シティツアーバス

行ってみたい観光地はたくさんあるのに時間は限られている。そんな時便利なのが人気観光スポットを案内してくれるシティツアーバスです。「ソウルシティツアーバス」では、より多くの観光スポットを案内できるよう効率的なソリューションを提供しようと常に努力しています。

「ソウルシティツアーバス」は外国人観光客だけでなく、他地域の人々がソウルでの楽しい思い出を作るのにもお勧めです。チケット一枚で一日中利用できるし、降りたい場所で降りて自由に観光した後、バスの時間に合わせてまた乗車して旅を続けることができます。

「ソウルシティツアーバス」を利用した観光コースには、ソウル市内の人気観光スポットをまわるシティコース(都心循環コース、清渓・古宮コース、夜間コース)と伝統市場をまわる伝統市場コースがあります。

 

伝統市場コース/オープンバス-スカイバス

オープンバス-スカイバス

ガイドヘッドセットツアー

ガイドヘッドセットツアー

 

シティコース/ 一般観光バス

一般観光バス

シティコース/スカイバス

スカイバス

提供サービス

  • 多国語音声案内システム: 各座席の備え付けのヘッドホーンで、4ヵ国語(韓国語・日本語・英語・中国語)の自動観光案内サービスを提供しています。
  • LCDモニター: 各座席の備え付けのモニターで、次に訪問する観光地に関する情報を案内します。

  • 通訳ガイド: 外国語が話せる通訳ガイドを1名ずつ配置しています。 (日本語・英語・中国語のうち最低1ヵ国は話せる)

  • 案内リフレット: ソウルシティツアーバスの運行コースと搭乗情報が記された案内地図およびリフレットを提供しています。(韓国語・英語・日本語・中国語)

出発場所及び運行時間

出発場所及び運行時間 出発場所運行時間
区分 伝統市場コース シティコース
都心循環
コース
ソウルパノラ
マコース
夜景コース
(一般観光バス)
夜景コース
(スカイバス)
出発
場所
東大門デザインプラザ 西側

光化門東和免税店前
((地下鉄5号線・クァンファムン駅6番出口))

運行
時間
9:30 ~ 18:30 9:00 ~ 21:00
(最終 19:00)
10:00 ~ 17:00 20:00 20:00
出発
間隔
40分 30分 1時間 1日1回 運行 1日1回 運行
休業日 年中無休 月曜日

  • ただし、月曜日が祝日の場合は通常通り運行
  • バカンスシーズン(7月第4週目から8月15日まで)は無休

利用料金およびお問い合わせ先

伝統市場コース, シティコース
区分 伝統市場コース シティコース
都心循環
コース
ソウルパノラ
マコース
夜景コース
(一般観光バス)
夜景コース
(スカイバス)
大人 15,000ウォン 12,000ウォン 15,000ウォン 6,000ウォン 12,000ウォン
高校生以下 10,000ウォン 10,000ウォン 10,000ウォン 4,000ウォン 7,000ウォン
乗車券の購入 東大門デザインプラザ(東大門歴史文化公園)前の切符売り場

光化門東和免税店前

電話でのお問い合わせ 02-1544-4239 02-777-6090
ホームページ www.seoultrolley.co.kr www.seoultrolley.co.kr

夜間シティツアー

漢江の美しい夜景が見られるロマンチックなソウルツアーコース。一般観光バスと2階建てバスのどちらも運行しています。夜景コースはノンストップで運行するので、途中で乗り降りはできません。

一般観光バス夜間コース – 計5ヵ所のバス停を循環
  • [バス停] 光化門出発
  • べストウェスタンプレミアソウルガーデンホテル
  • 国会議事堂
  • 西江大橋
  • カンヨンブクロ(江辺北路)
  • 聖水大橋
  • 漢南大橋
  • Nソウルタワー
  • 南大門市場
  • 清渓広場

2階建てバス夜間コース – 計11ヵ所のバス停を循環
  • [バス停] 光化門出発
  • 麻浦大橋
  • 西江大橋
  • 漢南大橋
  • 月光虹噴水
  • 銅雀大橋
  • 聖水大橋
  • 漢南大橋
  • 南山図書館前
  • 南大門市場前
  • 清渓広場

 

ウォーキングツアーコースのご紹介

ウォーキングツアーコースとは?歩きながらソウルの文化を見て、楽しんで、経験できるコースです。ソウルの主な人気観光スポットを5つの分野に分け、それぞれの分野をソウル文化観光解説士による専門的な解説を聞きながら徒歩で探訪する観光プログラムです。ウォーキングツアーはインターネットとモバイルウェブ(dobo.visitseoul.net)で予約できます。利用料金は無料です。

ウォーキングツアーコースのご案内

伝統文化中心エリアコース

伝統文化中心エリアコースは、朝鮮の首都600年の歴史と伝統、そして貴族・士民たちの暮らしの息遣いが感じられる宮廷・韓屋村・寺院などを観光するコースで、ソウルの歴史的な足跡が感じられる6つのスポットを訪ねます。

  • 景福宮/孝子洞

    2時間所要

    景福宮/孝子洞

  •  

  • 昌慶宮

    2時間所要

    昌慶宮

  •  

  • 昌徳宮

    2時間所要

    昌徳宮

  •  

  • 北村 韓屋村

    3時間30分所要

    北村 韓屋村

  • 西村 韓屋村

    2時間30分所要

    西村 韓屋村

  •  

  • 宣陵 奉恩寺

    2時間30分所要

    宣陵 奉恩寺

  • 景福宮/孝子洞 : 朝鮮時代の代表的な宮廷である景福宮や青瓦台サランチェなどを訪ねるコース
  • 昌慶宮 : 朝鮮時代の王と王妃の秘められた歴史的な話を知ることができるコース
  • 昌徳宮 : 1997年に世界文化遺産に登録された朝鮮宮廷の美しさが満喫できるコース
  • 北村 韓屋村 : 600年の歴史を誇る朝鮮時代の生活文化を見て経験できるコース
  • 西村 韓屋村 : 朝鮮時代の庶民の暮らしぶりを知ることができ、ゆとりと素朴さが感じられるコース
  • 宣陵 奉恩寺 : 奉恩寺や秋史・金正喜など数多くの歴史的な足跡をたどるコース


