといわれています。
  • ポッサムは、豚肉を長時間蒸したものを一口サイズに切り、味付けキムチと一緒に白菜で包んで食べる料理で、豚肉の風味のある味と白菜のキムチが口の中で絶妙なハーモニーを奏でます。