Go to Main Content Go to Footer Content

ソウルのニュースポット

A A

「石油の代わりに文化をなみなみと!」

文化備蓄基地

文化備蓄基地

約40年間民間人の立ち入りが制限されてきた石油備蓄基地が環境にやさしい市民文化施設として生まれ変わりました。
ソウル広場の10倍に及ぶ規模の文化備蓄基地で多彩な公演・展示と文化をお楽しみください。

1973年の第1次オイルショックの発生を受け、ソウル市は市民の生活の安定と第2次オイルショックの発生に備え、石油備蓄基地を造成した。しかし、2002年の韓日ワールドカップ開催に伴って石油備蓄基地は危険施設に分類され、2000年12月、施設は閉鎖され廃産業施設となってしまった。このような経緯を持つ石油備蓄基地が、産業遺産の再生という意味および石油備蓄タンクという独特な空間的特性を生かして、市民の多彩な文化体験が可能な「環境にやさしい複合文化空間」へと生まれ変わった。

 

文化備蓄基地
文化備蓄基地
文化備蓄基地
  • 開館時期:2017年9月
  • アクセス:6号線ワールドカップキョンギジャン駅2・3番出口
  • 住所:ソウル市マポ(麻浦)区チュンサンロ87
  • お問い合わせ:82-2-376-8411