近代文化中心エリアコース

近代文化中心エリアコースは、朝鮮時代末から日帝強占期までのソウルの歴史を知ることができるコース。韓国の歴史の中で最も熾烈だったソウルの近代史を見て感じることができます。

  • 徳寿宮/貞洞

    2時間所要

    徳寿宮/貞洞

  •  

  • 城北洞

    3時間所要

    城北洞

  •  

  • 慶熙宮/西大門

    2時間所要

    慶熙宮/西大門

  • 徳寿宮/貞洞 : 韓国の近代化の名残りが感じられるコース
  • 城北洞 : 朝鮮末期のソンビ(学者)たちの 精神が刻まれた思索コース
  • 慶熙宮/西大門 : 日帝強占期 におけるソウルの変化を最もよく知ることができるコース


週末運営テーマコース

週末運営テーマコースは、各スポットに関するさまざまな話をテーマにしたコース。昌慶宮・昌徳宮・成均館などを訪ねながら、それぞれの歴史について見聞を深めることができます。

  • 昌慶宮

    2時間所要

    昌慶宮

  •  

  • 昌徳宮

    3時間所要

    昌徳宮

  •  

  • 成均館

    2時間所要

    成均館

  • 昌慶宮 : 昌慶宮にある木々にかかわる歴史や木の生態的特徴を調べるコース
  • 昌徳宮 : 昌徳宮にある木々にかかわる歴史や木の生態的特徴を調べるコース
  • 成均館 : 朝鮮時代の国立大学である成均館について見聞を広めることができるコース


生態復元エリアコース

生態復元エリアコースは、さまざまな理由で失われた過去のソウル市の姿を現代的に復元したコース。過去と現在の出会いによる新しい風情が感じられます。

  • 清渓川1

    2時間所要

    清渓川1

  •  

  • 清渓川2

    2時間30分所要

    清渓川2

  •  

  • 南山城郭

    3時間30分所要

    南山城郭

  •  

  • 駱山城郭

    3時間所要

    駱山城郭

  • 漢江 切頭山聖地

    2時間30分所要

    漢江 切頭山聖地

  • 清渓川1 : 澄んだ空気ときれいな水が楽しめる都心の中の憩いの場コース
  • 清渓川2 : 澄んだ空気ときれいな水が楽しめる都心の中の憩いの場コース
  • 南山城郭 : 伝統と歴史と現代文化、そして自然などが経験できるコース
  • 駱山城郭 : 映画やドラマのロケ地でソウルのロマンが感じられるコース
  • 漢江 切頭山聖地 : 漢江を中心に発展してきた韓国民族の文化と歴史を物語るコース

 


その他エリアコース(伝統市場コース / 古代文化中心エリア / 文化観光ガイド常設運営コース)

都心の中にある伝統・文化・芸術の通り「仁寺洞」、伝統の香りを求めて「伝統市場」をめぐるテーマコース、三国時代(4世紀~7世紀)の歴史の息づかいを感じながら歩く「夢村土城」コースなどがあります。

  • 仁寺洞 / 雲峴宮

    3時間所要

    仁寺洞 / 雲峴宮

  •  

  • 東大門伝統マーケット

    2時間30分所要

    東大門伝統マーケット

  •  

  • 夢村土城

    2時間30分所要

    夢村土城

  •  

  • 常設コース

    予約必須コース

    常設コース

  • 仁寺洞 / 雲峴宮 : 伝統市場コースは韓国の伝統文化に出会えるソウルを代表する通りを楽しむコース
  • 東大門伝統マーケット : 伝統市場コースは韓方医学・薬令市場・伝統古美術・古家具市場などを歩きながら楽しむコース
  • 夢村土城 : 朝鮮時代以前の三国時代の歴史について知ることができるコース
  • 常設コース : 南山韓屋村、青瓦台サランチェ、戦争記念館、ソウル市新庁舎 常設運営コース

