資料基準日:2017年1月2日

ストーリーテリングコースとは?

ソウル市がソウルストーリーテリングの観光名所とプロジェクトを通じて見つけた5代の代表地域(漢川、 漢陽都城、東大門、 セジョンデロ(世宗大路)、 漢城百済文化遺跡)の色々なストーリーを見て聞いて体験できる徒歩ツアーコースです。

03LifeInformation_05문화_05도시체험코스_tab04스토리텔링코스_tab01동대문_JAP

東大門ストーリーテリングコース

紹介

東大門には、衣類市場として長い歳月を庶民と共に過ごしてきたさまざまなストーリーがあります。600年間、漢陽から現在のソウルへの移り変わりを見守ってきた興仁之門、朝鮮を守った軍人の気性を象徴する軍営・下都監跡と訓練院公園、100年の伝統を誇る朝鮮人市場「広蔵市場」、東大門の小さな地球村「光熙洞」、地中から姿を現したソウル城郭と二間水門、流線形の斬新なデザインが異空間を演出する東大門デザインプラザなど、東大門には数多くの物語が宝物のように大切に保管されています。

コース

<歴史文化を追う旅 in 東大門>コースは、東大門エリアの歴史・文化・生活について語るストーリーコースです。約1時間40分という短い時間で東大門エリアを探訪する徒歩コース。ストーリーテリングで紹介する場所(興仁之門・五間水橋・東大門デザインプラザ・東大門歴史文化公園・光煕洞・訓練院公園・芳山市場・広蔵市場など)を見回りながら東大門の奥深さと新しい一面が発見できるでしょう。

  • 興仁之門タイムカプセル(東大門城郭公園)
  • 興仁之門
  • 商家月令歌(五間水橋)
  • DDPの思い出600年(東大門デザインプラザ)
  • 東大門歴史文化公園
  • 光熙五叉路
  • 訓練院公園
  • 芳山市場
  • 広蔵市場

スポットの紹介

興仁之門

興仁之門

  • 興仁之門はソウルの都心に最後に残った朝鮮の関門であるとともに漢陽のシンボル。
  • 興仁之門には朝鮮500年、近代ソウル100年の歴史が刻まれている。
  • 600年前に漢陽を守っていた東の大きな門は、高さや大きさから、それを見る人々を圧倒する。

 

商家月令歌駅(五間水橋)

  • 清渓川に沿って東大門方向に歩いて行くと平和市場にかけられた絵が見える。
  • 過去100年間の東大門の商人たちの暮らしぶりが絵と写真と文字で紹介されている。

 

東大門デザインプラザ(DDP)

東大門デザインプラザ(DDP)

  • 流線形の曲線は自然の流れのように見え、屋根の上の緑の芝生は山の尾根のように見える美しいデザインの建築物。
  • 朝鮮時代の城郭のすぐそばにあり、東大門の過去と現代、文化の歴史が調和している所。
  • にぎやかで混み合った東大門を訪れた人々がしばしの間安らげるオアシスのような役割をしている。

 

東大門歴史文化公園

東大門歴史文化公園

  • 80年以上の間土の中に埋もれていた朝鮮の遺跡「ソウル城郭」と「二間水門」が発掘された。
  • 「二間水門」は、南山から流れてきた水を城郭の外の清渓川に出すための水門。
  • 朝鮮時代の軍部隊である訓練都監に属する「下都監跡」も5ヵ所発掘された。

 

光熙五叉路

光熙五叉路

  • ソウルのシルクロード、ソウルの中央アジアと呼ばれている。
  • 光煕洞はロシアタウンから中央アジアタウン、そしてモンゴルタウンに変わった。
  • 石で積んで木を立てて作ったシルクロード駅が見られる。

 

芳山市場

芳山市場

  • 市場というより、印刷と包装の通り
  • 衣類につけるラベルや紙袋、パンの下に敷く紙などさまざまな種類の紙を印刷したり、包装資材を販売している。

 

広蔵市場

広蔵市場

  • 食べ物を売る田舎の市場のような風景が見られる所。
  • ここでは昔の貧しかった時代を思い出す「コマキンパプ(韓国風ミニ海苔巻き)が人気。