Go to Main Content Go to Footer Content

ソウルのニュースポット

A A

「錆びた線路が森の道に!」

キョンチュン線森の道

キョンチュン線森の道

6.3kmのキョンチュン線の廃線鉄道が公園に造成され、地域住民の元へと返されました。チュンチョン(春川)行きの列車がかつて走っていた道を歩きながらノスタルジーとロマンを感じてみましょう。

2010年12月を最後に列車の運行が中断されたキョンチュン線の廃線敷地が森の道公園に変身した。キョンチュン線は、日本による植民地時代に韓国の資本により造られた最初の鉄道施設で、線路の原形がそのまま残っている。
この線路を3段階の区間に分けて、過去の産業遺産を再生し、文化散策路を開発して
「グリーン福祉空間」に生まれ変わらせたのである。かつてチュンチョン(春川)行きの列車が走っていた道を、今では歩いたり自転車に乗ったりしながら、過去のロマンとノスタルジーを味わうことができる。

キョンチュン線森の道
キョンチュン線森の道
キョンチュン線森の道
  • 開館時期:2017年11月
  • アクセス:1号線ウォルゲ駅1番出口、6号線ファランデ駅2番出口
  • 住所:ソウル市(キョンチュン線廃線敷地、クァンウンデ駅~ソウル市界区間)
  • お問い合わせ:82-2-3783-5977