地下鉄ツアーコースとは、初めての旅行地でも気軽に利用できる安くて便利な交通手段である地下鉄で、ソウルの観光スポットを旅するコース。6つのコースがあります。


地下鉄ツアーコースのご案内

ソウルの過去と未来コース

景福宮からワールドカップ競技場を経由して梨泰院・韓国館までのコース。美しい伝統文化や歴史、そして現代のソウルが楽しめる地下鉄コースです。

  • 景福宮

    3号線

    キョンボッグン 駅

    景福宮

  •  

  • 西大門刑務所歴史館

    3号線

    トンニンムン駅

    西大門刑務所歴史館

  •  

  • ヨンシンネ駅

    3号線6号線

    ヨンシンネ駅

  •  

  • 西五陵

    6号線

    クサン駅

    西五陵

  • ワールドカップ競技場

    6号線

    ワールドカップキョンギジャン駅

    ワールドカップ競技場

  •  

  • 切頭山殉教記念館

    6号線

    ハプチョン駅

    切頭山殉教記念館

  •  

  • 孝昌公園

    6号線

    ヒョチャンゴンウォンアップ駅

    孝昌公園

  •  

  • 戦争記念館

    6号線

    サムガクチ駅

    戦争記念館

  • 梨泰院

    6号線

    イテウォン駅

    梨泰院

  •  

  • ヤッス駅乗り換え

    6号線3号線

    ヤッス駅乗り換え

  •  

  • 韓国館

    3号線

    チュンムロ駅

    韓国館


ソウルの水路と漢江コース

ソウルを横切る漢江沿いのソウルの美しさが満喫できる地下鉄と漢江遊覧船を利用した複合コースです。

  • 徳寿宮

    5号線

    クァンファムン駅

    徳寿宮

  •  

  • 貞洞劇場

    5号線

    ソデムン駅

    貞洞劇場

  •  

  • 漢江遊覧船

    5号線

    ヨイナル駅

    漢江遊覧船

  •  

  • ロッテワールド

    2号線

    チャムシル駅

    ロッテワールド

  • 総合運動場

    2号線

    チョンハプウンドンジャン駅

    総合運動場

  •  

  • COEX

    2号線

    サムソン駅

    COEX

  •  

  • 宣靖陵

    2号線

    ソンルン駅

    宣靖陵

  •  

  • 狎鴎亭通り

    3号線

    アッグジョン駅

    狎鴎亭通り


ソウルのツアー&ツアーコース

アングク駅からスタートして南山まで行き、南山でソウルシティツアーバスに乗り、ソウルの夜景を満喫しながら旅程を終えるコース。

  • 昌徳宮

    3号線

    アングク駅

    昌徳宮

  •  

  • 仁寺洞

    3号線

    チョンノサンガ駅

    仁寺洞

  •  

  • 薬令市場

    1号線

    チェギドン駅

    薬令市場

  •  

  • チョンニャンニ駅乗り換え

    1号線6号線

    チョンニャンニ駅乗り換え

  • 泰陵 緑の園

    6号線

    ファランデ駅

    泰陵 緑の園

  •  

  • 世宗大王記念館

    6号線

    コリョデ駅

    世宗大王記念館

  •  

  • 万物市場

    6号線

    シンダン駅

    万物市場

  •  

  • ヤッス駅乗り換え

    6号線3号線

    ヤッス駅乗り換え

  • 国立劇場

    3号線

    トンデイック駅

    国立劇場

  •  

  • 南山ソウルタワー

    南山ソウルシティツアー

    南山ソウルタワー


ソウルの暮らしの香りコース

伝統市場や専門商店街、そしてファッションの通り明洞などをまわりながら、ソウル市民のさまざまな暮らしがうかがえるコース。

  • 宗廟

    5号線

    チョンノサンガ駅

    宗廟

  •  

  • ソウル歴史博物館

    5号線

    ソデムン駅

    ソウル歴史博物館

  •  

  • 63City

    5号線

    ヨイナル駅

    63City

  •  

  • シンギル駅乗り換え

    5号線4号線

    シンギル駅乗り換え

  • 鷺梁津水産市場

    4号線

    ノリャンジン駅

    鷺梁津水産市場

  •  

  • 龍山電子商街

    4号線

    ヨンサン駅 → シンヨンサン駅

    龍山電子商街

  •  

  • 南大門市場

    4号線

    フェヒョン駅

    南大門市場

  •  

  • 明洞ファッション通り

    4号線

    ミョンドン駅

    明洞ファッション通り

  • トンデムンウンドンジャン駅

    4号線

    トンデムンウンドンジャン駅

    トンデムンウンドンジャン駅

  •  

  • 三清閣

    5号線

    クァンファムン駅

    三清閣


ソウルの懐かしさコース

ソウルの先史時代を経て百済時代の都まで、ソウルのルーツがうかがえるコース。

  • オリンピック公園

    8号線

    オリンピックゴンウォン駅

    オリンピック公園

  •  

  • 芳荑百済古墳

    8号線

    パンイ駅

    芳荑百済古墳

  •  

  • 石村百済古墳

    8号線

    ソッチョン駅

    石村百済古墳

  •  

  • 農水産物市場

    8号線

    カラクシジャン駅

    農水産物市場

  • 文井洞常設ディスカウントショップ

    8号線

    ムンジョン駅

    文井洞常設ディスカウントショップ

  •  

  • 岩寺先史住居址

    8号線

    アムサ駅

    岩寺先史住居址

  •  

  • 風納土城

    8号線

    チョンホ駅

    風納土城

  •  

  • 子供大公園

    8号線

    アチャサン駅

    子供大公園

  • ウォーカーヒルホテル

    5号線

    クァンナル駅

    ウォーカーヒルホテル


ソウルの地下コース

地下コースは、地下鉄の駅舎内にある各種文化芸術作品をギャラリーのように構成して展示している所で、長い旅の疲れを癒しながら、しばらく生き抜きできるコース。

  • 光化門の歴史

    5号線

    クァンファムン駅

    光化門の歴史

  •  

  • 歌を歌う色

    5号線

    ワンシムニ駅

    歌を歌う色

  •  

  • 風・土星・星

    8号線

    チョンホ駅

    風・土星・星

  •  

  • セナル(新しい日)

    8号線

    チャムシル駅

    セナル(新しい日)

  • クンドン

    7号線

    オリニデゴンウォン駅

    クンドン

  •  

  • 日月星辰

    6号線

    テルンイック駅

    日月星辰

  •  

  • 泰陵ゴルフェスティバル

    6号線

    ファランデ駅

    泰陵ゴルフェスティバル

  •  

  • 凧(Kite)

    6号線

    トンミョアプ駅

    凧(Kite)

  • 長寿

    6号線

    ヤッス駅

    長寿

  •  

  • 夢

    6号線

    サムガクチ駅

  •  

  • イメージ-高徳

    6号線

    コンドク駅

    イメージ-高徳

  •  

  • 幻想・故郷の村

    6号線

    ハプチョン駅

    幻想・故郷の村

  • 21世紀を迎える ソウル市民の500のポーズ

    6号線

    ワールドカップキョンギジャン駅

    21世紀を迎える
    ソウル市民の500のポーズ

  •  

  • 自然と未来

    6号線

    ヨンシンネ駅

    自然と未来

 

