Go to Main Content Go to Footer Content

環境/エネルギーニュース

A A
  • 猛暑にも耐えてエネルギーも節約する「涼しいファッションショー」開催

  • SMG 222

    「涼しいファッションショー」は、2005年からソウル市が推進している「涼しいファッションキャンペーン」の一環として行われるイベントである。「涼しいファッション」とは「ノーネクタイ」「半ズボン」「ウェストに余裕のあるワンピース」などのように涼しくて着やすいファッションのこと。

    ソウル市は、2019年6月26日午後12時からチョンゲ(清渓)広場にて「涼しいファッション、健やかな地球」をテーマに「涼しいファッションショー」を開催する。2019年には市民の中からも参加者を集い、合わせて30人余りがモデルとして出場する予定。

    涼しいファッションは体感温度を2℃下げるため、室内温度を26℃~28℃に維持しても不快感を感じない。全国民が冷房の設定温度を現在より2℃高くする場合、年間約274,540トンの温室効果ガスを削減することができ、これは樹齢30年の松の木4,120万本を植えるのと同じ効果である。

    また、ファッションショーをはじめ、涼しいファッションをテーマにした多彩な市民参加プログラムやバザーなども午前11時から行われる。

    これに先立ちソウル市では「涼しいファッションショー」にモデルとして参加する市民を募集する。環境保護や省エネに関心のある市民なら誰でも参加可能。参加希望者は、ソウル市ホームページ(http://www.seoul.go.kr)のソウルニュース掲示板にアクセスして申込書を作成、2019年6月21日18時までに届くよう電子メール(eco0316@seoul.go.kr)で提出する。
    参加者は年齢、性別、その他を審査して選抜する。また参加者には所定の準備金が支給される。
    ※ 詳細についてはソウル市庁環境政策課(電話番号:82-2-2133-3529)に連絡して確認する。

    ソウル市は2019年も、市庁に勤務する公務員からノーネクタイなどのクールビズファッションを実践し、涼しい職場環境を作って庁舎内の省エネを誘導している。また、ソウル商工会議所と協力してキャンペーンを展開し、企業にも涼しいファッション文化を拡散させる計画だ。

    2018年市民参加の涼しいファッションショーの様子

    2018年市民参加の涼しいファッションショーの様子

    2018年市民参加の涼しいファッションショーの様子