資料基準日:2017年1月2日

伝統文化とは?

韓国の伝統文化は大きく精神文化、有形文化、生活文化に分けることができます。精神文化(無形文化)には伝統遊戯・年中行事・孝思想・韓医学などが、有形文化には建築物・書籍・古文書・彫刻・工芸品などが、生活文化には味噌・キムチ・伝統茶などの食べ物や韓服・韓紙・黄土造りの家・陶磁器のようなものがあります。

24節気

韓国では太陽の位置によって一年を24等分し、24節気を定めていました。

24節気

 

24節気を詳しく見る
節気 日付 内容 主な年中行事
立春 2月4日または5日 春の始まり お正月の服装、祭祀、墓参り、セベ(歳拝)、ポクジョリ、厄払い、チブルノリ、占い、ノルティギ、ユンノリ、凧揚げ、五穀米、タルブリ、安宅告祀、プロム、キバルギ酒、暑さ売り、ヨンアルトゥギ、ケボルムセギ、月見、綱引き、釈奠、橋渡り、ピョッカリッテ
雨水 2月18日または19日 春雨が降り、芽吹きが始まる
驚蟄 3月5日または6日 蛙が冬眠から目覚める 霊登ばあさん、ピョッカリッテ解体、モスムナル、豆炒め、昴見物
春分 3月20日または21日 昼が長くなる
淸明 4月4日または5日 春の農作業の準備 寒食墓祭、桃の節句、ファジョン(花餅)ノリ、調味料づくり
穀雨 4月20日または21日 農作業に適した雨が降る
立夏 5月5日または6日 夏の始まり 初八日、仏生会、灯篭流し、チュルブルノリ
小滿 5月21日または22日 本格的な農作業の始まり
芒種 6月5日または6日 種蒔の始まり サンメギ端午、端午扇子、蓬虎、厄払いのお札、端午化粧、菖蒲、ブランコ、シルム、鳳仙花染め
夏至 6月21日または22日 一年の間最も昼の長い時
小暑 7月7日または8日 暑さの始まり 流頭薦神、極暑、川狩り
大暑 7月22日または23日 暑さが最も厳しくなる
立秋 8月7日または8日 秋の始まり 七夕告祀、中元、中元遊戯、鎌洗い、盂蘭盆、トゥレギルサム
處暑 8月23日または24日 暑さが過ぎ、温度差が激しくなる
白露 9月7日または8日 露が結び始める 墓の草刈、秋夕祭祀、亀遊び、牛遊び、里帰り、カンガンスルレ
秋分 9月23日または24日 昼が短くなり始める
寒露 10月8日または9日 草花に冷たい露が宿る 重陽、重陽祭祀
霜降 10月23日または24日 霜降りが始まる
立冬 11月7日または8日 冬の始まり 牛日、時祭、城主告祀
小雪 11月22日または23日 水が氷になり始める
大雪 12月7日または8日 本格的な冬の到来 冬至、冬至告祀、冬至祭祀
冬至 12月21日または22日 最も昼が短い
小寒 1月5日または6日 もっとも寒い時期 臘日、大晦日、ムグンセベ、厄払い、守歳
大寒 1月20日または21日 寒さがさらに厳しくなる


伝統遊戯

韓国の伝統遊戯は、原始的な信仰に由来するものが多く、民衆の生活の中で形成・伝承されてきました。このような伝統遊戯には、郷土性・歴史性・社会性・芸術性が感じられます。

ユンノリ

ユンノリ

旧正月から小正月まで行われました。ユッという道具を使い、老若男女が楽しむ伝統遊戯です。ユンノリは、ユッ(棒)、ユッパン(盤)、ユンマル(コマ)さえあればどこででも遊ぶことができます。ユッを投げ、落ちたときのユッの状態に応じてコマを進めていきます。コマを到着地点に先に進めた人が勝利者になります。

 