地下鉄ギャラリ
ギャラリー名 ギャラリーの意味
光化門の歴史 ソウルの歴史性とこれをベースに発展してきた現代性を象徴する作品。
歌を歌う色 往十里の住民たちの日焼けした後姿から平凡な人々の暮らしの疲れと希望を明暗で表現。
風・土星・星 朝鮮時代の天象列次分野之図の下に百済の風納土城をに似て太極の形に2つの土星を造形化。
セナル(新しい日) 無限な時間と空間の中で絶えず変化する生活リズムを明るく新鮮に表現した作品。
クンドン 子供たちが遊び場で何かを作ろうとしている姿を通して、無から国を起こそうとする意志を表現。
日月星辰 地下鉄が人間を乗せて空間を走っているかのように、宇宙の時間性と空間性、そして人間の存在をテーマにした作品。
泰陵ゴルフェスティバル 泰陵周辺の地籍図及びモッコルベや選手村を造形化する。
凧(Kite) 盾の象徴的な意味と満月の日の凧揚げ遊びを通じて子供の頃の無限な夢と理想を表現する。
長寿 幸せに長生きすることを願う人間の理想郷を什長生図に似せて図形化して表現。
誰もが願っている豊かな暮らしをそれぞれの意味を持つ315のユニットで構成。
イメージ-高徳 粘土を利用して功徳の語源である高徳、丘陵のイメージを山と岩などの抽象的な形態で表現
幻想・故郷の村 故郷の村のイメージを長方形のモザイクユニットを利用してモダンな感覚で表現。
21世紀を迎えるソウル市民の500のポーズ

各界各層のソウル市民504人の21世紀を迎えた感想と願い事、顔写真、ポーズをベースに製作。
自然と未来 未来の自然と環境を造形的なイメージで演出、人間と自然が平和に共存するための願いを表現。

ストーリーテリングコースとは?

ソウル市がソウルストーリーテリングの観光名所とプロジェクトを通じて見つけた5代の代表地域(漢川、 漢陽都城、東大門、 セジョンデロ(世宗大路)、 漢城百済文化遺跡)の色々なストーリーを見て聞いて体験できる徒歩ツアーコースです。

ストーリーテリングコース

東大門ストーリーテリングコース

紹介

東大門には、衣類市場として長い歳月を庶民と共に過ごしてきたさまざまなストーリーがあります。600年間、漢陽から現在のソウルへの移り変わりを見守ってきた興仁之門、朝鮮を守った軍人の気性を象徴する軍営・下都監跡と訓練院公園、100年の伝統を誇る朝鮮人市場「広蔵市場」、東大門の小さな地球村「光熙洞」、地中から姿を現したソウル城郭と二間水門、流線形の斬新なデザインが異空間を演出する東大門デザインプラザなど、東大門には数多くの物語が宝物のように大切に保管されています。

コース

<歴史文化を追う旅 in 東大門>コースは、東大門エリアの歴史・文化・生活について語るストーリーコースです。約1時間40分という短い時間で東大門エリアを探訪する徒歩コース。ストーリーテリングで紹介する場所(興仁之門・五間水橋・東大門デザインプラザ・東大門歴史文化公園・光煕洞・訓練院公園・芳山市場・広蔵市場など)を見回りながら東大門の奥深さと新しい一面が発見できるでしょう。

  • 興仁之門タイムカプセル(東大門城郭公園)
  • 興仁之門
  • 商家月令歌(五間水橋)
  • DDPの思い出600年(東大門デザインプラザ)
  • 東大門歴史文化公園
  • 光熙五叉路
  • 訓練院公園
  • 芳山市場
  • 広蔵市場

スポットの紹介

興仁之門

興仁之門

  • 興仁之門はソウルの都心に最後に残った朝鮮の関門であるとともに漢陽のシンボル。
  • 興仁之門には朝鮮500年、近代ソウル100年の歴史が刻まれている。
  • 600年前に漢陽を守っていた東の大きな門は、高さや大きさから、それを見る人々を圧倒する。

 

商家月令歌駅(五間水橋)

商家月令歌駅(五間水橋)

  • 清渓川に沿って東大門方向に歩いて行くと平和市場にかけられた絵が見える。
  • 過去100年間の東大門の商人たちの暮らしぶりが絵と写真と文字で紹介されている。

 

東大門デザインプラザ(DDP)

東大門デザインプラザ(DDP)

  • 流線形の曲線は自然の流れのように見え、屋根の上の緑の芝生は山の尾根のように見える美しいデザインの建築物。
  • 朝鮮時代の城郭のすぐそばにあり、東大門の過去と現代、文化の歴史が調和している所。
  • にぎやかで混み合った東大門を訪れた人々がしばしの間安らげるオアシスのような役割をしている。

 

東大門歴史文化公園

東大門歴史文化公園

  • 80年以上の間土の中に埋もれていた朝鮮の遺跡「ソウル城郭」と「二間水門」が発掘された。
  • 「二間水門」は、南山から流れてきた水を城郭の外の清渓川に出すための水門。
  • 朝鮮時代の軍部隊である訓練都監に属する「下都監跡」も5ヵ所発掘された。

 

光熙五叉路

光熙五叉路

  • ソウルのシルクロード、ソウルの中央アジアと呼ばれている。
  • 光煕洞はロシアタウンから中央アジアタウン、そしてモンゴルタウンに変わった。
  • 石で積んで木を立てて作ったシルクロード駅が見られる。

 

芳山市場

芳山市場

  • 市場というより、印刷と包装の通り
  • 衣類につけるラベルや紙袋、パンの下に敷く紙などさまざまな種類の紙を印刷したり、包装資材を販売している。

 

広蔵市場

広蔵市場

  • 食べ物を売る田舎の市場のような風景が見られる所。
  • ここでは昔の貧しかった時代を思い出す「コマキンパプ(韓国風ミニ海苔巻き)が人気。

漢江ストーリーテリングコース

紹介

2000年、ソウルの中心を流れる川、漢江物語 in ソウル

  • ;阿利水ストーリーテリングツア 主要漢江公園4コース
  • 汝矣島ストーリーコース 「奇跡の漢江」
  • 蘭芝ストーリーコース 「自然がいっぱい、蘭芝」
  • 盤浦ストーリーコース 「人の作った自然、盤浦」
  • トゥクソムストーリーコース 「自転車で楽しむ時間旅行」

漢江が語るソウルの変化と歴史について知りたいなら、漢江公園をゆっくり歩いてみましょう。ソウル市は「ストーリーテリングによる観光地化プロジェクト」の一環として、漢江公園内の4ヵ所にストーリーテリングツアーコースを造成しました。漢江の川辺を歩いたり、自転車に乗ったりしながら、漢江に関するさまざまな話が聞ける新鮮で楽しいツアーコースです。2000年間ソウルと喜怒哀楽を共にしてきた漢江の道へ出かけましょう。

コース

『阿利水ストーリーテリングツアー』の4ヶ所の公園ストーリーは、コースごとにそれぞれの漢江の歴史がうかがい知れるテーマのある構成となっています。汝矣島(ヨイド)ストーリーコース「奇跡の漢江」は、汝矣島公園を歩きながら、汝矣島やソウルの変遷史、漢江の橋の変化、麻浦(マポ)ナルの過去と今など、各種スポットを回るコースとなっています。「自然がいっぱい、蘭芝(ナンジ)」コースは、ゴミの埋立地から生態系公園になった蘭芝や、漢江の新しい逸話をお聞きいただきます。また、「人の作った自然、盤浦(パンポ)」では、ソレ島やギネスブックに載った月光虹噴水、朝鮮時代の特別な人工物に関する物語をお楽しみいただきます。トゥクソムの「自転車で楽しむ時間旅行」では、昔も今も、漢江を楽しむ人たちの話を通して、漢江の歴史を覗いてみます。

ソウルの飛翔は汝矣島から、汝矣島ストーリーコース「奇跡の漢江」

汝矣島ストーリーコース 「奇蹟の漢江」

全長2.07㎞ 所要時間40分

map sample
  • 汝矣島漢江公園入口
  • 緑陰樹広場
  • カスケード/フローティング・ステージ
  • パムソムビューポイント

 

汝矣島漢江公園入口

汝矣島漢江公園入口

  • 証券街、国会議事堂、放送局などがあるメガシティソウルの中心部。
  • 漢江公園の中で利用客数が最も多い場所。よく整備された汝矣島漢江公園及び発展したソウルの風景が見られる。
  • アクセス : ・地下鉄5号線・ヨイナル駅で下車して3番出口から出る。

 

緑陰樹広場

2. 緑陰樹広場

  • 産業化と経済発展のため、休む間もなく走り続けてきたソウル市民にひとときの安らぎの時間を与えてくれる代表的な憩いの場。

 

カスケード/フローティング・ステージ

3. カスケード/フローティング・ステージ

  • 噴水広場のそばには、世界初の開閉式フローティング・ステージがある。
  • 幾何学的な造形美と円形の美しさが調和し、漢江と汝矣島が現代性、先端性、憩いを兼ね揃えた場所として生まれ変わった。

 

パムソムビューポイント

4. パムソムビューポイント

  • パムソムは景色が大変美しいことから、昔から麻浦八景の中の「栗島明沙」と呼ばれた。
  • 1968年爆破されたが、1990年代から葦が伸び始め、水鳥が戻ってきたことから漢江生態系の復元のバロメーターとして注目されている。
  • パムソムは現在湿地保護のためのラムサール条約に指定され保護されている。

ゴミの埋立地から生態系の宝庫へ、蘭芝ストーリーコース「自然がいっぱい、蘭芝」

蘭芝ストーリーコース 「自然がいっぱい、蘭芝」

全長2.0㎞ 所要時間40分

map sample
  • 漢江野生探査センター
  • 生態探査コース
  • 野鳥観察台
  • Ring Walk
  • 葦風道
  • 江辺水遊び場
  • 中央ブリッジ(蘭芝空橋)

 

所在地 : 麻浦区 上岩洞 蘭芝漢江公園

アクセス : 広域バス9707番(佳佐洞終点方向)に乗車、蘭芝漢江公園のバス停で下車

漢江野生探査センター

1. 漢江野生探査センター

  • 各種美術作品の鑑賞及び漢江に生息する野生動物に関する学びの場
  • 建物の屋上に上ると、広々と広がる生態湿地院と蘭芝漢江公園の美しい自然の景観が一望できる。

 

野鳥観察台

2. 野鳥観察台

  • 冬に漢江に渡って来る各種渡り鳥を近くから観察できる漢江の鳥類観察スポット。

 

商家月令歌駅(五間水橋)

3. Ring Walk

  • 生態湿地院を横切るように造られた円形のウッドデッキがある。
  • 漢江の水の上に造られているので、すぐそばで漢江の景色を満喫することができるし、どの方向からでも見たい景色が鑑賞できる。

 

葦風道

4. 葦風道

  • 川辺に美しい葦原が続き、漢江と葦という2つの自然生態を一緒に楽しめる景観スポット。
  • 漢江の涼しい風に吹かれて踊っているような葦原を眺めながら憩いのひとときが過ごせる。また美しい夕焼けを鑑賞するのに最適の場所として屈指の場所でもある。

漢江と人の調和、盤浦ストーリーコース「人の作った自然、盤浦」

盤浦ストーリーコース「人の作った自然、盤浦」

全長1.7㎞ 所要時間40分

map sample
  • 潜水橋
  • フローティング・アイランド
  • ソレ島
  • 月光広場

 

潜水橋

1. 潜水橋

  • 梅雨や大雨で漢江の水かさが増すとマジックのように消えてしまい、天気のいい日だけ見られる特別な場所。
  • 大勢の市民から親しまれ人気を得ている散歩コース。
  • ソウル市の重要な戦術的価値を持っている。

 

フローティング・アイランド

2. フローティング・アイランド

  • フローティング・アイランドは世界初の水の上に浮いている人口島に建てられた建築物。
  • チェーンとワイヤで川底に固定した3つの島を繋ぐ道橋が盤浦漢江公園に連結されている。
  • フローティング・アイランドは素敵な眺め、エンターテイメント、コンベンション、水上レジャースポーツなどさまざまな役割を果たしている。
  • すぐそばにある超大型LED及び各種演出システムを有するメディアアートギャラリーでは多彩なイベントや公演が行われる。