ノルティギ

ノルティギ

旧正月に女性たちが二チームに分かれ、長い板の中央には丸い藁の束で支え、両側に立ってシーソー遊びのように交互にジャンプします。相手を板から転げ落ちさせた方が勝ちであり、負けた方は次の順番の人に代わります。この遊戯は、1:1でも、チームでも勝負することができます。

 

チェギチャギ

チェギチャギ

チェギは銭や金属の欠片を薄く丈夫な紙や布で包み、先の部分を細く切ってひらひらにした道具です。このチェギを蹴って遊ぶ遊戯を「チェギチャギ」といい、チェギを蹴る方法には、足一本で立って蹴る方法、両足を使う方法、一本の足だけを使う方法、足の裏で蹴る方法などがあります。チェギは一人ずつ、または数人が交互で蹴ることもあります。

 

凧揚げ

凧揚げ

主に、冬の風を利用して凧を空中に揚げる遊戯であり、紙に細い竹の棒を付けて凧をつくり、糸繰りの糸を凧に繋ぎます。韓国の凧揚げは、高く揚げて競うものと相手の凧の糸を切るもの、この二種類があります。相手の凧を切る遊びは、凧の戦いともいい、飯粒やニベなどでガラスや磁器の粉を糸に付け、相手の凧の糸を切ります。

 

シルム

シルム

二人が組み合った状態から力や技術を駆使して相手を倒すことによって勝負を決めます。農耕社会の祭礼行事の一つであり、旧暦5月5日「端午」に多く行われました。男性の力比べであり、広い砂場や野原の上で行われました。

 

投壷

投壷

瓶を置き、一定の距離から矢を投げ入れる遊戯です。二人で、または二チームに分かれて青と紅の矢を投げ入れ、その数で勝利を決めました。遊戯に使われる瓶の種類や大きさは様々であり、矢の大きさも色々です。瓶の中や取っ手に入れるなど、矢の位置によって得点が異なったりもします。

 

カンカンスルレ

カンガンスルレ

人間の動きの美しさを感じることの出来る韓国を代表する女性の遊戯です。歌・踊り・遊戯の要素が混在しており、主に秋夕(旧暦8月15日)や小正月(旧暦1月15日)の夜に行われます。大人数で大きな円を作り、歌の上手な人が先に歌いだすと、残りの人が円を描いて回りながらリフレーンの「カンガンスルレ」を歌います。


伝統衣服

韓国の伝統衣裳には昔からの思想・精神・習慣・技術・美意識などが反映されており、チマ・チョゴリ・パジ・トゥルマギ・チョッキ・マゴジャなどによって構成されています。とくにチマとチョゴリは直線と曲線が調和し、華やかでありながら雅やかな雰囲気を漂わせています。

伝統衣服1

伝統衣服2


伝統楽器

「国楽器」とも呼ばれる韓国の伝統楽器には、弦楽器としては伽倻琴・コムンゴ・奚琴などがあります。また、金属や竹などで作った管に穴を開けて呼吸など空気の流れによって発音する管楽器には大笒・小笒などが、手や桴(ばち)で打って発音する打楽器にはチャング・拍などがあります。

伽倻琴

伽倻琴

12弦の弦楽器であり、手ではじいたり、震わせて演奏します。

コムンゴ

コムンゴ

高句麗の楽器という意味のコムンゴは中国の七絃琴を改造したものであり、6弦の弦楽器です。

 

奚琴

奚琴

2弦の楽器であり、カンカンイ、エングムとも呼ばれます。韓国では雅楽にも俗楽にも幅広く使われます。

大笒

大笒

韓国を代表する管楽器の一つであり、横笛です。大きさによって大笒・小笒・中笒があります。

 

チャング

チャング

二つの鼓を合体させたような形をしており、左側は手で、右側は竹の桴で打って演奏します。

생활정보_문화_전통문화_박이미지_JAP

体鳴楽器の一種であり、長方形の硬い木(オレオレカンバ)を紐で連なるように結びつけた楽器です。扇子のように広げ、畳む時に「パチッ」と音を出します。