 

ソレ島

3. ソレ島

  • 1980年代に漢江の総合開発が推進され、新たな人工島が造成された。
  • 1年中さまざまな種類の花や植物が見られる。美しい葦原と護岸を活かしたプロムナードはカップルのデートコースとして大人気。
  • 春にはソレ島の菜の花祭りが、秋にはソレ島のそばの花祭りが開かれる。

 

月光虹噴水

4. 月光虹噴水

  • ギネスブックに登録されている世界一長い橋型噴水である月光虹噴水。盤浦大橋を中心に両側にノイズが設置されており、まるで羽を広げるように噴射される水のアーチがダイナミック。
  • 190個のライトが噴水の水を色とりどりに美しく染める。
  • 平日には午後8時と9時の2回、休日には午後8時、8時30分、9時の3回、1回に15分ずつ行われる。
  • 雨天・強風などの気象悪化あるいは各種イベントや省エネなどの事由により、噴水ショーが行われる時間が変更または中止されることがあります。

歴史の中を走る道、トゥクソムストーリーコース「自転車で楽しむ時間旅行」

トゥクソムストーリーコース「自転車で楽しむ時間旅行」

全長5.53㎞ 所要時間60分

map sample
  • トゥクソム遊園地
  • 漢江デッキ
  • 聖水大橋
  • 立石浦
  • 鷹峰橋
  • サルコジ橋

 

チャボルレ館

1. チャボルレ館

  • シャクガの幼虫であるしゃくとりむし(チャボルレ)の姿に似た細くて長い円筒状に造成された。
  • 内部では1年中各種展示会が行われている。展望台、憩いの場、レストランなどのサービス施設が揃っており、文化が楽しめる憩いの場として市民たちに親しまれている。
  • 地下鉄7号線・トゥクソムユウォンジ駅の3番出口に連結された通路を通って行けば展望文化空間がある。
  • 観覧時間: 3~10月 10:00~24:00/11月~2月 10:00~23:00 年中無休, 入場料無料

 

聖水大橋下の休憩スポット

2. 聖水大橋下の休憩スポット

  • 1994年10月21日、聖水大橋崩壊事故により、韓国の近現代史に欠かすことのできない重要な場所となった。
  • 近くにあるソウルの森に通じる通路があるので、ソウルの森での散歩も楽しめる。自転車に乗って漢江沿いを走りながら、しばらく休んでいくのに最適な場所。

 

立石浦

3. 立石浦

  • 立石浦は、漢江と中浪川が合流する地点にあり、かつては小さな船着場だった。
  • 漢江沿いに大きな岩が人のように立っていることから「立石浦」と呼ばれるようになった。「ソンドルゲ」とも言う。
  • 漢江と中浪川が合流する所で、大きな岩があちこちに立っており、天然の釣り場となっている。

 

サルゴジ橋

4. サルゴジ橋

  • 漢陽大学のすぐそばにかかっているサルゴジ橋は、韓国に現存する橋のうち最も古い石橋で、1967年12月15日史跡第160号に指定された。
  • 半分以上が損傷がひどい状態だったが、それを1973年ソウル市で修理・復元した。

漢城百済王城通りストーリーテリング

紹介

松坡区にある風納土城と夢村土城は、ソウルでは珍しい自然に囲まれた散歩スポットの一つです。漢江の近くにあるため、散歩やサイクリングに最適なのが特徴。四方に広がる自然の景色や青々としたした緑地からなるこの場所では、家族や恋人、友人たちと手軽にお弁当を食べながら、都心でのどかなひと時が楽しめます。しかし、この場所が韓国の古代史における重要な文化遺跡地であり百済の中心地であったということは、意外にもあまり知られていません。「漢城百済王城通り」をのんびり歩きながら、2000年前の百済が夢見たソウル(漢城)について伺ってみましょう。

コース

この探訪路の中枢は、2つの土城区間から構成されています。チョンホ駅の目の前にある風納土城と、オリンピック公園としてもよく知られている夢村土城がまさにそれ。この2つの土城が韓国の古代国家として隆盛を極めた百済の王城です。「漢城百済王城通り」では、この2つの百済王城を結ぶコースからなり、ソウルを中心に栄えた百済の歴史を紐解きます。それでは早速、出かけてみることにしましょう。

  • チョンホ駅(ストーリーパネル)
  • 風納市場
  • ミレ村
  • 扃堂地区
  • 城外井戸址
  • 風納土城発掘地 –七支刀モニュメント
  • 夢村土城(ストーリーパネル)
  • 夢村土城望月台
  • 夢村歴史館
  • 木柵
  • 穴蔵跡展示館
  • 漢城百済博物館(ストーリーパネル)
  • 漢城百済博物館

 

漢城百済王城通りストーリーテリング

スポットの紹介

七支刀モニュメント

7. 七支刀モニュメント

  • 七支刀は4世紀頃に百済が日本に伝えた神霊な刀で、現在日本の国宝に指定されている文化財。
  • 「百済が日本の天皇に奉献した」「百済が日本に下賜した」という見解の違いにより、日韓両国の史学者らの間では、この七支刀に関して譲ることのできない緊張感が漂っている。
  • 所在地 :松坡区立サッカー場前、城東橋の下

 

夢村歴史館

10. 夢村歴史館

  • 漢城百済博物館の付属施設。2000年古都の歴史的な中心地であるソウルの漢江流域を中心にした古代歴史と文化が展示されている子ども向けの博物館。
  • 夢村歴史館は史跡第297号夢村土城内にあり、1992年1月にオープンした。
  • 青銅器時代の穴蔵、百済の都であった風納土城と夢村土城、三国時代の古墳群など文化遺跡や遺物を主に展示しており、ソウルの歴史と文化を直接感じ体験できる。
  • 夢村歴史館では子ども向けのさまざまな教育プログラムや文化イベントを行っている。
  • 所在地 :松坡区芳夷洞88-3
  • 観覧時間 :午前9時~午後6時

 

穴蔵跡展示館

12. 穴蔵跡展示館

  • 夢村土城の東門の南側の城壁の上にある。
  • 1988年オリンピック公園の造成の際に発掘された4つの穴蔵跡と貯蔵庫を調査した後、発掘当時そのままの形で展示されている。
  • すべて百済の典型的な六角形の穴蔵で、百済の人々の住居形態を知ることができる。
  • 穴蔵の中の北東側の隅にはオンドル式の炭火を使う大きなかまども見られる。
  • 所在地 :松坡区 芳夷洞88-6
  • 観覧時間 :午前9時~午後6時

 

漢城百済博物館

14. 漢城百済博物館

  • 風納土城の漢城百済時代に発掘された遺物を展示している。2000年古都ソウルの文化のアイデンティティを確立するために設立された博物館及び文化空間
  • 地下2階、地上2階の建物。
  • 風納土城の城壁の断面、そしてソウルの先史時代から漢城百済時代までのソウルの歴史と遺物がひと目で見られる。
  • 各種企画展示会、文化体験活動、学術研究、教育、イベントなどさまざまなプログラムを実施しており、地域の教育文化の場としても活用されている。
  • 漢城百済の歴史、文化、服飾、食文化、そして風納土城の規模と建築技術、百済の造船技術など探訪路で見て聞いた遺物に関する物が展示されている。
  • 所在地 :松坡区 ウィレソンデロ(慰礼城大路) 71(芳夷洞88-20)
  • 観覧時間 :午前9時~午後9時
    (但し、土・日曜日と祝日は午前9時~午後7時、11月~2月は午前9時~午後6時)

漢陽都城ストーリーテリングコース

コース

『歴史文化の旅 in 漢陽都城』は20のテーマで構成されています。南山を出発し、仁王山と北岳山、駱山を過ぎ、また南山まで一回りするコースとなっており、漢陽都城に囲まれたソウルの様々な名所や都城スポットを歩きながら、漢陽都城にまつわるエピソードやソウルの話を聞くことができます。漢陽都城のほか、ソウルストーリーテリングに関連する詳細な資料はホームページ(www.seoulstory.org)をご参照ください。

都心で出会う漢陽都城、韓国歴史・文化との遭遇! – 漢陽都城の記憶に沿って

所要時間120分

map sample
  • 恵化門
  • 長寿村
  • 駱山公園
  • 興仁之門((東大門)

スポットの紹介

恵化門

1. 恵化門

  • 恵化門は、特別な場合でない限り開かれることのなかった粛靖門の代わりに、北門として使用されていた門だ。女真(じょしん)の使臣が貢物を捧げるために漢陽に来る時利用した門。
  • 観覧時間 :無料開放、24時間開放

 

長寿村

2. 長寿村

  • 恵化門から駱山公園に登る途中にあり、漢陽都城の壮大さと変化の過程が一目で見られる所。 築造年代を調べるのにいい場所だ。

 

駱山公園

3. 駱山公園

  • 駱駝に似ていることから「駱山」と名付けられた駱山公園は、テハクロ(大学路)からでも気軽に登れるし、プロムナードや公園などが整っている。
  • 漢陽都城に取り囲まれ、市民の憩いの場として親しまれている一方、展望広場からはソウル市内が一望できる。
  • 観覧時間 :駱山公園展示館 : 24時間開放/駱山展示館:午前9時~午後5時まで開放

 

興仁之門(東大門)

4. 興仁之門(東大門)

  • 興仁之門は、太祖5年(1396)に創建され、端宗元年(1453)に改築された。現在ある門は高宗6年(1869)に新築したものである。
  • 興仁之門は前面5間、横面2間の大きさの2階建ての建物で、朝鮮後期の建築様式がよく保全されている文化財だ。

セジョンデロ(世宗大路)とハングルガオンギルストーリーテリングコース

紹介

「ガオン」は「カウンデ(真ん中)」、「中心」を意味する純粋な韓国語です。ハングルが創作された景福宮」、ハングルを守り続けてきたハングル学会と周時経先生の家跡など、ハングルにまつわる話があちこちに点在しています。世宗大王の銅像があるセジョンデロ(世宗大路)から、ハングルの中心街、ハングルガオンギルを回ってみることにしましょう。

コース

ハングルが創製されてから今日まで、ハングルを後世に伝えようと命がけで守り続けてきた祖先たちを偲びながら歩いていると、いつの間にか広い道路と高層ビルは見えなくなり、町並みや近代の風景が目の前に広がります。今では話だけが語り継がれている所も多いですが、あちこちに秘められた話をひとつひとつ発見しながら歩いていると、まるで昔のハングルガオンギルを歩いているような気分になります。

セジョンデロ(世宗大路)とハングルガオンギルストーリーテリングコース

全長2.5㎞ 所要時間120分

map sample
  • 世宗物語(世宗大王の銅像)
  • 光化門広場
  • 景福宮
  • 世宗路公園
  • 世宗文化会館
  • 世宗芸術の庭園
  • 救世軍会館
  • ハングル学会
  • 都染緑地公園
  • 龍飛御天歌
  • 円覚寺跡
  • ソウル歴史博物館

スポットの紹介

景福宮

1. 景福宮

  • 当時朝鮮の両班士大夫たちは中国の文明が最も素晴らしいと思っていたので、訓民正音(ハングル)が制定された後にも臣下たちはハングルの使用を反対した。
  • ある日臣下が議政府に召還された。その後無罪を主張していた彼らに罪名の書かれた文書が送られてきた。しかし罪名はハングルで書かれていた。ハングルを読めない臣下たちは、無罪を証明するため新たに創製されたハングルを学ぶしかなかった。この事件はハングルを普及しようと考えた世宗大王の優れた戦略がうかがわれる事件として高く評価されている。
  • 所在地 :ソウル特別市 鍾路区 セジョンロ 1-1

 

光化門広場

2. 光化門広場

  • 18世紀頃、ハングルが全国民に広まり、ハングルで書かれた小説や話がたくさん出てくる。
  • 光化門広場はいつも「伝奇叟」と呼ばれる語り手の話を聞くために集まった大勢の人々でにぎやかだった。
  • 所在地 :ソウル特別市 鍾路区 セジョンデロ

 

世宗路公園

3. 世宗路公園

  • 世宗路公園は景福宮から光化門広場方向に右側に造られた憩いの場。
  • ハングルの母音と子音を組み合わせてできる字は11,172個。世宗路公園ではこのすべての文字に出会える。
  • 言葉と文字には、その国の人々の精神が込められているように、文字一つ一つに著者の事情や姿が表現されている。
  • スマートフォンでQRコードを入力すると、文字の主人公に出会える。
  • 所在地 :ソウル特別市 鍾路区 セジョンデロ

 

世宗大王銅像と世宗物語

4. 世宗大王銅像と世宗物語

  • セジョンデロの中央にはハングルを創製した朝鮮の王・世宗の銅像がある。
  • 銅像の地下には「世宗物語」という展示館がある。
  • ハングルと世宗大王に関する展示会、公演、ハングルで書かれた古代文献の拓本、ハングル芸術作品やバッチづくりのような楽しいハングル体験プログラムが行われる。
  • 所在地 :ソウル特別市 鍾路区 セジョンデロ 地下 175(世宗大王銅像地下)

 

世宗文化会館

5. 世宗文化会館

  • コムンゴ(韓国伝統の弦楽器)を演奏している楽工の姿を見ながら、楽器の音の高低の順序と人の喉から唇へと遠くなる音の順序が似ていることに気づいた世宗大王は、音楽の原理をハングルの創製に取り入れた。
  • 「世宗文化会館」の名前からもわかるように、ここは韓国文化の花を咲かせた世宗大王を称えるために造られた。
  • 21世紀の光化門、ハングルの創製のインスピレーションを与えた音楽は、ソウル文化芸術の中心である世宗文化会館で花を咲かせている。
  • 所在地 :ソウル特別市 鍾路区 セジョンロ 81-3

 

世宗芸術の庭園(掌隷院跡)

6. 世宗芸術の庭園(掌隷院跡)

  • 朝鮮時代に奴隷の訴訟を担当する官庁であった「掌隷院」の跡。現在は世宗文化会館の裏庭になっている。
  • 朝鮮中後期には奴隷でも文字を読んだり書いたりできるほど、ハングルは多くの人々に普及された。
  • 1692年10月、両班(朝鮮時代の貴族階級)のソン・ギュリョムは、「奴婢キチュクが自分の土地を使ったのに土地の使用料を支払わない。使用料を払え」という内容の手紙を書いた。しびれを切らした両班は、学識のない奴隷でも読めるようにハングルで手紙を書いたという。この話からも、朝鮮にハングルが広く普及され使用されていたことがわかる。
  • 所在地 :世宗文化会館裏庭

 

救世軍会館(ハングル10マダン)

7. 救世軍会館(ハングル10マダン)

  • セムナン路3ギルを左折して新聞路方向に下って行くと、その道が終わる所に救世軍会館がある。
  • 建物の壁面にはハングルの造形物が飾られているが、そのうちの一面にはハングルに関する話が10種類紹介されている。
  • 朝鮮戦争の時、軍事暗号として使われたハングル、朝鮮の秘密であると考えられていたハングルを中国に普及しようとして酷い目にあったチュ・ヤンウの話、スパイ作戦が連想されるようなマルモイ大作戦など、ハングルの歴史600年の中で最も劇的ですさまじかった事件が面白い絵で描かれている。
  • 所在地 :ソウル特別市 鍾路区 新聞路1街 58-3

 

ハングル学会

8. ハングル学会

  • 救世軍会館からセムナン路3ギルに沿って、来た道をまた逆に登って行くと、左側の3つ目の建物がハングル学会の建物。
  • ハングル学会は、1908年に周時経や金井鎮などによって創立された「国語研究学会」というハングル集会の母体であり、1949年9月「ハングル学会」に改名した。
  • 現在ハングル学会は、さまざまな事業を推進しながら国語と文字の研究・統一・発展を目的に運営されている。ハングルを奥深く研究して討論する事業やハングルを大衆化するための楽しく面白い事業などを推進している。
  • 所在地 :ソウル特別市 鍾路区 新聞路1街58-14

 

都染緑地公園

9. 都染緑地公園

  • 慶喜宮の朝4団地から道向かいに見える公園に周時経の銅像と言語学者ホーマー・ベザリール・ハルバートの銅像を立て、近代のハングルの発展の象徴的な場所として構築する予定。
  • ハルバート博士は2013年7月、独立運動家として選ばれたアメリカ人で、ハングルが発展して普及されることに触媒剤の役割をした人物。
  • ハルバート博士はハングルが最も科学的で素晴らしい文字だと主張し、世界にハングルを広めるのに貢献した。
  • 所在地 :ソウル特別市 鍾路区 唐珠洞 100

 

龍飛御天歌(周時経家跡)

龍飛御天歌(周時経家跡)

  • セムナン路3ギルを北の方に歩いて行くとすぐに現われる建物。ハングルの通りだけに、その名前も「龍飛御天歌」である。現代は住商複合ビルだが、周時経が生活していた歴史的な場所である。
  • 日帝強占期、周時経は貞洞一帯、南大門、鍾路十字路を乗り物に乗らずに歩いて通った。教師が足りない時代で、ソウル内の16ヵ所の学校の教師として1週間に40時間を超える授業をした。
  • 生涯を祖国のために、ハングルの研究一筋で生きた周時経は、1914年39歳の若さでこの家で生涯を終えた。
  • 所在地 :ソウル特別市 鍾路区 内需洞 75